ふとした疑問です。
ISDNはディジタル
ADSLはアナログ
普通に考えるとディジタルの方が進んでいる気がします。
何故、ISDNで8Mのサービスを作らずに
わざわざアナログに戻して、このサービスを作るのでしょうか。
うちもこのたびISDNからADSLに変更しますが、
接続機器など購入しなければならないため、「何故だ」と疑問に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

無茶苦茶、単純、簡単に説明しますと


ISDNっていうのは国際規格が決まっていて、簡単に変えられないし、変えるのに時間がかかってしまう。(そんなに時間がかかるなら光ファイバー化を進める。)
一方、ADSLはご承知の通りアナログ回線をつかうのですけど、このアナログ回線ってゆーのはユルユルな規格なんです。

もともとは、NTTがさっさと電柱の所まで光化すればよかったのに、しなかったのでこうなってしまったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、本当はISDNの方をバージョンアップしたかったけど、国際的な規格であるために逆転現象が生じたという訳ですか。
素早い回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/15 11:32

アナログですか??進んでいるとか・・・いないとか


一応ADSLはデジタルなのですが・・・(名称では)
Asymmetric Digital Subscriber LineがADSLの正式名称です。そこにはDigitalと記載があります。
これは、一応同軸デジタル通信です。
(実際の技術はアナログ発展ですけどね)

まあ、原理はただのアナログ方法を応用して信号を帯域を増やし、データをアナログ信号で使われる4KHz以下に分離しそれぞれを高い信号帯域に乗せると言うことですね。(とっても、内容省いてますので詳細が必要なら補足を・・・)


では、ISDNの次がADSLなのか?ISDNの8Mは、これからが知られていないのですよね。
消費者がISDNで満足して、次の本命規格を待つことができるか、それともADSLに格下げする必要があるかの問題です。

日本のISDNの規格は、既に拡張された物です。
海外では、ここまでの帯域を使う物は少ないですからね。ただ、ISDNでは安定してのこれ以上単純に帯域強化はできませんし、精度上の問題や信号レベルでの互換性の問題がありました。しかも、規格を策定するには時間がかかりますから、下手な開発より将来性の高い開発を急ぎました。(実際には穴埋めも開発していましたが、途中で技術上、導入期間の問題でキャンセルしました)

そこで、決まった次世代はB-ISDNと呼ばれる物で、通信の標準化団体によって次世代の標準でISDNの次世代通信とされました。ただし、光ファイバが必須であるということが条件となります。これに上げるためにNTT光ファイバを敷設してきました。そのため、敷設率では世界で最も進んでいます。

あと一歩と言うところで、海外で普及した計画外のADSLが本格的に普及し始めたのです。テレビでは韓国のADSL高速通信などがでましたね。
ISDNからのB-ISDNはNTTにとっては容易ですしそれを目指していたのです。
しかし導入コストが安く、月の費用も低価格で高速なADSLは爆発的にヒットした。しかも、逆に批判を受ける結果となった。
ADSLは、消費者の求める物だったというべきでしょう。多くのユーザーはこんな計画があることすら知らないですからね。わざわざ、ISDNからADSLに移るわけです。FTTHの普及もはっきりしないですし・・・

結果的に消費者が何を求めたかの問題です。時代や技術開発は進んでいますし、ISDNも次世代を開発しているのです。しかし、消費者がそれよりも今の速さ安さを求めれば・・・このサービスは国民が求めた結果です。
同軸回線での通信は将来的には発展性のないサービスですが、安さや手軽さを消費者が求めれば、それが発展する。

企業が求めた物と、消費者が求めたものが異なったから、こうなっただけです。結果は技術の問題だけではなく、時期とそれぞれの目指す物の違いから生じた物です。NTTの本格的なファイバ解放を開始しています。来年にはFTTHも人気を出すでしょう。買い換えていく人には、確かに何でこんなにと思うかもしれませんが、それは自身が必要だと思った結果です。
そういう方が多かったから、こうなった。

