親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

数学、物理学、薬学、化学、科学、美学……
○○のお尻に「学」がつく文字はたくさんありますが
「音楽」はどうして「音学」でなく「音楽」なのでしょうか。

いつ頃誰がどのようにして決めたのでしょうか。
また、音楽という授業が学校教育に取り入れられたのはいつ頃なのでしょうか。

ちょっと気になりましたので教えてください。

私は「音楽」は「音学」でなく「音楽」であることにほっとしております。
音を学ぶ「音学」ではかた苦しく感じ、音を楽しむ「音楽」に親しさを感じるからです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

Wikipediaによると、音楽(おんがく)とは、「雑音」以外の、規則性があり、かつ人間が楽しむことのできる音のことだそうです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD

「音楽」という授業が小学校教育に取り入れられたのは、明治14年(1881)、当時は「唱歌」といったようです。その後、開戦のあった昭和16年(1941)、当時、小学生は「小国民」と呼ばれ、小学校は「国民学校」と言いましたが、ここで「音楽」という学科が誕生したようです。しかし戦争が激化するに従い、こうした「歌舞音曲」は非常時に派手なことはけしからん、という風潮の下に徐々に禁止の方向となり、音楽家の活動が制限されていったことは、前のNHK連続テレビ小説「純情きらり」でも放映していた通りです。

尚、中学校ではもっと早く、明治5年には「奏楽」という学科があったという記録もあるようです。

以上、Yahooで「明治 小学校 教育 学科」で検索するとトップに出てくるPDFのサイトから参照しました。

尚、音楽を学問的に研究する学問のことを「音楽学」と言います。
もし音のことを研究するなら「音学」と言うのでしょうが、音だけでは雑音も入るので、「音楽」を研究すると言う意味で「音楽学」なのでしょう。

ついでながら、私のかねてからの持論なのですが、「語学」もことばについて研究するという以前に「ことばを楽しむ」つまり「語楽」という過程が必要ではないかと思います。ことばは人間の血が通った生きたものですから、先ずその音声に慣れるのが先であるべきで、習い立て早々に、ことばの成り立ちを研究したり、日本語に訳すことばかり考えて、テストテストで責めたてるから、英語を嫌いになる子供が多いのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
詳しくお調べいただきありがとうございます。
とりわけ、小学校、中学校に取り入れた当時の様子・背景はとても興味深く受け取りました。

>音楽を学問的に研究する学問のことを「音楽学」と言います。もし音のことを研究するなら「音学」と言うのでしょうが、音だけでは雑音も入るので、「音楽」を研究すると言う意味で「音楽学」なのでしょう。
「音楽学」という学問があるんですね、はじめて知りました。

>ついでながら、私のかねてからの持論なのですが、「語学」もことばについて研究するという以前に「ことばを楽しむ」つまり「語楽」という過程が必要ではないかと思います。ことばは人間の血が通った生きたものですから、先ずその音声に慣れるのが先であるべきで…
そうですね、共感します。
「ことばは人間の血が通った生きたもの」素晴らしい表現ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:57

まんま「音学じゃなくて音楽だから」じゃないでしょうか?



音について学ぶんじゃなくて、音楽について学ぶ授業だって事では?

ちなみにそれぞれいつ頃かはちょっとわからないけど、
お尻に「学」がつく学問は、名前が短いほどエライというか歴史のある学問です
(数学や文学は古くからあるけど、犯罪心理学や国際関係学は最近の学問ですね)
    • good
    • 0

英語にしたときの


study mathematics.(数学を学ぶ)

pray music.(音楽を奏でる)
の違いではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
英語の方から解釈ですか、なるほど。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:49

順序としては逆ですね。



以下、広辞苑からの引用を構成した記述ですが、

「楽」という漢字は、そもそも「音曲の演奏・鳴り物」という意味で、一文字で「ミュージック」を表します。(ex.楽師)
「たのしい、たのしむ」という意味はそこから派生した意味です。
「楽」=「ミュージック」 ⇒ 「ミュージック」はたのしい ⇒ 「楽」=たのしい

