人気雑誌が読み放題♪

自主制作映画を撮っているものですが、
今度 初めて夜間の撮影を行うことになりました。
そこで機材をレンタルしようかと思っていたのですが、
「500wの照明が3つあれば、大丈夫。量販店で安く買えるから」と
知り合いの方に教えていただきました。

そのときは、「そうなんだ。」と安心してしまい、
具体的な詳細を聞き忘れてしまいました。
500wの照明がどういうもので、本当に量販店で売ってるのかとか
他に機材は必要ないのかなど、
夜間の照明を使う際の、注意点などありましたら教えてください。


知り合いの方に聞けば、一番早いのですが忙しい方らしく
なかなか会えませんので、ここで質問させていただきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ビデオでの撮影でしょうか?


それともフィルム?
そのどちらかで照明は随分違うところがあるのですが、自主映画ということでビデオ撮影だと勝手に解釈しますネ。

ただ撮影照明用のライトが、量販店に売っているかはよくわかりませんし、ライト部分と電源のソケット、ランプゲージと呼ばれる外枠などバラバラになって売っているので、買いそろえると、それ相応の値段になってしまうと思います。

500Wくらいだと”アイランプ”という名称のものがあります。フラッド(散光型)とスポット(集光型)とあり、撮影する状況やどんな画面にするかでどちらを使うかは異なるのですが、ビデオならばフラッドで大丈夫だと思います。
値段はやや高く3500円くらいはすると思いますよ。色温度は3200ケルビンと5900ケルビンのものがあります。フィルムの場合はこの色温度が重要なんですが、ビデオだとホワイトバランスで調整可能なので、まあどちらでもいいと思います。ただ3つのライトをそれぞれ3200Kと5900Kなど混ぜては使わないようにしてください。

ビデオの場合、500Wだとかなり明るいので、ロングショットを撮るなどの予定が無ければ、150W、300Wでも間に合うと思いますし、街灯だけでもゲインを上げれば(画質は粗くなりますが)そこそこ写すことは可能だと思います。

アイランプが手に入らないようでしたら、試したことはないのですが”外照明用照明器具”というものでも代用出来ると思います。
街頭で見かける看板を照らしているライトのことなんですが、個人の駐車場に取り付けてあるものでも大丈夫なのではないかと思います。
ロケ地の明るさ(元々ある街灯などの照明)にもよるんですけど、要するに大工センターで売っている”明るい照明道具”を工夫して使えば、ビデオでの撮影は可能だと思うんですけど、どうでしょうか?

あるいは考え方を変えてレンズの前にフィルターを付けて、昼間なのに夜に見せかけるという方法もあります。
”ツブシ”と言うんですけど、邦画洋画問わずにいまでもよく使われています。ただ太陽光が強い中で撮影すると、影がくっきり出るんで注意が必要ですけど。

”アイランプ””小型外照用照明器具””外看板用照明””夜間撮影”などといったキーワードで検索すると詳しいページやどんなものがあっていくらくらいか、など出てきますので見てみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。。
いかに自分が無知かがわかりました。
ぜひ参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/03/11 18:18

>夜間の照明を使う際の、注意点などありましたら教えてください



基礎的な知識無しには伝えられません。
実際の技術や知識は過去の経験や思いつき等から蓄積された物なので、方程式のようなものは殆ど有りません。
経験して、自分で方程式にするのです。
たぶん、その知り合いの方(プロだと思いますが)も、例え会って話したところで簡単に教えられるものでは有りません。
それよりも、御自分で明かりを当てて撮影してみて研究する方が早いです。
何かに光を当てたらどうなるか、また、どういった映り方になるか等、実際に見てみれば判ります。
出来上がったものを観たり、人に説明してもらったりでは理解できるものでは有りません。
機材に関しては、どの様な機材でも状況に合わせて、どの様にでも作る事が可能なので(照明技師が名人の場合は、ですが)その500W×3でも充分でしょう。
が、それは明かりの使い方次第です。
例えば広い公園でロングを撮影…等となったらとてもそんなものでは足りませんが、全てが見えなくとも、必要な情報だけ伝われば…等と、演出や撮影の仕方でどうにでもなるものです。
物語の性質や、シチュエーション次第でどんな状況でどんな明かりが必要か全て変わり、それは照明技師やカメラマン、監督のセンスでも有りますので。
先ず、調達可能な機材で(この場合は500W×3)、テストで夜間に何かを撮影してみる事です。
ただ、その500Wの使用法(機材としての)はその知り合いの方に聞きたい所ですが…お忙しいでしょうね。
簡単に。
先ず、あかりが不要な所にもれず、必要な所に届くように「カサ」が必要です。針金等で構造を作り、アルミ箔でカサを作り、外への反射を抑える為に外側に黒アルミを張ります。
電球は高熱を発しますので、溶けない素材の軍手は必須です。機材を持つ時は必ず着用です。
それから、不要な部分の明かりを切る為の黒い板(レフ板のような物)もあった方が良いでしょう。明かりの規模から言って大きなものは入りません。レンズに入る反射を切る為ぐらいでしょう。
それからスタンド。明かりの重量と熱を支えられれば何を転用しても構いません。要は、持って居なくても其処に固定できれば良いので。
他には様々なフィルターがあったりしますが、その規模だととてもそれ所ではないでしょうから、先ずは試しに撮影してみる事です。
あ、電源の確保は大丈夫ですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

