おすすめの一話完結マンガを教えて下さい!
「ブラックジャック」「動物のお医者さん」「三丁目の夕日」
「死神くん」「ハッピー」「美味しんぼ」
など共通の好みは無いので、おすすめの作品だったらどんどん紹介して下さい!
お願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

Y氏の隣人


アウターゾーン
笑うせえるすまん
なんか、面白いですよ。これこそ、一話完結。
あとは、四コマ系なら、脳みそプルンかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ!全部読んだ事あります!
全部おもしろいですよね(^^)!
私はY氏の隣人が一番好きですね。
アウターゾーンも懐かしい!!
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/02 21:03

個人的には、小学館より細野不二彦さんの「ギャラリーフェイク」が


お気に入りです。
自分としては絵画版のブラックジャックというようなイメージを
もってます。
結構勉強にもなるし、ぜひおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
絵画版ブラックジャックって何だか気になりますねー。
おもしろそうだなぁ(^^)
ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/03 13:56

私のおすすめは遠藤淑子さん、川原泉さんですが、「動物のお医者さん」が


お好みならもうご存知でしょうか?
(佐々木倫子さんの新作「HEAVEN?」もめちゃ面白いですね)
「マダムとミスター」(遠藤淑子)は白泉社コミックスで5巻くらいまで
出ています。
川原さんの本はどれも超おもしろいですが、とりあえず
「空の食欲魔人」(白泉社文庫)あたりをおすすめします。

私が最近読んで面白かったのは「恋愛的瞬間」(吉野朔美)です。

全然ちがって、ミステリー短編で野間美由紀さんの「パズルゲームはいすくーる」
や、ジュエリーシリーズ(ともに白泉社文庫)なども面白いと思います。
最近、昔の少女漫画の短編もたくさん文庫化されているのでいろいろお試しください・・・。

勝手に紹介しちゃいますが、下記のマンガのサイトはすっごくいいので
ご参考にどうぞ!

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/manga/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
動物のお医者さんは単行本で出会ったので
どちらの漫画家さんも初めて知りました。
「マダムとミスター」
「空の食欲魔人」
どとらもチェックしておきます!!
吉野朔美さんは知っています!
「恋愛的瞬間」は読んだ事ないので探してみます!!
サイトの方チラッと見ただけですが面白そうですね。
あとでじっくり見てみます。
ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/03 13:01

非常に長く連載されていますが、「パタリロ」なんてどうでしょう?(現在72巻まで発売中)


一応、一話完結がほとんどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!

あ!「パタリロ」ですか!
知ってます知ってます!
前にBSでアニメをやっていて見てました!
実は古本屋で本買おうとしたんですけど、1巻が無くてそのまま今まで忘れていました。
やっぱり買おう!
アニメも結構おもしろかったです
ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/03 12:52

こんにちは。



挙げられているようなストーリー物ではないですが、
けらえいこさんの「あたしんち」などはいかがでしょうか?
登場人物(とくにお母さん)の行動が面白いです。
単行本はメディア・ファクトリーから、連載は読売新聞日曜版です。

けらさんの作品は他のもおもしろいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
「あたしんち」新聞に連載されているものなんですか!
興味ありますね~。ギャグなんですかね?
けらえいこさんチェックしておきます!
ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/03 12:47

「サトラレ」


今2巻までですけど面白いです。
感動してホロッと来ます。
「黄昏流星群」
正確には5~6話ぐらいで完結ですが一つ一つのストーリーがとてもうまいです。春には映画化します。
「ソムリエ」
「美味しんぼ」のようにワインの知識がストーリーにからんできてすごいいいです。

個人的には「サトラレ」がオススメ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
「サトラレ」の映画見たので漫画の方気になっていたんですよ(^^)
漫画のほうは一話完結になっているんですね。
やっぱり読んでみよう!
「ソムリエ」これはドラマになっていましたよね。
これも一話完結なんですか!
是非読んでみようと思います!!
ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/03 12:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三丁目の夕日 夕焼けの詩が好きな方

この漫画が好きな方へお聞きしたいのですが一番好きな話しってありますか?何巻に収録されているかも教えていただけると嬉しいです。

あと傑作集というのを揃えているのですがこれって何弾頃まで出るかわかりますか?もし分かりましたら教えてください。

Aベストアンサー

西岸良平の漫画は「3丁目の夕日」はもちろん「鎌倉物語」、「蜃気楼」、「たんぽぽさんの詩」・・etcすべて揃えています。3丁目の夕日で1番好きな話しとなると・・一平などの主な登場人物が出てきませんが38巻の「夜の便所」が面白くて、懐かしくて好きです。昔のトイレは確かにポットン便所で夜は薄暗い電気・・自分も怖くて唄を歌いながら入ったことを覚えています。3丁目の夕日は、「優しさ」、「懐かしさ」、「哀愁」が漂うとても素敵な作品が多いですよね。

Q三丁目の夕日

三丁目の夕日で女優が魔界のエステに行くと過去の夫殺しを隠したせいで体が溶けてしまい
ライバルだったもう一人の女優もあとで溶けてエステは閉鎖という話は何巻に載っていますか?

Aベストアンサー

三丁目の夕日ではなく
「鎌倉ものがたり」です
24巻第 249話 「美貌の裏側」
ですね

Q5~10巻程度で完結しているハッピーエンドではない漫画があったら教えて

5~10巻程度で完結しているハッピーエンドではない漫画があったら教えてください。
ジャンルは問いません、理由や見どころも教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

ICHIGO -二都物語-
アイデンティティを殺人に求めた男の話。

羊のうた
最終回は、人によってはハッピーエンドとは言えない。
血が欲しくなる奇病を患った姉妹の話。

Q「美味しんぼ」でことばを調べたい

私は、ことばの研究をしています。食べ物屋で注文をするとき、「私、ビールで」とか「おれ、焼き鳥で」というふうに「で」で終わる言い方がありますが、あれはいつごろから使われ出したか、正確なところを調べてみようと思っています(昔は「私、ビール」と言ったのです)。

その資料として、食べ物屋の出てくる漫画がいいのではないかと考えました。たとえば、「美味しんぼ」なら長期連載しているので年代差が分かるのでは、と見当をつけました。でも、じつは漫画のことはよく分かりません。だいたいの感じでいいのですが、この漫画に食べ物屋での注文シーンというものはけっこうでてくるのでしょうか?

また、このほかに、食べ物屋がよく出てくる作品で、長期連載している作品があればお教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私がよく読む漫画で長期連載は

「味いちもんめ」原作あべ善太・作画倉田よしみ
料理学校を卒業した伊橋悟が料亭藤村に入って、料理人として成長していく話で、藤村にはお座敷以外にもカウンターがあり、フリーのお客も来ますし、伊橋も温泉旅館に出張したり、京都に修行に出たり、居酒屋で同僚と愚痴をこぼしたりと、いろいろなシーンが出てきます。

「江戸前の旬」九十九森 作・さとう輝 画
東京の柳寿司の息子の柳葉旬が寿司職人として成長していく過程を描いた漫画で、カウンターですから様々な人物が出入りしていますよ。

「ザ・シェフ」原作剣名舞、作画加藤唯史
幻の料理人味沢匠が主人公の漫画で、味沢はフランス料理が専門ですが、高額の報酬を貰って、大衆レストランからホテルのレストラン、お金持ちのお抱え料理人など、様々なところで料理を作りながら全国を回っています。

以上の3点は連載期間も長く、そこそこ料理漫画としてもしっかりしたものと思います。

Q「美味しんぼ」の福島についての記述、、、

「美味しんぼ」で鼻血や疲労感と放射線の影響を関連づける発言があったこと、ひどいなと思っています。

編集部ってとめたりしないのでしょうか?
そういう原稿のチェックってされないものなのですか?

Aベストアンサー

今回特にクローズアップされていますが、この作品とこの編集部は、過去にも何度も同様のことをしています。

かなり偏見と偏向が強く、一部の人や考え方を意図的に擁護する作品であることは、以前から知られていることです。
今回は、たまたま標的にする弱者が、世論が関心を持っている強者で、ネットやマスコミの話題になったにすぎません。

言論の自由には、間違った信条の表現も含みます。それによって被害を受ける人がいるのなら、今回のように、社会的に正しい(と多くの人が考えている)信条や事実に基づく反論を広めれば良いだけです。
間違った信条だからといって出版をしないというのは、本来は違憲ですよね。日本では行ってはならないことです。

私は、10年以上前にはこの作品や作者は大嫌いになりました。理由は今回の騒動と同じです。ただ、今回、政治家を含めて、この作品自体の刊行について、問題視している人たちがいますが、その手の人たちも間違っていると思っています。
私の視点では、間違った信条に基づく作品だとは思いますが、そういうものも刊行することを認めていないと、本当に国や政治家など強い立場の人たちが間違ったことをした時に、言論を封殺して、国民に知らせないということを許すことになります。

この作品と東京都が条例で出版を止めようとしている作品とは、私の中では同列ですが、いずれも、言論の自由を守る大きなカテゴリで守られるものだと思っています。出版してはならないボーダーを決める組織がある、仕組みがある社会の方が危ういためです。
私はこの作品や作者のいうこと自体はかなりひどいものだと思いますが、だからといって編集部が刊行を止める行為も、同様に思えます。まして、今回は出版前から世の中が問題視していましたよね。なら、刊行は止めるべきではなく、出版社の立場としては今回のように、きちんと作品を世に問うべきです。
そして、この作品が風評被害に便乗した内容を書くのは今回が初めてではありません。マスコミも読者もそれらを把握した上で、ひとりひとりの対応を判断すべきじゃないかな。

今回特にクローズアップされていますが、この作品とこの編集部は、過去にも何度も同様のことをしています。

かなり偏見と偏向が強く、一部の人や考え方を意図的に擁護する作品であることは、以前から知られていることです。
今回は、たまたま標的にする弱者が、世論が関心を持っている強者で、ネットやマスコミの話題になったにすぎません。

言論の自由には、間違った信条の表現も含みます。それによって被害を受ける人がいるのなら、今回のように、社会的に正しい(と多くの人が考えている)信条や事実に基づく...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報