「音楽」の「楽」はもともとのミュージックの意味で使われたもので、
「たのしい・たのしむ」という意味とは直接の関係はないと思われます。

「音楽」という熟語についてですが、
1879(M12)年には音楽取調掛という機関が文部省に設置され、教科書作成・教員養成を行ったそうですから、
そのころには現在のような意味で「音楽」という熟語が使われていたようですね。

なお、「数学」や「化学」の「ガク」と「音楽」のガクには関連はないと思われます(偶然の一致)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>「楽」という漢字は、そもそも「音曲の演奏・鳴り物」という意味で、一文字で「ミュージック」を表します。(ex.楽師)「たのしい、たのしむ」という意味はそこから派生した意味です。
「楽」=「ミュージック」 ⇒ 「ミュージック」はたのしい ⇒ 「楽」=たのしい
分り易く説明いただきありがとうございます。

>「音楽」の「楽」はもともとのミュージックの意味で使われたもので、「たのしい・たのしむ」という意味とは直接の関係はないと思われます。
そのようですね。

>「音楽」という熟語についてですが、1879(M12)年には音楽取調掛という機関が文部省に設置され、教科書作成・教員養成を行ったそうですから、そのころには現在のような意味で「音楽」という熟語が使われていたようですね。
「音楽取調掛」とは如何にも時代性(明治初期頃)を感じますね。
現在でも文部省当りでは「音楽取調掛」という文言は使われているんですかね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:46

学校で習う科目ということで言うなら、国語、算数、理科、社会、美術、書道、などはいずれも「学」はついていませんよね。



元々、おのおのの分野が一定の基準や命名方法によって名づけられたものではない、のが理由ではないでしょうか。

大学で「部」「科」で分けているのは上記の裏返しで、そうすることで
体系化・呼び名の統一化を図っていると思います。

素人の思いつきですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>元々、おのおのの分野が一定の基準や命名方法によって名づけられたものではない、のが理由ではないでしょうか。
大学で「部」「科」で分けているのは上記の裏返しで、そうすることで体系化・呼び名の統一化を図っていると思います。
素人の思いつきですが。
そうですか。
でも素人の思いつき大歓迎です。まれに素人の思いつきは天才の閃きにも勝りますからね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:38

ウィキペディアによると



>漢語で「楽(ガク)」は「謔」(ふざける)や「嗷」(大胆にうそぶく)などと発音が似ているため、楽しむという概念に当てられるようになった語で、既に『呂氏春秋』には「音楽」の用例がみられる。

とあります。これが日本に入ってきて使われ、養老令や風土記、万葉集などにもこの言葉が出てきます。「音楽」という言葉は中国の雅楽や仏教音楽など、「外国の器楽」という意味で使われていました。ですから、幕末のペリーの来航で、西洋の軍楽隊の演奏に「音楽」という言葉をそのまま使用し、それ以後「音楽」という言葉がmusicの和訳になり、音楽一般を指す言葉として定着したと思われます。「音楽」という言葉に日本人が「器楽」のニュアンスを持ってしまうのはこのためだそうです。

ということで、元々あった言葉なので、学問の「学」とは関係ないのです。

参考文献 笠原潔「音楽理論の基礎」

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>「音楽」という言葉は中国の雅楽や仏教音楽など、「外国の器楽」という意味で使われていました。
とても勉強になります。元々は「外国の器楽」という意味だったんですね。これはまったく知りませんでした。

>幕末のペリーの来航で、西洋の軍楽隊の演奏に「音楽」という言葉をそのまま使用し、それ以後「音楽」という言葉がmusicの和訳になり、音楽一般を指す言葉として定着したと思われます。
なるほど、もしこの時に「音楽」という言葉がなかったらどんな言葉を当てはめたんでしょう。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:30

実は経済学が学を外して経済専攻と言ったり書いたりして成立するのと同じく学を取去った後に偶々同音の"ongaku"が残ったに過ぎないとカキコむと単純過ぎますかねぇ。



経済学が経(国済)民に関する学なら、音を楽しむ事に関する学、拠って音楽学では牽強付会だったでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E9%9F%B3% …
http://www.soc.nii.ac.jp/msj4/link.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>偶々同音の"ongaku"が残ったに過ぎないとカキコむと単純過ぎますかねぇ。
面白い意見ですね。縮み志向的感覚とも言えますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:23

元々が「学問」では無かったからでしょう。


研究対象ではなかったので学が付かず、音楽が先だったんだと思います。
で、そのまま学問になったけど「音楽」を使ってる。と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>元々が「学問」では無かったからでしょう。
そうかも知れませんね。
原始人や古代人にとっては「音」は楽しむものだったんでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:19

「学ぶ」のではなく「感じる」「楽しむ」から音"楽"なのでは?