ADSLはそのような産物でこれは低寿命でしょうが、これからもこのようなことはあり得るのです。これは時代に逆行しているとは言えませんが、必要性があり、時代に適したものなら、将来性がなくとも発展すると言うことですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど企業が求めたものと消費者が求めたものとが違うから今回の逆転現象が生じたというわけですか。すばやい回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/15 11:34

デジタル、アナログ、というのは


通勤にクルマ(アナログ)を使うかバス(デジタル)を
使うか程度の非常に根本的な問題で
どちらが優れているという事はありません。
一長一短あります。

ISDN等のデジタル通信網が発達する以前に
使用されていた通常の電話回線(アナログ回線)
は通話だけに利用するにはもったいない位高品質な回線で、
帯域を余らせていました。
そこに目をつけて、通話に使用されない部分を利用して、尚且つ下りと昇りに速度差をつける事によって高速通信を実現したのがADSL技術です。

アメリカ等では早くから普及していたのですが、
日本では市内回線を独占するNTT地域会社がISDN等への
干渉を理由にMDF(主配電盤)接続をなかなか開放しなかったため普及が遅れました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アナログ回線(音声)はもともと64kbyte/sであったことは知っていましたが、使われていない帯域を余らせていたのですね。一方、ISDNを進めたいNTTがいて、今回のような逆転減少が生じたというわけですね。
素早い回答をどうもありがとうございます。

お礼日時:2002/03/15 11:29

ISDNが発表された時、インターネットはほとんど利用されていなかった。


もちろんPCを使っている人もマニアと呼ばれる人がほとんどで、ニフティにモデムで接続してましたが速度は年次により2.4k>4.8k>9.6k程度で64kは憧れでしたが、文字が基本のニフティでは逆に必要も無かったです。
NTTはその頃全国の電話をすべてISDNにするような構想を持っていて徐々に交換機をデジタル対応にしていきましたが、交換機の値段が高いので遅々として進まなかった。
またデジタル回線は速度を上げるとなると、全部の機器を交換する必要があり、当時64kで十分だった速度も今となっては過去の速度になっていますが、速度UPは機器交換という再投資が必要になり実質無理になっています。
お役所的発想があるNTTですから、ISDNを前面に押出し、ISDNを否定するようなADSLに対応はなかなかしませんでしたが世論に負け、フレッツADSLを急に対応してきました。

XDSLは発表されていましたがノイズに弱く、数100メートルが限度とか言ってましたので、導入は無理だろうと個人的には考えていました。
しかし、ノイズ対策が可能になりADSLを使用すると、今までの通信回線のままで使用可能となり、技術力の発展から速度も飛躍的に上がりました。
ADSLモデム速度の上限も技術で限界を超えてくる可能性があるので今後もっと早くなる可能性もあります。

でも、今後FTTHが普及すれば、ADSLも過去の遺産となる可能性もあります。

以上かなり個人的意見なので間違いがあればご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/03/15 11:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBフレッツが入っても仕事上ISDNを廃止でないとは?

Bフレッツ光通信でインターネットをしているのですが、同時に同じパソコンでISDNもやっている人がいました。
詳しい話はきけなかったのですが、商売の取引先との関係でISDNは廃止できないそうです。
これってどういうことが考えられますか?
その方はパソコンに詳しくないので、本人にもわかっていないようでした。

Aベストアンサー

いろいろな理由が考えられると思いますが、私が思いつく仮説を書かせていただきます。
あくまで仮説ですが以下のようなパターンではISDNを廃止不可能だと思います。

納入先にPCを使って何かを自動で処理するシステムを設置したとします。

そのPCは24時間無人で稼動しており障害が発生した際になるべく短時間で復旧させる必要があるとします。

なおかつそのシステムはセキュリティ上の理由でインターネットには接続できないとします。

そのようなシステムを離れた場所から操作したり、障害の通知を自動でさせたい場合、ISDN回線とダイヤルアップルータを使えばインターネット網には接続せず、直接電話を掛け合って1対1で通信することができます。

もっとも、パソコンに詳しくない方ならそんな必要ないかもしれませんね。

QADSLスプリッタ及びISDNのTAのTELポート(アナログポート)に何台電話機を接続出来るか?

