wvdialのインストールについて教えて

現象
1.wvdialのコンパイル途中でエラーが出る。(READMEなどに書いてある依存関係はインストール。またRH7でwvdialが入っている状態と比較したけど特に問題が見当たらない)
2.rpmでインストールがうまくいってるけど
#wvdialconf /etc/wvdial.conf
でやると、モデムが見つかりませんなどのエラーが出る。
また、モデムのモジュールをロードしてからやってみたけどモデムを探しにすら行かなくなる。

環境
OSはTL7で
ノートパソコンのLT Winmodem

メモ
一応、ネットであっちこっち見たけど、特にヒントが見当たらない。
wvdialのホームサイトにいったけどやはりヒントがない様子。
READMEなども見たけど・・・
LT WinModemを動かすのが目的なので、別にほかのダイアルアップツールでも動けばいいんだけどお勧めがあれば、ぜひお願い!
Kppp以外で。

よろしくお願いします

A 回答 (1件)

>LT WinModemを動かすのが目的なので、別にほかのダイアルアップツールでも動けばいいんだけどお勧めがあれば、ぜひお願い!


Kppp以外で。

PPxPなどどうでしょう?

参考URL:http://www.linet.gr.jp/~manabe/PPxP/

この回答への補足

PPxP、試してみました。しかし、やっぱりmakeでエラーを起こしちゃう
うぬぅ~、ダイアルアップツール類に必要なモジュールかライブラリが足りないのかなぁ・・wvdialでもmakeで失敗するし・・・

必要なライブラリってなんだぁ????

補足日時:2002/02/08 01:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとぉ~
さっそくためしてみます!

お礼日時:2002/02/05 12:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRPMのインストールに関して

RedHat7.2を使用しています。
bindをRPMでインストールしようとしているのですが、
libdns.so.4などのファイルがなくて、依存性の問題により
インストールできない状態です。
このファイルはどこで手に入りますでしょうか。
そしてこのファイルはどういうものなのか教えていただけませんでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

redhat7.3やredhat8.0では、

rpm --redhatprovides libdns.so.4

のようにやると、そのファイルを提供するパッケージが分かります。
7.2でこのオプションが使えるかどうかはわかりませんが、

rpm --help

で調べられると思います。
また、この機能を使うには rpmdb パッケージがインストールされている
必要があります

QRPMの作り方

RED HATで、コンパイルした物をRPM形式に変換して、公開したいのですが、どのようにすればいいのか、わかりません。
どうか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、honiyonです。

 以下を参照してみてください。
 http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/RPM-HOWTO-6.html


 因みに以下はGoogleでの検索結果です。
 http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=utf8&oe=utf8&q=rpm+%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%96%B9

 簡易的なヘルプならば、「#man rpm」もしくは「#jman rpm」でも参照出来ますよ。

 参考になれば幸いです(..

QLogin Incorrect(RH6.2J)

先輩諸兄
RedHat6.2Jでいきなりログインできなくなってしまいました。rootは勿論、他のアカウント(とは言っても2つしかないのですが)も同様です。single userで入り、passwdで再設定してもダメでした。pwck,grpckでも特にエラーはなく、パスワードの有効期限を疑いshadowを他のマシンを参考に書き換えてみてもだめ。
関係ないかもしれませんがhost.deny,allowも見てみました。 何か他にチェックすべき点、ありますでしょうか。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1003というユーザは作っていないわけですね?もとのファイルは消
されてしまったでしょうか?もしまだ残っていたり、1003のファイ
ルが他にあれば、fileコマンドでlinuxのバイナリかどうかチェッ
クできるでしょうか? find / -user 1003 -print とかもされたで
しょうか?

それにしても、login, ls, netstat, ps というと侵入の定番です
から、疑っておく方がいいと思います。単に一回侵入してみるだけ
では、痕跡を消すまでもないのでほっておいたという可能性もあり
ます。または、それらのファイルを囮にしておいて、それを戻した
から安心と思っていたら、別の穴を開けられていたということもあ
るかもしれません。

もし可能なら、再インストールした方がいいような気がします。

Qブートディスクが作れない(TL8W)

Turbolinux8 Workstationの話です。
インストールの最後にTL8Wを起動するためのFDを作成しますが、このFDを使っての起動ができません。TL8Wのロゴは出るのですが、「起動に失敗しました。他の起動ディスクを入れてください」というような英文が表示され、そこから先に進むことができません。
これまではブートディスクで起動できていたのですが、先日ブートディスクが壊れたため、再度インストールして作成したところ、これ以降何度作り直してもブートディスクから起動できなくなりました。Rescueモードで起動して、turbomkbootコマンドを使ってもできませんでした。

どうすれば、ちゃんとしたブートディスクが作成できるのでしょうか? また、TL8Wの再インストールを行わずにブートディスクを作成する方法はあるのでしょうか?


ディスク構成は次のとおりです。

プライマリ-マスタ(hda)
Win2000 NTFS (hda1?)
FAT32 (hda2?)

