こんにちは。
アクセス解析CGIの導入に挑戦しようと思ってます。

マニュアルに
「***_pl.txt をダウンロードしてファイル名を ***.pl に変更する」
とあるのですが、txtファイルからplファイルへ変更するのは
どのようにしたらいいのでしょうか。
ファイル名を変更するだけじゃないですよね・・・?

あと、必要ファイルとして

 ***.pl … アクセスログ取得スクリプト
 ***.txt … アクセスログ

と書いてあります。
配布されているのは「***_pl.txt」というファイルだけで、
「***.txt」というファイルは無いようなんですが、
自分で「***.txt」というファイルを作ればいいのでしょうか・・・?

”***”には全て同じ名前が入ってます。

入手先にサポートBBSなどがないので、こちらで教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>採取したログはaxslog.txtに溜まっていくという解釈で


>間違ってないでしょうか?
>また、ログの確認(閲覧)方法はいったんローカルに落と>してそのファイルを見るという事でしょうか・・?

う~ん、そこまでくるとダウンロード元の製作者に聞くのが一番手っ取り早いと思うんですが(^^;
ログはたしかにaxslog.txtというファイルに書きこまれて
いるようですね。これはアクセス解析か何かをHP上でやって
みたいという事ですよね?(^^)
ローカルに落とした物の中を覗くと判ると思いますが
通常はタブで区切られていたりカンマで区切られていたり
独自の色々な表現で書かれているかと思います。
web上で確認できるシステムを利用していると思うのですが
ログファイルを覗いてどんな風に書かれているのかを見る
というのも、勉強になると思いますよ。
cgi部分でどのようにアクセスし、どこで書き込み作業があって
という大まかな作業の流れを把握してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回は本当に助かりました。
これからもう少しCGIを勉強したいと思ってます。
初心者の面倒な疑問に親切にお答えいただき本当にありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/31 16:56

> アクセス解析CGIの導入に挑戦しようと思ってます。


このツールの配布サイトに行ってどんなものか確認してみました。
このツールはどこから、いつ、どんなブラウザでアクセスが有ったか
を axslog.txt に出力していくものですね。なので解析ツールではないです。
別途 axslog.txt を解析するツールがいりますね。
(でも解析ツールはこのサイトにはないですね)

axslog.pl ですけど排他制御をしていないようなので同時にアクセスが
あると axslog.txt が壊れちゃうかもしれません。気をつけましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>別途 axslog.txt を解析するツールがいりますね

そうなんですか!? ちょっとガッカリ(苦笑
CGIってある程度勉強してからでないと簡単には扱えないものなのですね・・
今回はたくさんの方に色々と教えていただいて本当に助かりました。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/01/31 17:00

普通は配布サイトに書かれていると思うのですが、


書かれてませんか?

実際にそのCGIを見ていっているわけではないので想像で回答しますが、
ただ単に空のテキストファイルを作るだけで良いと思いますよ。
デスクトップとかで右クリックして、新規テキストファイルを作成した後、
名前を変更するなどすれば作れます。

あとは***.plファイルと***.txtファイルをアップすれば良いだけですが
パーミッションの変更をお忘れ無く。

ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
No.3のお礼でも書いたとおり、転送・パーミッションの変更までなんとかできました。
配布元の説明でpublic_html への設置例として、 
 
 public_html/
  |---- axslog.pl (755)
  |---- axslog.txt (666)

と記載されています。
トップページ(index.htm)のアクセスログを取りたいので、indexファイルと同じ並び(同じ場所)に
なるように転送したのですが間違ってないでしょうか。。。

また、説明通りに <!--#exec cmd="./axslog.pl"--> という記述をトップのHTMLへ貼り付けましたが、
以後アクセスログの確認はどうやってすればよいのでしょうか?
SSIの記述は<BODY>~</BODY>間の最下部に貼り付けました。(これが間違ってたら意味ないのですが;;)

ちなみに、TOK2のサーバーとホームページビルダーを使用しています。
またご教授いただけると大変助かります。

お礼日時:2002/01/30 16:54

>もう一方のログ用のテキストファイルなんですが、通常こ>れは自分で用意するも


>んなんでしょうか。だとしたらどうやって・・?

普通ログ用に用意するのはカラのファイルなので
ダウンロードする為にファイルを置くことは少ないですね。
この場合は、ふつうにテキストエディタか何かを開き
何も打たない状態から、保存すれば結構です。
「data.txt」「data.dat」などの指定があると思うので
保存後に拡張子だけ変える方法が楽ですよ~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたありがとうございます!
axslog.txt というのを作り、先日ファイル名を変更したaxslog.pl と一緒に転送しました。
ログのサンプル例を見ると、IPやブラウザ情報が日別に書かれてあったのですが、
採取したログはaxslog.txtに溜まっていくという解釈で間違ってないでしょうか?
また、ログの確認(閲覧)方法はいったんローカルに落としてそのファイルを見るという事でしょうか・・?
もしよろしければご教授ください。

お礼日時:2002/01/30 16:17

こんにちは。



心配する程難しい問題ではないので安心してください。
**.PLファイルは、普通のテキストエディタでも作ることができます。
また、その他**.cgi等も同様に作ることができます。

ダウンロード用によく「**.cgi.txt」と置くのは
他の方がおっしゃる通り、ダウンロードのしやすさや
そのままソース内容が表示された場合、メモ帳にでも貼って
ファイル名をきちんと指定された通りに保存すればバッチリです。
ダウンロードできた場合は、後ろの「.txt」のみ削って
「***.pl」にしてあげれば任務完了です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝します。
.plファイルに変更できました!あとは中の記述を少し変更するだけです。
これでログ取得スクリプトはOKっと・・・

もう一方のログ用のテキストファイルなんですが、通常これは自分で用意するもんなんでしょうか。
だとしたらどうやって・・?
なんかすごい難しいような気がしてドキドキしてます(^-^;

お礼日時:2002/01/29 22:16

***_pl.txt を ***.pl に名前を変更して使ってね、ってことじゃ無いですか。


***.pl のままじゃ上手くダウンロード出来ないことがあるのでそのようにしていることが有ります。

ログの話は質問内容からは判断できないのでコメント出来ません。
その、ダウンロードしてきた URL を示してもらえれば答えれるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのレスありがとうございます。
URLも書きたかったのですが、ここでは禁止されているようですので記載しませんでした・・・
がんばってみます!

お礼日時:2002/01/29 22:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCGIファイルとplファイル

私はウィンドウ2000を使用していますがCGIファイルとplファイルを開こうとすると『ファイルを開くアプリケーションの選択』が出てしまい開くことができません。
何がいけないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

これは、エキスプローラでfileとして開こうとしているのでしょうか?
それともhttpdを立ち上げた状態でCGIとして開くと言う話でしょうか?

そのcgiがperlなどのスクリプトでしたら中身はテキストですから
エキスプローラでfileとして開くのならアプリケーションの選択で
メモ帳を指定するなり他のテキストエディタを指定すれば開けますが?
 **但し、CGIは場合によりcharsetがEUCだったり
改行コードがUNIX用だったりしますので、
その場合はメモ帳だと旨くいきません
フリーウェアのテラパッドをお勧めします。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html

Qjcode.plファイルが閲覧できるのですが

http://△☆.sakura.ne.jp/cgi/jcode.pl
上記のURLでアクセスすると、jcode.plファイルが表示されます。

http://△☆.sakura.ne.jp/cgi
にアクセスした時は、Forbiddenが表示され
アクセスが拒否されるようになっています。

さくらインターネットのファイルマネージャーで
設定したのですが、なぜかjcode.plだけは閲覧できてしまいます。
これは他の方も同じなのでしょうか。
パーミッションを755にしても644にしても同じでした。

Aベストアンサー

さくらインターネットの様にSuexecを採用している場合は
jcode.plのようにCGIから読み込むfileは 600でOKです。
同様に .cgiは 700 で動きます
詳しくは
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2202319.html?ans_count_asc=0

また、.htaccessで Filesコンテナにて制限することも出来ますが
その方法だと同じサーバーのほかのユーザーからは制限できませんので
上に書いたようにパーミッションを600にするのが確実です。

Qz.htmlが呼ばれる度にz.plを実行するため

z.htmlを

<html>
<img src="http://xxx.com/z.pl width="0" height="0"/>
Hello World.
</html>

としたのですがこれだとソース表示で
http://xxx.com/z.pl
が見えてしまいz.plの存在を知りを他人が自身のページにz.plのリンクを貼るとう悪さをされかねません

z.htmlが呼ばれたときにz.plを実行する方法について
http://xxx.com/z.pl
を見えないようにする方法は無いでしょうか?

Aベストアンサー

HTML的に隠蔽する事は難しいと言うか、無理でしょう。ソースをブラウザに渡す事で表示しているわけで、ソースを隠してしまったら表示も出来ないわけです。

もしもサーバでSSIが使えるのであれば、SSIとしてプログラムを実行する事で隠蔽する事は出来ます。多分、この(サイズを0にする)書き方だと、画像を表示する事が目的ではないと思いますから、z.plの出力を適当に調整して、<!--#exec cgi=''-->等を用いて起動すれば、その出力が埋め込まれる形でソースが生成されます。(z.plでprint 'Hello World.';とかを行なうように変更してexecで呼べば、出力ソースはexecのかわりにHello Worldになります。)SSIはサーバ内でしか使えないので、サーバが違えばページに埋め込まれてしまう心配もありません。

HTMLとプログラムだけで解決したい場合は、現実的にはプログラム側でREFERERをチェックする程度の事しかなさそうです。(JavaScript等だと、より一層信頼が置けません。)

QCGI.pmとcgi-lib.plの差異について・・・

formで送信したデータをCGI.pmで受け取った場合と、
cgi-lib.plで受け取った場合に差異があるのでしょうか?

cgi-lib.pl内で「\0」を組み込む処理があるのが気になります。

Aベストアンサー

pmはモジュールなので
最新版はサーバー側のCpanから導入する必要があります
(ユーザーが手動で入れることもできますが)
またモジュールを使うならstaticで書かないと意味がありません

上級者で自宅サーバを構築しているのであれば
perlが実行時にモジュールを読みにいくので
CGI.pmの方がより速く動くでしょう

しかし、初心者やクライアントでサーバを借りているのであれば
CGI.pmを入れるのは困難です(一見動いていても
裏でエラーをはいていてサーバーに負担を書けていることもある)
のでcgi-lib.plをお進めします。

QCGI_lite.pmを使ったファイルのアップロード

CGI_lite.pmを使いファイルをアップロードしたところちゃんとファイル自体はアップロードできているのですがファイル名が変わってしまっています。
たとえば「index.html」というファイル名ならば「980815043__index.html」と
なってしまいます。

サーバーはunixです。

どうか詳しい方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1普通にテキストエリアからテキストを読むようにする
(多分これでとれたと思います)
2アップロードされたファイルから取得する
(ディレクトリの中を検索。先代はこれでやっていました)

最悪2でできるのでやってみてください
(ただしアクセスが多くなって処理し切れなくなると
どうなるか、考えただけでぞっとしますが...)

多分一番でできますのでやってみてください

っていうかソースプログラムにファイル名変換という気になる
フレーズがあるのでそっちの方が確実かも知れませんね

後は正規表現との戦いです(笑)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報