皆様どうも今晩は。
このカテゴリーで良いものかどうか分かりませんが質問投稿させて頂きました。
ADSLスプリッタやISDNのTAのTELポート(アナログポート)には実質何台の電話端末を接続可能なのでしょうか? ボタン電話装置を使用しない、単なる「2芯式」の電話端末の場合での話という事で。 配線距離(配線抵抗)も関係あるでしょうが..。
電話端末を複数単純にブランチ接続した場合と、FAXやホームセキュリティ通報機器の様に局線入力とTEL出力がある機器の場合で「入力-出力」を繰り返して複数接続した場合、何台までなら使用可能なのでしょうか?
施工上、常識では何台まで可能なものか詳しい方が居られましたらば御教授頂ければ幸いでございます。
職業柄、電話回線を触る事があるのですが、「電話の世界」はとても奥が深くていつもトラブルが起きますと憂鬱になってしまうものでして...。

皆様、何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電話機を何個つけられるかということは、電話機の着信信号(16Hz又は20Hz)を受けられるか、電話機を作動させる電圧が保証されるかの2つの要素で決まると思います。ただ動作電圧は同時に電話機の受話器を上げる事は余り起こりえないので、気にすることはないと思います。一番の制約はやはり着信信号を受けられるかどうかということになると思います。電話機の着信信号受信回路にはコンデンサや古いタイプの電話機ではベルを鳴らすため電磁石になつコイル等の電子部品があり、複数の電話機が同じ線に繋がっていると、それぞれに信号が流れ、ある一定以上の数になると動作電流に達しなくなり、ベルが鳴らなくなります。新しいタイプの電話機は受信回路も電子化されているので割合小さくなった電流でも作動するようです。「入力-出力」を繰り返している機器もブランチ接続と回路的には同じです。スプリッタの場合はNTTの局電源で電圧はTAなどよりはるかに高いです。TAなどはせいぜい3台ぐらいが限界ではないでしょうか。ごく小容量の電源供給回路しか持っていませんから。そうゆうことですから「常識では何台まで可能なものか」はブランチで接続する機器によりますし、局電源なのかTAなのかにもよります。

電話機を何個つけられるかということは、電話機の着信信号(16Hz又は20Hz)を受けられるか、電話機を作動させる電圧が保証されるかの2つの要素で決まると思います。ただ動作電圧は同時に電話機の受話器を上げる事は余り起こりえないので、気にすることはないと思います。一番の制約はやはり着信信号を受けられるかどうかということになると思います。電話機の着信信号受信回路にはコンデンサや古いタイプの電話機ではベルを鳴らすため電磁石になつコイル等の電子部品があり、複数の電話機が同じ線に繋がって...続きを読む

QISDN料金

フレッツISDNでISDNをする場合の料金を調べていたところ、
≪初期費用≫
基本工事費:1,050円 (税込)
交換機等工事費:1,050円 (税込)
≪月々の料金≫
プロバイダー料金:各プロバイダによる
フレッツ・ISDN 月額利用料:2,940円 (税込)

上記の料金のほかに、
”INSネット64 (またはINSネット・64ライト) の基本料金が別途必要です。”とありました。このINSネット64というのはいくら支払えばよいのでしょうか?
これは月々かならずかかる料金ですか?

また、フレッツISDNではないISDNの場合は、
どういった料金がどのくらい必要でしょうか?
(フレッツISDNというのはNTTのISDN回線を使う場合は
みんなフレッツISDNなのでしょうか?それ以外のISDNとは他社?)