考えるな感じろってやつです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>考えるな感じろってやつです。
なるほど、分ります。
思考を停止して受け身になって感じるということですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:13

音楽は初めに歌、リズム、楽器等がありそこで奏でられる音を楽しむからではないでしょうか。


音を学問追求することは、音楽学校のプロが行うことでしょう。
例えば、ベートーベンの手紙、日記その他を調べて、だからこの曲はこの様に演奏するべきである
とか、薀蓄をたれるのが音学ではないかな?(多少こじつけ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
>音楽は初めに歌、リズム、楽器等がありそこで奏でられる音を楽しむからではないでしょうか
私もそう思います。初めに奏でられる音を楽しんだと思います。

>ベートーベンの手紙、日記その他を調べて、だからこの曲はこの様に演奏するべきであるとか、薀蓄をたれるのが音学ではないかな?(多少こじつけ)
うーん、そうですか。ちょっとこじつけかも(笑)

miracle3535様、一番初めに回答頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 07:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q音大はいったい何を教えているのか。音大行って何を学びましたか?

連続質問すみません。

音大はいったい何を教えているのか疑問です。家内に聞きますと、まずは実技、歴史、一般教養etc。そして学生たちががいったい何処へ就職あるいは勉学のため国内、海外へ更なる勉学に旅立ったのかその%を知りたいものです。

医学部、薬学部についで恐ろしく高い授業料。研修と称して、ヨーロッパ旅行(学校主催)費用当時60万円。バブル期&円高と言うのに信じられない。

今、私は音大に関して恐ろしく否定的です。音大は音楽の諸所の勉学をするところであり、就職まで斡旋するところではない。←こんなことわかってるんですけど疑問です。

若かりし気ころに何を勉学し習得するかが重要というのはわかりますが、この年になりますと、悲しいかな周りの現実が恐ろしく鮮明に写ります。音大出の友人知人10名ほどいます。その10名が、大学に通ったことにおいて一生の宝になったかどうかは聞いてもいません。

当家の嫁さんは、私と結婚したと言うことで幸福であるとしんじたいですが?

Aベストアンサー

現在公立の音大に行っています。

現在私は2回生ですが、1年だけ私立の音大に行きました。教師と合わなかったのと授業料が高かったので1年で変わりましたが(笑)
国公立に行っても私立に行っても就職率は消費税率以下です!!
かの有名な小澤征爾氏の出身大学が近年一応音大の中で就職率No.1だそうですが、それでも少ないですね。(一応80%超えてますが、各々が自分の希望した就職先かと言われれば、NOの方が多いんではないでしょうか…
私も大学に入ってからここまで就職が氷河だとは思いませんでした。もう氷河通り越して永久凍土ですね。
音楽の仕事に就きたければ教師、それ以外の何でもいいから就職したいんなら自分で探して行ってね☆彡ってカンジです。
ちなみに今通っている大学に就職課がありません(学生課に行ってください…と)(ーー;)
これじゃあ残っている就職先は永久就職ですか?と言いたくなります。

私立の音大の授業料の額は半端じゃありません。
4年行けば新築マンションが買えます。(奨学金もらっても不足が倍以上)
しかし、高い金を取っているだけあって、設備はバッチリ。練習室も完全防音、冷暖房完備、7割が国内一流メーカーのグランドピアノです。講師陣も外国から呼んだり、海外留学経験者を連れてきます。
ただし、そこまで揃えて学生がついていけるか…といえばついていけない…?
反対に国公立は授業料は全国一律50万前後です。
ですが、設備が1時代前のもの…楽器に故障部分があっても予算が…状態
これで果たして音楽の勉強が十分に出来るかと言えば…

