MOUS試験一般の勉強をしています。
スタイル設定のところで新規にスタイルを設定し、3つの段落にそのスタイルを適応しようとします。(仮にこのスタイル名を”タイトル”という名前にしたとします。)
3つの段落をCtrlキーで選択し、作業ウインドウからタイトルスタイルを選択すると、選択した文字列は”スタイル名+その文字の設定”というもうひとつのスタイルができてしまいます。
タイトルの右横の下向き三角で、「選択箇所と一致するように更新する」を選択すると、新しくできた”スタイル名+その文字の設定”というものは自動的に消えるのですが、消さないと、スタイルは2種類の同じスタイルができてしまうことになります。
文章で書くとまどろっこしくて、わかりにくいと思いますが、1つのスタイルを設定したいだけなのに、同じ雰囲気のスタイルが2つできてしまうのです。
誰か同じ経験をされた方、対処方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

えー、MOUS試験でこの設定変更はお勧めしませんが・・・。



ツール→オプション→編集と日本語入力タブの、
「書式の履歴を維持する」のチェックがオフなら、
スタイルは2つ出来ません。

よく使うスタイルは、自動的に、入っていることはもちろんですが・・・。
なので、スタイル設定(登録じゃなくて)して、
スタイル名+書式になったあと、
自分のわかりやすい名前のスタイルに変更すると、
1つになると思います。

この辺は、試験時に、指定あるとおもいますので、心配しなくていいと思います。

あ、私、MOUS Word2002一般持ってます。
「作業ウィンドウ」からのスタイルの設定と登録は、勉強しておいた方がいいですが、
書式の履歴の維持のオンオフは、確認程度にしておいた方がいいですよ。
(本番で、ここの設定の変更ってのは、まず、出ないと思いますので。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
試験とは関係なくツール→オプションの方法を試してみたいと思います。
MOUS試験の問題集の問題をもう一度自分で入力してやってみますね。とにかく問題集の設定が原因のように感じますし・・・。作業ウインドウからの設定を普通にできるようにしておきます。

お礼日時:2002/04/01 10:38

またまたこんにちは。



新規の設定なんですね。
私のPCで何度やっても前回書いた前半部分のようにできますね。
もう一度順に書くと
作業ウィンドウから新しいスタイルを選んで名前をつけて書式等を設定し、
最後にOKボタンを押すとまずスタイルが登録されます。
(このとき登録されたスタイルは
 作業ウィンドウに一個しか追加表示されてません)

問題が設定ならその箇所を選んで
作業ウィンドウのさっき登録したスタイルをクリックすれば完了です。

ただちょっとスタイル名+フォントって言うのを試してみてたんですが
あくまで書式でスタイルではありませんが
これは多分一番近いスタイルに+以降の設定がされてるって意味かもと。
スタイルや書式のポップぴヒント見てたら
関連性のあるようなスタイル名+になってるように思います。

試してるとその+フォントを出したり出さなかったりの
法則のようなものが見えてくると思います。
体で覚えるのが1番だと思うので色んなお試しをお勧めします。

FOMのMOUSは2000なら会社にあるのですが
残念ながら2002はないのでちょっと分かりませんが
FOMのWord XP 基礎とか応用の本の文を開いて試して見ましたが
上記のように無事できました。

一度なにか自分で作った文書(文字の羅列でいいので)をつかって
新規登録&設定をやってみてはどうでしょう?

不具合は仕事柄たくさんみてますが
たまにソフトを入れなおすとなおったりする場合もあるので
いよいよの時は色んな方法で試してみてください。
(自分の体験談でもありますが・・・笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実は私も普段468さんの方法でやっていて、上手くいっていたのですが、その問題集はどうしてもそうなってしまうんですよね。法則が見出せたらいいのですが、試験の時にそうなってしまったら・・・と考えて質問したんです。
「スタイルを設定しなさい」という問題なのに+がついた状態では正解というわけにはいかないような気がして・・・考えすぎかもしれませんがスッキリしないんですよ。会社のどのパソコンでやっていても同じ状態だし・・・。
いろいろすみません・・・。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/30 23:57

No.1の方の回答であってますよ。



「作業ウィンドウ」の下の「表示(下の方にあります。)」が、
「書式一覧」になっているか、
「スタイル一覧」または「すべての一覧」になっているかに注目です。

FOMのMOUS一般ですよね。
そのファイル自体はみたことないんですが、その現象は報告聞いています。

Word2002のスタイルの基本的な考え方は、「標準」にカーソルがあるかどうかです。
「標準」にカーソルがある場合は、「標準」+「追加した書式書式」になっていきます。
それ以外、たとえば、太字の場所にカーソルがあった場合は、
「太字」+「追加した書式」になります。

それから、自動更新できるかどうかは、「段落書式かどうか」です。
文字書式の場合は、自動更新は出来ません。

作業ウィンドウの「表示」を変更してみてください。

この回答への補足

ありがとうございます。
表示でスタイル一覧にはしてみたんですよ。
その場合、スタイルが設定されたものしか表示されないので、
「スタイル名」+「追加した書式書式」はまだスタイルとしては認識されていませんでした。
でも「設定しなさい」という問題ならば、問題に指定されたスタイルにしないといけませんよね。だとすると、これでは答として不十分なのではないかと・・・。などといろいろ考えてしまっていました。

himehimeさんのお答えのとおりの考え方でいいのですよね。
ということは、FOMのMOUS一般の問題に問題があるのかもしれません。
他のファイルでスタイルを設定したり、いろいろしてみます。

補足日時:2002/03/30 11:43
    • good
    • 0

はじめまして。

私はMOUS一般は2000の方を持っていますが使ってるソフトは2000と2002と両方です。
スタイルの新規登録ということなので文章中の文字列を引用するのではないですよね?!
なら新しいスタイル(仮にトマトとしましょう)を適用する3箇所ですが標準の書式ではないところもありますか?何か書式が設定されてると最後に選択した箇所の書式が作業ウィンドウに青い四角で囲まれた状態で表示され一番上の選択した文字列の書式のとこにも表示されます。(例:MSゴシック 12pt ピンク・・・など)
でも作ったスタイル「トマト」は1つしかありませんので、作業ウィンドウのトマトの右の下向き▼ではなくトマトの文字をクリックすれば適用されます。

また、すでに「トマト」がいくつかの箇所に設定されていてその中の1つのフォントカラーを赤から青に変えたとします。
すると変えたところは「トマト+青色」(←これは書式でスタイルではないです。作業ウィンドウの下の表示というところの下向き▼をクリックし‘スタイルの一覧’にすると非表示になることから分かると思います)と作業ウィンドウにでます。

もし問題が青に変更して更新しなさいなら、そのまま青に変えたところを選択してる状態orは段落スタイルならカーソルをおいた状態で「トマト」の右の下向き▼をクリックし選択箇所と一致するように更新するをクリックすれば「トマト」は赤から青に更新され「トマト+青色」の項目は無くなります(これはスタイルに更新されたのでトマト+青色という書式の適用されてる箇所が無くなったからです)

私はいつもこの方法を使って使用&適用していますし、仕事でもそう教えています。いかがなものでしょうか?

この回答への補足

>また、すでに「トマト」がいくつかの箇所に設定されていてその中の1つのフォン>トカラーを赤から青に変えたとします。

ということではなくて、トマトを設定しようと思って、選択すると、今選択した文字書式+フォントということになっちゃうんです。(今の書式が標準だとしてもなのです)

もしかしたら、FOMの本の出題のファイルに問題があるのかも知れません。
通常だったら、できることが、標準で設定してある文字列にスタイルを適用しようとしても、「標準+トマト」ってなってしまうんです

補足日時:2002/03/30 00:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタイルシート使用の際、”style”と”class”を一緒に記述するのは問題はないのでしょうか?

スタイルシート使用の際、

<table border="0" align="center" cellpadding="4" cellspacing="0" bgcolor="efefef" class="waku_black_1" style="margin:3px;">

このように、”style”と、”class”を一緒に記述するのは問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

 文法的には問題ありません。ただし,No. 2 のご回答にもありますように,style 属性によるピンポイント爆撃はスタイルシートのうまみを薄めてしまうので,おすすめしかねるところです。さらに,新しい HTML(XHTML 1.1)では,「style 属性の使用は推奨されない」となっています。

 ここで,もしこのような記述をされた場合に気をつけなければならないのは,指定の優先順位です。
 厳密にはかなりややこしくなりますが,一般的には,class 属性を通じて指定されたもの(class 属性で絞り込む CSS の記述)より,style 属性で指定したもののほうが優先順位が高くなります。
 この点注意してご使用ください。

Qワード 段落スタイルの設定

すいません!!ワードの段落スタイルの方法で困ってます。

第1章 *****
 第1条 *****
 第2条 ****
 
第2章 ****
 第3条 ****
 第4条 ****

としていきたいのですが、

第1章 *****
 第1条 *****
 第2条 ****
 
第2章 ****
 第1条 ****
 第2条 ****

となってしまいます。

作業は
1 アウトラインの表示にて入力しレベル設定
2 スタイルと書式の設定の新しいスタイルの設定
3 書式のメニューから箇条書きと段落番号のアウト  ラインにてスタイルを選択しました。

ワード2002使用です。

初歩的な質問で申し訳ないですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

書式(O)-箇条書きと段落番号(N)で段落番号のタブを開き、下のほうの
「前のリストの連番を振る(C)」にチェックしても、うまくいきません
でしょうか?

Q