モーターボート関係の仕事をしています。
今年10月に海事代理士試験を受けようと思っていますが、
2年前に一度落ちました…。勉強の仕方がわからず、
参考書もあまりありません。受験した事がある方、もしくは
この資格についてよく知っている方がいらしたら、参考に
するべき本や、情報を教えて頂けますでしょうか?

A 回答 (2件)

お勧めの雑誌があります。



「不動産受験新報」 住宅情報社

私自身は海事代理士のために購読しているわけではありませんが
この雑誌中の記事を見ると情報集めが大変らしいですね。

3月号(2月1日発売)から、海事代理士についての新連載をしています。
「海事代理士合格ゼミ」という2ページと「交差点」にでている
受験希望者の声を読んでみてください。

また、この雑誌が紹介している情報ネットのアドレスがあるので
参考にしてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.jutaku-s.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不動産関係の雑誌に情報があるとは思いませんでした..。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/07 00:21

ナニワ金融道の後半の方に海事代理士の話が出てきます。


 現在のカバチタレの原作者の行政書士の方が海事代理士も持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。見てみます!!

お礼日時:2002/01/27 21:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海事代理士に関して

海事代理士に関して教えて頂きたくお願いします。この資格を取得しても食べてはいけないとの評判ですが
実際のところはいかがなものなのでしょうか?求人をしている海事代理士事務所も皆無のようですし
ほとんどは、小型船舶免許の申請だけで食べているようなものと聞きます。
生意気な言い方で恐縮なのですが、個々の代理士の営業またはアイデアで見通しを明るくする要素はないものでしょうか?自分自身、有資格者でこの資格で食べていければと考えております。どなたかご回答願います。

Aベストアンサー

「ウィキぺディア」に、代理士の厳しい現状の記載がありますので、
引用してみました。

海運、造船という特殊な業界を限定的に市場とするため独立開業の前提として、封建的で体育会的、閉鎖的にして保守的といわれる同業界独特の体質・気質、慣習を理解、体得しておく必要がある。また、開業にあたっては同業界が閉鎖的な体質を持つため、強い人脈がないと依頼はまず見込めない。この意味で、非常に開業困難な資格種といえる。しかしながら、海運・造船業界に人脈を得て開業している資格者の年収は、開業10年程度の者で700万円~1000万円くらいであることが多い。
これは、この資格種が特殊な存在であるため、地域市場における競争原理が働かず独占状態になりやすいからだといわれる。もっとも、古くからの港町では、既存の資格者の事務所が何代にもわたって市場を独占しているため、こういった市場での新規参入は簡単ではない。
(ウィキぺディア 「海事代理士」の「開業」項より引用)

ただ、「海事法務」なる新分野が開拓されつつあるとの事でもあり、行
政書士や司法書士など、隣接する法律系士業もあれば活かせる可能性は
あるようです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E4%BB%A3%E7%90%86%E5%A3%AB

「ウィキぺディア」に、代理士の厳しい現状の記載がありますので、
引用してみました。

海運、造船という特殊な業界を限定的に市場とするため独立開業の前提として、封建的で体育会的、閉鎖的にして保守的といわれる同業界独特の体質・気質、慣習を理解、体得しておく必要がある。また、開業にあたっては同業界が閉鎖的な体質を持つため、強い人脈がないと依頼はまず見込めない。この意味で、非常に開業困難な資格種といえる。しかしながら、海運・造船業界に人脈を得て開業している資格者の年収は、開業10年...続きを読む

Q河口湖のレンタルモーターボート

小型船舶の免許を取ったのですが、山中湖か、河口湖あたりでモーターボートを貸してくれるところを教えてください。調べても、遊覧はあるのですが、レンタルが見つからなくて・・・。なるべく安いほどうれしいのですが。
よろしくお願いします。
(他に関東であれば教えてください)

Aベストアンサー

私が知っているのはココだけです。
http://www.ymmj.co.jp/marine-tokyo/
ここで見たら山中湖にハクタカマリンというところがあってレンタルできるみたいですが。

我が家はヨットの方なのでモーターボートの方はあまり知らないので・・・ごめんなさい。
良い季節になりましたね。

参考URL:http://www.ymmj.co.jp/marine-tokyo/

Q海事代理士試験

モーターボート関係の仕事をしています。
今年10月に海事代理士試験を受けようと思っていますが、
2年前に一度落ちました…。勉強の仕方がわからず、
参考書もあまりありません。受験した事がある方、もしくは
この資格についてよく知っている方がいらしたら、参考に
するべき本や、情報を教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

お勧めの雑誌があります。

「不動産受験新報」 住宅情報社

私自身は海事代理士のために購読しているわけではありませんが
この雑誌中の記事を見ると情報集めが大変らしいですね。

3月号(2月1日発売)から、海事代理士についての新連載をしています。
「海事代理士合格ゼミ」という2ページと「交差点」にでている
受験希望者の声を読んでみてください。

また、この雑誌が紹介している情報ネットのアドレスがあるので
参考にしてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.jutaku-s.com/

Qマストの上についている円形か方形の木片(海事)

しょうかん(しょう冠)と呼ばれる、マストや旗ざおの上につける円形か方形の木片は何のためのものでしょうか?
民家だとねずみがわたれないようにするためでしょうが、海でもそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

海事法規の海上衝突予防法で国際的に統一されたもので夜間は灯下(マスト灯、舷灯、船尾灯など)で形象物(球形、円すい形、円筒形、ひし形、つづみ形の5種類で色は黒。)は昼間掲げる規定になってるそうです。灯下も昼間の視界制限状態の時などは表示しなければならないようです。
ヨットの場合(機帆走中)円すい形を逆さに揚げますが、帆と機関両方使用の時だそうです。
ちなみに 海の距離で1海里=1マイル(1852メートル)とか言いますが緯度1分の長さだそうです。1852メートル×360分=地球一周しますね。また陸上の1マイルとは違うようです。   
                      おそまつでした。 

Q行政書士 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 海事代理士

業務上、マンション管理士及び管理業務主任者の資格を取得する事となり、
色々と情報を収集してみると、宅建が似た性質の試験であるとの事でした。
資格スクールにおいてもそれらの同時受験を勧めるコースすらありました。
しかし、マン管は建築知識が問われ、実際の現場を知らない者のにとっては難しいのではないかと思っています
宅建もいずれ必要になるので出来れば同時に取得できればいいのですが、あまりにも安易に同時受験を勧める情報が氾濫しているので
この件に関してお詳しい方いましたら教えて頂けませんでしょうか。
仮に可能ということであれば、例えば行政書士や海事代理士といった資格も民法が重複しているので可能と言えてきそうな気がします。
実際、自分に確保できる勉強時間から、それは難しいですが合わせて宜しくお願い致します。
ちなみに、今回は資金の都合がつかず独学にて挑戦するので、
独学での受験経験者様の受験体験談もお待ちしております

Aベストアンサー

この中の3つ(行政書士、宅建、海事代理士)を取得しており、来年
管業主任、それが受かったらマン管を受けようとしている者です。
この中で「宅建、マン管、管業主任」のトリプル受験を勧める資格予
備校は幾つかあり、それは権利関係の法令等が出題範囲として重複す
るからですが、10、11、12月と試験が連続するので、やり方に
よっては相乗効果が期待できます。しかし、それぞれ微妙に出題科目
や傾向が異なるため、1つの資格の延長上で別の資格がある訳ではあ
りませんので、メリハリと綿密な学習計画が必要でしょう。また、行
政書士と海事代理士も憲法、民法、商法の一部が重複するためWで受
けやすい組み合わせとはいえますが、行政書士は難易度的に、海事代
理士は、出題の特殊性および、口述試験対策が必要な点で難しい面も
あります。しかも、海事代理士は元々、行政書士や司法書士有資格者
が本業類似種の業務領域を広げるため取得する事が多いため、表面的
な合格率が高めである側面もあります。(逆のパターンも多い)
ただ、マン管⇔管業主任は相互に「科目免除」が適用されるため確実
に1発合格を目指すなら、いずれ1つに合格してから、翌年狙う方が
合格確率は上がるでしょう。(マン管に受かっても、合格発表の日程
上、同年に管業主任の「免除申請」をして受験することは出来ない)
また、行政書士も他の資格と並行して学習するのは正直、厳しいと思
います。海事代理士も情報が少ないので、学習に意外と苦労するはず
ですよ。(自分も、筆記合格後、口述試験の対策には困り、まさか、
対策用の自作問答集がマリンプレスから出ていることも知らなかった
くらい、情報が少ないのです。当然、書店にはまず置いてありません!)

