シェイクスピアのソネット集の中にあります。
アガサ・クリスティの小説の題名にもなりました。
けれども、岩波文庫のソネット集では、口語訳になっていました。
「春にして君を離れ・・・」の訳は一体、どなたが訳されたのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

blancheさんのご質問は、単に「春にして君を離れ」と訳したのが誰か、ということでしょうか。

シェイクスピアは詳しくないですし、岩波文庫のソネット集も読んだ事がないので、おかしなことを書いていたら、ごめんなさい。
私は、ハヤカワ文庫NV38、アガサ・クリスティーの「春にして君を離れ」を持っているだけで、他の文献は、わからないのですが、この本は、中村妙子さんの訳になっています。
作中では、「実ある心の婚姻に」が全文(?)引用されていますが、「春にして君を離れ・・・」と「心なき風、可憐なる五月の蕾を揺さぶりて」というフレーズは、単体で、作中に何度か表れています。
他の人が訳した詩を、流用した場合は、通常、巻末にその旨、記載があるものですが、それはありませんでした。
ちなみに、この本は、昭和48年の発行です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです。
単に、誰が文語で訳したのかと。
アガサ・クリスティの「春にして君を離れ」は良く知られていますよね。
けれども、岩波文庫では「春の間きみから離れていた」となっています。
全文が知りたくて、質問しました。
わざわざ、ありがとうございました。
昭和48年!
凄いですね。

お礼日時:2002/04/11 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

sonet」に関するQ&A: J-COM Phoneてどないですか?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春になったらしたいこと

春になったらしたいこと

日に日に暖かくなってきてもうすぐ春かな?という感じがしますが、あなたが春になったらしてみたいことはなんですか?

Aベストアンサー

花見がしたいです。

子供と動物園にも行きたいです。

でも、一番は

子供の入園式に行くことです。

Q岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のな

岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のなかの「幸福の意志」という短編があるのですが、その冒頭に、

彼地で家柄のよい土着の娘と結婚してから…

というくだりがあるのですが、この「彼地」はどう読むのでしょう?また、どういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「かのち」と読みます。
「彼地」を「あの地(国、地方、都市、町など)」と読み変えてもほぼ同じ意味です。この場合は南アメリカのことを差していますね。
 遠いところや、名前は知っているけど行ったことはない場所などを指しているニュアンスがあります。

Q春にブーツって…?

春になって,ブーツって大丈夫だと思いますか??
ほんとはパンプスの方がいいと思っているんですが,金銭の事情で…。やっぱり春なのにブーツは無理ですかねぇ…

Aベストアンサー

はじめまして。
春にブーツは、ブーツによりますね。
「春ブーツ」が売ってる位ですから、春になってブーツ履いてるよー・・・なんて変な目で見られることはまず無いと思います☆
ブーツによるといいましたが、一般的に「春ブーツ」は素材は秋と同じです。花柄や、白色と言った洋服にも該当する色合いや柄でもって「春ブーツ」と言います。
つまり、春らしい格好に秋ブーツを合わせてもなんら問題はないです、立派に「春ブーツ」って名乗っていいです。
ただ、注意が必要なのは、冬ブーツは正直春に履くと切ないです。
春先には質問者様が言ってるように、パンプスが似合います。足首が出てるのが春らしくてかわいいんです。
なのに冬のもこもこムートンブーツや、膝まである真っ黒レザーロングブーツなんか合わせてると、これは「もう春なのに・・・」ってなってしまいます。
春に手持ちのブーツを合わせるなら、
・白、茶
・革製
・短め
このどれかをクリアしていれば問題ないでしょう☆
特に素材は皮製だといいですね☆
でもフリンジが付いているウエスタン調で茶色だと、ふわふわ明るい色のスカートとかに合わせてあげないと、秋っぽさが出てしまうかもしてないです!

長く書いてしまいましたが、少しでも参考になればと思います。

はじめまして。
春にブーツは、ブーツによりますね。
「春ブーツ」が売ってる位ですから、春になってブーツ履いてるよー・・・なんて変な目で見られることはまず無いと思います☆
ブーツによるといいましたが、一般的に「春ブーツ」は素材は秋と同じです。花柄や、白色と言った洋服にも該当する色合いや柄でもって「春ブーツ」と言います。
つまり、春らしい格好に秋ブーツを合わせてもなんら問題はないです、立派に「春ブーツ」って名乗っていいです。
ただ、注意が必要なのは、冬ブーツは正直春に履くと切な...続きを読む

Q万葉集の口語訳をお願いします

以下の万葉集の口語訳をお願いします

花ぐはし 桜の愛で 如此愛(ことめ)でば 早くは愛でず 我が愛ずるこらよ

かはず鳴く 甘南備河(かむなびかは)に 影見えて 今か咲くらむ 山振の花

山振(やまぶき)の 立ち儀(よそ)ひたる 山清水 酌みに行かめども 道の知らなく

お願いいたします

Aベストアンサー

◆花ぐはし~
「こまかく美しい桜の花の見事さよ。同じ愛するなら、もっと早く愛すべきだった。わが愛する姫よ」(講談社学術文庫「全口語訳 日本書紀<上>」より)
 允恭天皇が皇后(忍坂大中姫)の妹・衣通郎姫と初めて結ばれた翌朝に詠んだ歌ですね。

 なお、他の二首は「たのしい万葉集」というサイトに口語訳がありました。

◆かはず鳴く~
http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/eight/m1435.html
◆山振の~
http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/two/m0158.html

 

参考URL:http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/eight/m1435.html,http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/two/m0158.html

Q 私は、この春にWinbuilderを使ってフルスペックのVisata

 私は、この春にWinbuilderを使ってフルスペックのVisataPe.isoを作りました。
これと、Ubonntu9.10とHiren'sBootCDをWinSetupFromUSBと言うソフトを使って、
三つのソフトが立ち上がるUSBをつくりました。
 実際に使ってみると立ち上がりが遅いので、この三つのソフトを入れたDVDを作ろうと考えましたが、
なかなか作れません。
 BootUSBからDVDisoに変換するソフトはないにでしょうか?
 今まで試したのはimgburnとcdrecordですが、boot.imgには何を入れればよいのか、
そにたの設定はどのようにすればよいのか、教えていただきたいのです。
 WinsettoupFromUSBはGrub4Dosを使っているはずなのですが

Aベストアンサー

:>また、CD/DVDのBoot Loaderとしては利用できません。
と書きましたが、[Grub4dos 0.44]に含まれる[grldr]をCD/DVDブート・イメージとして起動できないわけではありません。
 設定を工夫しないと起動はしても[menu.lst]を読み込めないことがあります。
:>grub4dosがmkisofsを必要としていることを知りませんでした。
[mkisofs]はISOファイルを構築するコマンド・ライン・ツールで、私自身もWindowsPE1.0あたりまでは
利用していましたが、現在は利用していません。
:>今まで試したのはimgburnとcdrecordですが、boot.imgには何を入れればよいのか、
[cdrecord]自体が[mkisofs]を利用したGUIのフロント・エンドですから[grldr]をブート・イメージとして
適切に設定すればBootable CD/DVDを作成できるでしょう。

ISOファイルそのものを簡単に加工できるのであれば、例えば[Grub4dos 0.44]をBoot Loaderとしている
[Puppy Linux 4.31J]のLiveCDのCDイメージからBoot Loaderを残して(といってもBoot Loaderは非表示ですが)
他のファイルを全部削除しておいて必要なファイルを挿入してISOファイルを再構築するのが最速です。
[cdrecord]を利用するにあたって英文の[mkisofs]の解説と[mkisofsのオプション]とを照合してください。
http://www.eng.maritime.kobe-u.ac.jp/~i_asano/misc/mkisofs/mkisofs.html

:>また、CD/DVDのBoot Loaderとしては利用できません。
と書きましたが、[Grub4dos 0.44]に含まれる[grldr]をCD/DVDブート・イメージとして起動できないわけではありません。
 設定を工夫しないと起動はしても[menu.lst]を読み込めないことがあります。
:>grub4dosがmkisofsを必要としていることを知りませんでした。
[mkisofs]はISOファイルを構築するコマンド・ライン・ツールで、私自身もWindowsPE1.0あたりまでは
利用していましたが、現在は利用していません。
:>今まで試したのはimgburnとcdrecordですが...続きを読む

Q岩波文庫の作家名の後ろにつく作

岩波文庫では
作家さんの名前の後ろに作
がついています
夏目漱石 作
川端康成 作

他の出版社には見られません
岩波文庫の方針なのでしょうか
理由をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

明治大正の昔は単行本でも「○○○作」とタイトルにつけられることはごく普通でした。
岩波文庫はこの種の文庫本の嚆矢となるもので、昭和初頭に発刊するに当たって当時の風習をそのまま踏襲したものだと思います。当時藤村作という著名な国文学者がおられまして、この方の著作を刊行したら「藤村作作」となると、笑い話のように言われました。
そういうこともあって、他の後発の文庫で戦前のからのもので現存では新潮文庫ただ一種(これも戦前版とはすっかり様変わりしています)、こちらはやや近代的に「著」を使っています。
他の文庫は皆戦後のものであり、昨今の風潮としてごく自然に作はもちろん、著もつけなくなったのだと思います。

Q春に聴きたくなる曲

天気予報で「麗らかな春の日差し」っていう表現を聞くのも
もうすぐかなと思います。
春になると聴きたくなる曲はありますか?
春の雨の日に聴きたくなる曲でもいいです。

Aベストアンサー

高野辰之作詞・岡野貞一作曲「朧月夜」

瀧廉太郎作曲 歌曲集「四季」から「花」

今中楓渓作詩・大村能章作曲 「野崎小唄」

穂口雄右作詞作曲 (キャンディーズ)「春一番」

J・シュトラウス作曲「春の声」

F・メンデルゾーン作曲 「春の歌」 

といったところでしょうか。

Qシェイクスピアのソネットの名詩を教えて!

西脇順三郎訳の 154編(原詩も)が手元にあり
ますが、宝の山を目前にして着手しあぐねてい
ます。
「四大悲劇は確かに傑作だ」と他の沙翁劇も手
当たり次第読んで確認しました。
シェイクスピアの定評のある名詩をご教示くだ
さい!
ソネットならばナンバーだけでも結構ですので。

よろしくお願い申しあげます
彼は男を愛したとか。

Aベストアンサー

そりゃあまあ、一番有名なのは
Shall I compare thee to a summer's day?
で始まるソネット18番でしょう。

シェークスピア同性愛者説の大本ですし。

Q春になると変な人が増えるのはなぜ?

春になると、街に変な人が現れたりしませんか?ホテルの屋上で裸になって叫ぶ人、意味もなく同じ場所をグルグルしてる人、今年の春はそんな変な人を見かけました。毎年春、そういう人を見る気がします。なぜそういう人が春に多いのか、知ってる人、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

統計的にはわかりませんが、統合失調症などで、春先にきまって症状が悪化する人はいるようです。精神科に救急で担ぎこまれる人は増えます。ホルモンの関係かな?と勝手に考えていますが、真相は謎です。もしかしたら、日本では春は1年の区切りの季節であることとも関係あるのかもしれませんが...

Q岩波文庫の寺田寅彦の随筆

寺田寅彦の作品に興味を持ち、岩波文庫の「寺田寅彦随筆集」を買いました。とても繊細な視点で世界を切なく美しく描写しておりはまっております。
で、ある本でその寺田寅彦の随筆にふれており、随筆から一節を引用していたのですが、その引用では、かなは正かなつかい、漢字は正字体でした。僕の読んだ岩波文庫では、現代かなつかい、漢字は略字体にされていました。こういった変更(改竄)は現在の出版界では当たり前のように横行していて覚悟の上だったのですが、よく読み比べるとそればかりではなく、「団栗(本当は正字)」という随筆は、岩波文庫では「どんぐり」とひらかなになっていたり、「云う」が「言う」になっていたりもしました。
かなつかいの変更や、正字を略字への変更は分かりますが(読む気をなくすけど)、漢字で書かれていた名詞をひらかなにしたり、「云う」を「言う」のような全くちがう字にする事ってあるのでしょうか。
引用した本の著者は、初版か何かの版を引用し、文庫は初版出版後寺田寅彦が手を加えて書き直したものを底本としているのかな、とも考えましたがそうではないのでしょうか。

Aベストアンサー

よいところに気づかれました。
結論のみ書きます。
原作者の表記を出版社が「勝手に」書きかえている例は枚挙にいとまがありません。

同随筆集全五巻では、第一巻に二行ほど付記があるだけで、確かにどう書きかえたかの明記がありません。
そこで、他の岩波文庫のいわゆる緑帯、近代日本文学に相当するものをお持ちなら、奥付の前のページを見てください。[編集付記]などとして使用した底本のことや表記の方針などいろいろ書いてあるはずです。

「近代日本文学の鑑賞が若い読者にとって少しでも容易となるよう」「原文の趣きをできるだけ損なうことがないように配慮しながら」五つの「方針にのっとって表記がえをおこなった」と。

こうして皮肉にも、原文の趣きとまるで異なるものが、われわれ読者に提供されているわけです。

この"好意"はただに岩波文庫に限ったことではありません。他の出版社の大部分も似たようなものなのです。
しかも書きかえの"方針"はまちまち、明記してない本もたくさんあります。

萩野貞樹氏の『旧かなづかひで書く日本語』幻冬舎新書2007年刊もしくは
同氏著『旧かなを楽しむ』リヨン社2003年刊(内容はほとんど同じ)を一度手にとってみてください。
たとえば谷崎潤一郎『盲目物語』がいかに作者の意図を根底から無視し、恣意的に書きかえられているか、実感をもっておわかりになるでしょう。

単なる、旧かなと新かなの書きかえの問題、ではありません。
たとえ旧かなの知識が自在にあっても、ここから原文の復元は不可能です。

よいところに気づかれました。
結論のみ書きます。
原作者の表記を出版社が「勝手に」書きかえている例は枚挙にいとまがありません。

同随筆集全五巻では、第一巻に二行ほど付記があるだけで、確かにどう書きかえたかの明記がありません。
そこで、他の岩波文庫のいわゆる緑帯、近代日本文学に相当するものをお持ちなら、奥付の前のページを見てください。[編集付記]などとして使用した底本のことや表記の方針などいろいろ書いてあるはずです。

「近代日本文学の鑑賞が若い読者にとって少しでも容易と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報