プライマリ-スレーブ(hdb)
FAT32 Win98 (hdb1)
Linuxスワップ(hdb2)
/boot パーティション(hdb3)
/ パーティション(hdb4)

なお、ブートローダー(GRUB)は /boot 入れてありますが、普段は使わずにTL8Wはブートディスクから起動するようにしています。

参考) ブートフロッピー内のSYSLINUX.CFGの内容
default normal
prompt 1
timeout 60
display boot.msg
label normal
kernel vmlinuz
append root=0344

Turbolinux8 Workstationの話です。
インストールの最後にTL8Wを起動するためのFDを作成しますが、このFDを使っての起動ができません。TL8Wのロゴは出るのですが、「起動に失敗しました。他の起動ディスクを入れてください」というような英文が表示され、そこから先に進むことができません。
これまではブートディスクで起動できていたのですが、先日ブートディスクが壊れたため、再度インストールして作成したところ、これ以降何度作り直してもブートディスクから起動できなくなりました。Rescueモードで起動し...続きを読む

Aベストアンサー

append root=/dev/hdb4 としてもだめでしょか?
http://www.ki.rim.or.jp/~kuro/Linux/Linux04.html

参考URL:http://www.ki.rim.or.jp/~kuro/Linux/Linux04.html

Q先程、吐かれたTL6.1Jからのメッセージ2??

下記のメッセージが現れてきました。特にNOQUEUEとは何なんですか???
昨日も同様な質問をしましたが、最近あちこちからハッキングの探りが入っているように思えます。このままにしておいて、構わないものでしょうか??
企業に設置してあるメールサーバーですが、どこでもこのようなものでしょうか?。私どもだけなのでしょうか?対策があればなお良いですが・・。

Unusual System Events
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
Jul 10 01:26:00 ns sendmail[12422]: NOQUEUE: Null connection from 216-53-218-2xx.ppp.mp○net.net [216.53.218.2xx]

Aベストアンサー

■portscanの状況としては

http://www.incidents.org/

とかを参照すると良いかとおもいます。参加しているホストから報告された
情報を元に今日のportscan活動をグラフ化してあります。(^_^;


■SMB
SMB, telnet, ftp等が開いていると鴨だとおもわれて不正侵入の試みが
格段に増えます...自宅をFletsISDN化したときにWAN→LAN方向の
SMBを落す設定をしていなかったら毎日のように不正アクセスを試しにきて
ました。一ヵ月位してからログを見てきがついたという我ながら間抜けな
話です。LAN→WAN方向は全て叩き落していたので被害はなかったのが
不幸中のさいわいでした。ログの査収は定期的に行わないとだめだなと
痛感しました(._.;

外部からファイルを共有する必要がないなら、別のサーバを用意してDMZの外、
LAN内にSMBサーバを移すのが安心です。

DMZ上にSMBサーバを置く必要があるのなら、routerで

ポート番号137-139,445 tcp/udp

をWAN→LAN, LAN→WAN両方向とも叩き落すように設定します。

後、IP address spoofing(WAN側のインタフェースに到着したLANのアドレスを持つパケット)も
叩き落すように設定するとよいです。

■「オーバーフローを待っているのでしょうか?」
portscanをかけてくる輩の手順としては、基本的に以下のようなものです。
多分まだ、ろ)の段階かと思います。

い)nmapのようなソフトであるIPアドレスの範囲に対して地引網てきにscanをかける。
ろ)その際に取得する情報としては以下の物
・OSのバージョン、パッチレベル等
・WAN側に開いているportの番号
・各ポートで動作しているプログラムのバージョン
は)集まった情報を元に乗っ取って踏台にするホストを探す
に)既知のセキュリティホールを用いてターゲットホストに対して攻撃を加える。

■portsentryの実行
portsentry(http://www.psionic.com/abacus/portsentry)とかを
動作させておけば不正なホストから未使用なポートにアクセスがあった時点で/etc/hosts.denyに
ホストを追加するとか、ipfwが設定されている場合はルーティングで落すルールを
追加するとかも可能です。い)の時点でそのホストからのアクセスを禁止します。
に)の時点では既に探りをいれたホストからはアクセスできなくなっていますので
若干安全性が向上します。

■MN-128sohoSL11
たしかMN128系は最後に通信したホストの任意のポートに対して
外部からアクセスできるという機能があり古いファームウェアだと
デフォルトでこれが有効になっていたと記憶しています。最新の
バージョンではこの機能がデフォルト設定で不可になっているはず
なのでファームウェアを更新するのが良いです。

MN128のフィルターの設定方法については、

http://www.bug.co.jp/mn128/faq/sample/sec.htm

が詳しいです。

■その他
・OpenBSD等を利用すると IPアドレスを消費せずにbridgeとして動作させつつ
IPパケットのfilteringが可能です。しばらく前までMN128のフィルタリングが
今一つだったので信頼できないと言う場合は、OpenBSDベースでfirewallを設定し
routerとDMZの間にいれるとよいかも。
http://www.daemonnews.org/200103/ipf_bridge.html

・DMZ上でunix系のOSを搭載したPCを別途設置しSNORT等のIDS
(Intrusion Detection System)を走らせログを取得する。
内部のPCにトロイの木馬の類が侵入しても検知が可能になります。
http://www.snort.org

以上、思い付くまま書いたのでまとまりがないのですが
何かの参考になれば幸いです。

■portscanの状況としては

http://www.incidents.org/

とかを参照すると良いかとおもいます。参加しているホストから報告された
情報を元に今日のportscan活動をグラフ化してあります。(^_^;


■SMB
SMB, telnet, ftp等が開いていると鴨だとおもわれて不正侵入の試みが
格段に増えます...自宅をFletsISDN化したときにWAN→LAN方向の
SMBを落す設定をしていなかったら毎日のように不正アクセスを試しにきて
ました。一ヵ月位してからログを見てきがついたという我ながら間抜けな
話です。LAN→WAN方向...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報