「教えて!ピックアップ」リリース!

アニメ「ウルフズレイン」を見ました。
クオリティが高く、重いストーリーの中で何度も涙することがあり 最近見たアニメの中では一番と言うほど気に入っています。

が、エンディングの意味をどう捉えればいいのかよく分かりませんでした。
キバが氷の割れた湖の中に沈んでいくシーンが、楽園へのとびらと言うことだったのでしょうか。エンディング出てきた人型キバたちは、また別の新しい世界で生を受けたということなのでしょうか。それとも、見ている人がご自由に想像してくださいという意味なのでしょうか。
さらに、ダルシアの片目が白い花を黒く染めた意味もいまいち分かりませんでした。

読解力が無くてすみません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞご回答よろしくお願いいたします

A 回答 (3件)

 私も「ウルフズレイン」にははまっています。



>>キバが氷の割れた湖の中に沈んでいくシーンが、楽園へのとびらと言うことだったのでしょうか。

 そういうことだと思います。

>>エンディング出てきた人型キバたちは、また別の新しい世界で生を受けたということなのでしょうか。それとも、見ている人がご自由に想像してくださいという意味なのでしょうか。

 そうですね、生まれ変わりというような位置づけではないかと思います。勿論「見ている人がご自由に想像して」いいのですが、DVD同梱の冊子にでしたか、「本編の世界が(当初この現実世界の過去なのか未来なのか、地球なのか別の世界なのかも明かされていなかったが)実は過去の地球だった」と書いてあったように思いますので、そうなると本編の彼らそのものではなく、一種の転生(人間への)と見るほうが自然かと(いくら何でも氷河期から何万年も行き続けてきたとは考え難い)。

>>さらに、ダルシアの片目が白い花を黒く染めた意味もいまいち分かりませんでした。

 結局、ダルシアの目の邪悪が染み込んだため、今のこの現実世界は完全なる楽園にはならなかったという意図だと(具体的な文は違っていたかも知れません)、これもDVD同梱の冊子にあったと思います。今の世の始まりを語る寓話のような、ハッとさせられ、またキバたちの旅を想うと悲しみが溢れてくるような、秀逸なオチですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答本当にありがとうございます。

あれが過去の地球の形だったと知って、胸が切なくなりました。アニメの世界観なので本当はありえないのだけれど、今の日本のような・・平和で豊かだけれど 汚れたところも含む殺伐とした世界に、元は別の命だった純粋な彼らが、ひょっとしたらどこかにまぎれて生きているのでは、なんて考えてしまいます。

仰るとおり、本当に切なくて愛しい 秀逸な最後ですね。このご回答を拝見して、オチの意味を知った上で もう一度彼らの旅路を見てこようと思います。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 17:25

 No. 2です。



>>(いくら何でも氷河期から何万年も行き続けてきたとは考え難い)。

 すみません、「生き続け」のつもりでした。
    • good
    • 0

まず、基本的に脚本の信本が悩んだあげく、OPの世界観に繋がるというオチに納まっています。



下記は私の解釈ですが…

>>キバが氷の割れた湖の中に沈んでいくシーンが、楽園へのとびらと言うことだったのでしょうか。
楽園への扉が開かれたシーンなのだと思われます。

>>エンディング出てきた人型キバたちは、また別の新しい世界で生を受けたということなのでしょうか。
楽園システムが作動され再生された世界。その騒然とした世界で紛れるかのようにみんなが生まれ変わり生きているという感じかな?

>>ダルシアの片目が白い花を黒く染めた意味もいまいち分かりませんでした。
ダルシアの片目が白い花を黒く染めた事によって、ビルが立ち並ぶ灰色の街が作られ、傍目楽園とは程遠いけどその少し汚れた世界の方が意外と住みやすいという事でしょう。
聖人君子のような理想的な世界(楽園)は、返って住み難くこの程度汚れたくらいが丁度良いんじゃない?って事だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。
前回他の質問でもご回答いただいた方ですよね、いつも本当にお世話になります。

頂いたご回答で、もやもやしていた気持ちがすっきりしました。
ダルシアの片目~ は、あぁ、そういう意味だったのかと気付けば、なおいっそうウルフズレインという作品がいかに秀逸だったのかを思い知らされました。と 書いていたらなんだか涙が(笑)

ご回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 17:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング