最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

この間、テレビスペシャルのルパン三世を見ました。
ある女性アナウンサーが重要な役の声優に挑戦していたのですがあまりにも酷いものでした。

そこで思ったのですがプロの声優さんと素人(アナウンサーなど声優以外のお仕事をしている方も含む)の圧倒的な違いは何なのでしょうか。

声はアナウンサーもボイストレーニングで鍛えているはずなのに
あきらかに他の声優さんとは違い素人臭さが出ていました。

演技力?
なら演技を勉強されている方は声優に向いているのでしょうか。

素人が聞いただけであきらかに違うと思ってしまうのは何故か。
プロとアマの違いは何なのかを知りたくなって質問させていただきました。
特に声優や演技のご経験のあるかたに教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

録画していたものを先ほど見ました。

確かに「うわっ」と言う人がいますね。
声優とアナウンサーの違いは、言葉で感情を表現するか、感情を消すかです。声優さんは声だけで感情表現をする技術を磨いていますが、アナウンサーは感情と言う「余計な情報」を視聴者に与えないように訓練しています。久米宏さんも仰っている事ですが、ニュースの原稿を読むアナウンサーの声や顔に感情があると、その感情がニュースの内容に加味されてしまいます。そうなると、その時点で視聴者に与えるニュース内容の印象が変わってしまいます。ですから、アナウンサーは感情なしで喋る技術が必要なのです。逆にベテランの声優さんが淡々と喋らなければならないナレーションでつい感情を出してしまい、浮いてしまう事もあります。同じ声の仕事と言っても求められる技術が正反対なのです。ですから、良い声を持ったアナウンサーが良い声優になれるとは限りませんし、逆も然りです。
しかし、今回のルパンSPを見て注目したのは、栗田貫一さんが声の芝居をやれるようになっている事と、それに対するその他レギュラー陣の声の衰えですね。特に不二子役の増山江威子さんはもう限界でしょう。1~2年に一度しか演じないので不二子の芝居が出来なくなりつつありますし、声におばさん臭さが出てしまっています。次回は思い切って降板するべきだと思います。
実は、私は以前ルパンSPの仕事(いつの作品かは秘密)に係わった事があるのですが、その時の監督が相当な方でしたので、その作品と比べると今回の作品は演出の拙劣さが一寸目に付いてしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>アナウンサーは感情と言う「余計な情報」を視聴者に与えないように訓練しています。

読んだとき、これだっ!と思いました。
ありがとうございます!

>不二子役の増山江威子さんはもう限界でしょう。

プロの方の耳は厳しいですね。^^;
私は何も感じなかったのですがまた聞きなおしてみます。
素人からすると声が劣っても同じ声優さんで頑張っていただきたいです。

栗田さんは本当にものすごく伸びておられるなと感じました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/04 20:35

声優さんは「声の演技」が仕事ですから、そのための訓練をずっとしているわけです。


#1の方のご回答にもありますが、顔出しで舞台やテレビなどに役者として出る人も多いです。
それと演技の基礎も勉強していないアナウンサーとでは雲泥の差が出るのは当然のことと思いますが。
単に声を出すだけならアナウンサーも同じかもしれませんが、そこに演技がついてくるのですから、違うのが当たり前でしょう。
中にはそれほど訓練を積んでいなくても演技の上手な人もいるかもしれませんが、それは演技に関してのセンスがいいということでしょうね。

私は演技に関しては素人ですが、出ている役者さんの演技について上手下手の感想ぐらいは持ちます。
専門家の目とは違うかもしれませんが、アニメにしろ映画にしろ見る人の大半は素人なのです。
そのアナウンサーの演技は素人すら満足させられないレベルのものだったというだけのことですよ。

特に『ルパン三世』のレギュラー声優陣はベテラン中のベテランばかりですから、素人のアナウンサーの演技と変わらないと言われれば立つ瀬がないというものでしょう(笑)。

ところで、ルパン三世役の栗田貫一さんはどうでしたか?
あの人は声優が本業じゃないですよね。
それでも初代ルパン役の山田康雄氏亡き後役を受け継いで、本人も認める通りモノマネがベースではあっても、結構ハマッてきているなと私は思っています。
それはやっぱり訓練と役への取り組み方の賜物だと思いますが如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい文章での回答をありがとうございました。

栗田貫一さんは、はじめは聞いていて辛いなーと思っていましたが
前回は全く違和感がありませんでした。
きっとルパンの声優になってから物凄く努力をなさったのだろうなと感じました。

お礼日時:2007/08/02 02:14

声優さんは役者です。

アナウンサーがいきなり声優やって上手くいくはずがありません。
声優さんはボイストレーニングだけやってるわけじゃないですよ。舞台に立ったり芝居稽古したりしてますよ。
それだけで、明らかに素人と声優の違いは明白です。
どちらかというと役者のほうが、いきなり声優やってもうまくいく確率は高いでしょう。

そして経験が違います。プロの声優さんは何年もアフレコを経験されてるわけですから・・・。
このアフレコは最近の役者は経験したことがない人が多いようで、演技が上手い役者でもアフレコとは勝手が違うため、ここでも声優と役者の差が出ることもあります。
良い例が「スチームボーイ」でしたね。
あれは一流の役者がそろってましたが・・・・・・。
あと、宮崎アニメも役者起用でまれに「うわぁ~~~」と思う人がいます。
もちろん上手い人もいますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

演技力って重要なんですね。
この間のアニメはマイクへの声の通り方から
声優さんと全然違った感じがしました。
アフレコってタイミングやスピードも全て指定されるから
やりづらいのかも…と回答を読んでいて思いました。

お礼日時:2007/08/02 02:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング