島原の乱、天草四郎をテーマにした小説を教えてください。
キリシタン側からの視点のほうがいいです。
ちなみに『魔界転生』は知ってますし、あまり好きでないので、
違うものでお願いいたします。

お分かりにならない方が多いと思いますが、
2005年劇団☆新感線で公演された『SHIROH』が大好きなので、
できれば、そのイメージをあまり崩さないものがいいのですが・・・。
(シローは中川晃教さん、天草四郎は上川隆也さんが演じられました。
この舞台では、神の声を持ち人々の士気を高めるシローと、
武士である天草四郎と二人が力をあわせて立ち上がるという内容になっています。)

探しているのはこのようにSFぽいものがいいのではなくて
普通の歴史小説でかまいません。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

立松和平「奇蹟―風聞・天草四郎」


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487798698

小説ではないですが天草四郎を紹介してるサイト
http://shiro228.web.infoseek.co.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!
本もですが、特にこのサイトの情報、うれしかったです。

お礼日時:2006/11/16 21:36

#3です。

マンガでもいいなら
赤石路代「AMAKUSA1637」もお勧めです。
現代人がタイムスリップで1637年の天草に来て
歴史を変えないために死んでいた天草四郎の代役をする話です。
    • good
    • 0

「冥府の刺客」(勝目梓、光文社)


「寛永の楔・小説天草四郎の乱」(加来耕三、講談社)
「闇の天草四郎」(中津文彦、徳間書店)
「アニマの鳥」 (石牟礼道子、筑摩書房)
「海鳴りの底から」(堀田善衛、朝日新聞社)
「天草回廊記」(示車右甫、文芸社)

検索してみましたが、あまり数が無いようです。
情報が少ないこともあり、魅力的ですが難しいテーマなのでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
『アニマの鳥』がおもしろそうですね!読んでみます。

お礼日時:2006/11/16 21:31

 天草四郎がテーマではありませんが、


隆慶一郎「死ぬことと見つけたり」の序盤で、
島原の乱が舞台になってましたよ。
主人公の武士が、反乱軍に付いて…の話です。

 もしよければ一読してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/16 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出て

切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出てきます。
オススメの切ない小説ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

東野圭吾の「秘密」は読まれましたか?

映画にもなっているし今度はドラマにもなるようですが。

かいつまむと、交通事故をきっかけにして死んだはずの母の心が娘の体に入ってしまいます。その日から夫は、体は娘で心は妻という奇妙な関係で生活し、心は戻らないまま娘は成長します。夫婦のつながりを大切にしたい夫と、自分は娘として生まれ変わったと気持ちを切り替え男女交際を含む学生生活を楽しむ妻。衝突と心の葛藤。そして結末はとても切ないです。夫婦ではありますが、恋愛とは違った心の機微が描いてあり、読むたびに切なくなります。

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q小説にでてくるあまり使われない言葉.....

小説にでてくるあまり使われない言葉、
特殊にふりがなふってたりする難しい語句って要所要所に出て来たり
しますが、これは読む側にとってどういう効果があるのですか?
また、そういう個性ある語句って小説家はどういうタイミングいれるのですかね?

Aベストアンサー

読み手にとっては
さらりと読み流すことのできない
記憶の繋留点(けいりゅうてん)となっているのだと思います。
もちろん作品を格調の高いものに見せる演出効果や
作家に対して畏怖や尊敬の念を抱かせる効果も持っているでしょう。
その言葉の使用が成功していればの話ですが。

作家の中には
辞書読みを趣味とする「言葉ヲタク」のような人もいて,
いずれどこかで使ってみたい言葉のリストを温めていることもあるようです。
そういった特殊な言葉が
作品の流れの中で必然性を持つと判断されるときに使われるのでしょう。

この文章の中でもわざとやってみました。

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報