高村薫さんの作品で一番最初に読んだのは
新刊が出たばかりの単行本「照り柿」です。
ものすごく長い話を読んだ挙句、途中の事件の
真相がうやむやな感じがして、読み終わった後、
もやもやした感じがありました。

その後、直木賞をとったぐらいだし、照り柿よりは
薄いから面白いかと「マークスの山」の単行本を
買いましたが、難解な文脈が多く、ずっと眠っていました。

それを最近、読み始めたところ、難解な文脈ながらも
面白く、先程、読み終わりました。
ただ、金庫の遺書のあたりから、アレレレ?と感じ、最後のオチにいたってはうーん・・・。

それで、気になったのが最初に大雪の小屋の玄関前で
岩田がスコップで殴り殺したのは誰なんですか?
当時の刑事のやりとりで、二十六歳というのはありましたが、名前は出てきません。

金庫の遺書にも、名前は出てこず、偶々、同じ頃に
同じ場所付近であった殺人のようでした。

でも、それなら、あんなに意味ありげに
「この雪の中、この道を通るのはおかしい」的な
描写を最初に念入りにするのはいかがなものかと。

また、同じ頃に両親が心中した少年も
その殺害現場を目撃したという文脈もなく、
偶然、同じ時期の同じ付近であった事件が
その後、偶然、泥棒に入った所の金庫で・・・
とつながっていくのが、凄い偶然続きだなぁと。

随分、昔の小説なので忘れている方も多いかと
思いますし、批判的な事を書いて申し訳ありませんが、
スコップで殺された人が誰かをわかる方が
いらしたら教えてくださると嬉しいです。

また、私の読み方不足でしたら申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


「マークスの山」、
文庫本でしたが、読みました。
文庫ででたばかりなので、
私もかなり前になりますが・・・。


質問者様が気になっているのは、
以下の事柄でしょうか?

1、岩田がスコップで殴り殺したのは誰?
2、同じ頃に両親が心中した少年も・・・凄い偶然続き




1、【被害者の名前は、登場しなかった】
・・・ような気がします。

以下のURLは、単行本版「マークスの山」
の年表です。
http://donguri.sakura.ne.jp/~shell/godaholic/ken …


登山者が岩田に撲殺されるのは、
昭和51年 10月21日 午前6時頃です。


で、金庫の遺書に書かれていた
【名前は出てこず、偶々、同じ頃に 同じ場所付近であった殺人】の被害者は、
N大自治会で左翼活動していた野村久志でした。
正確には殺されたわけではないのですが・・・。


左翼活動をしていた野村を殺すつもりだったが、
野村は偶然にも、
昭和51年 10月21日 午前0時頃
に急死してしまいます。

本来ならばその【急死という事故】を警察に届けていれば、
一連の事件は起こらなかったはずです。
まあ、殺人の準備をしかけた(←スコップを盗む)後ろめたさもあり、
その【事故】を疑われたら、
司法試験に受かったなどの、自分の人生が変わってしまう事が
怖くなったようで・・・。


殺した時に使う予定のスコップで、
穴を掘って、野村の死体を埋めてしまいました。

どうやら、岩田に撲殺された男は、
その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、
必死になって、山をかけおりてきたようなのです。
なら、この撲殺された被害者は、別にいなくても関係ないような気も
するかもしれません。



【野村の動向は、公安が知っていたけど、追求はしなかった】
        ↓
【公安側は、密かに野村が亡くなる事を希望しており、
殺した犯人を追及するつもりはなかった】
        ↓
【マークス五人衆も出世し、どんどん警察の現場が追及しにくい立場になる】
 
このまま、野村の死の真相は
【マークス五人衆】や【公安】が黙り続ける事によって、
闇に葬られて表にでてこないはず・・・でした。


ところが、
「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた
佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。

その後も、上層部から横槍が入ったりする中で、
佐野警部と合田警部補達は、
【マークス五人衆】達が抱え込む秘密に、
じりじりと近づいていくわけですが・・・。


他にも、佐野警部が野村の死体を見つけなかったら、
死体の復顔を依頼しなかったら、
【マークス】があの金庫を盗まなかったら、
・・・という、いろいろな偶然の積み重ねがないと・・・。

偶然でもないと崩せないほどの権力の闇が、
覆い隠していた【野村の死の真相】が表にでてこなかったわけです。



2、【同じ頃に両親が心中した少年】→事件後、暗い【山】に精神を翻弄される
  【合田警部補】        →趣味で【山】に登る
  【マークス五人衆】      →【山】では楽しい事もあったけど、しかし・・・
  
という共通点を出したかったために、
あの北岳で少年は登場したのかもしれません。
その後、また北岳へ彼は向かう事になりますが。


1でもふれましたが、
確かに「偶然続き」ですけどね。

私自身、この作品は、
【犯人が誰か】
【犯人はどんな凄いトリックを使ったか】
を楽しむより、
【警察がどのような事に翻弄されながら、事実にたどりつくのか】
その過程を読ませる・・・作品だと思っています。

