以前(1994年)にやっていたドラマで木村拓哉サンや鈴木杏樹サンがでていたやつなんですけどもあれの場所は神奈川県川崎市とその横の西麻布とかのシーンがでていて、実際の場所はあるんでしょうか?例えば

1.仲間がよく集まった大同宴
2.原島自動車の前の三角公園
3.守が入院していた病院
4.武志が住んでいた寮など。

 このドラマを見ていて知っている方いたら是非是非教えて下さい! 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ごめんなさい!!筒井道隆さんのは、「あすなろ白書」でした。

出ていたメンバーが似ていた為、混合して考えてしまいました。お恥ずかしい...。でも、そこの場所で「若者のすべて」を撮影していたのは確かですよ。
    • good
    • 0

神奈川県川崎市の撮影場所は、川崎大師に行く時に使う大師線という電車の駅を使っていました。

実は、私が住んでいる場所の近くでの撮影だったので覚えています。守が入院していた病院も、その近くにある病院でした。現に木村拓哉さんや鈴木杏樹さんが来ていました。そこで撮影した、細かい場面は忘れてしまいましたが、筒井道隆さんが何かの場面で乗っていた赤い電車は、大師線という電車です。
すべての質問にはあてはまりませんが、一部の撮影場所は上記のような感じです!

ちなみに、オープニングで映る工業地帯(石油タンクなど...)も、川崎市の同じ地域です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありあとうございました。でも筒井道隆さんは若者のすべてにでてないですよー!あとKAKAOさんは若者のすべて見てました??川崎市のなかでもどの辺か分かりますか?

お礼日時:2002/03/22 09:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大好きなドラマ みなさんの大好きなドラマを教えてください 自分は聖者の行進、ピュア、若者のすべて、未

大好きなドラマ






みなさんの大好きなドラマを教えてください
自分は聖者の行進、ピュア、若者のすべて、未成年、古いとスクールウォーズなどです

Aベストアンサー

『想い出にかわるまで』1990年 TBS 主演:今井美樹、石田純一
『素顔のままで』1992年 フジ 主演:安田成美、中森明菜
『ふぞろいの林檎たち』1993年~ TBS 主演:中井貴一
『ショムニ』1998年~ フジ 主演:江角マキコ他
『ロングバケーション』1996年 フジ 主演:木村拓哉、山口智子

まあこれぐらいにしておきましょうか。
昔のドラマって面白かったです。

Q木村拓哉 ドラマ CHENGE 原作 洋画 過去 

木村拓哉主演ドラマ[CHENGE]とほぼ同じコンセプトの話が過去に洋画で製作されていたという話を耳にしたのですが、どなたかそのタイトルをご存じでは有りませんでしょうか? 宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

今晩は
「スミス都へ行く」に似ているようですね。↓

http://homepage1.nifty.com/paradisecb/pcine/sagyo/smith.html

http://ameblo.jp/fdfsfdfsfdfsfdfs/entry-10099970964.html

ご参考まで。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12234

Q1994年ドラマ、若者のすべてについて。

21歳学生です。
若者のすべてというドラマが凄い好きで、僕がリアルタイムで観ていたのが、小学4年生の頃でした。今でも冬になると、レンタルして観てしまうのですが、このドラマについて質問させていただきます。

1つはなんで若者のすべては夕方に再放送されないのでしょうか?やはり結構過激暴力シーンとかがあるのが関係しているんでしょうか??

あのドラマの舞台は神奈川の川崎っていう設定ですが、まぁセット撮影もあるかと思いますが、実際川崎のどこら辺で撮影されてたんでしょうか??

ドラマ中に何回かホワイト・クリスマスが流れたんですけど、あれはいったい誰が歌っているんでしょうか??探しているんですけど見つかりません・・・。ドラマオリジナル??
当時ドンピシャの年代で見ていた方とか知っているかたいたら、教えてください。

Aベストアンサー

何度も質問されてますよね。でもここで質問されるよりはドラマ好きの方が集まるサイトへ行って質問されたほうがよいかな?と思います。
決して2チャンネルではなく・・
http://www.tvdrama-db.com/のドラマ掲示板、ここなどは結構まともだと思いますが・・。

Q月9ドラマ月の恋人で、木村拓哉さん使用のサングラスのブランドは?

月9ドラマ月の恋人で、木村拓哉さん使用のサングラスのブランドは?

