最新閲覧日:

先日、このような話を聞きました。

トランプのスートは四季を表している。
1からキングまでの数字を足すと91。
これにスートが4種類なので4を掛けると364。
これにジョーカーを加えると365で1年と同じ日数になる。
更に「エキストラジョーカー」を加えることで閏年にも対応している。

ただの偶然でしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

哲学的に知りたいのならば、ヨースタイン・ゴルデルの「カードミステリー」を読んでみてはいかがでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

え~っとお礼が遅くなってすみませんでした。
本屋に行ったついでにその本を探していたのですが。。。
いずれ見つけて読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 16:13

dragon-2さんのご回答の通り、実は『偶然』なのかもしれませんが、


下記参考URLにnonkunさんと全く同じ説が紹介されていますので、
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
「13枚で構成されているのは四季それぞれの週が13週ずつあり、
1年が52週(13x4)であることを表しています」とも説明されています。

トランプの発祥については、こちらへもどうぞ…
http://www.johos.com/omoshiro/bucknum/19991119C. …

参考URL:http://www.edu.ipc.hiroshima-cu.ac.jp/~f23048/ma …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
そのサイトでは言い切っていますね。偶然じゃないのかな???
また何か情報があったらお願いします。

お礼日時:2001/01/20 10:25

 結論:こじつけの偶然です。

トランプの起源は、中国・韓国・インドなどのせつがありますが、東洋起源でしょう。ヨーロッパに伝わります。
 「Tarot」カードとして、中世ヨーロッパで占いに使用されていました。余談ですが、誰が間違えたか、日本では「タロットカード」といいますが、最後の「t」は発音しませんので、「タローカード」が正しいのです。いろいろな歴史は省略して、最終的には4種類(中国のくじ札由来)の、キング・クイーン・ナイト・ジャック(ページ)の絵札+1(A)~10の数字カードで、合計14×4=56枚なんです。
 これから、近代のトランプがつくられたのですが、ナイトとジャックが統合分離され、1(A)~10までの数字カードとJ・Q・Kの絵札の各4スーツで52枚、付加カードとして(特別の力を持つカード)1枚=ジョーカーが完成されました。このとき、絵札は数字的意味がありませんでした。J=11、Q=12、K=13は、これより以降にゲームをするときに便宜上付けられたのです。現在でも「ブラックジャック」では絵札=10と扱っていますね。
 なお、数字札は東洋由来、絵札は西洋起源だとされています。
 さらに、スーツは貴族・剣士・商人・農民を示したものと西洋ではされています。中国説では貨幣・弦・一万・十万です。現在では一般に「スペード」=剣、「ハート」=杯、「ダイヤ」=貨幣・金貨、「クラブ」=棍棒の意味となっています。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も小アルカナについては知っていますので(一応セミプロ占い師を名乗ってるので。。。)タロットカードを今のトランプのカードの形式に変えた時に暦を意識したのかな?という疑問でした。説明不足ですみませんでした。

お礼日時:2001/01/20 10:20

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