音大に進むにあたって、卒業後の進路が難しいことは2年間先生から言われ続けました。(ここまでひどいとは思いませんでしたが)
でも、あえて音大を選んだのは、音楽は独学でできないからです。大学進学の進路としてもう一つ選んだのが史学科だったのですが、歴史は本を読めばある程度一人でも勉強できるけど、音楽は感性を伝えてもらうものだと思ったからです。
実際に音大に入ったことで、普通に生活していたら出会わなかったことも知りましたし…音大に進んだことに後悔はないです。

ただ、一言欠点を言えば、いつまでたっても音大というか音楽教育自体が、「お家芸」から逸脱できないのは、音大の偏狭な考え方と、世間に順応できないことが問題かなと思われます。
音楽は体が楽器なので、ピアノ科は指、歌は体、器楽は楽器を大切にします。実技レベルの高い人ほど、非現実主義者で、プライドだけが高い…そして、授業を聞かない=社会に順応できません。
実技の教師のほとんどが勉学よりも実技を優先させます。
国際コンクールで賞を取れるくらいのレベルであれば、まあ今後の人生音楽で食べていけますが、そんなのほんの一握りです。(しかし自覚がないため、自分は大丈夫とか思う上に勉強そっちのけ)
国際社会に彼らが通用しないのは、実技一辺倒で、文学と音楽を関連させたりすることが出来ないため、あと一歩のとどめが出来ない演奏者が多いためです。(テクニックはいいんだけどねえ~という演奏家が多い)
強いて言うなら、もっと現実を見ること、受け入れることを教えてくれるとありがたいなあ~と思いますね。
(別に超現実主義者になれとは言いませんが、何か会話が夢想空間っていうのが多いです)

子どもに音楽を習わせる習わせないは親の自由です。
しかし、あまりにも幼いときから「あなたは音大に行くの!」と親がレールを引くと中高校生くらいで絶対反発します。ピアノ教師を親に持つ友人が、高校までは親の言うままにピアニストとしての道を行っていましたが、行き詰ったために、親は今度「ピアニストになるのはやめなさい。あなたのレベルでは惨めなだけ(結構優秀だったんですが)」と言いました。その友人は以来一切ピアノに触れていません。
音楽は好きならしいですが、ピアノを弾くと今までの自分の人生に対する後悔も引きずり出すので嫌なそうです。
音楽の基礎は幼少時からでないと身につきませんが、その技術を活かして音大に行くか、趣味でとどめるのは本人の意思です。本人の人生です、親の人生ではありません。(私は自分で決めた進路なので全然後悔はしていません。また、就職が困難であることもわかっている親がそれでも本人が極めたいと言うのなら、自分のできる限り進めと言ってくれた親にも感謝します。)

めっちゃ長々と、しかも質問の主旨からかなり外れました。ごめんなさいm(__)m
参考になれば幸いです。

現在公立の音大に行っています。

現在私は2回生ですが、1年だけ私立の音大に行きました。教師と合わなかったのと授業料が高かったので1年で変わりましたが(笑)
国公立に行っても私立に行っても就職率は消費税率以下です!!
かの有名な小澤征爾氏の出身大学が近年一応音大の中で就職率No.1だそうですが、それでも少ないですね。(一応80%超えてますが、各々が自分の希望した就職先かと言われれば、NOの方が多いんではないでしょうか…
私も大学に入ってからここまで就職が氷河だとは思いませんでした。...続きを読む

Q新任の挨拶について

3月に大学を卒業し、5月から小学校で非常勤講師をすることになりました。非常勤とも言えども新任当日は全校生徒の前で挨拶をしなければなりません。
いったいどのような挨拶をしたらいいんでしょう。
あまり短くてもいけないでしょうし長くても退屈になるでしょう・・・

Aベストアンサー

「おはようございます。
 今度みなさんに○○を教えることになりました○○○と言います。
 とても元気な子が多い(あいさつがしっかりしている、勉強も運動もがんばる子ばかり、音楽にあふれた学校、など第一印象)と思いました。
 大学を出たばかりですので、一番みなさんの年齢に近い先生としてがんばりたいと思います。
 よろしくお願いします。」

などのように短くまとめると良いでしょう。


人気Q&Aランキング