タイトルのとおりです。

ただ、開いた状態のExcelに直接ファイルをドロップすれば
普通に開くことができます。
また、Wクリックで開かないだけでなく、
たとえばメールに添付されてきたファイルなども開くことができません。

一度「アプリケーションの自動修復」を試してみましたが、
現象は再発しました・・・。
ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

過去に何度か出ている質問と同じではないでしょうか。


参考URLを確認してください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=200805
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、この通りでした^^
どうも私は検索が下手なようです・・・TT
なにはともあれ、本当に助かりました^^

お礼日時:2002/03/13 19:20

こんばんは!



EXCELの ツール オプション
 全般タブ 「ほかのアプリケーションを無視する」

にチェックが入っていれば外してみて下さい!
    • good
    • 0

こんにちは。



ウチのLANのクライアントでも同様の現象が起こったので、その時の対処を書いておきます。もちろん、必ずしも同じ原因とは限りませんので、あしからず。

1.マイコンピュータをダブルクリックします。
2.フォルダオプションを開きます。
Me/9xの場合
  表示-【オプション】
2000の場合
  ツール-【オプション】
3.「ファイルタイプ」タグを開き、XLSの関連付けを探します。
4.XLSの関連付け、ダブルクリックします。
5.DDEを使うのチェックを外します。

いかがでしょうか?

なお、メールの添付ファイルは、OFFICE2000のSP2セキュリティアップデートを行うと、添付ファイルに一部のファイルの種類が使えなくなりますが、そういったアップデートは行われていませんか?
しかし、そのセキュリティを外す事は、あまりお勧めできませんが・・・。

参考になれば。
でわ。
    • good
    • 0

 自信は無いのですが、ファイルとアプリの関係がおかしくなったのではないでしょうか・・・


 いったん直ったのにおかしくなるのはウイルスかもしれません。
また一回完全にアンインストールしてからインストールすると直るかも知れません
またアンインストール時にエクスプローラからオフィスのフォルダーを消したほうがいいと思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました^^
残念ながら原因は他にありましたので、
素早い回答をありがとうございましたという意味で
次点をつけさせていただきました^^

お礼日時:2002/03/13 19:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル2000でファイルを開くごとにアプリケーションごと立ち上げる

エクセルで複数ファイルを開くとエクセル自体は1ウィンドウでブックとして開いていく為、間違ってアプリケーションを閉じてしまうと全ファイルを消してしまう。これを回避する為、別のエクセルファイルをダブルクリックするたびにエクセルごと開く機能はありますか?
AファイルとBファイルを開き、Aファイルのブックを編集終了後、Bブックを開いた状態で「いらない」と思いアプリケーションを閉じるとAファイルも閉じられてしまうのを回避したいのです。
こまめな保存が最善とは分かっていますが御教示の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして

スタートメニューからたどってExcelを立ち上げ、メニューのファイル→開くで「Aファイル」を開きます。
あらためてスタートメニューからたどってもう一つExcelを立ち上げ、メニューのファイル→開くで「Bファイル」を開きます。

あとはタスクバー上のエクセルアイコンをクリックして切り替えるか、「Alt+TAB」で切り替えるか、もしくはタスクバーの何もないところで右クリックして「左右に並べて表示」「上下に並べて表示」などお好みで使えばよいと思います。

的外れでしたらごめんなさい。

QPowerShellを使って関連付けられたアプリケーションでファイルを開く時のエラー

いつもお世話になっています。ちょっと前に http://bit.ly/29gdmC4 にてA1セルにフルパスを入力して、PDFファイルを開く方法を教えて頂きました。
教えて下さった、maiko0333さん、ありがとうございます。

教えたもらったコードにファイルが存在しなかった時のエラーコードを貼り付けて使ってみました。
すると、自宅のパソコンではうまくいくのですが、職場のパソコンでは予期しないエラーでうまく動作しません。

