円安というのはいったい何が安くなっているのですか?
日本の会社の株が平均して安くなっているということでしょうか。国債が安くなっているということでしょうか。それとも日本の株というものが存在してそれが安くなっているのでしょうか。もし日本の株というものが存在するならそれは一体どういうものなのでしょうか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 円安というのはいったい何が安くなっているのですか?


円安とは、その名の通り円が他の通貨に対して安くなっているのです。
たとえばkappazaraさんが海外旅行に行くために円を$100に両替したとします。
1年ぐらい前、\110/$だった頃は$100を両替するために \11,000で済みました。
ところが、現在では \134/$程度ですので$100を両替するために \13,400必要です。この差額 \2,400分が円が弱く(安く)なっています。

> 日本の会社の株が平均して安くなっているということでしょうか。国債が安くなっているということでしょうか。
上記の説明の補足の様な形になりますが、たとえば、株価\1,000,000の会社がある
とします。これを海外の投資家が買おうとすると、 \110/$だと、約$9,090かかり
ます。現在の\134/$だと、約$7,463で済む訳です。つまり日本の株も国債もすべて
安くなっています。 

> もし日本の株というものが存在するならそれは一体どういうものなのでしょうか。
なので、「日本の株」というものは無いのですが、日本の株式会社の株が海外の株
に比べ相対的に下がっていると言うことが言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 07:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の国債について、国債の空売りや、国債の償還不履行時の保険という名目

日本の国債について、国債の空売りや、国債の償還不履行時の保険という名目の金融派生商品が可能な市場は、存在するのでしょうか。

先日、NHKスペシャルで、ギリシャの緊急危機の背景に迫ったドキュメンタリーを観ました。
そこでは、ギリシャ国債に群がった投資ファンドの動きが紹介され、上記の手法で、危機(信用不安)に繋がる要因の1つになったことが描かれていました。
国債にまで、投資ファンドは手を出すのかと少し考えさせられました。

日本の国債にも、空売り、金融派生商品は存在するのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

国債の空売りは存在します。(まあ検索すりゃすぐひっかかるので省略

>国債の償還不履行時の保険

厳密には少々違うのですが、ソブリンCDSのことですね。これも存在いたします。ソブリンCDSのデータに関しては以下のURLからある程度入手することができます。

http://www.cmavision.com/market-data
http://www.markit.com/en/about/news/commentary/cds/cds.page

最新データではないのですが、網羅的に見たい方はFTの以下の記事を参照ください。
http://ftalphaville.ft.com/blog/2010/05/24/241001/how-sovereign-bonds-should-be-rated/


ちょっと注意しなければならないのはソブリンCDSは必ずしも「その国の破たんリスクを表すとはいえない」こと。

なぜかといえば、ソブリンCDSはまだ発展途上の市場なので、市場規模が小さく流動性が高いため投資ファンドによって市場がゆがめられる可能性があるということです。
以下の日銀のレポートがすごく参考になると思います。具体的にはアメリカ・イギリス・日本はソブリンCDSと国家のリスクに連動性が見えないとのこと。
http://www.boj.or.jp/type/ronbun/rev/rev10j04.htm

国債の空売りは存在します。(まあ検索すりゃすぐひっかかるので省略

>国債の償還不履行時の保険

厳密には少々違うのですが、ソブリンCDSのことですね。これも存在いたします。ソブリンCDSのデータに関しては以下のURLからある程度入手することができます。

http://www.cmavision.com/market-data
http://www.markit.com/en/about/news/commentary/cds/cds.page

最新データではないのですが、網羅的に見たい方はFTの以下の記事を参照ください。
http://ftalphaville.ft.com/blog/2010/05/24/241001/how-sover...続きを読む

Q金融機関が国債を買う資金を全部株に回したらどうなる

借換債まで含めると、政府は毎年百数十兆円の国債を発行しています。大部分は金融機関が買っているそうです。もしも金融機関が団結し、国債を買うのを拒否し、そのお金で日本の株を買ったとしたら、何が起きると思いますか。

Aベストアンサー

 ほう、理解して頂けたのですね。理解していただける人が少ないのですが。ありがとうございます。
最近のNHKや新聞の報道は、規制が厳しくて、経済の大事なことを報道することを、大きく制限されています。
だから、NHKや新聞の報道機関からだけで、情報を得ている、大部分の人には、理解していただけないのです。
そういう人達は、リーマンショックや、今度の欧米の経済危機も、起きてから、知らされることになるから、貧困となるのです。
しかし、彼らは、依然として、NHKや新聞の報道機関を信じます。
安心だからです、科学的合理的に考えた安全を考えようとしません、デカルトに基づいた、「方法序説」に基づいた考えや、議論をしません。西洋式の議論をしないのです。何時も和式です、和食だったら私も好きなんだけれど。

本題に戻り、あなたは、次のようにおっしゃる。
実際、私もワシントンに行きアメリカ財務省で色々議論をしてきました。しっかり国債を発行し内需拡大をし経済を活性化したほうが、国の借金のGDPを減らすことが出来るという日経新聞社の試算を彼らに説明したところ、「ここまで分かっているなら、どうしてやらないのか」と言っていました。日本はアメリカの圧力に弱いから、圧力を掛けてくださいよとお願いしたら彼らは笑ってました。

