人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

あと数ヶ月後に修学旅行があります。沖縄の宮古島に行くのですが、私は飛行機の離陸が苦手で、「ふわ~っ」とする感覚が怖くてたまりません。。数秒だと思うのですが・・ジェットコースターみたいなかんぢで。。。。あと途中ですごく揺れた時の感覚も,怖いです…。。息がつまりそうになります;;
でも、行かなければならないので、本当に、耐えないといけないと思うと今から凄く不安でたまりません・・・(>_<)行きたいのですが休もうかと考えたりしてしまいます;;
2年前に飛行機には沖縄まで一度行き帰り乗っただけなのですが、忘れられません。。しかも今回は乗り換えもあります><


どうか解決策がありましたら教えて下さいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もあれがだめです。


怖いし気持ち悪いです。

下腹にぐっと力を入れて、足を踏ん張る感じにするといくらか楽ですよ。
その時、息を、ふんっ!と止めるような感じでおへそから下の下半身に力を集中することで乗り切っております。
    • good
    • 2

こんばんは。



うわ~わかります、その気持ち。私もあの宙に浮いた感じが苦手です。。。
私だったら何か気が紛れるような工夫をしますね。ヘッドホンで音楽を音量大きめにかけるとか。それもバラードなどのしっとり系じゃなくてガチャガチャしたロックみたいな曲。音楽に合わせて頭をぶんぶん振ってたらあのふわっと感がわからなくなるのでは。
要は五感を飛行機以外のものに集中させるのがポイントだと思います。

旅行、楽しんできてくださいね(^o^)-☆
    • good
    • 1

それ分かりますね~~



シートベルトが壊れるくらい、
頭を上下左右に激しくシェイクすると、
いつの間にかに離陸してますよ。

周囲の人からは、多少白い目で見られるかもしれませんが ^^
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ですよね(*_*)

そうなんですか☆★笑
周りは知ってる人が多いと思います(>_<)
でも、いいかも知れませんね!!
ありがとうございました♪

お礼日時:2007/08/01 15:23

こんにちは。


私は航空会社に勤務していました。
修学旅行で沖縄ですか☆いいですね。楽しんできてください。

でも、その前に飛行機という難関があるのですね。
ninjyq02mさんは、ジェットコースター系の乗り物も苦手なのでしょうか?苦手なものを無理強いするのは、酷ですよね。

お友達と談笑しながら、離発着時をやりすごすとか、あとは搭乗前に酔い止めの薬を服用して眠気を起こさせ、機内では眠ってしまうなどかな。緊張のあまり、薬が効かない可能性もありますけれど。

修学旅行は、いい思い出になりますから欠席するのは勿体無いです。
どうか楽しい旅行となりますように。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい(>_<)
ほんとに酷です↓↓
ジェットコースター系も結構苦手です;;

ですが、酔い止めを飲んでみますっ!!
それと友達と話してみます☆

ありがとうございました(^^♪

お礼日時:2007/08/01 15:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛行機に乗るのが怖い! 克服したい!

前は一人ででも海外旅行に行っていたのですが、突然飛行機に乗る
ことが怖くなってしまいました。

怖いと思い始めてからも何度か旅行に行ったのですが、乗る前から
成田でお腹をこわしピーピーの状態でグッタリとしてしまいます。
酔い止めを念のため飲んでいくので酔うようなことはなく、ただ
ただ恐怖に感じてしまいます。

離陸の時にスピードを上げた時に体に感じる抵抗も苦手で、まだ地上
なのに叫び出したいくらいです。

ス~と音も振動もなく飛ぶ時もあるのに、小刻みにガタガタと揺れる
こともあって激しく揺さぶられるような揺れではないのに恐怖で緊張
が続き限界寸前になってしまいます。あの小刻みにガタガタは何なの
でしょうか?

以前、まだ飛行機が大好きだった時に(9.11前です)何度かコック
ピットに入れて頂き、機長さん、その他のクルー達に色々見せて
頂きとても楽しくて飛行機って安全なんだなぁと思った記憶もあり
ます。でも今は全然ダメです。

以前、精神安定剤と睡眠導入剤と酔い止めを同時に服用して飛行中
に倒れたこともあります。何とか心を落ち着かせたいのですが、か
なり厳しいです。

飛行中にトイレなどに立つと体中に感じるいつもと違う重力やエン
ジンのゴーっとなる音、雲の中を飛ぶ視覚、怖いです..。

海外旅行は大好きでまだまだ行きたい場所があります。子供達を
連れて行ってあげたい国もあります。どんな克服方法があるでしょ
うか。

前は一人ででも海外旅行に行っていたのですが、突然飛行機に乗る
ことが怖くなってしまいました。

怖いと思い始めてからも何度か旅行に行ったのですが、乗る前から
成田でお腹をこわしピーピーの状態でグッタリとしてしまいます。
酔い止めを念のため飲んでいくので酔うようなことはなく、ただ
ただ恐怖に感じてしまいます。

離陸の時にスピードを上げた時に体に感じる抵抗も苦手で、まだ地上
なのに叫び出したいくらいです。

ス~と音も振動もなく飛ぶ時もあるのに、小刻みにガタガタと揺れる
こ...続きを読む

Aベストアンサー

失礼します。

お察し致します。今まで(好きで)なんとも無かったものがある日突然(または徐々に)苦手や駄目になるということは(精神的、神経症的に)稀にあります。
乗り物恐怖は飛行機、船、鉄道、バスなど様々なケースがあります。
ことに飛行機は本来、重力に逆らって揚力(翼の独特の形状が下から上へと押し上げる物理的な力)と強力な推進力(ジェットやプロペラ)により空中を飛行する乗り物です。
ですから機体自体の性能が良くて安定していても当日の気象状況や大気の状態により飛行自体は著しく影響を受けます。
では、ご質問者さんの不安の原因を分析してみましょう。

・離陸時に一気にスピードを上げるのは、ある程度滑走したならば一気にパワー全開して上昇するためです。これは失速を防ぐという重要なポイントがあるためで、ここで、もたもたしていたらパワー不足で大変なことになってしまいます。この時は心の中で(パワー全開!)と祈りましょう。エンジンの武者ぶるい?だと思ってください。機体がブルブルと震えるようでなければいい離陸は出来ません。あなたの願いはコックピットで全神経を集中しているパイロットにもきっと伝わる筈です!

・無事、離陸後は安定飛行に移ります。が、ここで気流の影響で機体がガタガタ・・と小刻みに震えることがよくあります。「ポーン」というシートベルト着用のランプが点くアレです。
私なんかは離着陸時(この時はどうしても危険度のリスクが高いので体自体が自然とに構えてしまっていますからかえって少々の振動は気にならないのですが)よりもこの機内の雰囲気がリラックスした状態で、微振動というか揺れが一番嫌いです。心臓はバックン・バックン、手の平には汗がジトーと滲みます。大体はすぐにおさまるのですが、それでもにこやかに機内を回っていたキャビン・アテンダントがおもむろに引き返し自分達の専用シートに座り、その後機長から気象状況にかこつけての通り一遍の乗客を安心させる?アナウンスがあろうものなら心の中穏やかでは無く(あ、とうとう来たか・・・)などと覚悟を決める!?思いです。

・もともと、民間旅客機の機長は出来るだけ乗客にいい乗り心地で空の旅を楽しんでもらえるように(航空会社の評判にもなりますし)、可能な限り当日の気象条件のよいルートや高度を選びます。(これは元パイロットの話から)
それでも避けられない突発的な悪条件もあります(エアーポケット・乱気流)。また1年で最も気象が安定している春先でなおかつ高気圧が張り出しているような時でも気流が乱れることはあります。
航空機事故の確率はとても低いのですが、万が一その機に乗り合わせた時には、これも神のみぞ知りうる「運命」と考えるわけにはいかないでしょうか?人生に危険は付きものです・・・

地上で田舎のバスに乗ってて悪路で車体が大きく揺れても恐怖を感じるまでには至らないでしょう・・・機内で揺れた時に(今、田舎のバスに乗っているんだ)などと考えることは出来ませんか?あえて、気持ちを外にやる方法のひとつです。自己暗示ですね。とてもそのような気持ちにはなれませんか?
まあ、正直な話、無理をして飛んでいるのも事実ですから・・・

あれだけの重量のある機体が安全に延々と何時間も飛行し続けるのは優秀なエンジニア達による最先端ハイテクノロジーを駆使した念入りな設計、優れた材料・部品の数々を正確に組み立てる技術、整備、メンテナンス、パイロットの飛行技術etcに依っています。
安全な飛行にとってはそのどれもが欠落してもいけません。そして、気象状況を逐一的確に読みながら飛行するわけです。
乗った以上は降りるまでどうすることも出来ませんからあとは全て機に任せ、不安感は拭いきれないでしょうが「絶対大丈夫!」と強く念じてせめて機内にいる間はつかの間の空の旅をゆったりと過ごしたいものですね。

失礼します。

お察し致します。今まで(好きで)なんとも無かったものがある日突然(または徐々に)苦手や駄目になるということは(精神的、神経症的に)稀にあります。
乗り物恐怖は飛行機、船、鉄道、バスなど様々なケースがあります。
ことに飛行機は本来、重力に逆らって揚力(翼の独特の形状が下から上へと押し上げる物理的な力)と強力な推進力(ジェットやプロペラ)により空中を飛行する乗り物です。
ですから機体自体の性能が良くて安定していても当日の気象状況や大気の状態により飛行自体は著し...続きを読む

Q飛行機の揺れと墜落について

仕事で月に4往復ほど国内線を利用しなければいけないのですが、その度、飛行機の揺れで身が縮む思いです。飛行機事故で死ぬ可能性は宝くじ3億円より低い…といわれており、頭では納得しているつもりなのですが、毎回揺れるたび「こんなに激しく揺れたら、落ちるのではないか?」という恐怖が頭をよぎります。紙飛行機のように、風に飛行機がグルグル巻き込まれ、自制が聞かなくなり落下してしまうような感じに…。でも、今後も乗らなければいけないわけですし(実は明後日も)この恐怖感を払拭したいのです。

どうか私に分かりやすくイメージさせてください。
ジェットコースターのように胃がふぅっとなったり、ドリンクサービスが行われなくなる程度の揺れでは
墜落に結びつく危険性はないと考えて大丈夫なのでしょうか? 多少揺れても、例えば車ででこぼこ道を走ったときに「ガタンゴトン」と揺れるのと同じと考えていいでしょうか?

どなたか、私に心の安定を~。 

Aベストアンサー

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪くなったりするほどの揺れを感じているということもあります。

 つまり、機体の強度は大丈夫なのに、大丈夫でないのが乗客という人間の方というわけです。

 このほかにも、主翼が作った乱気流が胴体の後部を叩くバフェッティングという細かく連続する揺れがありますし、もともと飛行機は主翼を中心としてスリコギ運動をする性質がありますから、これらもまた飛行機恐怖症の方には不安のタネになっているようです。このような現象を少しでも避けたいなら、なるべく主翼に近い席をお勧めします。

 また、揺れるととかくキャビンの天井パネルがギシギシ軋んだり、主翼がバタバタしたり、エンジンがブラブラ揺れていたりと、こうしたことも恐怖心を煽りますが、機体というものは基本的に柔構造なのだ、変形しながら応力をいなしているのだとお考えになれば気分も多少は良くなることでしょう。

 ただ、こうした揺れによって機体に繰り返して応力がかかったり、あるいは飛行の度に繰り返される気圧や温度の変化によって、長い間には機体のどこかに亀裂が入ったり、外板の強度が下がるといったトラブルが出るのは事実です。過去にはこうしたことが原因で、当時としては原因不明とされた突然の空中分解と墜落に至ったこともありました。
 しかし今日では、「繰り返し応力による金属疲労」については解析が進み、設計に取り入れられるとともに、これらは定期的に検査されていますし、出発の直前にも整備マンやコクピットクリューの目で確かめられてもいます。

