はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

プロとアマでは決定的な差があるスポーツや仕事も多い一方で、あまり差がないものも結構あるような気がします。

皆さんが感じる、プロとアマの差が多いもの、少ないものは、それぞれ何でしょうか?

ジャンルは問いません。
アンケートですので、重複のご回答も歓迎します。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんにちは



差が大きいもの

 特別な訓練、練習、知識の習得、経験、精神力が必要なものは
 全てにおいてプロと差があると思います。
 
 まずゴルフ。
 そのへんのおじさんゴルファーにタイガー・ウッズに勝てる人はいますか?
 ハンデ無しで、パープレイ出来る人がどれだけいますか?

 そもそもパープレイ程度でもゴルフでご飯は食べれません。
 これだけの差があると思います。

 他には、別の回答者さんが挙げていましたが、スノーボードですね。
 トリノオリンピックが象徴的でした。
 1つの順位で数万ドルの賞金が変わる試合に出ているプロは、本番で100%の力が出せる能力が
 並ではありません。
 日本代表がアマチュアで、アメリカ代表がプロということ。

逆に差がないのは、肉体的能力や経験、精神力が必ずしも必要でないもの。

 例えば、小説やマンガやゲーム開発など。
 技術的には稚拙で荒削りなところもあるかもしれないですが、
 ストーリーや構成は、技術ではなくセンスと才能が全てだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ゴルフ」、これは、そのへんのおじさんがやっているのは「遊び」で、タイガー・ウッズのしているのとは異質の競技ですからね~(笑)

「スノーボード」、まあ、日本の代表選手の言動を見れば、さもありなん・・・

「小説やマンガやゲーム開発」、センスや閃きなど、才能に依存するところも多いですからね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 20:29

プロ:温泉のマッサージ


   VS
アマ:うちの母ちゃん(ワイフ)のマッサージ

ワイフの方が上手で気持ちよくって妻の勝ち!
(母ちゃん・妻・ワイフこのような場合どれを使ったらいいでしょ?)

というか、温泉のマッサージ師ってどうして下手なんでしょ?
でも温泉にまで来て、妻がマッサージなんかしてくれるわけないから、差がないということでしょうか。

追伸
マッサージといっても、be-quietさんが好きそうなエッチなのじゃなくって(たぶん?)普通のですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「温泉のマッサージ」、私はどの種類?も、経験ないですよ(笑)
お金を出して、するほどのことでもない・・・って思ってしまうので。

従って、「うちの母ちゃん」のマッサージも。経験なしです。

ところで、やはり「妻」というのが、いい感じの呼び方ですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 20:33

私は、いろんなスポーツ全て『やっぱりプロはすごいなぁ~』と思いますね。


・・・というか、すごくないと淘汰されてっちゃう気がします。^^

あと、スポーツ以外で決定的なのは、『鑑定』でしょうか?
『何でも鑑定団』とか見ていて、『自分に目利きは不可能だっ』って、
つくづく思いますもん。(u_u*

プロがあって???と思ったことがある職業は、『料理』ですかね?(・m・)?

まぁ、こればっかりは個人差があるので、有名料理店の料理が
必ず口に合うとは限らないので仕方が無いですかね?(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スポーツは、片手間でやっている人と、専門にトレーニングしている人とでは、相当な差が出ますしね。

「鑑定」、あの番組を見ていると、素人さんが如何に騙されることが多いか、分りますね。

「料理」は、好みもありますから、微妙ですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 20:26

・差が多い



サッカー、バスケ
アマチュアではハイレベルな試合ができないため、
戦術や技術などが上達しないと思われる


・差が少ない

写真家、イラストレーター
一線で活躍できるかどうかは運の要素が大きい
たまたま見出されて色々なところに掲載されたり、人気が出たりするのは、その時のトレンド、運勢の比重がかなり高い。運も実力のうちといえばそれまで
基本的に実質的な実力はアマチュアとプロの差はほとんど無い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「サッカー、バスケ」、チームとしてハイレベルでないと、個人もレベルアップが難しいでしょうね。

「写真家、イラストレーター」、まあ芸術家と言うのは、概して運に恵まれるか否かの要素が、大きいですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 20:20

スノーボード。


同じ競技とは思えません。
まあプロといっても個人差は相当大きいですが。

漫画と小説。
プロでもつまんねー人もいれば、アマチュアでもめちゃくちゃスゴイのを書く人も居ます。
誰とは言わないけれど小説家なら山田某・・・酷すぎます(笑)
絵柄なんて尚更。
プロとアマの差はないと言えると思います。

あとプログラマーなどのコンピュータ関係。
仕事としてやってる人も、趣味でやってる人もあまりは差はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「スノーボード」、遊びでアマとして続ける人が多いし、プロが少ないですね。