Aベストアンサー

>”INSネット64 (またはINSネット・64ライト) の基本料金が別途必要です。”
INSネット64の基本料金は住宅用で2780円、事務用で3530円、(INSネット64ライトは加入権が不要な代わり若干高め、住宅用で3030円、事務用で3780円)
おおよそアナログ加入電話の基本料金の2倍よりちょっと安い程度です。(アナログ2回線と同等の能力を1回線で備えているからです)

これは、アナログ加入電話でも基本料金が毎月かかっていますよ。
電話網を維持するために基本的に必要な料金ですね。

フレッツISDNでインターネットする場合の料金って、
「INSネット基本料金」+「フレッツISDN」+「プロバイダ料金」です。
これ、フレッツADSLでも料金体系はほぼ同じですよ。
「加入電話基本料金」+「フレッツADSL」+「プロバイダ料金」です。
他社ADSLの場合はこのうちのフレッツに相当する分(各社IP網分)料金とプロバイダ料金がいっしょくたにされている場合があります。

フレッツISDN料金って何かって言いますと、NTTの回線からプロバイダへつながるアクセスIP網の料金(定額制)なんですね。
ちょっと違うかもしれませんが、特番1492番にアクセスすると、INS網の交換機を通らずに地域IP網(フレッツ網)につながるようになっていて、そこからプロバイダにつながるんですね。

フレッツISDNを使わない場合は、IP網を使わずに交換機を通してINS網を通ってプロバイダのアクセスポイントに直接つなぐため、時間と距離に応じた従量制の課金となります。つなげばつなぐほどお金がかかる。

>”INSネット64 (またはINSネット・64ライト) の基本料金が別途必要です。”
INSネット64の基本料金は住宅用で2780円、事務用で3530円、(INSネット64ライトは加入権が不要な代わり若干高め、住宅用で3030円、事務用で3780円)
おおよそアナログ加入電話の基本料金の2倍よりちょっと安い程度です。(アナログ2回線と同等の能力を1回線で備えているからです)

これは、アナログ加入電話でも基本料金が毎月かかっていますよ。
電話網を維持するために基本的に必要な料金ですね。

フレッツISDNでインターネッ...続きを読む

QISDN→ADSL→ISDNに戻した方が良い?

インターネット初心者です。
元々フレッツISDNで始めたのですが、秋頃からフレッツADSLに変えました。
パソコンの利用頻度は夜数時間ネットに繋ぎ、メールを使う位です。
自宅に電話は無く、携帯電話のみです。
そこで、以前に比べて月額の合計が倍近くなってしまって困っております。
これだけの料金を支払うのであれば今より良い携帯に買い換えてパソコンでは接続しない方がましかと思ってしまう程です。
ISDNに戻した方が得なのでしょうか?
それとももっと良い方法があれば是非教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

念の為どこの高速常時接続事業者がslimsさんのお住まいでサービス・インしてるか下記HPでご確認ください。

「RBBTODAY」
http://www.rbbtoday.com/
このHPはADSLや高速常時接続に関して常時情報が更新するので役立ちます☆それとエリア検索、郵便番号検索機能があるのでご自身の住んでる場所でどこの高速常時接続がサービスしてるかわかります。

●これだけの料金を支払うのであれば今より良い携帯に買い換えてパソコンでは接続しない方がましかと思ってしまう程です。
ISDNに戻した方が得なのでしょうか?

いえ,得ではなくむしろ損です。原則フレッツISDNとフレッツADSLでは今はADSLの方が安いですよ。忘れてはならないのが『NTT基本仕様料』でフレッツISDNは\2,830-でADSLはアナログ回線なので\1,600-程度です。

またADSLは同業他社(Yahoo!BB,eAccess,ACCA NETWORKS,T-com,電光石火など)がいて競争も熾烈で今顧客獲得競争でどんどん月額料金が値下がっていますが,ISDNはNTT東西の商標登録サービスなので競争相手がおらず価格設定権がNTT東西側にあり値下がりはありません。ましてやISDNは今後速度アップの可能性はありませんし,NTT東西も今や光ファイバーサービス『B-FLETS』の普及をいかにするか考えておりISDNは最早気にもとめておりません。ISDNがいかに終わっている技術か下記過去ログをご覧ください。

「ISDNの発展の可能性」
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=412612

それにフレッツADSLと契約しているから高いのではないですか?そもそもNTT東西は社員数9万人もいる人件費が莫大の為,その分月額料金に反映されています。当然ADSLベンチャー企業のような人件費も然程かからず,またコンパクトな会社の為スピーディーに市場の動きにあわせてきますがNTT東西のような官僚機構にはまずできません。

