以前、旅行に行った時に宝石の原石らしき石を拾ってきました。ツアーのガイドさんが言うには、どうやらオニキスの原石らしいとの事ですが、私には本物か偽物か全く見分けがつきません。サイズは、約8.5cm×約7cm、厚さは、約4.5cmあります。丸い石で、表面の少し削れた部分からは、キラキラした黒いものが全体的に見えます。原石を鑑定してくれる所をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。

A 回答 (1件)

まず最初に、「鑑定」とはその宝石の品質の優劣をつけることであり、ご質問のケースは鉱物の種類を特定すること(品質は調べない)ですので「鑑別」にあたります。


※現在、宝石の「鑑定」は一般的にはダイヤモンドのみに行われています。

さて本題ですが、Yahooなどで宝石、鑑別と検索するとたくさんヒットしますのでお近くの鑑別機関を選んでください。

どこにするか迷うようでしたら「宝石鑑別団体協議会」のメンバーを選ぶと良いと思います。メジャーな鑑別機関では、全国宝石学協会、中央宝石研究所、AGTなどがあります。

一般のジュエリーショップでも取り次いでくれると思います。料金は機関、店によりますが、直接持ち込んでも店に頼んでもさほど変わらないと思います(3000~5000円)。

安く上げたいのであれば、鑑別書に仕上げないでメモだけ受け取る「ソーティング」にすれば2000円~4000円で済むと思います。

また、大きなジュエリーの展示会では、鑑別士を招いて無料で鑑別の実演をしていることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきまして、どうもありがとうございます!
「鑑定」と「鑑別」の意味がちょっと曖昧だったのですが、
理解することができました。
さっそく調べてみますね。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 01:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原石に興味・・鑑別法は??

最近姉が原石というか? 私には ただの石にしか見えない??石に興味を持ち よく 購入しています。

アメジストとか・・ピンク??とか 沢山購入しています。
先日は透明な石の中に釣り針のような ハリが入ったものを買ってきました。

どなたか 石の種類・ 鑑別法(本物)などの詳しいサイトご存知の方
紹介していただけませんか??お願いします

Aベストアンサー

宝石にかぎらず鉱石や鉱物の真贋を確かめる方法はいろいろあるのですが、
原石の場合は形状や割れ方といった性質を見極めることを重要視します。
一番よい鑑定方法はたくさんの原石を手にとって見ることです。
自然と真贋を見抜く力が備わってきます。

でも小さいものは化学分析や光学分析をしないとわからないものが多いみたいです。磨いたものやカットした宝石は難しいです。

最近は愛好者が増えたようで、ネット上でコレクションを公開している方が
大勢いらっしゃいますので、見比べたりするのもよい方法ですね。
↓ここのコレクションは海外でも有名だそうです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/

Q翡翠の原石を拾いたいんです

翡翠の魅力にとりつかれて、10年以上になります。
暇を見つけては、姫川や糸魚川近辺の海岸に出かけて、
翡翠の原石を探し求めています。
いくつか原石を拾うことができましたが、
“これはっ!!”というような逸品には、いまだに巡り会えずにいます。
運が何より大切であることは重々承知していますが、
良質の翡翠を拾えるポイントがありましたら、ご教示願いたいと思います。
(もちろん、小滝川・青海川の天然記念物指定区域以外で)
また、翡翠の原石を扱っていたり、
原石を加工してくれる業者等もお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒスイ加工は、糸魚川駅前の「ヒスイ王国館」というところでできます。
採取したヒスイの鑑定もしてもらえるそうです。
費用、加工時間は不明ですが・・・

ヒスイ王国館(糸魚川観光物産センター)
・住所   糸魚川市大町1-7-11 
・電話   0255-53-1788 
・営業時間 9:00~18:00
・定休日  年中無休  

採取できる確率が比較的高くなるのは雪解けの季節です。
小滝川上流から雪解け水が勢いよく流れ出す時に、ヒスイも一緒に流出する事もあるそうですので
3月中旬~5月下旬あたりが狙い目でしょうか。

海岸でのヒスイ発見の確率は10万個に1個でしかないそうです。
だからこそ見つけてみたい、見つけるぞ!という気持ちになりますよね。
今回の事で今までさほど関心が無かったヒスイについて調べるようになり
私自身もヒスイの魅力と歴史に関心を示すようになりました。
その昔、地元住民の方はヒスイを漬物石に使用していた、なんていう事もあったり
発見に至るまでの経緯も興味深いです。

ヒスイ収集をご趣味にお持ちになられた事は、とても素敵な事と思います。

ヒスイ加工は、糸魚川駅前の「ヒスイ王国館」というところでできます。
採取したヒスイの鑑定もしてもらえるそうです。
費用、加工時間は不明ですが・・・

ヒスイ王国館(糸魚川観光物産センター)
・住所   糸魚川市大町1-7-11 
・電話   0255-53-1788 
・営業時間 9:00~18:00
・定休日  年中無休  

採取できる確率が比較的高くなるのは雪解けの季節です。
小滝川上流から雪解け水が勢いよく流れ出す時に、ヒスイも一緒に流出する事もあるそうですので
...続きを読む

Q採集した鉱物(岩石)を洗浄、研磨する方法

川原や砂利道で鉱物や気に入った岩石を拾ってはコレクションしています。
主に石英(水晶)、めのう、長石、チャート等を拾ってしまいます。
水晶の結晶や縞瑪瑙の固まりを見つけると、つやつやにしたくて流水で洗い、歯ブラシでこすったりしてみますが、泥や細かい砂が落とせないでいます。また、つやがでるようにサンドペーパーを使うのですが、1000番台を使ってもきれいに磨くことができないでいます。タンブルとして売ってる商品ぐらいに磨きたいのですが...。
鉱物をきれいにするノウハウと、光沢の出る磨き方を教えてください。

Aベストアンサー

サンドペーパーは当然、水砥ぎ用を使ってください。
水を流しながら砥ぎます。
艶を出すには、1000番では粗砥ぎに過ぎず、最低でも3000
仕上げは#6000位が必要です。
そこまで手を掛けなくても良いと言われるならば、、
ホームセンターなどにある一枚100円位の水砥ぎペーパー
#2000位で丁寧に磨き、後は磨き液(ピカ-ル)などで何時間も磨いても一応は艶が出ます・・・やや曇りがちですが。
フチオカ(株)のダイヤモンド砥石で曲線でも磨ける砥石がありますので、参考になさってください。
http://www.fuchioka.co.jp/shumi/kougei/1.html

墓石屋さんに行って、水砥ぎサンダーの古い使い古しを貰ってくるのも方法の一つです(ちなみに、濃い緑の砥紙が仕上げ用です)

Q石をピカピカに研磨するには?

ガタガタの原石を、形を好きな形にして滑らかにしたいと思っています。
専用の数十万の研磨機が必要になるのか、
安いルーターを使ってもできるのか、分かりません。
どこで調べても、情報がなく、困っています。
どんなことでも良いので、何かお知恵を貸して頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

切断はダイヤモンドカッターか.割るか.削るか。

削る場合にはDIY店で.グラインター・ハンドグラインターを探してください。

切ったらば.磨くのですが砥石(カーボランダム等)の粉泥上にしてを医師の表面に塗り.といしでこする・同じ石でこする・布でこするなどして.半年から1年かけて平らにします。
急ぐのであれば.ハンドグラインター等をつかいます。

ハンドグラインターの回転部分に注意してください。必ず石用のものを選択してください。

注意点としては.粉が飛びますので.目の保護。けいはいの呼ぼうとして粉塵マスクとしっしき研磨。

Q瑪瑙(めのう)と翡翠(ひすい)の見分け方

瑪瑙(めのう)と翡翠(ひすい)の見分け方がわかりません。

オークションで売っているものは、本当に翡翠なのでしょうか?

素人なので区別がつきません。

お詳しい方お教え願います。

安心して購入できるサイトなどを教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

本翡翠が欲しい、信用できるものが欲しい、と思われるならネットオークションは避けた方が無難だと思います。

メノウとの区別も付けにくいと思いますが、翡翠の場合は、ジェダイド(硬玉、本翡翠)とネフライト(軟玉)という二種類があり、どちらも「翡翠」と呼ばれますが、お値段はかなり違います。
金銭的価値でいえば、もっと落ちるカルセドニー、アイドクレーズ、アベンチュリンなどを翡翠と偽って売る人もいます。
ネットオークションの場合は、出品者自身も翡翠だと信じ込んでいる場合もあるでしょうから、もし本翡翠ではなかった場合、問題はさらに複雑になってしまいます。

石の違いを説明していて、実際に色々なランクの品を販売していることが、信用できるサイトの最低条件だと思います。
鑑定方法はありますから、非常に高額なものであれば鑑定書がついていることもあるようですね。


人気Q&Aランキング