理由は多分、職場のPC環境のせいだと思っています。

自宅でテストする時は自分のパソコンのCドライブにアクセスしています。
ですが、職場のPCはネットワーク内にありA1セルで検索にいくPDFファイルはNASの中にあります。
しかもWiFiを経由するので無線環境下にあります。

要するに、、、、素人の判断ですが、多分、最初に「If Dir(Range("A1").Value, vbNormal) 」
で検索した時はファイルが見つかるのですが、実際にPowerShellでファイルにアクセスしたときに、モタモタしてしまい「該当なし」ではない別のエラーになってしまうのではないかと考えています。

という状況ですので、私が作成したような先にファイルの有無を確認するタイプのエラー対策ではなく、PowerShellでファイルが開けないという結果が出てからのエラー対策というのは出来ないのでしょか?

もし出来るのでしたら教えて下さい。
※安定していれば他の方法でも構わないです。

詳しい方、説明の上手な方、直接、コードで説明できる方、すいませんがよろしくお願いします。

※今日、明日と仕事が休みのため今、職場PCのエラーを記載することが出来ません。
職場PCのエラーメッセージは月曜日にこちらに貼り付けようと思っています。
※一応、エクセルの画面も貼り付けておきます。
※コードは以下の通りです。
※NASはバッファローのLinkStationです。

-------------
Sub Macro1()

If Dir(Range("A1").Value, vbNormal) = "" Then
MsgBox ("該当なし")
Else

Dim ターゲットパス As String
ターゲットパス = Range("A1").Value
Dim WSH As Object
Set WSH = CreateObject("Wscript.Shell")
WSH.Run Chr(34) & ターゲットパス & Chr(34), 1 '第2引数 WshWindowStyle は1が通常サイズ、2が最小化、3が最大化。好みでどうぞ」
Set WSH = Nothing

End If
End Sub

いつもお世話になっています。ちょっと前に http://bit.ly/29gdmC4 にてA1セルにフルパスを入力して、PDFファイルを開く方法を教えて頂きました。
教えて下さった、maiko0333さん、ありがとうございます。

教えたもらったコードにファイルが存在しなかった時のエラーコードを貼り付けて使ってみました。
すると、自宅のパソコンではうまくいくのですが、職場のパソコンでは予期しないエラーでうまく動作しません。

理由は多分、職場のPC環境のせいだと思っています。

自宅でテストする時は自分のパソ...続きを読む

Aベストアンサー

最初に、PowerShell って、前の人が使っていた言葉ですね。
PowerShell は、.Net FrameWork 由来のプログラミング言語で、VBScript に取って代わるものではあるのですが、なかなか、環境的にも、多くの人にも広まっていないような気がします。

"Wscript.Shell" は、Windows のオートメーション・オブジェクトの一部で、おもに、VBScript に使われます。

今回のWscript.Shell のRun メソッドは、拡張子の定義づけられたアプリが呼び出されるという仕組みです。

どんなエラーが出たかにもよりますが、

例えば、こんな内容のもの。
--------------------
実行時エラー '-2147024894(80070002)':
'Run'メソッドは失敗しました。'IWshShell3' オブジェクト
--------------------

ここを読んでみてください。
失敗の原因と思われることが書かれています。

https://www.moug.net/tech/exvba/0060072.html

>実は、WSHのRunメソッドに指定するファイル名には「空白を含まない」というルールがあります。
>ファイル名に空白が含まれていると、Runメソッドは空白までがファイル名であると認識してしまうのです。

そのために、もう一度、クォーテーション・マーク("")で囲んであげる必要があるかもしれません。

例えば、こんなふうに書き換えてみました。

Sub FileExecute()
 Dim WSH As Object
 Dim FName As String
 Set WSH = CreateObject("Wscript.Shell")
 FName = Range("A1").Value
 If Dir(FName, vbNormal) = "" Then
    MsgBox "ファイルが見つかりません。", vbExclamation
 Else
   WSH.Run """" & FName & """", 3
 End If
 Set WSH = Nothing
End Sub