下記サイトでADSLとFTTH(光ファイバー)の月額総合系料金の比較ができるので活用してみると良いでしょう。

「\価格.com ブロードバンド\」
http://kakaku.com/bb/

はっきしいってADSL事業者を変えたほうが宜しいですね。例えばADSLトップシェアのYahoo!BBは開通後2ヶ月間インターネット接続料金&IP電話サービスの『BB Phone』も無料で通話が可能です。モデムなども家電量販店に行けばすぐにもらえます。通常料金でもプロバイダー&モデムレンタル料込みで下り12Mbpsサービスが\3,400-程度なので格安です。ただ1年前に比べ改善してきていますがアフターサポートの質は若干難ありですね。

「Yahoo!BB」
http://bbpromo.yahoo.co.jp/

「BB Phone」
http://bbpromo.yahoo.co.jp/promotion/phone/index.html

さらに下記のようなサービスを開始する模様です。

「Yahoo! BB、「3つの0円キャンペーン」。無線LANカード無料レンタルも」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/612.html

「Yahoo! BB、初心者向けに回線申し込みの代行や訪問設定サービスを提供」
http://www.rbbtoday.com/news/20030130/10357.html

またもし下記事業者が提供エリアであればYahoo!BBよりも月額インターネット料金は安いです。ただ1年間のインターネット料金を一括して払わなければならないのに抵抗が無いのであれば選択肢として考えては如何ですか?アフターサポートの質が悪いなどの噂も聞かないのでまだ契約者数が然程いないうちに加入してしまうのも手だと思います。 また東京都民に限り先着1万名に限り年間\10,000-で下り10Mbpsサービスを利用できます。

「平成電電ADSL「電光石火」」
http://www.denkosekka.ne.jp/index.html

それと先述の回答者さんが「SPEED NET」は契約の1年縛りや取り付け工事費に果ては撤去費用まで請求されますのであまりお奨めしません。

それではよりよいネット環境をm(._.)m。

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

念の為どこの高速常時接続事業者がslimsさんのお住まいでサービス・インしてるか下記HPでご確認ください。

「RBBTODAY」
http://www.rbbtoday.com/
このHPはADSLや高速常時接続に関して常時情報が更新するので役立ちます☆それとエリア検索、郵便番号検索機能があるのでご自身の住んでる場所でどこの高速常時接続がサービスしてるかわかります。

●これだけの料金を支払うのであれば今より良い携帯に買い換えてパソコンでは接続しない方がましかと...続きを読む

QISDNとフレッツISDNの違い

教えてくださいませ、よろしくお願いいたします。
ISDNとフレッツISDNなのですが、取りつける機械みたいなものはそれぞれ違うのでしょうか?フレッツISDNが使い放題ということは聞いたのですが、ISDN回線にする場合もフレッツISDNにする場合も、どちらもおがかりの工事が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

先日は私の回答に良回答を頂き、有り難う御座いました。ISDNとフレッツISDNでも、使う機械(モデム)は同じだと思いますよ。
私も以前は、ISDNを申し込むと同時にフレッツISDNにしました。
確か同時に申し込むと、後から申し込むよりも工事料が安くなると思います(2千円程度?)
大掛かりな工事では無かったです 我が家の場合は局内だけの工事でしたので。
大きな違いは、使い放題という事です
(何時間使ってもフレッツISDNの基本料金以外の電話代がかかりません)
現在は、料金の面とスピードの面でADSLへ変更しました。

まだアナログ回線のままなら、ISDNにするよりもADSLの方が料金が安くていいですよ。
ただ、住んでいる場所によってはつながりにくいという事もありますので116に電話して調べてもらうといいですよ。
上手く説明が出来ませんが、参考になれば幸いです。

QISDNとADSL

ISDNとADSLの違いを教えて下さい。
コンピューターには全くの素人ですので、分かり易く
教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

