現在、VC++6を用いて、MFC を使わずにアプリケーションを作っている初心者です。
最終的にはWIN_CEハンディーターミナルで動作させる予定です。

ダイアログにフォーカスがある状態で、"↓"キー入力があった場合に処理を行いたいのですが、
ダイアログ及び親ウインドウにWM_KEYDOWNが発生していないみたいなのです。
(SPY++にて確認しました。)

DialogBox、CreateDialogの両方でやってみたのですがうまくいきません。
なにか良い方法はありますか?
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

詳しくないのでトッケンハッケンかもです。



IsDialogMessage関数は使ってますか?
この関数、タブキーが押されるとフォーカスを移したり、
[↓]キーが押されると次のコントロールを選択してくれたり
するっぽいんですが。

リンク先はMSDNのIsDialogMessageのところです。

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まず、"トッケンハッケン"が良く分かりません。専門用語ですか?

IsDialogMessage関数は使っていません。
MSDNで調べて使ってみます。

自分なりに調べてみたのですが、どうやら、
"サブクラス化"or"HOOK"とかにより可能なのかな。と感じています。
どちらもよく分からないのですが、サブクラス化のほうが、資料も多くとっつき易そうなので、こちらの方法でやってみようと思っています。

お礼日時:2002/03/29 17:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWM_CHAR or WM_KEYDOWN の「wParam」について

よくわかっていないのですが、

switch (message)
{
case WM_CHAR:
というところで、wParamから、文字の情報取得して、
HDC宣言して、TextOut関数使用…、の途中で、
wParamの文字情報は、どのようにすれば
TextOut関数に渡せるのでしょうか?
Visual C++を勉強したてで、勉強の成果をと思い、
テキストエディタを作ってみたいと思ったのですが、
さて、どうしたらよいのでしょうか?
エラー内容は、unsigned int → const char *
にできません、ということなのですが、
じゃぁ、型の変換の仕方は?という感じです。
初心者なので、簡単な例をつけて説明してくださると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TextOut(~, (char*)wParam, ~);

と、char*型に型変換すると良い気がします。

--
TextOut関数の宣言、

TextOut(~, (const char*)szText, ~);

のconstキーワードは、
「TextOut関数に渡したwParamの値をTextOut関数の内部で書き換えることはありませんので安心してね。」
という意味ですので、

unsigned int
long double

などの2つの単語で宣言される「型」とは意味合いが異なります。
ヘルプの説明ですと釈然としませんが、参考URLなどを読んでみてください。

プログラマの正体!? - 誰が為にconst
http://www.asahi-net.or.jp/~vx2t-andu/lets/20020203.html

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~vx2t-andu/lets/20020203.html

QMFC・ダイアログベースで、ダイアログの変更内容が反映されない・・・

初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。

当方、VisualStdio2005内のC++2005で、
ダイアログベースにてツールを開発していました。

ある日、ダイアログ上に多くのEditコントロールを作成(追加)することになり、
ダイアログリソースをVC内のリソースエディタにて、
テキスト形式でコントロールを追加していきました。

そのときは、テキストでの変更内容がダイアログにも反映されていたのですが、
その後はダイアログにツールボックスでのコントロールの追加やサイズ変更など、
見た目には反映されてもビルド後に反映されなくなってしまいました。

クリーン後のリビルドでも、問題は解決しません。

原因と対策をご存知の方、いらっしゃいましたらご教授いただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

VC2005は初心者です。VC6.0は仕事で使っていました。

私はダイアログリソースをテキスト形式でコントロールを追加したことがないので、基本的にご期待に添える回答ではないと思いますが、ご参考までに。

回答する前に質問ですが、もっと詳しい問題の状況、状態を教えていただけませんか?「ビルド後に反映」とは?実行までおこなっていない、ということですか?

以下、回答です。

ダイアログリソースとダイアログのウィンドウの関連付けは正しいですか?ダイアログIDが間違って指定されていませんか?変更対象のダイアログとビルド後の実行したダイアログが違っているなんてことがあったりします。

上記のような間違いがなければ、Editコントロールを1つだけにしてビルド&実行してみてください。それで問題があれば、Editコントロールの書き方に問題があるかも?(いや、その場合はコンパイルでエラーになるはずだけど)。問題がなければ、Editコントロールを1つずつ増やしてビルド&実行する。ある程度増やしたら、思い切って半分くらい増やしてみたりしてもいいと思います。

VC2005は初心者です。VC6.0は仕事で使っていました。

私はダイアログリソースをテキスト形式でコントロールを追加したことがないので、基本的にご期待に添える回答ではないと思いますが、ご参考までに。

回答する前に質問ですが、もっと詳しい問題の状況、状態を教えていただけませんか?「ビルド後に反映」とは?実行までおこなっていない、ということですか?

