.hackを3年前に知りました。その頃は勉強、部活がいぞがしくて興味をもちませんでした。進学して暇になり.hackの事を思い出し。自分なりに調べてみました、ゲーム、小説、コミック、など色々と出ていて、すべてがつながっているようです。いまはGUがプレステでやっているようです。
.hackを最初からやろうと思っています。ゲーム、小説、アニメ、を含めどの順番にやれば(見る、読む)流れがつながるのでしょうか?

流れを知っている方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずは、アニメ「.hack//SIGN(ドットハックサイン)」


中心となるPS2ソフト「.hack(ドットハック) Vol.1~ Vol.4」の事件が起こる半年前が舞台になります。
主人公は、ログアウトできなくなった司(つかさ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/.hack//SIGN
その後、PS2ソフト「.hack(ドットハック)Vol.1~4」に移っていきます。
主人公はカイト
その間、ソフトに同梱されているアニメも同時進行で動いていきます。
その4年後、伝説となったドットハッカーズのキャラクター、カイトを抽選で当てたシュウゴが主人公のアニメ・コミック「.hack//黄昏の腕輪伝説」に移っていきます。
とっつきやすい順番はこんなもんでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/.hack
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答有難うございます。
さっそくTUTAYAにいってSIGNをみようと思います。

お礼日時:2006/07/08 08:47

.hack//AI buster



.hack//SIGN
↓半年後
.hack//感染拡大Vol.1~.hack//絶対包囲 Vol.4 & .hack//Liminality &
.hack//Another Birth もうひとつの誕生(2010年)

.hack//ZERO

.hack//黄昏の腕輪伝説(2014年)

.hack//Roots
↓8ヶ月
.hack//G.U.(2017年)

が、ストーリーの順番です
この順番で一度、見直してみたいですね
一つの「.hack」というストーリーの流れとして

.hack//黄昏の腕輪伝説のアニメ版はパラレルストーリーで、漫画版が公式っぽいです

(漫画版のゼフィがG.U.に登場しているので(過去の話として))

.hackファンは、SIGN、ゲーム、腕伝の順番+小説(がどこかに)の順番で見ていると思います
途中からや、新作のRoots+G.U.から入った人もいると思いますよ
途中から見た人は、割と多いっぽいですので
あと、SIGNから入ったのは、ある意味正解だと思いますよ
アウラの誕生からですし、ストーリーも重いので
#1の方の回答は、適切だと思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまどかの脚本家の他のアニメ・ゲーム・小説

まどかというアニメがすごく面白くて、この脚本家(虚淵玄)のほかのアニメや小説もみてみたいんですが、おすすめはありますか?

あと、ゲームの脚本がメインみたいですけど、みんな18禁なのでなんだかなーという感じです。
18禁といっても、性的な意味じゃなくて、話や描写が残酷だからでしょうか。

あと、それ以外の脚本家でもいいので、まどかみたいに面白いアニメがあったら教えてください。

Aベストアンサー

■アニメ
「Phantom ~Requiem for the Phantom~」
http://www.phantom-r.jp/
「ブラスレイター」
http://www.blassreiter.jp/
■小説
「ブラック・ラグーン」
http://ga3.gagaga-lululu.jp/write/2008/05/post_87.html
「Fate/Zero」
http://sai-zen-sen.jp/sa/fate-zero/

>それ以外の脚本家でもいいので、まどかみたいに面白いアニメがあったら教えてください。
「魔法少女隊アルス」
http://www.tfc-anime.net/tweeny-witches/index.html
「KEY THE METAL IDOL」
http://pierrot.jp/title/key/index.html

Qアニメ .hackについて。

.hackを見たいと思ったのですがどの順番で見たらいいのか教えてください。

Aベストアンサー

参考になれば。
http://www.weblio.jp/content/.hack

Q.hack//sign どうなりましたか?

おはようございます。
お世話になります。

TV大阪で9月4日の深夜に放送された
.hack//SIGN 23話 The Eve (でしたよね?)
できるだけ判り易くストーリーを語って下さい。
前回をちゃんと見てますので,23話がどうなったのかだけ教えて。
時間変更になってたので、朝起きたら,無念な状況になってました・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映像をそのまま文章にしたのでめちゃめちゃわかりにくい文章になりますがご容赦ください。もともと文章を書く力もないので。
名前とかも間違ってるかもしれません。




リアル「ANNWNアンヌーン/外伝  佐久間亮」と書かれた原稿。メールの着信「・・・来たか」

ミミル「誰よ?あんた」昴「ッ!・・・ヘルバ・・・」クリム「戦闘拠点を提供致したく!」B・T「絶叫する、フウモンのシュクメイジョウまでご足労願いたし」
つかさはいまだベットの前で、瞳の力は戻ってきている。「ヘルバ・・・知らない」

岩場の橋の上を歩くミミル、あたりは暗く、沈んだ雰囲気。
そのもとに空があらわれる。「あんた・・・!」「・・・呼ばれたんだ、ヘルバ」「っ!」「びっくりしたぁ?つかさくんのためでしょぉ?仲良くしようよ?」「あんたに誰それのためだとか言われたくないね!私、やっぱりあんたのこと嫌いだわ」「やる?こっちのほうが強いょぉ」「さぁね」「決めた手加減なしね。」

夜の森、ベアとB・T。B・Tは木の陰に隠れ、ベアはその木に背を預けて正面を向いている。
「あたしが行ってなんになる?」「わからん、ヘルバの思惑なんぞ知るはずもない」
ベアは、以前つかさに関わることを代償行為と言われたことを感謝していると伝える。
「人との出会いに意味なんてない、その後から意味を見つけていくのは当事者の仕事だ、それを教えてもらった。」「私は、利用したいだけだ」「だからさ、それで十分じゃないか、ザ、ワールド最大のイベントだ。一緒にパーティを組まないか?」
B・Tは微笑して言った。
「思い出した、その口調にだまされかけたこと、初めてオフで会った時、てっきり・・・」「てっきり・・・なんだ」「フッ・・・なんでもない」

夜の教会。祈る昴のまえにクリム、危険ではないか?と警告するクリムに、昴は「つかさにかかわろうと決めました、その周りの全てのものに、です。」
その瞳には堅い意志。
「今まで守られてきたから、全てを見届けたいと決めたんです。」
「強くなったな、いや、居場所を見つけたんだ。」
そのとき、昴の手に緑の線を描いてゆっくりと虫がとまる。
「さきに行ってろ、まだ俺にはやることがある。これからだ、頭脳派の赤い稲妻クリム様が活躍するのは。」
虫が緑の残像を残して飛び立っていく。

虫はつかさのもとへ。

ミミルと空の諍いは続く。
「あんたぁゲームに期待しすぎ」「私が期待してんのはゲームじゃない!人なんだよ!」
同時に切りかかるミミルの斬撃をいとも簡単に防ぎ、刃を突きつける空。
そこにベアとB・Tがあらわれる。
「やめないか、今ここでやりあうのは得策じゃない」
「・・・俺いちぬーけたっ!」
消えゆく姿をみつめながらミミルは言う。
「あいつ、敵にまわるってこと?」

夜の教会に人影が一つ、一瞬の後にあらわれるもう一つの人影。
クリムと、つかさだった。
「きてくれたか!」
嬉しさからか、声をあげるクリム。
だが、それにたいしてつかさは、
「ごめんなさい!痛くしないで・・・!」
と半狂乱になって繰り返す。
「俺はお前の敵じゃない」
「うそ、いつもそういうんだ」
おびえるつかさにクリムは誰にも話したことのない「昴」の話をする。
彼女は初めてクリムにあったとき「何をしたい」という質問に「ここに居たい」と答えた。
自由に歩けて、走れて、自分の力でどこへでもいける。この世界。
「昴は4年前からそれが出来ない体だ。現実逃避という奴もいるが、しかしな、昴はそれとは違う。なぜなら昴は責任をとることができるからだ。逃げるな!つかさ。お前はもう関わってしまったんだ。関わりぬけ。責任をとれ。不満を感じているなら怒りに変えろ!不安を感じているなら口に出せ!そうでなきゃ、お前を取り巻く世界は変わらん!!俺は先に行く。」
うつむくつかさに背をむけるクリム。その後ろ姿が闇に溶ける直前に彼は言った。
やさしい声で。
「・・・昴が、待ってるぞ。」

リアル。
婦警と向き合って座る髪の短い少女、背中しか見えない。
机のうえに無造作に置かれた歯ブラシと下着。
荒々しい音と共に部屋に入ってくる中年男性。
張り飛ばされ、机の上のものが床に転がる。
男を見上げる少女の目。

ベットのうえに浮かんでいた少女が逆さまになって宙に浮かんでいる。
辺りは薄暗く、自然物でも人工物でもないようなものが背景に広がっている。
逆さまになり上になった足元では空間が渦を巻いているように見える。
その前に立つのは神妙な面持ちをした空。
「これがキーオブザトワイライトなんだろ。どーやってつかうんだよ。これ。」

どす黒い朱色が混ざる雲、直径10Mにも及ぼうかという木の下に、5人。
「来るかな、つかさは」
「くるよ、つかさは!ほら!」
きたのはギンカンだった。
彼もまたヘルバに呼ばれたという。
クリムはたずねる。
「お前が守りたいものはなんだ。」
「昴さまだ。」
「それがわかっているなら、こっちへこい。」
「いいのか?」
「ああ」と、クリム。
「昴”様”はやめてくださいね。」

金属でできた虫の羽音のような音とともに緑色のゲートが出来上がる。
「これが、」「ヘルバゲート」
一歩前進しクリムが言う。
「ナシャン、真実を知ろうとするならば、それを受け止めるだけの勇気も必要だということをわかっておろう」
「!」
反応するベア。
リアルにて冒頭に出てきた「ANNWN」と書かれた原稿が映される。
「ナシャン・・・て?」
とミミル。
「アンヌーン俺の好きな小説の一節だ。」
ギンカンがそれに続く。
「それなら俺も高校の時読んだ。ウィドの言葉にナシャンは無言のままで、大きく一歩を踏み出した。続きは確かこうだったな。」
続いてB・T
「アンヌーンとは、確か異界のことだったな。」
「へえ、みんな読んでるんだ、ベアは知ってる?」
「ん?ああ」
「俺専用の呪文みたいなもんだ、いまの状況にピッタリだとは思わんか?」
それを切ってベアが言う。
「ヘルバゲートの開いてる時間は長くない、みんな行くぞ」
みなゲートに入っていく。

つかさは依然として「嫌だ、嫌だ・・・」と嗚咽を漏らしていた。

残るは昴とクリムのみ。
「私は、待ちます」
「昴が来ると思っているなら、あいつはきっとくるさ!」
ゲートに飛び込んでいくクリム。

ゲートの前で立ち尽くす昴は一人つぶやいた。
「・・・つかさ・・・」

映像をそのまま文章にしたのでめちゃめちゃわかりにくい文章になりますがご容赦ください。もともと文章を書く力もないので。
名前とかも間違ってるかもしれません。




リアル「ANNWNアンヌーン/外伝  佐久間亮」と書かれた原稿。メールの着信「・・・来たか」

ミミル「誰よ?あんた」昴「ッ!・・・ヘルバ・・・」クリム「戦闘拠点を提供致したく!」B・T「絶叫する、フウモンのシュクメイジョウまでご足労願いたし」
つかさはいまだベットの前で、瞳の力は戻ってきている。「ヘルバ・・・知...続きを読む

Q.hack について

質問タイトルの番組が今4月から始っていますが、数回見逃してしまいました。先週は見たのですが、話の内容が何が何やらさっぱりわかりませんでした。

主なキャラクターの寸評や今後の見所(現在の謎とか)などをお教えください。

よろしくお願いいたします。(New Typeとかを買えば済むのでしょうが‥)

Aベストアンサー

 こんにちは!
主に私が使用している「.hack」の関連ページを記載しておきました!!
よろしければ参考にしてください。

http://www.tv-tokyo.co.jp/hack_sign/
http://www.hack.channel.or.jp/

 上がTV東京のアニメ「.hack//SIGN」のページ
下が「.hack」の公式ページで
アニメの他、ゲーム、ラジオ(やマンガ)等の情報も載っています。

Q「.hack」の最終話について。

最近なんとなく手に取った「.hack」というアニメを観ました。
最初はイマイチだったのですが、観ていくうちにだんだん面白くなってきて最終話はどんなになるのかな?
と期待していたのですが、「は?それで終わりなの?」という感じで終わってしまって…。
「これから主人公はどうなっていったんだろう。」という各自の想像に任せるような終わり方ならいいのですが、問題が未解決のままというか、ハッピーエンドが唐突過ぎてびっくりしました。
無理やり話を丸め込んだみたいで納得いきません。

最後に操られたソラはどうなったの?戦わずに終わり?アウラはちゃんと目を覚ましていたの?
などなど。
メジャーなアニメではないと思うのですが、分かる方回答お願いします。

Aベストアンサー

アニメはゲームの前のストーリーになっておりますので、アニメのその後はゲームにて語られています。もちろんソラについてはゲームのほうでわかります。アウラは重要なキャラとして登場しています。
PS2「.hack//」vol.1~vol.4

なお、「.hack//Integration」というDVDが出ています。
内容は、
1 .hack//SIGN「第28話Union」
.hack//SIGN、ゲーム「.hack//」のその後で、アニメとゲームキャラとの共演です。

2 OVA「.hack//Liminality」
ゲームに同梱されているOVA全4話。ゲーム買えば一緒に入っていますが。

3 TVA「.hack//黄昏の腕輪伝説」の新作サウンドドラマ
ゲームから4年後のストーリーを描いた「.hack//黄昏の腕輪伝説」のサウンドドラマです。

ゲームなどが苦手でなければぜひやってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報