 あとはエンジン、最近では4基のエンジンを搭載したB747(ジャンボ)のような機種は減り、長距離便でさえ2基のものが増えてきました。これはひとえにエンジンの信頼性が上がったということに他なりません。ただ、信頼性とは飛行時間とその間に発生するトラブルの統計的な確率をもとに算出されたもので、これによって整備のサイクルを決めていますので、その間絶対に大丈夫とも言えないかもしれません。

 しかし驚かないでください。2基のうち1基が停止したとしても飛行も着陸も十分に出来ますし、2基とも停止するという確率はそれこそ宝くじの一等当選の確率の数百倍にも達するでしょう。
 もちろん過去にはそうした例がないこともなく、極端で珍しい例としては、火山の近くを飛んだB747のエンジンが火山灰を吸い込んだ結果一度に4基全部のエンジンが停止してしまったといった事故例はありましたが、これとて回復操作によって再始動出来て、無事飛行を続けています。

 とにかく、大気はとても不安定でけっして均一なものではありません。しかも、高速で飛ぶ現代の旅客機にとっては、空気もまた大変硬い物質になってしまいます。 プールにお腹から飛び込んで水の硬さを体験されたことがあればそのことがお分かりになると思います。

 まあ、ルームアテンダントが聖書を片手にコクピットに向って走って行かない限り、現代の旅客機は大丈夫な乗り物です。これでいかがでしょうか、umari様ご自身の安定感のほうは。

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪く...続きを読む

Qみなさん、飛行機怖くないですか?

飛行機は仕事関係も含めると、これまでかなりの回数乗っているのですが、

未だに嫌です。

特に離陸するとき滑走路を猛スピードで走っている時の、あのガタガタという揺れ。

そしてやっと地面を離れ、安定した軌道になるまでの数分間の微妙な揺れ。

やっと安定した軌道に乗ったかと思って安心していると、今度は乱気流に入ったりし、

ときおりガクンガクンと揺れ、その都度ドキリとする。

そしてやっと徐々に降下が始まり、着陸態勢に入ったというアナウンスの後、

無事着陸するまでの緊張した機内。

とにかくどの時点をとっても、とても落ち着いて過ごすことができません。

かといって、今のスピードの時代。ビジネスにおいて、飛行機を使わないことには

お話になりません。みなさんは、飛行機に乗っている間は、平穏に過ごせてますか?

Aベストアンサー

私の知り合いに、飛行機に乗ると、離陸前に寝てしまって着陸の振動で起きる、という人がいます。
飛行機が怖い、という人から見ればうらやましいのでしょうが、私から見れば「生存確率の低い人」です。

飛行機はそもそも安全な乗り物ではありますが、それでもクリティカル11ミニッツと言われる離陸・着陸の数分間は、危険と隣り合わせです。

この11分間は緊張していられる人のほうが、いざと言うとき生存確率が高くなります。

ですから質問者様は「生存確率の高い人」であるといえるでしょう。

逆に高度が高いときは安心してもいいでしょう。巡航高度は1万メーターつまり10キロも上空にいるのですから、なにかあっても10キロ分の高さから落ちるにはそれなりに時間がかかります。
また、今までのところ「旅客機の翼がもげて墜落」という事例はありませんので、多少揺れても10キロは落ちないと思えば少し安心できるでしょう。

また最近は乱気流もかなり予測できるようになっています。予測だけでなく同じ航路の先行する飛行機から「このあたり揺れますよ」と情報を共有するようになってきているからです。
ですので、機長が「揺れますので、シートベルトサインを着けます」と言ったときには「機長は分かっていて揺れるんだ」(舗装路から未舗装路に出るのと同じ感覚)と考えることができます。

個人的な経験を話すと、昔NWで台風に突っ込んで日本に帰国したことがあります。正確には台風で乱気流があって揺れるのがわかっているのにも関わらず迂回しなかった、というのが正確でしょう。
揺れに揺れて食事サービスも中止になるぐらいでしたが、予定より20分早く着きました。ほぼ同時刻に出発したJAL便はたぶん迂回したのでしょう。30分の遅延になっていました。

そういうサービスでは日系を選んで乗るのも一つの方法だと思います。

私の知り合いに、飛行機に乗ると、離陸前に寝てしまって着陸の振動で起きる、という人がいます。
飛行機が怖い、という人から見ればうらやましいのでしょうが、私から見れば「生存確率の低い人」です。