多少アクがありますが、
読ませる力もある作品です。
質問者様もおっしゃっていますが、
・・・ただ「偶然が目につく」などの、
ちょっとした事が気になるっていえば、
気になります・・・。

好きな作品ですけどね。



高村薫は、単行本と文庫本で、
情景描写などの部分をなおすので、
ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。


参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり、良いお返事をありがとうございました。
やはり、被害者の名前は、登場しなかったのですね。
あれが全ての発端であるだけに、そんな扱いというのもいかがなものかと思います。

>「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた
>佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。

という事なら、尚更、名前のみならず、被害者が何故、
普通の人が通らないあの道をあんな時間に通ったのか、
の説明が欲しかったですね。
(もちろん、Liohさんを責めているのではありません)

>どうやら、岩田に撲殺された男は、
>その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、
>必死になって、山をかけおりてきたようなのです。

その描写が単行本では見当たらないように思います。
それがあれば、私の印象も随分違ったものになります。

MARKS五人衆が死体遺棄をしなければ、
その登山者も嫌なものを目撃して逃げ出す事もなく、
岩田もその登山者を撲殺する事もなかったのですから、
全てがMARKS五人衆の死体遺棄が始まりの悲劇の連鎖
という事で、かなり、納得がいきます。

>高村薫は、単行本と文庫本で、
>情景描写などの部分をなおすので、
>ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。

そのようですね。
今回この質問をするにあたり、過去の質問を調べましたが、
私が単行本で難儀な文脈と感じた所も、
文庫本ではどうやら、滑らかに流れているようです。

ただし、単行本の最後の一ページが文庫本には
書かれていないようなのです。

私は最後のオチ(死体遺棄の中心人物で、尚且つ、
水沢殺害計画の首謀者なのに、生き延びて、
時効にも守られている超ラッキーな弁護士・林原)
というのが、どうも嫌な感じでした。

でも、単行本の最後の一ページで少し、
救われた感じがしたのです。

それが文庫本でないとなると、どうなのかなーと。
もしかしたら、文庫本では他の所で、私が感じた
嫌な感じがしないような構成になっているのかもしれませんが。

いずれにしましても、Liohさん、ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/30 18:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【漢文の読む方法を教えてください】 漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか? 一ニレとかは読

【漢文の読む方法を教えてください】

漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか?

一ニレとかは読むための補助で実際の漢文には一ニレとか書いてないんですよね?

これは後で読みやすいように日本人が追加したものですよね?

最初から書かれているものなのでしょうか?

漢文の読むルールを教えてください。

日本語にない漢字が出て来ませんか?

日本語にない漢字が出て来たときはどうするのですか?

Aベストアンサー

>漢文の読む方法を教えてください

白文を読んで理解できるようになるには、漢文法、漢字の意味、固有名詞、中国の歴史等、全てを覚えてしまうしかないと思います。

Q最初に読むスティーヴ・エリクソン

スティーヴ・エリクソンの本を読んでみたいと思ってます。
どれから手を付けるのがいいですか。読みやすさよりは打ちのめされたい派です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「黒い時計の旅」はいかがでしょうか?
私はかなり前に読みましたが、本当に衝撃を受け、今まで味わったことのない感覚でした。
第二次大戦でドイツが敗けないで、ヒトラーが生きていたら・・・という話ですが、
話が入り組んで複雑です。

Q同じ著者の本しか読む気がしないのですが。

本を読み始めるきっかけは人それぞれですが、
初めの本を読み終わった後、皆さんはどうしているのでしょうか?
私は、小説を真剣に読み始めたのが小学校の高学年くらいでした、
映画をきっかけとして原作を読んでみたいと思い読み始めたのですが
それ以降、その著者の作品にしかほとんど興味がもてません。
もう何十冊とその著者ばかりで、一向に飽きも来ないのですが
やっぱり、他の著者の本も読んでみたい。

TVで面白い!と宣伝されてたものを数冊手にとって読んでみましたが、その著者の他の作品を読みたいと感じた事がありません。
映画化されたとか、絶賛されているとか、そういうコピーがあってもなぜか手がでません。
小説、特に文庫本なんて安いものですから、警戒することもないのですけれど、買っておいて読まなかったなんてことがあるかと思うとたかが数百円でももったいない気がしてしまいます。実際、買っておいて途中で飽きてしまった作品が数冊あります。

皆さんは、どんな感じで読む本を選んでおいででしょうか?
やっぱり好きな著者の作品中心?
手当たり次第?
売れ筋ランキング重視?

同じ著者の作品しか手に取れない私に何かアドバイスもありましたらそれもお聞かせください。

本を読み始めるきっかけは人それぞれですが、
初めの本を読み終わった後、皆さんはどうしているのでしょうか?
私は、小説を真剣に読み始めたのが小学校の高学年くらいでした、
映画をきっかけとして原作を読んでみたいと思い読み始めたのですが
それ以降、その著者の作品にしかほとんど興味がもてません。
もう何十冊とその著者ばかりで、一向に飽きも来ないのですが
やっぱり、他の著者の本も読んでみたい。

TVで面白い!と宣伝されてたものを数冊手にとって読んでみましたが、その著者の他の作品を読...続きを読む

Aベストアンサー

私も割りと一つの著者やシリーズを読んだりします
同じ本を何十回何百回とも読みますし。
でも本自体読むので、他の著者へまた移動して、その著者をまた読んで…。

ここの質問サイトではよく
「だれそれの作品、~という作品が好きですがお勧め教えてください」
っていうのがありますよね。
そうやって勧めてもらうのもいいと思います。

あと、変な話現在話題になってるもの、新しい作品はハズレも多いです。
古い時代のものは、つまらないものは廃刊になったり消えていくので
ある程度面白いものだけが残っています。
現在のものはたくさんあるもののなかから傑作を探し出す、めぐり合うのは
なかなか大変ですね。
映画にしやすい、話題になりやすいものが必ずしも文学として面白いとも限りませんし。

本にお金かかるのがもったいないなら図書館を利用するか
一番いいのはブックオフです。
一冊分の値段で数冊手に入ります。手当たり次第読むこともできます。

また「ダ・ヴィンチ」のような本を紹介する雑誌を一度買ってみるのもいいでしょう。
出版社が夏などに出すお勧めの100冊、みたいなのも良いと思います
その中で気になった本を適当にいくつか読んでみて
気に入る作家がいればそこからまた入っていけばいいと思います。

また、amazonなどで好きな作品を検索すると
「この本を買った人はこんな本も買っています」ってのが出るので
同じ好みの人が何を買っているのか解ると思います。

とりあえず手始めに、質問サイトに
好きな作家と、作品、作風を挙げてお勧めを紹介してもらうといいんじゃないでしょうか。

私も割りと一つの著者やシリーズを読んだりします
同じ本を何十回何百回とも読みますし。
でも本自体読むので、他の著者へまた移動して、その著者をまた読んで…。

ここの質問サイトではよく
「だれそれの作品、~という作品が好きですがお勧め教えてください」
っていうのがありますよね。
そうやって勧めてもらうのもいいと思います。

あと、変な話現在話題になってるもの、新しい作品はハズレも多いです。
古い時代のものは、つまらないものは廃刊になったり消えていくので
ある程度面白いものだけ...続きを読む

Q難解な本

読書家のみなさんにお聞きしたいのですが、今まで読んだ中でこの本は難解だったと思う本はどんな本ですか?是非読んでみたいので教えてください。

Aベストアンサー

△「死霊」 埴谷 雄高(はにや ゆたか)
 著者畢生の長尺物。「超」の付く難解さで 哲学的小説の代表作。
 因みに「死霊」は「しりょう」ではなく「しれい」と読むようです。
 著者の死により 「未完の大作」となってしまいました。

Q難解な推理小説知ってますか?

登場人物が個性的で、物語に斬新性があって、繊細な深みのあるミステリアスな結末を見せてくれる小説を教えてくれませんか? 抽象的な物言いですいません。

Aベストアンサー

こんにちわ。

井上尚登さんの作品はどうでしょうか。

物語の最後に「大ドンデン返し」があって、最後まで気を抜けないと言うか、結末が意外です。
また、初めのほうで「サラッと」語られた登場人物の経歴などが、最後の最後で「落ち」につながっている点など、読み終わったあとの余韻が快感です。


私の体験として、読みやすい順に列挙するとこんな感じですね。

「キャピタルダンス」(2002年3月)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31313615

「C.H.E.」(2000年5月)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30940973

「T.R.Y.」(1999年7月)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30820356


あと、コナン=ドイルのホームズなど古典。
現在の科学捜査に慣れちゃった人には、かなり犯人探しが難しく感じると思います。(私はそう思う。)
最近ホームズ全集を改めて購入して読んだのですが、現在の科学捜査以前の作品ですからある意味新鮮で難解に感じます。

こんにちわ。

井上尚登さんの作品はどうでしょうか。

物語の最後に「大ドンデン返し」があって、最後まで気を抜けないと言うか、結末が意外です。
また、初めのほうで「サラッと」語られた登場人物の経歴などが、最後の最後で「落ち」につながっている点など、読み終わったあとの余韻が快感です。


私の体験として、読みやすい順に列挙するとこんな感じですね。

「キャピタルダンス」(2002年3月)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31313615

「C.H.E.」(2000年5月)
http://www.7andy....続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報