以下、回答です。

ダイアログリソースとダイアログのウィンドウの関連付けは正しいですか?ダイアログIDが間違って指定されていませんか?...続きを読む

Q【VC++2005(CLR)】テキストラベルをダイアログ中央に表示させたい

いつも大変お世話になっております。
VC++初心者です。

早速質問なのですが、
ダイアログ中央に、テキストラベルを表示するには
どのように設定すれば宜しいでしょうか。

また、テキスト内容がそのダイアログの横幅以内に収まらない場合、
折り返して表示をさせるにはどうすれば宜しいでしょうか。

お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1のサンプルコードに
this->label1->TextAlign = HorizontalAlignment::Center;
を追加。

QVC++6.0で、ダイアログを新規に作成し、クラスウィザードでそのダイ

VC++6.0で、ダイアログを新規に作成し、クラスウィザードでそのダイアログにクラスを割り当てる時
「クラス"CAbcDlg"のファイル(..¥AbcDlg.h, ..¥AbcDlg.cpp)を開けません」という
エラーメッセージが出て、新しいクラスを作れません。何故でしょうか?

注1)正しく作れることもあります。
注2)出来てしまったAbcDlg.hとAbcDlg.cppファイルを削除して、
  同じ操作をすると新しいクラスは作れます。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 最近VC6.0を使用していないのですが、確かにそういう現象が発生した事は幾度となくあります。
 CLWファイル(クラスウィザードファイル)に問題があると、発生する現象です。
 プロジェクトのフォルダからCLWファイルをどこか別の場所移動した後、VC6.0を起動しなおしてプロジェクトを読み込むと、正しいCLWファイルを再生成します。此れで対処出来ると記憶しております。
 しかし、何故不完全なCLWファイルを作成してしまうのかは、未だにわかりません。
 尚、CLWファイルの実態は単なるテキストファイルですので、メモ帳などで開いて見る事が出来ます。

Qダイアログのボタンが押された時に、その「ボタン」のあるダイアログと、すでに表示されている他のダイアログを消したいです

Win2000/MFC/ダイアログベース
で作業しています。初心者です(^^;)

Aというダイアログで「あるボタンa」を押してDoModalでBというダイアログを表示させ、Bダイアログで「あるボタンb」を押してDoModalでCというダイアログを表示させ、Cダイアログで「あるボタンc」を押した時にBダイアログとCダイアログを閉じたい(消したい)のですが
EndDialogで消せません
DoModalの戻り値をret_b,ret_cとした場合
EndDialog(ret_c);
EndDialog(ret_b);
としたのですが。。。

やり方がおかしいのか、よくわかりません・・
初心者でもわかりやすいお返事お待ちしています(^^;)

Aベストアンサー

各ダイアログボックスを CDialog の派生クラスとして次のように定義したとします。

CDlgA --- A というダイアログボックス
CDlgB --- B というダイアログボックス
CDlgC --- C というダイアログボックス

CDlgA のあるメンバ関数から CDlgB::DoModal() でダイアログボックス B を表示させます。 CDlgB のあるメンバ関数で EndDialog() を実行すればダイアログボックス B を閉じることができます。ここで、 CDialog::EndDialog() は引数として INT 型の値をひとつ渡すことができますが、その値が先の CDlgB::DoModal() の戻り値となります。
戻り値がある特定の値だったとき、つまり、質問の例ではダイアログボックス B で EndDialog(ret_b) が実行されたことが特定できたときに CDlgA も EndDialog() を実行すれば連鎖してダイアログボックスを閉じることができます。
ダイアログボックス C についても同様です。

実際のコーディングでは次のようになると思います。
ただし、ダイアログボックス A もモードレスで表示されていると仮定しています。



#define ret_b (-1) // 特定の値
#define ret_c (-1) // ID_OK や ID_CANCEL と重ならないように注意

...

(CDlgA の実装)

void CDlgA::OnButtonA() // あるボタン a が押されたときの処理
{
CDlgB dlg; // ダイアログボックス B

if (dlg.DoModal() == ret_b) // モードレスで表示して、戻り値をチェック
EndDialog(-1); // ダイアログボックス A を閉じる
}

...

(CDlgB の実装)

void CDlgB::OnButtonB() // あるボタン b が押されたときの処理
{
CDlgC dlg; // ダイアログボックス C

if (dlg.DoModal() == ret_c) // モードレスで表示して、戻り値をチェック
EndDialog(ret_b); // ダイアログボックス B を閉じる
}

...

(CDlgC の実装)

void CDlgC::OnButtonC() // あるボタン c が押されたときの処理
{
EndDialog(ret_c); // ダイアログボックス C を閉じる
}

各ダイアログボックスを CDialog の派生クラスとして次のように定義したとします。

CDlgA --- A というダイアログボックス
CDlgB --- B というダイアログボックス
CDlgC --- C というダイアログボックス

CDlgA のあるメンバ関数から CDlgB::DoModal() でダイアログボックス B を表示させます。 CDlgB のあるメンバ関数で EndDialog() を実行すればダイアログボックス B を閉じることができます。ここで、 CDialog::EndDialog() は引数として INT 型の値をひとつ渡すことができますが、その値...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報