飛行機はそもそも安全な乗り物ではありますが、それでもクリティカル11ミニッツと言われる離陸・着陸の数分間は、危険と隣り合わせです。

この11分間は緊張していられる人のほうが、いざと言うとき生存確率が高くなります。

ですから質問者様は「生存確率の高い人」であるといえるでしょう。

逆に高度が...続きを読む

Qパニック障害 飛行機の乗り方

はじめまして。私は30歳の主婦です。私は、妊娠を境にパニック障害になってしまい3年が過ぎました。夏になると特につらいです。症状としては貧血の症状とよく似ています。血の気がひき、吐き気と気分が悪くなるのです。子供が3歳とてがかかるため、なかなか休めずに、つらい日々を送っております。
現在はコンスタンを朝、夕とデパスを頓服しています。日々の発作は幾分減りましたが、体が自律神経失調症の症状はあまり消えず、体のだるさ、疲れが取れない状態です。
こんな私が、もうすぐ東京に行くために飛行機に乗ることになり、今はそれが不安で不安でたまりません。家族旅行なのに、その機内でのことが頭に浮かんでしまいます。病院の先生はデパスを前日から飲めばいいとの助言をくださいましたが、もし、飛行機での対処法など、薬をどのように使用したら防げるかをご存知でしたらお教えいただきたく、メールをいたしました。

Aベストアンサー

処方薬剤、上記の症状説明を見てもご質問者様の症状は軽症であり快方に向かわれていることが認められます。現在はパニック障害における予期不安に悩まされておられる状態ですが、まず、それは「不安感だけ」という自覚を持つことも大切です。
後は、再度、病院を訪れ医師の指示を受けられることがよろしいと思います。

旅行日までに個人でできることは、現在、小さいお子様がいらっしゃるようで思うように休養も取りにくいかと思いますが、ご家族のご協力など受けて、できるだけ肉体疲労を避けることが肝腎です。

また、カフェインはパニック発作を誘発する場合がありますので、前日、当日など、コーヒー紅茶緑茶などカフェイン飲料はできるだけ摂取を避けておくことも大事です。

ご質問者様は、パニック障害のみで、他の器官については大丈夫ですよね。それが確認済みでしたら、デパスは頓服としてだけ服用中のようですが、0,5mg錠でしたら、搭乗前にも服用されると良いと思います。それでも万が一、機内で発作が起きかけたら、さらにもう一錠を白湯で飲めば、発作に関しては、すみやかにおさまると思います。しかし副作用の眠気はまぬがれないかも知れませんが、発作の苦しさはおさまります。

また、これはアゴラフォビア型のパニック障害で有効な方法なのですが、自分のお家の何でもないスナップ写真(例えば、キッチンの一角、リビングの一角、飾り棚、バルコニー、洗面所、廊下などなど)、そういったなんでもない、自分の慣れた場所のスナップを何枚か携帯しておき、不安なそわそわ感の気持ち悪さの手前がやって来たとき、その写真に気持ちを注いで眺めます。
その方法もある程度有効です。
上記、参考になりましたら・・・。どうぞお気をつけて。

処方薬剤、上記の症状説明を見てもご質問者様の症状は軽症であり快方に向かわれていることが認められます。現在はパニック障害における予期不安に悩まされておられる状態ですが、まず、それは「不安感だけ」という自覚を持つことも大切です。
後は、再度、病院を訪れ医師の指示を受けられることがよろしいと思います。

旅行日までに個人でできることは、現在、小さいお子様がいらっしゃるようで思うように休養も取りにくいかと思いますが、ご家族のご協力など受けて、できるだけ肉体疲労を避けることが肝腎で...続きを読む

Q世界中でよく揺れる飛行ルート

以前シンガポール~ニュージーランドの飛行機に乗ったのですが飛行時間の8割くらいシートベルト着用のサインが出ていて、実際にとても揺れました。それにくらべると国内線は殆ど揺れを感じませんでした。世界中でさまざまな飛行ルートがあると思いますがどの路線がよく揺れるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
外資系航空会社の乗務員をしています。