この中の3つ(行政書士、宅建、海事代理士)を取得しており、来年
管業主任、それが受かったらマン管を受けようとしている者です。
この中で「宅建、マン管、管業主任」のトリプル受験を勧める資格予
備校は幾つかあり、それは権利関係の法令等が出題範囲として重複す
るからですが、10、11、12月と試験が連続するので、やり方に
よっては相乗効果が期待できます。しかし、それぞれ微妙に出題科目
や傾向が異なるため、1つの資格の延長上で別の資格がある訳ではあ
りませんので、メリハリと綿密な...続きを読む

Qボート洗浄

FRP製のプレジャーボートを購入して間もないのですが、船上(デッキ)が砂?などの黒っぽい汚れが気になります。
掃除したいのですが、FRPって素材を良く知りません。
掃除用のブラシを探しているのですが、「シダ」「ポリエステル」「ナイロン」などの素材があります。船体を傷めないためには、どれが適しているのでしょうか?価格面ではどれでも可。
また、現在海上係留しているのですが、洗浄剤って何を使えばいいのでしょうか?環境に与える影響が最小で、比較的低価格の物がいいのですが。
船体を自然要因(UVなど)から保護する用品も必要であれば、それも教えていただけると幸いです。
ご存知の方、アドヴァイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

ブラシは何でも良いです。
洗剤は台所用。
保護用品はスリーエムあたりから出ていますが覿面な効果は無いです。
アクリル窓は外からカバーをかける必要があります。
海上係留はオズモシスが恐怖です。
出始めたらノイローゼになるかもしれません。

Q海事代理試験について

今年海事代理試験を受けようかと思っています。
色々ネットで検索するも・・・今一分かりません。
まずテキストですが、海事代理士合格マニュアルが好評でしたので
取り寄せたのはいいものの、取り寄せなので中身が見れず
内容的には、過去問などとして充分対応できると思うのですが
知識を詰め込んでいないと問題自体解けず・・・
どういった基本書を探せばいいのか分かりません。
基本書自体4000円近くしますし、海事六法も1万円もします・・・
基本書として「海事代理士受験の手引き」というのが
ありますが、これは法改正にも対応しているんでしょうか?
2ちゃんなども除くも・・・基本書などの情報はつかめません・・
どなたかどういうテキストを使ったらいいかなど
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

基本書としては、上記の「海事代理士合格マニュアル」や「海事法令
の解説」が定番ですが、海事六法も情報が少ない故に必要でしょう。
憲法や民法は公務員や行政書士のものが使えます。あと、口述試験対
策として「マリンプレス」という受験誌の評価が高いです。
関連書籍は「成山堂書店」「海文堂出版」の2社で多く出ています。

Q分割ボートについて

別に質問していたのですが、たぶん質問がおおざっぱだったので回答ができなかったのではと思い
削除して再度質問させていただきます。
以前の質問は
2分割のボートを頂ける事になったのですが
詳しいことが全くわかりません
くれる人もヤナセニューシーガルって事以外は覚えていないらしく
検索しても、よくわかりません
どなたか詳しい事をご存じのかた教えてください
という内容でした
このボートの事ならば、些細な情報でも欲しいのですが
特に知りたいのは
・船検がとれるのか
・船検がとれるのならば、何馬力のエンジンまで可能なのか
・船の分割前の大きさと分割して収納した時の大きさ
・重量
・一人でカートップが可能か?(ボートキャリア有りで)
等です
前の持ち主は、この手のボートを何隻か所有されており
このボートをどういう風に使っていたのか、あまり覚えてないそうなので、わからないとの事
詳しいことが書いてあるホームページでもかまいませので
どうか、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>ちなみにお知り合いの方の3人乗り5馬力っていうのは、どんな感じなんでしょう?
海で使っていて、風や潮で不安があったりしませんか?

私は一緒に行動したことはないですが、大抵は二人で使っていましたがどちらも年寄りで(持ち主は70歳くらい、同乗は60歳くらい)でしたがこちらは瀬戸内海のため、潮流は激しいですが波はそんなにたちませんし、風もあまりに強ければ釣りにならないために出かけません。

私は両備の二人乗りで(当然二人で)エンジンを付けれるタイプですが、免許が無いため何時も手こぎで何度も使いましたが特に瀬戸内海では不安になることは有りませんでした。
それ以前はゴムボートでしたし、荒波の日本海に渡船で出たりしたことも有るためです(沈すれば泳げば位の気持ちでした)

又上記の3人のりは3分割のタイプで格納時にはコンパクトに成るタイプ(三分の一に)でダイハツハイゼットの軽の箱バンに積み込んでいました(中ですから横幅一杯、リヤシート取っ払って前後も一杯でドアが閉まる)

笑い話として、相棒が酒によって小用をしていて落ちたというのは聞きましたがそれ以外には本人気に言っていましたよ(確か購入金額も30万くらいだったと)

以上のことから湖沼や内海なら良いでしょうが日本海や太平洋だと少し無理日も知れないと思いますが・・・

私が欲しかったのはヤマハのジェットスキーに取り付けて釣り船として使える物ですが、免許取ればこってしまうため止めました。

従ってこの程度しか解りません・・・

>ちなみにお知り合いの方の3人乗り5馬力っていうのは、どんな感じなんでしょう?
海で使っていて、風や潮で不安があったりしませんか?

私は一緒に行動したことはないですが、大抵は二人で使っていましたがどちらも年寄りで(持ち主は70歳くらい、同乗は60歳くらい)でしたがこちらは瀬戸内海のため、潮流は激しいですが波はそんなにたちませんし、風もあまりに強ければ釣りにならないために出かけません。

私は両備の二人乗りで(当然二人で)エンジンを付けれるタイプですが、免許が無いため何時...続きを読む

Q士業の資格難易度を格付けしてください。

士業の資格難易度を格付けしてください。

世の中にたくさんある資格の中で士業(●●士)の資格
の難易度をランキング付けしていただきたいと思います。

対象は下記です。

司法書士・行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・FP
公認会計士・弁理士・宅建・海事代理士・社会保険労務士
中小企業診断士

※宅建・FPは士業とは言い難いですが、参考までに入れてみました。
※司法試験・税理士は受験資格自体狭き門の為省いています。

もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識)
が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。

2位タイ、3位タイとかでもOKです!!

もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難
 易度が下がります。とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている
 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での
 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。反面、
 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。これらは、
 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い
 ます。

(2)次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除
 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実
 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する
 なら、(1)に匹敵する難易度になります。

(3)「診断士」「社労士」「行政書士」は、(1)よりは「努力」でカバーでき
 る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、
 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。情報収集して、
 的確かつ効果的なやり方が求められます。

(4)「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは
 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域
 の拡大を狙って受けるためです。また、試験内容が特殊で教材が少ない
 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労
 します。

(5)「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント
 リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2
 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け
 ても受かりません。特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人
 が意外といます。ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、
 必ず合格できる資格だと思います。

 (結論)
 
 司法書士≒会計士・不動産鑑定士、弁理士>調査士>診断士>社労士≒行政書士>海事代理士>
 宅建・FP(2級以上)

 ※正直、最難関資格は個人の属性や得意・不得意分野などで主観が入り、一概にはいえない。
 ※「診断士」は二次で実務講習or専門教育が必要なため社労士以上の難易度とした。
 ※社労士と行政書士は年度で難易度にバラつきがあり、どちらが上かは一概に言えない。ただ、
  専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、...続きを読む

Qウェイクボート レンタル 大阪

はじめまして、質問なんですが
大阪でウェイクボートやクルージングができるボートをレンタルしたいと思っているんですが
(2級小型船舶免許取得済)
数件のレンタルボートをしている所のサイトを見たら会員制になっていて、
入会金が10万とかでした。
これはどこでもだいたいこんなものなんでしょうか?
また格安の場所があれば教えてもらえませんか??


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はここを利用させてもらってます。
入会金21,000円、月3,150円です。

参考URL:https://marine.yamaha-motor.jp/Sea-Style/yoyaku/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報