「実録風」ではなく、あくまで漫画家本人の体験記か(できればこちらを希望)、特定の個人(一般人)をモデルにしたりインタビューしたものです。恐れ入りますが、内容と作者・出版社名を判る範囲で教えて下さい

ちなみに私の好きな実録もの

「トルコで私も考えた」 集英社 高橋由佳利 
育児・夫婦ものの要素もあるが、トルコ滞在期のカラーも強い。

「インドな日々」Honnwara comics 流水りん子
インド旅行記。ちなみに「インド夫婦茶碗」も既読です

「暴れん坊本屋さん」 新書館 久世番子 
本屋店員による業界話。 

「絶望に効く薬」 小学館 山田玲司
著者がほれ込んだ各界著名人へのインタビュー。すみませんこれ「一般人」じゃないですね。なんというか「伝記」とかじゃなくてもっと軽く読めるというか…いや、この話は重いか。なんて言ったらいいんだろう…そもかくそんな感じです(爆)

「みんな元気に病んでいる」 サンマーク出版 藤臣柊子
精神系患者体験記。

「はたらく おねえさん」 集英社 藤臣柊子
OL体験記。

あまり好きではなかった実録もの(もっていないので詳しい情報は判りません。すみません)

「パリパリ伝説」パリ滞在記

題名忘れましたが、小栗左多里さんのハワイ旅行記 (「ダーリンは外国人」と「ダーリンの頭ン中」は好きだったんですけど…)

「だめんず・うぉ~かー」 倉田真由美 面白くないわけではないですが、買うほどでもなかったです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

(1)「おさんぽ大王」


(2)「ゆず」
(3)「ゆずとまま」
(4)「ながいながいさんぽ」
 以上、須藤真澄さんの漫画です。(1)はおさんぽをしたところのレポ、(2)~(4)は愛猫との生活です。

 色物では
「実録!企画物」卯月妙子
「乙女失格」ベギラマ
 企画物AV女優さんの愉快でディープな生活漫画です。なかなか売ってないので、これは注文かアマゾンでしょうか・・・ 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
須藤真澄さんの絵はかわいいですよね。それにAV女優さんの漫画…興味あります。

お礼日時:2006/03/14 22:41

No.7です。

ちょっと思い出したので追加を。

「監督不行届」安野モヨコ/祥伝社
作者の夫である庵野秀明監督とのオタクな生活を描いた作品。

「いっしょにあるこうね 盲導犬コディ」篠原烏童/双葉社
(財)日本盲導犬協会もオススメしている盲導犬とパートナーの感動物語。

この2冊ならどちらもすぐに手に入ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
安野モヨコさんと庵野秀明さんって夫婦だったんですか!? …自称オタクなくせに知らなかったです。 今回の質問は、一応「夫婦・育児もの以外」だったのですが、これはめちゃくちゃ読みたいです。
(夫婦・育児ものが嫌いなわけではなく、これは結構出ているし持っているので。ちなみに私のイチオシの夫婦ものは 村上たかし「ほんまでっせお客さん」竹書房 です)

お礼日時:2006/03/14 22:51

「パリパリ伝説」はダメなんですか。



ならばこれは。
「ナマケモノのスキューバダイビング」清水玲子/白泉社
スキューバダイビングにはまっていく作者の話です。

「猫でもできる海外旅行」一条ゆかり/集英社
一条先生の海外旅行の様子を描いたものです。

どちらも手に入りにくいかもしれませんが。
実録モノってそんなに数出ませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
清水玲子さんが実録漫画を描いているとは! シリアスでシュールな創作ものしか読んだことがなかったので…。興味あります。
>実録モノってそんなに数出ませんからね。
そーなんですよー。とくに「職業もの」もっとでないかなー(というか、売れてる漫画家さんの「職業」は漫画家ですしね)

お礼日時:2006/03/14 22:45

宇野亜由美・白泉社


・アジア行かされまくり
・リゾート行かされまくり
・無理矢理おしかけまSHOW

神谷悠・白泉社
・神谷さんのぷらり旅行組―まんが家さん同士の旅日記!

今市子・あおば出版
・文鳥様と私


*これらは夫婦の話
黒川あづさ・中央公論新社
・アジ玉。―Asia‐no‐tamanokoshi。

とぽすけ・サンマーク出版
・だらだら毎日
・だらだら毎日 爆裂編


一応、単行本扱いらしい「ウンポコ」(暴本も連載しています)にも漫画家の実録漫画が載っているので未読でしたらどうぞ。
ペット関連の実録本はあおば出版あたりに多く出ていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「暴本」は珍しい「職業もの」で、他にもこういうのがあったらいいなーと思います。(現役ナース漫画家の実録ナース漫画とか…ありそうだけどな)「ウンポコ」(すごい名前ですよね ^^;)には他の「職業もの」も載ってるかな?

お礼日時:2006/03/13 16:19

「トルコで私も考えた」は私も大好きです!


同じような体験記ですと、どうしても「トルコ~」には及ばない感があるのですが一応。

★「それいけ!パキスタン通い妻」小越なつえ
高橋由佳利さんは、バックパッカーから現地の方と結婚して・・というのに対して、
こちらは、ご主人のパキスタン転勤に伴い、期間限定で
現地と日本を行き来するお話です。
トルコ同様イスラム圏での生活ですので、少し内容はかぶるところもありますが、国が目指す方向性の違いもあり、
読み比べてみても良いかもしれません。

★「中国、なんですかそれは?」小田空
その名の通り中国での生活をレポートしています。
他に「中国の思う壷」など、何種類か出ていますが、
とても細かく現地での生活の様子が描かれています。

お好みに合わなかったらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「それいけ!」の方は連載中のものを読みました。なかなか良かったです。単行本にもなっているんですか?「中国」の方は知りませんでした。興味あります。

お礼日時:2006/03/13 16:15

「失踪日記」吾妻ひでお イースト・プレス刊


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872575 …

 アニメ化された作品もある人気マンガ家・吾妻ひでお氏が、仕事を投げ出して失踪してホームレス生活に入ってしまった顛末や、アル中にあって強制入院させられてしまった時の生活を自ら振り返るマンガです。

 日本漫画家協会賞大賞も受賞している作品ですしご存じかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これ!これ読みました! よかったです! 既読リストに挙げていなくてすみません。 …シュールな現実をコミカルに描き…でもそこはかとなく怖さもあり…。

お礼日時:2006/03/12 19:39

『鉄子の旅』菊池直恵 小学館


 日本の鉄道全駅下車を達成した鉄道オタク 横見浩彦氏との旅に付きあわされた漫画家の実録漫画です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091885 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
鉄オタによる、鉄オタの為の漫画だと思っていたのですが、漫画家さんは一般人だったんですね。面白そうです。

お礼日時:2006/03/12 19:19

潮出版社


神坂智子「智子流 ちょっと危ない世界旅」560円

高橋由佳利さんの「トルコ……」がお好きなら問題ナシ。
一冊で終わるのが惜しいくらい読み応えあります。
それだけに、せっかくの内容をバラすのは控えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「トルコ…」は大好きです♪ 紹介していただいた本はいろいろな国について描かれているようですね。面白そうです。

お礼日時:2006/03/12 19:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q集英組

LOCKON!
→集英組の息子・大和武明

ニセコイ
→集英組の息子・一条楽


ヾ(・▽・ ;)ノ ぁ…ぁれッ?

集英組が2つ?

Aベストアンサー

どっちも集英社だから仕方ないけど、配慮してもよかったですね。

Q柊あおいさんの漫画で…

20年くらい前の柊あおいさんの読みきり漫画のタイトルを知りたいんです。

当時私が小学生だった時に、「りぼん」を読んでいたのですが、その読みきり漫画を読んで、「谷山浩子さんの「うさぎ」のシチュエーションだ!」と思ったのを憶えています。

歌詞は…


君この間 改札口で誰かを待っていた人だね

りぼんを架けた包みを抱えて 白い靴を履いて

もう長いこと待っているのが その目を見ればすぐわかったよ

堪えても溢れる涙手のひらでこすった跡が 赤かった

うさぎ うさぎ 誰を待って泣いた

みんな君のこと忘れてるとき

うさぎ うさぎ 寒くなってきたよ

いつか日も暮れた 人ごみの中


…こんな歌詞です。

ちなみに、主人公(?)の名前が「三太」だった気がします。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この作品の記憶はないのですが
参考URLに柊さんのキャラクター辞典があります。
そこから類推すると、お探しのマンガは、1992年にりぼんに掲載された
「サイレントベル」という作品かもしれません。
主人公は工藤賛多という名前です。
クリスマスに関係したお話のようですね。
りぼんコミックスの「STEP」に収録されています。

↓ここにサイレントベルの扉画像もありました。
http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/e/81014d0627cd63b42726755827a89f9a

参考URL:http://www2e.biglobe.ne.jp/ichise/aoi/char.html#HayasiSyouko

Q「猫の恩返し」原作の柊あおい先生

ふと、思い出して気になってます。

こんな素敵な作品を描いていらっしゃる先生は栃木出身なんですよね?

わたしは、りぼんで人気だった「星の瞳のシルエット」の主人公が通う高校と
同じ名前の高校(栃木県内)に通ってました。

確か、モデルになってるとかいう噂を聞いたことがあったような、なかったような・・・

どなたかそのあたりを知ってる方、回答お願いします!

また、先生は栃木のどこ出身なんでしょうか。

Aベストアンサー

先ほど書きこみしたmamboです。
今、もっと信用できるサイトを見つけてしまいました!栃木県立栃木女子高校のサイトです。その学校が、この人はうちを卒業しています、といっているのですから、こちらのほうが正しそうですね。先ほどの情報は、モデルになった高校だから、混同した情報かもしれません。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~seimon/tochijyo.htm

Q小学館のスピリッツで連載していた漫画

 7,8年ぐらい前にスピリッツで連載していた漫画で、野球ものです。

 絵のタッチが女性ぽいです。

 主人公は双子で離ればなれになった兄弟がプロ野球で有名バッターになり、その替え玉にされた話です。

 横浜の種田みたいながに股で打つ主人公のフォームが特徴でした。

 知っているかたがいましたら、本の題名と作者を教えて下さい。

Aベストアンサー

たぶん「ダイヤモンド」では?

私も好きでしたが。

下のですよね?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/1529/70ub.htm

Q漫画最遊記と小説版最遊記の内容

娘達(小5・中1)がコミックの最遊記にはまりまして
読んでいるのですが、最近小説版もあることが分かりました。
この小説版はコミックと同じ内容なのでしょうか?
それとも、内容は違うのでしょうか?
また、子供達が読んでも支障がないような内容でしょうか?
どなたかご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小説版は著者がみさぎ聖さんという方です。
原作者の峰倉かずや氏は挿絵を担当しています。
著者は違いますが、ちゃんと最遊記の世界になっていて、私は面白かったですよ。
小説版を元にしたドラマCDも発売されています。
こちらもおすすめです。

原作の漫画をを読んでいるのなら、大丈夫だと思います。

http://spn00384.co.hontsuna.com/article/1540944.html
http://spn00384.co.hontsuna.com/article/1540945.html
http://spn00384.co.hontsuna.com/article/1540945.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報