最初に、PowerShell って、前の人が使っていた言葉ですね。
PowerShell は、.Net FrameWork 由来のプログラミング言語で、VBScript に取って代わるものではあるのですが、なかなか、環境的にも、多くの人にも広まっていないような気がします。

"Wscript.Shell" は、Windows のオートメーション・オブジェクトの一部で、おもに、VBScript に使われます。

今回のWscript.Shell のRun メソッドは、拡張子の定義づけられたアプリが呼び出されるという仕組みです。

どんなエラーが出たかにもよりますが、

例えば、...続きを読む

Qエクセルファイルとドロップボックスに同じエクセルファイルを共有したい

エクセルファイルとドロップボックスに同じエクセルファイルを共有したい

Aベストアンサー

こんばんは。

ご質問の共有という意味は、他人との共有ではなくて、自分のPCとドロップボックスの共有にするというではないでしょうか。日本語としては、#1さんのおっしゃるのが正しく解釈自体は正しいようですが、他人との共有とは一言も書かれていないので、どういう意味なのかな、と思いました。

私は、ドロップボックスは使っていませんが、Microsoft のOneDriveを置いて、万が一の災害の時のために、一部の資料をPCとOneDrive両方に置いて同期させています。そういう話だったらできると思います。いずれにしても、やってみれば良い話だと思います。

ただ、セキュリティが心配な時がありますね。昨年、中国系のスパイウェアで、パスワードを盗まれた人の質問が出ていましたが、本当に大変な話なことですが、本人はその深刻さが分っていないようでした。

Qエクセルでドラッグアンドドロップで読み取り専用として開く

Excel2000です。

エクスプローラ上にエクセルのファイル(.xls)が表示されているとします。
そのファイルをExcel上にドラッグアンドドロップしますと、ファイルが開かれます。

そのときに、エクスプローラ上のそのファイルのプロパティで「読み取り専用」になっているか否かにかかわらず、読み取り専用として開くにはどうすればよいですか?

なお、エクセルのメニューの ファイル―開く で出てくるダイアログボックス(「ファイルを開く」)から、読み取り専用として開く方法はわかっています。
その「読み取り専用として開く」と同じことを、ドラッグアンドドロップだけでしたいのです。

OSはWindows98SEです。

Aベストアンサー

今、Win98マシンを探して検証してみました。
どうやら、Win98ではできないことがわかりました。
DOSプロンプトで同じことを行うと、
 C:\WINDOWS>C:\Program Files\Microsoft Office\Office\EXCEL.EXE /r excelファイル名
でうまく行くので、Win98のショートカット内の解釈の仕方が、Win98上とは異なるようです(OSのバグ?)。本来は、Win2000のように「読み取り専用」で起動します。

ですから、今回の方法はWin98には適用できないことから、他の方法を考える必要がありますね。
起動時にオプション設定できないと言うことは、起動後に書き込めない設定を行うか、予め書き込みパスワードを設定して、変更する場合に解除するなどしかないようです。

ご期待に添えなく、すみませんでした。m(_._)m

Qファイルを開く際、PERSONALシートが開いてしまう

エクセルの新規ファイルや既存ファイルを開く際に、PERSONALシートも開いてしまいます。マクロやVBを組み込んではいません。目的のシートの上書きや印刷作業等には支障はありませんが、気になりますので、何とかPERSONALシートが開かないようにしたいのですが・・・。バージョンはOFFICE2000で、OSはWIN98です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の場合は単純に「Personal.xls」(拡張子違いましたっけ?)
のシートを非表示にしているのですが、それではダメでしょうか?

一応、方法としましては、Personalシートを表示した状態で
「書式」→「シート」→「表示しない」を選択すればOKだった
と思いますが。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報