マンガでよめる痔のこと・薬のこと

新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイについてですが彼女はいったい何なのですか?アニメの中ではクローンだとかユイのサルベージや3人目とか言っていますが。こんがらがってよくわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

魂が入ったクローン人間です


クローンの肉体+使徒の魂=綾波レイ
(少なくとも旧世紀では)

肉体は、碇指令の奥さん・碇ユイのクローン
魂は、第二使徒リリスのもの

以上です
以下蛇足

碇ユイの魂はぜんぜん関係ないところにいます(初号機の中)

地下のリリスには魂は入っていません
(少なくとも旧世紀では)

なんでレイの肉体がたくさんあったの?
→たくさんあったほうが、いざというとき便利でしょ?
 ダミープラグの中にはレイの肉体(魂はない)が入ってます

 また、レイが使徒との戦闘で死亡しても、魂を回収して、予備に入れることで
 レイが復活します(だから二人目、三人目ってでてくるんです)

 こんな風に、レイの肉体にはいろいろな使い道があったんですね

ちなみに、肉体はたくさんあっても、魂はひとつだけです

ユイのサルベージは関係ないです
    • good
    • 0

 #1です。

こちらの方が詳しいかも。

http://evemedia.ddo.jp/evawiki/%E7%B6%BE%E6%B3%A …

 ユイのコピーであることは間違いないですが、サルベージとは関係ないですね。
    • good
    • 0

綾波レイは、魂の無い人間そっくりに作られた入れ物。


だから、セカンドインパクトを起こした神様そっくりに作られた魂の無い人間(エヴァ)と作りは同じ。
その入れ物(綾波レイ)に実験で消失したユイの魂をサルベージしたのが、綾波レイという人物。
で、3人目というのは、
赤木博士に絞殺されたのが1人目。
使途に自爆したのが2人目。
それで最後のが3人目。
3人目綾波が誕生した後に、リツコが綾波の入れ物(スペア?)を全て破壊した。

この辺の事は、エヴァのコミックス版(10巻・11巻)に詳しく書かれていますので、読まれるとより理解が深まるかと思います。
    • good
    • 0

実験中エヴァの中に取り込まれた(同化した?)ユイの自我を元の状態に戻そうとしたのがサルベージ。


その失敗作が綾波レイ。
作中綾波は幼少時に赤木リツコの母親に殺された一人目、
主人公を助けるため自爆した二人目、
そして三人目が登場します。
これは綾波のクローンが複数存在するためです。

と質問中の疑問を回答すると以上のようになると思います。
「失敗作が綾波レイ」と言うのは私の推測に過ぎませんが。

詳細は参考サイトwikiで。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BE%E6%B3%A2% …
    • good
    • 0

下記サイトを参照ください。




http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BE%E6%B3%A2% …
劇中にて、レイ自身が「自分は3人目だと思う」と発言した場面、またはリツコが破壊したレイと同じ姿をした大量の「イレモノ」(ダミーシステムの正体)の発見などから、複数の「綾波レイ」の存在が示唆されている。
外見はシンジの母ユイに酷似している。初号機からユイをサルベージする過程で生み出されたクローン体的存在であることに、その原因があると考えられている。
    • good
    • 0

 第2使徒リリスの魂を宿した者、でしょう。

リリスの肉体はターミナルドグマに保管されていました。
 レイの肉体は人為的に作られたものですが、いつどのようにして作られたのかは物語の中では明らかにされていません。ゲンドウや冬月が関わっていることは確かなようです。
 よくSSなどではユイをサルベージしたときに産み出された、とされていることが多いですが、サルベージ計画の立案者で実行も指揮した赤木ナオコがレイの存在を知らなかったことから、サルベージとは関係ないかと思います。
 レイの肉体はいくつもありますが、魂を持つのは1つだけです。肉体が何らかの事情でその生命活動を停止すると、他の肉体に魂が移ります。1人目のレイは幼少時に赤木ナオコにより殺害されたので、物語の当初から登場するのは2人目です。これも第16使徒との戦闘で死亡したため、それ以降は3人目となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング