最新閲覧日:

電気設備工事の事務をしています。毎年度経審を受けています。総勘定元帳に工事売上が一括で計上されているタイプなので、今年から工事台帳及び補助簿の提示が必要となりました。補助簿は有るのですが、工事台帳は有りません。書式及び記入について教えてください。又、年間の工事が大小含めて1000件以上(民間の細かい改修や球交換など含めると)有るのですが、全てに記入が必要となりますか?

A 回答 (1件)

第一に官公庁・民間工事の区分、次に左記のうちそれぞれ請負・営繕に区分(合計4つ)し、受注番号整理をする。


工事台帳のフォームは業種により様々ですが、参考までに次を参照願います。
http://www.hokuriku.ne.jp/sky/KJD.htm
事務スタッフの人員にもよりますが、工事台帳作成事務量が過重であれば、例えば、受注金額300万円以上の請負工事について作成するなど一定の基準を設け作成することも可能です。
最後に、あなたの会社の顧問税理士の方に「工事台帳」の書式を考えてもらうという手があります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