外に置いてあった灯油のポリタンクに雨が混ざったら
(どのくらい入ったかは判りません)石油ファンヒーターには使用できないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

できることであれば使用しないに越したことはありません。

水が混じってからの期間が短い(数日程度)のであれば、上澄みだけ(容器の中を覗いて見れば水と灯油の境目が見えるはずです)を別の容器に移せば使用可能でしょう。これは灯油と水の比重の違いにより水が下にたまるからですが、水が混じった状態で長期間放置され紫外線などの影響を受けると、灯油自体が変質してしまい使用不能になります。

灯油は別に雨が入らなくても、しっかりと密栓された容器に入れていないと、昼夜の寒暖差などによる結露のため容器内に水がたまり、紫外線の影響などで変質してしまうことも少なくありません。ポリ容器などで保管する場合はキャップをしっかりと閉め、外部との空気の流通を経っておくことが肝心です。また直射日光のあたる所や寒暖差の激しいところも避けて保管してください。また、保管容器内の残量が少ない状態での保管も避けたほうがいいでしょう。

一般に灯油を使用する機器には水分離フィルター(セジメンターといいます)が装備されており、この部分で水を捉えるため、機器内部に水が侵入することを防ぐようになっていますが、これも完全にシャットアウトできるというものではありません。また、水分混入により変質(灯油自体が水の影響で変質したもの、水素イオンと水酸基イオンの組み合わせである水や空気中の酸素が炭化水素である灯油と外部の紫外線などのエネルギーを吸収することにより化学変化を起こしてしまったもの)に対しては全く効力がありませんので要注意です。一夏を越した灯油などが変質してしまうのはこのためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sailorさん、詳しく教えてくれてありがとう。参考になりました。

お礼日時:2002/01/24 00:18

灯油に水が少量混じると、燃焼時白煙が出ます。


灯油より比重の大きい水が容器の下部に溜まりますので、上部のほうは使用出来るかもしれません。

しかし、ファンヒーターの故障の原因になったりする場合もあるようですので、ご注意ください。

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_kenmin/custom …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Rikosさん、回答ありがとう。参考になりました。

お礼日時:2002/01/24 00:19

使用できません。


しかし、水は下の方に沈んでいるので、
手動のポンプ等で、上から、水が入らないように別の容器に移してやれば、使用可能です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

iceman2さん、どうもありがとう!

お礼日時:2002/01/23 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燃料の引火点について

 ガソリン・灯油・重油などが混ざってしまった廃油があります。引火点は5℃程度です。
 引火点を高く出来れば灯油代替燃料(引火点21℃以上)、重油代替燃料(引火点70℃以上)として利用できるのですが、薬品の添加などによって引火点を高くすることは可能でしょうか?
 蒸留設備など大掛かりなものを使用せずにリサイクルできれば、方法は薬品の添加にはこだわりません。

Aベストアンサー

 油の引火点は、最も揮発性の高い成分で決まります。
 具体的には蒸留試験の初溜点に連動します。
 重い成分で薄めても、引火点はそれほど上がりません。
 揮発性の高い一部成分を除く事が早道だと思います。

Q石油ファンヒーターの石油タンクのフタの仕組み

何故、石油ファンヒーターの石油タンクは、さかさなのに中身が全部出てしまわないのでしょうか。
フタに秘密があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 タンク下に石油を排出する穴があります。
 その石油が排出される穴(Aとします)の直径より大きい、フタの役目をするの直径のモノ(Bとします)を、タンク内部に取り付け、それを下から押すとBが盛り上がり、Aから石油が流れるんです。Bはタンクに、簡単に言えば、外部からの押しドアの様な取り付け方をされています。AのフタがBなんです。
 ファンヒーター本体のタンク挿入場所には、そのフタ(B)を持ち上げる棒みたいな物があり、タンクを入れると、その棒によってBが押されるわけです。Bはタンクに石油が入っている時は、AよりBの直径が大きいので、中に入っている石油の重さによってフタされてます。よって漏れないんです。
 パッキン等で、さらに漏れにくくしてあると思いますが。

 簡単に説明…とまではいかなかったですが、一般的には、こんな感じですかね…

Q燃料の引火点について。

引火点とは、燃焼が始まるのに十分な燃料が気体中にある温度のことをいうことまでは理解できました!
しかしながら、燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。
また、
ガソリンの引火点は     >-45℃
軽油の引火点は       >62℃
バイオディーゼルの引火点は >100℃
とかなり幅があるのですが、これはなぜでしょうか?
お返事よろしくお願いします。