 ここの処で、私は、少し意見が異なります。
不景気の原因は、市場にマネーサプライとそのマネーの回転数が減った為です。
政府、日銀は、市場にマネーを供給していますが、民間銀行が、貸し出しを怠っているのです。
G7の規制で、世界中の民間銀行が、貸し出しの規制をしています。
だから、民間銀行は、これから需要の見込める企業に、どんどん融資をして、設備投資を増やし、増産し、みんなが豊かな生活を送れるようにすべきです。
 政府は、減った回転数を、増やすべく、産業の転換の援助指導し、雇用を増やし、その産業の転換に見合うように、国民を教育していくことが、必要です。
 国債を発行し過ぎるから、民間銀行は、働かなくても、その金利だけで経営できるのです。
国債が無くなったら、民間銀行は、収入が大きく減りますから、需要の見込める企業に、どんどん融資せざるを得なくなります。
そういう意味で、民間銀行が、需要の見込める企業に、どんどん融資しないなら、民間銀行を国営化すれば良いのです。
郵貯も、需要の見込める企業に、どんどん融資するようにすれば良いのです。
これを、民間銀行は、民業の圧迫だと言います。小泉元首相も、郵貯を民営化して、民間銀行並みの規制をしょうとします。
不景気を永続させる政策です、困ったものです。

 ほう、理解して頂けたのですね。理解していただける人が少ないのですが。ありがとうございます。
最近のNHKや新聞の報道は、規制が厳しくて、経済の大事なことを報道することを、大きく制限されています。
だから、NHKや新聞の報道機関からだけで、情報を得ている、大部分の人には、理解していただけないのです。
そういう人達は、リーマンショックや、今度の欧米の経済危機も、起きてから、知らされることになるから、貧困となるのです。
しかし、彼らは、依然として、NHKや新聞の報道機関を信じます。
安心だ...続きを読む

Q「国債って何?」&「建設国債と赤字国債の違い」

日本の借金について調べていたら、国債(建設、赤字国債)のことが出てきました。

債権のこともよくわからないのに、赤字国債と建設国債と言う言葉が出てきたので、頭の中が整理できません。

出来るだけ、詳しく教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

簡単な考え方で個人レベルに置き換えると
建設国債=住宅や車をローンで買う
財政にゆとりが有っても、一度に年収以上の多額の支払いを行うのは困難なので、長期で支払う方法です。

赤字国債=生活費の不足を借金で賄う
給料日までの一時凌ぎの様に一時的ならいいのですが、続けば借金が膨れ上がり破綻します。
となります。

Qなんで中国経済の先行き不透明と原油安で日本の株が下がるの?日本と中国との取引って輸入のうち中国依

なんで中国経済の先行き不透明と原油安で日本の株が下がるの?

日本と中国との取引って輸入のうち中国依存度は4%くらいで別に中国経済がコケようがそれほど日本経済に打撃はないでしょう。

原油安は輸出国である日本経済にとってはプラスですよね。

それでなぜ日本の株が売られるのか理解出来ません。

普通なら買うでしょ。

原油安で輸出国である日本経済にとってメリットがあって、中国経済がコケても日本経済の影響度は4%です。

それで売る理由はなんですか?

日本の株の売りは中国経済の先行き不透明とか原油安が原因じゃないでしょ?

日本の株下がりの原因は違うと思います。

Aベストアンサー

株は思惑だから・・・。
原油安だから中東の産油国は収入が減る。株を売って現金を売る。
すると手持ち日本株も売られて株安。

さらに中国経済も低迷して産油国も収入減でお金が減る。
日本の輸出産業での輸出が減る。収益減。

その産業への先行き不安で投機や投資が減るので株安。

世界が金融不安定になると、比較的安全な円が買われて円高になる。
すると輸出製品が外国為替で換算すると高くなり輸出が減る。

その産業への先行き不安で投機や投資が減るので株安。

結論)
中国経済の先行き不透明と原油安で日本の円は高くなり株は下がる。

円が高くなると株は下がる。これはいつもセットなんだ。

Q円安で日本企業の貿易収支が潤うロジックは?

現在は円安で日本企業の貿易が好調であると聞きました。
そのロジックがいまひとつ分かりません。
少し噛み砕いて教えていただけますか?

Aベストアンサー

日本の企業は輸出企業が多いといわれています。
そして、輸出企業の最終的な目標は円を沢山手に入れることです。
しかし、輸出先からは代金としてドルを貰います。
この時のドルの価値はそのときの相場によって変わるわけです。

例えば、代金として10ドルを貰うにしても
1ドル=90円の円高では、900円にしかなりません。
1ドル=120円の円安では、1200円になります。
したがって、輸出企業は円安の方が儲かるわけです。

単純に原理論と考えるならば、円安というよりもドル高(外貨高)だと儲かると考えた方がいいかもしれません。
代金で貰うドルの価値が上がれば(ドル高=円安)、儲かるというロジックです。
逆にドルの価値が下がれば(ドル安=円高)、儲からないというロジックです。

しかし、現実的手法論で考えれば、日本がドルの価値を直接弄る事は出来ませんので、円の価値を引き下げる事によりドルの価値を引き上げるわけです。だから円安という表現は正しいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報