「漫画と小説」、出版社に断られ続けていたのに、後に凄い売れっ子になった人も多いですしね。

「プログラマー」、これはアマに凄い人がたくさんいる、ということかも・・・

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 20:18

スポーツでは


差が多い・・・相撲
差が少ない・・・陸上、サーフィン、
プロが高額所得なものは、差が大きい。
サーフィンなんて、プロでも副業無しで飯を食えるのはほんの一握り。

「ジャンルは問いません。」ってことはスポーツだけではないってことですか?
差が大きい・・・農業、漁業、畜産業、など経験が重要で設備投資も必要なもの。
差が少ない・・・カメラマン、デザイナー、などセンスが必要で趣味としても成立しやすいもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「相撲」、アマチュアの大会で優勝しても、幕下付け出しまでですからね。

「サーフィン」、殆どがアマチュアみたいなものですかね。

「農業、漁業、畜産業」、確かにアマチュアでは経験不足が激しすぎて、プロには敵わない・・・

「カメラマン、デザイナー」、技術や経験以外に、センスがあればやっていける可能性もありますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 20:14

・プロとアマの差が多いもの


TVゲームのプレーヤー
例えば高橋名人と一般のゲーマー、差が少ない所か下手したら一般のゲーマーの方が上手いかもです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「TVゲームのプレーヤー」、高橋名人なんか、懐かしいですね~

これは、「差が少ない」例ということなのか、或いはアマの方が上で、逆に差が多い・・・ということかも?
確かに、一般の人の中には、恐ろしいゲーマーがいっぱいいいますからね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 07:20

能力の差と言う事でしたら



差が無い職業の代表が「政治家」だと思いますね
何しろ採用(当選)基準が能力は一切関係なく単なる人気ですからね
例えば、在任中に死んだ元総理の娘が、何の政策も打ち出さずに元総理の娘というだけで当選してしまうんですよ

はっきり言いますと
政治家本人(プロ)よりも後援会のブレーン(アマ)の方がよほど有能ですね

全員がそうだとは言いませんが、逆の意味でプロとアマの差があるっても酷い話ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は、「政治家」だって能力の評価が大切なんですけど、実際には「ない人でもなれる」というのが現実ですね。

要は、頭数の一人というだけであって、実際には派閥に従うだけ・・・

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 07:16

○差が多いもの:レスリング。


(差が多いっていうより全然別物という方が正確かな)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「レスリング」は、プロとアマでは、確かに全然別物の競技ですね(笑)
だいたい、プロレスでの「強い」というのも、いまり意味がないし・・・

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 07:13

野球はアマとプロとでは雲泥の差がある。


おらが村で「こりゃ、プロ並みだ」と思えるような人も
恐らくプロの中ではプロ入り試験さえ通らないと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「野球」、例えばピッチャーでは、アマの最速よりもプロの最も遅いピッチャーのスピードの方が速いようですね。

凄い新人でさえ、初年度からのレギュラー入りは難しいのですからね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/14 07:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロとアマの差は?

将棋は30過ぎるとプロの道をあきらめなければなりませんよね?
でも、一部にはプロの棋戦数の少なさにプロになるのをやめてアマチュアに
なった方もいると聞きました

そこで質問なのですが、現状ではプロ棋戦とアマチュアの棋戦とではどの程度の
差があるのでしょうか?
また、アマチュア棋戦はどの程度の頻度で行われているのでしょうか?

(*)インターネット対局はここでは除いて下さい

Aベストアンサー

追加のご質問のお答えです。
フリークラスは、現役と引退の中間です。ほぼ現役といった方がいいでしょうか。棋士なら目指す名人に繋がる棋戦(順位戦ともいいますが)にだけ、出れなくなります。また、棋士には無い所属期間制限がつきます。何年かすると引退です。
でも、おしくも棋士を逃した人(三段リーグ3位(次点)2回)と、たまたま負けが込んだ人もフリークラスに入ります。その場合は、優秀な成績を上げると棋士に戻れます。自分で希望してフリークラスに行った人は戻れません。
近いので指導棋士というのもあります。棋士になれなくて、でも連盟に世話になっている人です。今は三段リーク経験者には求人がありますので、新たになる人は少ないです。
女流棋士というのは、棋士になれなかった、もしくは初めからあきらめた、でも女性としては将棋の強い人の団体です。(オリンピックで男女の差別を撤廃すれば、芸術点の無い競技の99%は男子だけになるのと同じ状態です)
同じ理屈で、金メダル貰った人限定で金メダル棋士会を作って商売になれば、それはそれでプロです。
gokiburi_bunさんは何に憤慨されているのでしょう?

追加のご質問のお答えです。
フリークラスは、現役と引退の中間です。ほぼ現役といった方がいいでしょうか。棋士なら目指す名人に繋がる棋戦(順位戦ともいいますが)にだけ、出れなくなります。また、棋士には無い所属期間制限がつきます。何年かすると引退です。
でも、おしくも棋士を逃した人(三段リーグ3位(次点)2回)と、たまたま負けが込んだ人もフリークラスに入ります。その場合は、優秀な成績を上げると棋士に戻れます。自分で希望してフリークラスに行った人は戻れません。
近いので指導棋士というのも...続きを読む


人気Q&Aランキング