Aベストアンサー

引火点(いんかてん、flash point)とは、可燃性の液体物質が空気と可燃性の混合物を作ることの出来る最低温度である。


燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。

 使いかによります

 ガソリンは火花によって点火するガソリンエンジン向けに作られている。 この場合、ガソリンは点火される前に、燃焼できる範囲の中で空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱され、それから、点火プラグで着火される。
 ガソリン燃料は、エンジンの熱によって点火の前に火がついてはいけない。したがって、ガソリンには低い引火点と高い発火点を持つことが要求される。
 
ディーゼル燃料は、圧縮比の高いディーゼルエンジン向けに作られている。 ディーゼルエンジンでは、空気は、ディーゼル燃料の発火点を上回るまで圧縮される。その後、燃料は高圧で吹き付けられ、再び燃料と空気が燃焼し始めない範囲のうちに保たれる。

 ディーゼルエンジンには、点火源がない。したがって、ディーゼル燃料には高い引火点と低い発火点を持つ事が要求される。


 とかなり幅があるのですが、これはなぜでしょうか?

 成分が違うから引火点が違います
 使用する目的に合わせて、成分を替えているからです

引火点(いんかてん、flash point)とは、可燃性の液体物質が空気と可燃性の混合物を作ることの出来る最低温度である。


燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。

 使いかによります

 ガソリンは火花によって点火するガソリンエンジン向けに作られている。 この場合、ガソリンは点火される前に、燃焼できる範囲の中で空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱され、それから、点火プラグで着火される。
 ガソリン燃料は、エンジンの熱によっ...続きを読む

Q石油ファンヒーターの灯油について

先日とうとう石油ファンヒーターを買いました。
そこで質問なのですが、皆さんはどのぐらいの頻度で灯油を消費(補給)してますか? 
石油ファンヒーターは初めてなので、どのくらいで減るのか未知の世界です。
私のタンクは5リットルです。
一日何時間使用して、何日目で補給する・・とか。
機種に違いはありますが、大体でいいので。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ファンヒーターは設定温度になるまで最大能力で燃焼して、設定温度になると最小燃焼になります、つまり、設定温度によって消費は全然違います、また、環境によって、高断熱住宅か古い家かでも違いますし、お住まいの地域や季節(気温)でも違いますので目安は無いような気がします。
カタログ的に言うなら石油の消費率が明記されているはずですので参考にはなります。
寒い地方で設定温度が高く家が古い場合は最大火力が長く続き、1日じゅう付けていれば1日で5Lは楽に使います。

Q水溶性の引火性液体を水に溶かした場合の引火点など

水溶性の引火性液体を水に溶かした場合の引火点や発火点などは、おそらく低くなると思うのですが、どれだけ低くなるか、ということを計算で求めることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>おそらく低くなると思うのですが

逆だと思います。

「引火点が低くなる」ということは「低い温度で引火する」ということですから「引火しやすくなる」と言っていることになります。アルコールに水を混ぜれば燃えにくくなると考えるのが素直ですね。

引火という現象が起こる条件はその温度での蒸気圧が燃焼限界の下限を超えているということです。
加熱すれば蒸発は盛んになりますから蒸気圧は大きくなります。低い温度で蒸気圧が燃焼限界に達していなくても加熱すると蒸気圧が燃焼限界に達するようになります。そうなると火源を近づければ火がつくということです。
エタノールに水を混ぜればエタノールの蒸気圧は小さくなります。その分加熱によって蒸気圧を稼ぐ必要がありますので引火点は高くなるでしょう。

混合溶液の蒸気圧について調べてもらうと参考になるでしょう。
第一近似としては蒸気圧は濃度に比例して変化すると考えればいいです。
その分加熱が必要になりますが蒸気圧の温度変化の式が必要になります。

計算が面倒であれば蒸気圧表を利用すればいいでしょう。

80%のエタノールだとします。
蒸気圧は100%の時の値の0.8倍になります。
引火点は100%を前提にした値です。その値を t℃ とします。
蒸気圧表でt℃の蒸気圧がいくらになるかを調べます。その圧力をPとします。
蒸気圧がP’=P/0.8 になるような温度 t'℃ を表から求めます。
t'℃ が 80%溶液の引火点 だとしていいでしょう。

>おそらく低くなると思うのですが

逆だと思います。

「引火点が低くなる」ということは「低い温度で引火する」ということですから「引火しやすくなる」と言っていることになります。アルコールに水を混ぜれば燃えにくくなると考えるのが素直ですね。

引火という現象が起こる条件はその温度での蒸気圧が燃焼限界の下限を超えているということです。
加熱すれば蒸発は盛んになりますから蒸気圧は大きくなります。低い温度で蒸気圧が燃焼限界に達していなくても加熱すると蒸気圧が燃焼限界に達するようになります...続きを読む

Q石油ファンヒーターのタンクの栓が開かないです

家で使ってる石油ファンヒータのタンクの栓が、
前にきつく閉めすぎたせいか、全然開かなくなって
しまって困っています。きつく閉まった栓を
うまく開ける方法があったら教えてください。
こんなしょうもないことで本当にすみません。

Aベストアンサー

固く閉まった栓は外形を大きくする事で作用を大きく出来ます。
すなわち、雑巾でもいいので、栓に巻きつけてまわしてみてください。

くれぐれもプライヤーなどを使用して栓を破損したりしないようにしてくださいね。

Q引火点について

マニキュアとか除光液の引火点を知りたいんですが。

Aベストアンサー

まずは除光液などの成分が何か?ですが、化粧品成分辞典
http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm
によると、アセトン、エタノール、酢酸エチル、などが使われているようですね。

これらは皆かなり引火点が低いですが、最も低いのはアセトンでしょう。測定方法により値が違いますがマイナス20℃という値もあります。
酢酸エチルがマイナス3℃、エタノールは13℃です。
引火点以上では近くに火気があると引火する、という意味です。

除光液などの場合、何種類かの成分が混合されていると思いますので一概に引火点が何℃くらい、とは言いにくいですが、かなり低いことは間違いないでしょう。

ところで、これはご質問者さんとは関係ありませんが、先日飛行機で隣の席に乗り合わせた若い女性が、機内でマニキュアを塗り始めたんです。
もう、臭くて臭くて気分が悪くなりました。飛行機では逃げられませんし、まいりました。よっぽど注意しようかと思ったのですが、「言ってわかるような人なら始めからここでは塗らんだろう」と思い、結局何も言えずじまいでした。

臭いし、引火しやすくて危険なので、これを読んだ方は人が密集している場所や換気の悪い場所でマニキュアを塗るのはどうかご勘弁していただきたい。
国内線は機内が禁煙になって快適になりましたが、禁マニキュアにもしてもらわないと・・

参考URL:http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm

まずは除光液などの成分が何か?ですが、化粧品成分辞典
http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm
によると、アセトン、エタノール、酢酸エチル、などが使われているようですね。

これらは皆かなり引火点が低いですが、最も低いのはアセトンでしょう。測定方法により値が違いますがマイナス20℃という値もあります。
酢酸エチルがマイナス3℃、エタノールは13℃です。
引火点以上では近くに火気があると引火する、という意味です。

除光液などの場合、何種類かの成分が混合されていると思いますので...続きを読む

Q小型でタンクが大きい石油ファンヒーター

6畳の北部屋におく石油ファンヒーターを探しています。

灯油をおいている場所が遠いので、大きなタンクのものがいいのですが、
6畳で窓も小さいことから、パワーは木造9畳用くらいで十分で、それよりも
コンパクトさを重視したいと考えています。

コンパクトさとタンクが大きいことは、矛盾するのはわかるのですが、できるだけ
「コンパクトな割にタンクが大きい」というものを探しています。

なにか商品がありましたら、教えて頂けると参考になります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大きさとタンク容量は比例しますから難しいですね。
木造10畳用だと9Lが相場です。

http://kakaku.com/specsearch/2155/

Q1%エタノールの引火点

1%エタノール水溶液の引火点をご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

重量比で水99、エタノール1であっても、体積比であっても、常温常圧、酸素濃度20%では、発火しないと思います。

これを100%酸素にしたり、高圧にして酸素濃度をアップすると燃焼可能になりますが、結構厳しい条件になります。

他に溶剤として、引火し易い溶媒に1%エタノールなら、その溶剤の発火点の条件程度で引火しますが、実験しないと希釈されたものは特別なもの以外、記載がないと思います。70%の消毒用なら日本薬局方に記載がありますので、調べてみてください。

Qタンク掃除しなかった灯油ファンヒーター、使って大丈夫でしょうか?

今まで実家暮らしで家電の管理などに無頓着でした。
今年の春に結婚した際に灯油ファンヒーターを購入したのですが、灯油が少し余った状態で押入れにしまってしまいました。
今、使用する段階になって「そういえばタンク掃除してないけど大丈夫かな?」と不安に感じ始めました。
実際にそのまま使用した方、いかがでしたでしょうか?

Aベストアンサー

 大丈夫です・・・。我が家では。
 年中出しっぱなしで、流石にフィルターは洗いましたが。
 今のところ・・・・燃焼には問題が無いようです。

 大丈夫なのかな本当に・・・。
 かえって心配になりました^^;


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報