インバータの点検などで、電源を落とした後放電されるのを数分待ったりしますが、すぐ放電させるため出力端子を接地させたら、故障などの悪影響があるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

多くの大容量コンデンサーの場合.アルミ電解コンデンサーを使っています。

従って.大体が薄くペラペラなアルミ箔で出来ていますので.ショートのような大電流を流した場合には.アルミ箔を流れた電流によって発生する熱で.アルミ箔に傷がつきます。
最終的には.1の方が指摘するようなことになります。

トランジスタについてはわかりません。が.回路によっては中途半端な電圧低下が変な電流を流れる原因となり.特定の部品を壊すことになりかねません。これは回路次第です。原則としてショートや負荷をつないだ早期放電は避けて.自然放電を待ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/29 00:17

すぐに放電する場合は、半田コテの電源コードを使います


片方をコンデンサの+側に もう片方をアース側に接触させれば
かなり放電しますし、パーンって放電音も出ません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/29 00:19

インバーターはトランジスターでスイッチングしているので


ショートさせれば、トランジスターが壊れる可能性があります。
もちろん保護回路はついていますが、電源を落とせば
この保護回路が正常に動作するかどうかは疑問です。

ショートはあまりお薦めできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/29 00:32

故障またはコンデンサが爆発します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/29 00:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安全にコンデンサを放電させる方法。感電防止法。

使い捨てカメラ等の分解でコンデンサに電荷がたまっている場合、いきなり金属棒を両端子につけるとスパークが飛ぶと思うのですが安全に放電させる方法はありますか?また、手術用の薄いゴム手袋(ラテックス手袋)が作業がしやすいのですが、耐圧とかどのくらいの容量のコンデンサまでなら感電防止になるのでしょうか。

Aベストアンサー

「安全に」とおっしゃるのであれば、抵抗である程度ゆっくり放電させるのが一番です。

コンデンサの容量、印加されていた電圧が分からないので何ともいえませんが、
10kオーム程度の抵抗をコンデンサの両端につなげて放電してはいかがでしょうか?
こんな形の抵抗が転がってればいいんですが。
http://homepage1.nifty.com/powder/note/teikou.htm

10本入りで¥40程度ですが、ラジオなどを分解して取り出したものに延長線をつけてもよいです。
http://eleshop.kyohritsu.com/products/index1.html

Qコンデンサの放電時間の算出方法をお教え下さい。

十分に充電された300V、100μFの電解コンデンサの両足を
10kΩの抵抗でショートした場合、コンデンサに蓄えられた
電荷が全て放出されるまでに掛かる時間の求め方を
教えて頂けますでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いつまで経っても電荷が全て放出されることはありません。
放電が進むと電圧が下がって流れる電流は少なくなります。
T秒で半分の電圧になるとすると、次のT秒で半分、次のT秒で半分・・・となって無限の時間が掛かります。

Q高圧進相コンデンサーの充電状態

6.6kV受電設備の定期点検時、受電遮断器を開いた時高圧進相コンデンサーの充電状態は
どうなっているのでしょうか?遮断j器開時は電流は零となる訳なので電圧は90°位相遅れで最大値となっているわけですがその状態でコンデンサ端子部等に触れたら6.6kVに感電となるのでしょうか。
又、定期点検時のコンデンサーの扱い方を教えて下さい。
放電の必要がある場合、簡単にアース棒等で接地させても問題無いのでしょうか。

Aベストアンサー

 >放電の必要がある場合、簡単にアース棒等で接地させても問題無いのでしょうか。
急激な電荷移動は、コンデンサ内の絶縁体に大きな影響を与えます。
実際は、直接接地だけで行っても壊れる事はありませんが、コンデンサの寿命に影響を与える事は十分に考えられますし、古いコンデンサなら尚更です。
その為、開放直後であれば、抵抗付き接地棒により接地する事が重要です。
ただ、自己放電回路が内蔵されていますので、十分に時間が経過した後であれば、直接接地でもかまいません。

不良を発見する為の点検作業で、不良を作り出すような行為は避けるべきだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報