ISDNもADSLもどちらも電話回線1回線を使って電話1本とインターネット
1回線が同時につかえます。(ISDNはもっと色々出来ますが)
違いはインターネットの通信速度です。
ISDNは64kbpsですがADSLは契約や回線条件によって違うものの
500kbps~10Mbpsの高速です。
ADSLは高速なため、ISDNよりも電話局からの距離の制限が厳しいです。

QフレッツISDNの今後はどうなのかなぁ。

わたしは今OCNのプロバイダでフレッツISDNです。このフレッツISDNをはじめたのは森内閣のIT革命のときなので首都圏でフレッツISDNのサービスが出始めのころなんですがそれでもまだ2年ほどしかたっていないのにこのフレッツISDNなんてADSLが盛んに宣伝し始めた昨今はフレッツISDNのことを古いものとか遅れたものみたいにいう傾向があったりするので肩身が狭い思いをすることがあるが、わたしはフレッツISDNからADSLに乗りかえる気は無く意固地になってADSLを無視していようと思っています。何故、意固地になるかというとわたしはフレッツISDNにするときに散々待たされたからです。フレッツISDNという繋ぎ放題というサービスが首都圏ではじまると聴いたとき繋ぎ放題に惹かれて急いでNTTに申し込みましたが今混雑しているからということでフレッツISDNがはじまるまでに待たされたり使っている電話機が以前はNTTのレンタルの黒のダイヤル電話だったのでこれだとISDNには不便だということだったのでプッシュタイプのに買い換えたり1万近いターミナルアダプターを購入したりと手間がかかっているからフレッツISDNには愛着があるのです。それにわたしはADSLより先の光かなんかにもっと注目しているのでADSLはトコトン意固地になって無視したいのです。

みなさんはこのフレッツISDNについては全般的にどう考えていますか。幅広い考えを教えてください。

本当にITものは動きが速いねぇ。僅か2年ほど前はフレッツISDNは繋ぎ放題を宣伝文句にしてかなり激しく宣伝していたのにもうフレッツISDNは過去のもの扱いにいうかたがいるなんて。

わたしは今OCNのプロバイダでフレッツISDNです。このフレッツISDNをはじめたのは森内閣のIT革命のときなので首都圏でフレッツISDNのサービスが出始めのころなんですがそれでもまだ2年ほどしかたっていないのにこのフレッツISDNなんてADSLが盛んに宣伝し始めた昨今はフレッツISDNのことを古いものとか遅れたものみたいにいう傾向があったりするので肩身が狭い思いをすることがあるが、わたしはフレッツISDNからADSLに乗りかえる気は無く意固地になってADSLを無視していようと思っています。何故、意固地になるか...続きを読む

Aベストアンサー

 ADSLは初期費用もほとんどかからないし今は競争が激しいので三ヶ月無料なんてざらですし、いくらISDNに思い入れがあるといっても費用的に意味がないですね。私が始めてダイアルアップからADSLに替えたときのその速度にはそりゃ感動でしたよ。一度体感したらやめられまへん。今ではISDNはADSLの速度を遅くするノイズ源としか見れませんね。近所にISDNしている人がいたら止めて欲しい心境です。
 といっても私も私もADSLは光へのつなぎだと思っています。私はプロバイダ料込みで月6000円の関西電力系の光サービスを考えています。NTTはプロバイダ料と合わせて一万超と高いですから。そこの光サービスがIPフォンを始めたらNTTの電話回線を止めてしまってNTTと完全におさらばするつもりです。(携帯はドコモですが)ISDNに投資した初期費用は帰ってきませんがADSLなら今なら初期費用はほとんどかかりませんし安いですしあくまでつなぎとして入っておけばいいんじゃないでしょうか。

QADSL&ISDN接続の長所と短所

ADSLとISDNの長所と短所、サービス中止したときにどちらが終わりやすいか、(ISDNだとデジタル回線からアナログ回線に戻さないといけないから面倒だと・・・)などを教えてください。 

あと、電話番号を一つの線から2つ作りたい場合に、ISDNでは出来るのは知っているのですがADSLだと出来るのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ADSLの長所は初期投資が安いことと投資が安い上に早いことですね。


