量販店で千切り用のカッター付で2万円ぐらいで売ってました。
千切りができます とありますが 刃の隙間が結構広いので
本当に切れるのか疑問です。
でも 使い方次第で切れるようにもみえるので 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

できないと思います。

キャベツは縦に切るのと横に切るのとでは、全く食感が違います。ざくっと切ると、繊維が見えますよね。繊維を分断しないよう切るのがコツらしいです。フードプロセッサーは細めの乱切りにしかなりません。一度、ご自身の包丁で試してみてください。ちなみに違いが気にならないようでしたら、「できる」と受け取ってもいいのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうごさいます。

お礼日時:2002/02/25 18:00

以前とんかつ屋でバイトしてた友人の話ですが、便利ものの商品を売っているコーナーによくある、千切り用(?)商品を使っていたそうです。


プラスチックでできたもので、縦長で刃が中心辺りにありスライスしていくものです。

きゃべつをふわっとさせるコツは、下でも説明されてますが、切る道具よりも切る方向が重要になると言ってました。やってみたらかなり違いがありましたよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今日 業務用品店に行ってきました。
12万円くらいで 円形の刃が回転するタイプのものがあり チット買いたい気分でした。
ついでに皿洗い機の見積もりも頼んできちゃいました。
毎日1個を30分ぐらいかけ包丁で丁寧に切ってたのですが 
ぱっと切って 氷水につけて 時間を他のことに回そうかとおもいまして。

お礼日時:2002/02/25 18:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフードプロセッサーを使った事がないのですが・・便利でしょうか?

料理(初心者)の時のみじん切りや、すりおろしをする場合、フードプロセッサーがあった方が時間短縮出来たり便利だったりするのでしょうか?自分では色んな食材を大量にみじん切りする時にすごく時間がかかるので、あったら便利かな?と思うのですが、今まで一度もフードプロセッサーを使った事がないので、どの程度上手く使いこなせるか心配なのです。。自分で包丁でみじん切りをするように、また下ろし金で大根をするように上手く出来るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

フードプロセッサーは、なめらかになるまで混ぜたいものには便利です。
冷凍のラズベリー&ヨーグルト=即席シャーベットとか、ビシソワーズ(冷たいジャガイモスープ)とか。
あとはジュースを作ったりするときですね。

しょうがや大根のすりおろしは、おろしがねを使ったほうが断然おいしいです。
しょうがは金属のもの、大根は陶器のものを愛用しています。

たまねぎや長ネギのみじん切りは、よい包丁を買ってきて、こまめに砥ぎ器で砥いだ包丁(砥石ならなおよし)のほうが、簡単で後片付けも楽です。
包丁をいれる順番(最初に切り込みをいれてから刻み始める)などを飲み込めば、あとは数をこなせば自然に早くなります。

ハンバーグのたねを混ぜたりするのも、手とボールを使ったほうが楽しいし、うまくできるような気がします。

とはいえ、フードプロセッサーをつかってやりたい何かがはっきりしているのなら、試してみるのも可、だとおもいますよ。

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む


人気Q&Aランキング