電源の確保ですが、おそらく大丈夫です。
ゼネを使おうと思います。住宅地のような場所でもないですので。
基本的な知識をもっと積み上げようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/11 18:19

問題なのは、誰が照明を担当するのでしょう?



素人がやると基礎も知らないし、経験もないので、ベタな照明でめちゃくちゃになります。
現場経験しているプロがやらないと、あなたのイメージ通りの映像ができないと思います。

現場豊富なプロに頼むか?
そうなれば、最低限の予算で必要な照明機材が用意され、監督の要求する映像作りができます。

やめるか?
ナイターシーンが撮れない。
実は照明がなくても撮れる方法はあります。
プロの現場でも、たまにやります。
どうしてかと言うと、人混みが多い、許可を取ってない、など等の理由でやっています。

街灯を利用する。
車の明かり。
自動販売機の明かり。
看板、スポットなど明かりが多い場所で撮影。

よく使われるのは街灯です。

あなたの演出に多少の制限になるだろうと思いますが、照明機材を使用する場合は、やはり監督のイメージする明かり作りをプロ経験がないと、とても見れたものにないからです。

これはあくまでも参考に
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的で具体的な回答をありがとうございます。
今回 教えていただいた「街の外灯」ですね。
監督と相談して、取り入れることにいたしました。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2007/03/11 18:21

DIYショップなどに、150W程度~の投光器が販売されています。


500Wというと特殊になるので置いて無い場合もあるかも知れません。

通常の電球型のものとハロゲンランプを使った物の2種類があります。
双方の発色が異なるので注意した方が良いでしょう。
(作品に合わせて使ってみてください)

3本だと15Aの電源が必要ですが大丈夫ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答をありがとうございます。
投光器ですね!DIYショップで探してみたら、ありました。

電源ですが、ゼネを使うので心配ないと思います。

お礼日時:2007/03/11 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人製作映画 夜間撮影

個人で映画を撮ろうと思うのですが、質問です。
暗い中でちゃんとした照明を使わずにカメラを回すと
画像が粗くなりますよね?
野外での撮影なので照明器具を揃えるだけでも大変な苦労です。
そこで思ったのですが、明るいうちに撮影して編集で暗くした場合
どうなるのでしょうか?
影や光の方向の関係でバレるなら、日が差していない明るい時間に撮ってもダメでしょうか?
やっぱ明らかに、夜ではないとわかるんでしょうか?

Aベストアンサー

フィルターを使うなら、結構いける方法があります。
普通の銀塩フィルムの撮影・現像済みのヤツの端っこは真っ黒になっていますが、あの部分を切り取って2枚~3枚重ねると、赤外線撮影になり、昼間でも夜の感じになります。
もちろん、本物の夜ではないのですが、見ている人に、「ああ夜のシーンだなぁ・・」と思わせることはできると思います。擬音と同じで、必ずしも本物でなくても、そう見えれば良いのではと思います。
お金は掛かりませんので、一度試されたらいかがでしょうか?

Q自主制作映画で使用した音楽の著作権処理について

自主制作で映像作品を作ったので、ビデオ映画祭に出品しようと考えているのですが、使用している音楽の著作権の処理に困っています。
使用している音楽は一曲のみですが、どのような手続きを取ったらよいのか全くわからない状況です。
それと応募の締め切りが10月2日と迫っており、それまでに手続きを済ませることは可能でしょうか。
回答お願い致します。

Aベストアンサー

まず、使用している曲に作曲者がいて、その曲がJASRAC(日本音楽著作権協)によって管理されている曲であればJASRACに使用申請しなくてはいけません。またその曲を誰かが演奏して(歌って)CDなどになっている場合はその演奏をCDに収めた(主にレコード会社)人の許可が必要になります。たとえば「夜空ノムコウ」を使いたい場合は、作曲者は川村結花ですからJASRACに申請が必要です。またSMAPが歌っているのを使うのか、スガシカオが歌っているのを使うのか、あるいは小田和正がカバーして歌っているのを使いたいのかでそれぞれのレコード会社に音源使用許諾(原盤権といいます)をする必要があります。場合によっては「アーティストおよび歌のイメージが崩れるのでそういう映画には使わないでほしい。」ということになるかもしれません。この場合自分で演奏して歌って録音した「夜空ノムコウ」ならレコード会社からは文句は言われずに使えますが、作曲者はあくまでも川村結花なのでJASRACの手続きは必要です。もちろん自分が作った曲を自分で歌ったりしたものであれば自由に使えます。詳しくはJASRACに問い合わせてください。

参考URL:https://jasrac.e-srvc.com/cgi-bin/jasrac.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_sid=21T8PHhi&p_lva=&p_faqid=137&p_created=1048069

まず、使用している曲に作曲者がいて、その曲がJASRAC(日本音楽著作権協)によって管理されている曲であればJASRACに使用申請しなくてはいけません。またその曲を誰かが演奏して(歌って)CDなどになっている場合はその演奏をCDに収めた(主にレコード会社)人の許可が必要になります。たとえば「夜空ノムコウ」を使いたい場合は、作曲者は川村結花ですからJASRACに申請が必要です。またSMAPが歌っているのを使うのか、スガシカオが歌っているのを使うのか、あるいは小田和正がカバーして歌っているのを使いたい...続きを読む

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Q自主映画に使う集音マイクについて

自主映画に使う集音マイクについて
こんにちは。僕は中学生で、友人と自主映画を製作することになりました。
僕たちは中学生で、予算にも限界があります。ですので、カメラも恥ずかしながら、激安のホームビデオを使うのですが、音にはこだわりたいのです。
撮る場所の多くは室内ですが、少し屋外でも撮る予定です。
最低でも1万円程度できれいに集音する方法はないでしょうか

Aベストアンサー

はじめまして♪

自主作品製作、楽しそうですね、がんばってください。


さて、「集音マイク」をどのように考えていますでしょうか?

文字通り回りの音を集める目的? それとも目的の音だけ集中的に採りたい?

自主映画ということですので、離れた人の台詞などの録音目的でしょうかね。

この場合ですと、周囲の音を避けてピンポイントの音を捉える「超指向性マイク」、ガンマイクと言う場合も有りますがそういうマイクも有効です。
人の声には向きませんが、小鳥等の高音主体の場合は無指向性マイクとカサを使ったパラボラ集音マイクも有効です。

根本的には周囲の不要な音が入り込まないように目的音源とマイクを近づける工夫の方が録音結果では良い事が多くなります。

最終的に「激安のホームビデオを」との事ですが、ダビングとかしませんか?

ダビングするときに、屋外等で台詞が聞き取れない部分だけオーディオミキサーで後から台詞を重ねる方法も有ります。

超指向性マイクも角度が少しずれるとマトモに台詞が録音出来ません、リハーサルで役者の立ち位置や口の向き等を考えてマイク設定を組み直して本番が出来るのがプロでしょう。私も含めて素人は何度も本番といいながら失敗を繰り返しながらまぁまぁ良い状況をオッケーとしますね。


撮影後に台詞等を重ねる行為は「アフレコ」 一般的な手法です。(アフターレコーディング)

逆も有りで、台詞を録音し、その録音を再生しながら音に合わせて演技する手法も有ります。
(手持ち機材なら、ラジカセに録音し、カメラのマイクに近いところで再生しながら、その音に合わせて同じ台詞を言う場面を録画ですね)

いろいろ工夫して、出来る範囲では最上の作品に成るようにがんばってください♪

はじめまして♪

自主作品製作、楽しそうですね、がんばってください。


さて、「集音マイク」をどのように考えていますでしょうか?

文字通り回りの音を集める目的? それとも目的の音だけ集中的に採りたい?

自主映画ということですので、離れた人の台詞などの録音目的でしょうかね。

この場合ですと、周囲の音を避けてピンポイントの音を捉える「超指向性マイク」、ガンマイクと言う場合も有りますがそういうマイクも有効です。
人の声には向きませんが、小鳥等の高音主体の場合は無指向性マイクとカサを使...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む

Q映画やドラマって撮影は4K?フルHD?

フルHDのプロ用カメラも存在してるみたいですがフルHD画質だとスマホのカメラと同じ画質ってことですよね?ハリウッドとかのお金のかかってそうな映画は4Kとしても、安い映画やドラマはHDなんでしょうか。映像の種類と撮影動画解像度の一般的な値を教えてください。

Aベストアンサー

Q/ハリウッドとかのお金のかかってそうな映画は4Kとしても、安い映画やドラマはHDなんでしょうか。

A/一般に映画撮影用に使われるカメラはHDCAM(HDCAMはソニーの商標で、ここで該当する製品はHDCAMの上位であるSRです)と呼ばれる製品です。これで利用される解像度で現在一般に使われるものは、2Kですが16:9ソースとは限りません。

ちなみに、解像度は1920×1080ドット、2048×1080ドット、2048×1556ドットなどが使われております。尚、ビットレートはSRでは400Mbpsオーバーに対応しています。参考までに一般的な家庭用レコーダーやビデオ機器で、1920×1080ドットのフルHDで、最大80Mbps以下となります。これらは、比較的高い圧縮率となります。ちなみに、地上デジタル放送は17Mbpsです。BD-ROMは40Mbps(映像のみのビットレート)となります。

尚、一般的なスマートフォンで録画出来るビットレートは、20Mbpsにも達しません。また、スマートフォンのセンサーは小型であるため、暗い場所や極端に明るい場所での黒つぶれや、白飛びが発生しやすいのです。即ち、ノイズが載りやすく、圧縮に伴う画像ゆがみが発生しやすいのです。さらに、圧縮しているため、編集を掛けるとその都度さらなる劣化が発生します。即ち、編集面でも不向きな映像となります。
これは、家庭用のビデオ録画機、レコーダー、ビデオカメラ(ハンディーカメラ)などでも言えます。

それに対して、HDCAM-SRは400Mbpsを超えるビットレートでの録画機能を持っています。それだけのデータレートを備えるテープデバイスに録画され、それを編集して、ブルーレイや劇場用フィルムに書き起こすのです。

即ち、同じ解像度でも、編集性が高く、桁外れに画質の高い映像を用いているのです。

いかがでしょうか?

尚、撮影用のカメラ最大手は、ソニーです。この会社は個人用のカムコーダーでも世界最大手ですけど、実を言えば稼ぎ頭は、商用なのです。そして、その商用で育てたものを、下に落としてきます。最近で言えば、新機軸の手ぶれ補正などがそうです。これらは、ハリウッドに自社の映画会社(ソニーピクチャーズエンターテイメント/旧コロンビア映画)を持つこともプラスに働いていると言えます。

HDCAM-SRは、そのソニーのトップブランドとなる製品です。これは、βカムの延長線上にあるテープデバイスを用いており、一般市場ではVHSに負けて、βビデオデッキは売れませんでしたけど、主に業務用の領域ではβが市場の中心となり、それがソニーのカムコーダー市場を独占する契機となりました。

現在は、映画、放送などあらゆるビジネスカムコーダーにおいて、市場の7割以上を持っています。ただし、以前は8割を超えていたはずなので、近年は少し下がっているといえるかもしれません。尚、こういう業界では、光ディスク(Professional Disc/BDのプロ版カートリッジ型光ディスク)を用いたXDCAMなどは、あまり売れていません。やはり、テープメディアの方が、データ記録の正確性と記録速度での優位性が高く、磁気ヘッドが接触する方が、メンテナンスさえしっかりしていればエラービットが発生しにくいですからね。
お好きなら、以下を読まれると良いでしょう。日本語なので読みやすいと思いますよ。

http://www.sony.jp/products/Professional/ProMedia/goo/pfd23.html
http://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdcam_sr/whats/index.html#FEATURE07

Q/ハリウッドとかのお金のかかってそうな映画は4Kとしても、安い映画やドラマはHDなんでしょうか。

A/一般に映画撮影用に使われるカメラはHDCAM(HDCAMはソニーの商標で、ここで該当する製品はHDCAMの上位であるSRです)と呼ばれる製品です。これで利用される解像度で現在一般に使われるものは、2Kですが16:9ソースとは限りません。

ちなみに、解像度は1920×1080ドット、2048×1080ドット、2048×1556ドットなどが使われております。尚、ビットレートはSRでは400Mbpsオーバーに対応しています。参考までに一...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報