Aベストアンサー

こんにちは

レイバンでしょうか?
http://ameblo.jp/myfelice-sae/image-10532562441-10537788407.html

Q若者のすべて

94年、フジテレビで放送された、青春物語「若者のすべて」について知りたいです~!
最近たまたまDVDで一話を見たんですけど、すごくよかったです!>0<
けっこう昔のドラマだったけど、心の中があったまりました。
でも一話しか見れなかったので、その後のストーリも知りたくてしょーがないです~>0<
だれか教えてください~!!お願いします!^0^

Aベストアンサー

こんばんわ~!若者のすべていいドラマですよね~!!僕は、毎年クリスマスシーズンになる欠かさずレンタルして見ますよー!!一話一話話しているとかなり長くなっちゃうから結構短く内容いいますよ。
1話で守をひどい目に遭わせてしまった武志は仲間の元から姿をけしてしまいます。哲生はそんな武志を許そうとはせずに日々妹の世話と工場の仕事をしています。仲間一人一人にも色々事情がある中、武志は守るの入院費を稼ぐため毎日バイトをして守の事以外考えずに生きようとします。そして4話では妹の妙子が自閉症になってしまった理由が明らかになったり、哲生の元を離れ、施設に入る決心をします。哲生はその事でかなり落ち込んでしまいます。するとそこへ薫から事情を聞いた武志が二年ぶりに哲生の前に現れ、落ち込んでいる哲生を散々殴りつけすぐにその場を離れてしまいます。しかし哲生にはそんな武志の行動が理解できたようです。さらに5話では守るが二年ぶりに意識を取り戻し仲間に勇気を与えるのだが、それもつかの間6話ではついに息を引き取ってしまいます。守るが死んでしまったため、武志は再び仲間の前からいなくなってしまいます。哲生はそんな武志をなんとかして連れ戻そうとします。色々あったが再び仲間の元に戻った武志を仲間は心より喜び、立ち直る事ができます。そしてまた二年前のクリスマスがやってきます。哲生は仲間に大同苑にと集合をかけます。しかし....!?
主に主演の哲生、武志のことをかきましたが、このドラマは是非全部見てください。僕の今までで一番好きと言っても嘘ではありません。
結局長々ゴメンなさい!!読んでくれてありがとうございます。

こんばんわ~!若者のすべていいドラマですよね~!!僕は、毎年クリスマスシーズンになる欠かさずレンタルして見ますよー!!一話一話話しているとかなり長くなっちゃうから結構短く内容いいますよ。
1話で守をひどい目に遭わせてしまった武志は仲間の元から姿をけしてしまいます。哲生はそんな武志を許そうとはせずに日々妹の世話と工場の仕事をしています。仲間一人一人にも色々事情がある中、武志は守るの入院費を稼ぐため毎日バイトをして守の事以外考えずに生きようとします。そして4話では妹の妙子が自...続きを読む

Q佐田真由美や木村多江などが出ていてその女性たちが恋愛を回想ドラマで語る・・・というドラマのタイトル

割と有名なドラマじゃないかと思うのですが、
いつもなんとなくテレビをつけてるとやってる。。
という感じで、ぼんやり見てました。

もう一度見たいので、タイトルご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

「東京ミチカ」じゃないでしょうか?
ただし、伊藤裕子ですが…
参照先で確認してみてください。

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/0929michika/

Qドラマ「若者のすべて」で流れていたX’masソング

ずっと前のドラマ、キムタクとか鈴木杏樹が
出てた「若者のすべて」で流れていた
クリスマスソングがとてもいい曲で、
探しているのですが、題名がわかりません。
サビのところの最後が、「メリークリスマスタイム」
と歌っていました。コーラスっぽい男性の声です。
それで間違えて以前、ビートルズのCDを買って
全然違う曲でした。

どなたか分かる方いましたら教えてください!!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドラマ自体を見ていなかったので、オリジナル・ヴァー
ジョンが使われたかどうかは定かでないのですが、一応
知り得る範囲の情報をお伝えします。

実は「ビートルズ」というのは全く的外れではなくて、
ポール・マッカートニーの曲なのです。
タイトルは "Wonderful Christmas Time"。
ウィングスを従えてのアルバム「Back To The Egg」の
収録曲です。

確認は下記リンクの16曲目でお願いします。

参考URL:http://www.tunes.com/release/default.asp?from=&relid=157826

Q木村拓哉・植木等が一緒に出た作品

いつの作品だったかも覚えていないのですが、昔テレビで
 「木村拓哉(息子役)・植木等(父親役)」
という配役のドラマを見ました。

その中での植木等の台詞で
 「妻が死ぬ前に"一緒にいて幸せだった"と言ってくれた」
という台詞があった記憶があります。

出来れば、もう一度みたいなぁっと思ったのですが、
この作品の題名、分かる方いませんか?曖昧な情報で申し訳ありません。

Aベストアンサー

「僕が僕であるために」ではないでしょうか。

http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=31669

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%95%E3%81%8C%E5%83%95%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB

Q若者のすべてについて

私はキムタクのファン歴10年です。キムタクが好きな人で好きなドラマは大抵ロングバケーションやビューティフルライフなどといいますが、私は94年に放映された「若者のすべて」が一番好きです。このドラマはとても骨太で、当時の若者の抱える悩みや不安、希望が忠実に描かれていて、当時まだ小学生だった私ですが、とても心打たれた素敵なドラマでした。キムタク演じる上田武志は自分のせいで意識不明になった守の為に生き続け、そんなことともしらず彼を待ちつづけた仲間。きっと今このドラマが放送してたら多小世の中に影響が出たんじゃないかなっと思います。このドラマの結末はドラマによくありがちな死んだか死んでないかという結末!せっかくみんなが集まったクリスマス。普通に考えてあんなに刺されたら死んでしまう。
でも、最後キムタクの「負けるわけにはいかねぇ」つまり死ぬわけにはいかないってことですよね?死んでしっまったらなんという悲しい結末・・私は信じません。よくあるご想像にお任せしますというなら死んでないと信じたいですよね??皆さんはどう思われますか?懐かしすぎて覚えてない方が多いと思われますがお返事待ってまーす!!

私はキムタクのファン歴10年です。キムタクが好きな人で好きなドラマは大抵ロングバケーションやビューティフルライフなどといいますが、私は94年に放映された「若者のすべて」が一番好きです。このドラマはとても骨太で、当時の若者の抱える悩みや不安、希望が忠実に描かれていて、当時まだ小学生だった私ですが、とても心打たれた素敵なドラマでした。キムタク演じる上田武志は自分のせいで意識不明になった守の為に生き続け、そんなことともしらず彼を待ちつづけた仲間。きっと今このドラマが放送してたら多...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ!
beautfullife717さんはキムタクのドラマの中で一番は若者のすべてとおっしゃっていますが、僕は今まで見てきたドラマの中で一番好きかも知れません。それはいいとして、僕も毎年冬になると絶対見るんですが、最後はどうしても納得がいきません!想像にお任せな感じですけど、僕は武志だけが生き残ってしまったのではないかと思います。そして武志はまた自分のせいで仲間を死なせてしまったと悔いて、原島自動車を自分が立派にしようと考えます。心の傷は中々癒えないが、薫は哲生が自分のことを好きでいてくれた事を思い、いつか恋愛しようかと言っていた武志と結婚し社長婦人に、圭介は無事医学部に入りいつか哲生が言っていた守や妙子のような人達を治してやってくれと言われたことを心に置き良い医者になる。という感じで最後はちょっと質問とずれてしまったかもしれませんが、こうなっていればなと思い書いてみました!!
僕個人では守が大好きだったので守が死んでしまったのがかなり嫌でした。
今もう一回再放送して欲しいくらいです。長々とすいません!

Q木村拓哉主演「ギフト」のあらすじが知りたいです。

最初の方しか見ていなくて、そしてその記憶も曖昧で。謎だらけだったような気がしますが。
おわかりになる方いらしたらお願いします。

Aベストアンサー

 お邪魔します。もう遅いやもしれませんが・・・。かいつまみますと・・・

 血だらけのまま岸和田という男のマンションのクローゼットの中で瀕死状態だった主人公(木村)は行方不明になった謎の男・岸和田を追うナオミ(室井)と刑事のレイコ(倍賞)らに発見される。

 唯一の手がかりである記憶喪失の主人公を早坂由紀夫と名づけ、自分の部下として「運び」の仕事を請け負わせるナオミ。全ては共謀して隠し口座に貯めた裏金をせしめて行方をくらました岸和田を見つけるため!手がかりを見つけるまで由紀夫を監督下に置くつもりの策である。

 物語は1話ごとに依頼される「運び」の内容と依頼人と由紀夫の交流が軸になります。ワガママな少女や狡猾な女医、気の弱いサラリーマンなどが様々な事情で由紀夫の「ギフト」(運び)を巡って悲喜交々の物語を展開します。
 その中で断片的に由紀夫の記憶がよみがえり、輪郭を持っていきます。そして自分が何者なのか、本当に自分はナオミが探している岸和田という男と関係があるのか、明らかになっていきます。

 全体的にはシリアスな雰囲気が漂います。でもブラックなユーモアが毎回ちりばめられているのでバランスがイイです。各話が少しずつ由紀夫の記憶や人格に影響していく内容になっていて、考えさせるテーマも含まれたいい塩梅の作品に出来上がっていると思います。

 最後まで飽きさせない展開すね。私は個人的に「ロンバケ」か「ギフト」か・・・と思う木村拓哉作品です。まあ、演技はあまり変わりませんが(汗)
 長文失礼しました=Э

 お邪魔します。もう遅いやもしれませんが・・・。かいつまみますと・・・

 血だらけのまま岸和田という男のマンションのクローゼットの中で瀕死状態だった主人公(木村)は行方不明になった謎の男・岸和田を追うナオミ(室井)と刑事のレイコ(倍賞)らに発見される。

 唯一の手がかりである記憶喪失の主人公を早坂由紀夫と名づけ、自分の部下として「運び」の仕事を請け負わせるナオミ。全ては共謀して隠し口座に貯めた裏金をせしめて行方をくらました岸和田を見つけるため!手がかりを見つけるまで由...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報