対して、ISDNは2回線使えること、電話番号を2つもてる、速度が安定していることが主で、デジタル線のため次世代への移行が容易ということですね。

短所は、ADSLの将来性はないこと。アナログメタル線オンリーでデジタル接続するため、FTTHのサービスが本格化すれば終わるサービスです。また、速度が不均一な上に速度保証が一切ないことと、エリアが限られること、通信品質が不安定であることがあります。

ISDNは高い、遅いが主です。

サービスを中止したときは、ISDNだとアナログに戻すなら、大変です。ADSLなら元がアナログですから簡単です。FTTH(家庭用光ファイバ)にアップする場合は、アナログのADSLは屋内工事がISDNより多少大変とか、対して、ISDNは多少容易です。

将来的には、デジタル線のファイバが主流になるため、どっちもどっちですね。ネットを快適にしたい場合でADSLが快適に使える場所であるなら使えるならADSLを使うに越したことはないです。

さて最後に、ADSLでは1回線から2回線を持つことはできません。ADSL(タイプ1)の場合は別に電話線を引くか、ISDNとADSL専用線(タイプ2)を引くかどちらかが良いかと思います。

もし何かあれば、補足を

ADSLの長所は初期投資が安いことと投資が安い上に早いことですね。


対して、ISDNは2回線使えること、電話番号を2つもてる、速度が安定していることが主で、デジタル線のため次世代への移行が容易ということですね。

短所は、ADSLの将来性はないこと。アナログメタル線オンリーでデジタル接続するため、FTTHのサービスが本格化すれば終わるサービスです。また、速度が不均一な上に速度保証が一切ないことと、エリアが限られること、通信品質が不安定であることがあります。

ISDN...続きを読む

QISDNルーター

全銀TCP/IP通信の中で、ISDNルーターというものが出てきたのですが、
このISDNルーターに関しての質問です。
このISDNルーターは通常のルーターとしても使えるものなのでしょうか、
それともISDN回線の終端用としての、専用のものなのでしょうか。
あと、ISDNルーターを使うには、通常はプロバイダ契約とセットにするもの
なのでしょうか。
今すぐということではありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一昔前迄は ISDN でインターネット接続するのも普通のことだったので、各社から大量生産されて、量販店でも容易に手に入りました。

ブロードバンド接続が普及した今日では、ISDN ルーターの用途は特殊な環境に限定されているものと思われます。

以前は社外活動をするサラリーマンがノートパソコンに PHS を繋いで会社のサーバーにアクセスする為に会社側に ISDN ルーターが設置されていました。PHS のサービスも終了し、モバイルルーターで、どこからでも気軽にインターネットに接続できる今日では、この用途は VPN に取って代わられました。

ISDN ルーターの最近の主な用途は、サーバー機器のリモートメンテナンス業務です。インターネットに接続することができないサーバー (病院の電子カルテなど) を専門業者が遠隔操作でメンテナンスする場合、ISDN は最も適切な通信媒体なのです。

Qわざわざ違うサービスを使う理由

本当に小さな疑問なのですが、あちこちのサイト様を見ていると、ホームページサービス、ブログ、カウンター等をわざわざ違うもの(例えばホームページはジオ、ブログはgoo、カウンターは・・・)を使っていることが多いです。

こういったところは色々なサービスをしているので同じところでレンタルすればいいのに、と思うのですが、ばらばらに使っています。
ただ単にデザインやサービスが気に入らないから他のところのものを使っているというのなら分かりますが、何か理由があるのでしょうか。
別々にしたほうが得だとか、統一するとなにか良くないことがあるとか・・・。

ちゃんと説明できていない気がしますが、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

理由は色々あると思います。
気に入るデザインがなかったとか、ホームページだと自分で思うように作れない(CGI禁止などで)など。掲示板ですと、アダルト系サイトからのカキコミが酷いのに対策を取ってくれないから他のところに変えた(私です…)という理由もあります。

容量やサービスなどの問題があって、複数のところを使っているサイトさんって割りと多いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報