飛行機の揺れは、気流の変化によって起こるので、同じ飛行ルートでも、その日の天候や、飛行高度によって、よく揺れたり、全く揺れなかったりします。
#3の方が書いていらっしゃるとおり、台風の時はよ~く揺れます。

また、飛行中の揺れは、飛行機の機体の大きさにもよります。
同じ天候、飛行高度であれば、「ジャンボ・ジェット機」と呼ばれている「ボーイング747型機」などの大きな飛行機の方が、プロペラ機などの小さな飛行機よりも、気流の影響を受けづらいので、揺れは小さくなります。

ですから、「よく揺れるルート」をお探しなら(・・・そういうご質問ではないのでしょうけれど・・・)、小さい飛行機(ジェット機ではなくプロペラ機の方がより効果的)が飛んでいる、”飛行距離の短いルート”をまず選び、その上で、その地方の天候の悪い時期(台風が発生し易い時期など)に飛ばれると、きっと、とてもよく揺れると思います?!

私自身の経験では、10年位前にチロリアン航空(?)でウィーンからザルツブルグに飛んだ時、あまりの揺れに、初めて飛行機酔いしました。 (乗務ではなくプライベートで乗っていたのでよかったですが・・・) 小さなプロペラ機でした。 飛行機酔いしたのは、あれが最初で最後です。

こんにちは。
外資系航空会社の乗務員をしています。

飛行機の揺れは、気流の変化によって起こるので、同じ飛行ルートでも、その日の天候や、飛行高度によって、よく揺れたり、全く揺れなかったりします。
#3の方が書いていらっしゃるとおり、台風の時はよ~く揺れます。

また、飛行中の揺れは、飛行機の機体の大きさにもよります。
同じ天候、飛行高度であれば、「ジャンボ・ジェット機」と呼ばれている「ボーイング747型機」などの大きな飛行機の方が、プロペラ機などの小さな飛行機よりも、気流...続きを読む

Q飛行機に乗ると吐き気、頭痛

はじめまして。
私のことではなく、知り合いのことなのですが、気になっていることがありますので、質問させていただきます。
彼は、以前仕事の関係で、二日に一回は飛行に乗るような生活でした。
飛行機が、下降し始めると、頭で「降り始めたな」と認識する前に、体が反応するらしいのです。
その反応というのが、両目の横側から頭を一周するような痛み、それが激しい頭痛に変わる。
すると目の前が真っ白になって何も見えなくなる。
そしてどうしようもないような、吐き気が続く。
というような状況に毎回陥るらしいのです。
しかし、飛行機から降りて、しばらくすると全くの元通りになるのです。
病院にも行きません。気になって仕方が無いのですが・・・
どういう病状なのでしょうか?
すいませんが、思い当たる方など、ご意見頂きたく思います。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も同じような経験があり、いろいろ調べたところ、私の場合は「飛行機頭痛」というものでした。

今年の3月から急に飛行機の着陸時に左の耳の後ろあたりがビキッと痛みが走り、アゴが変形しそうな痛みと、頭の左側を殴られたような激痛に襲われ、血管が切れて死んでしまうのではないか、と本気で怖くなりました。
激痛で涙は止まらないし、吐き気もあるし、口もきけない状態でした。
それからは飛行機に乗るたびに必ずこの激痛に襲われるようになりました。

飛行機に乗るのが恐怖になってしまったのですが、4回痛い目に遭って、予防策に出会いました。
飛行機頭痛専用の耳栓というものが市販されており、これを着陸時(離陸時の発症する人は離陸時)に使用すれば問題なく過ごせましたので、今は旅行の際には必須アイテムとなっています。
特殊な柔らかい素材でできた耳栓で、ネジのような形をしており、耳栓の中心の空洞が、気圧の変化でたまった空気の通り道となるようです。
耳を上に引っ張った状態のまま耳の奥までねじこんでおくだけで、耳栓の空気穴からプンッ!!という音がして空気を抜いてくれるので、頭痛も全くありません。

空港などでも手に入ると思います。
私のは使い捨てタイプで800円ほどです。

すでにお試し済みもしくは、見当違いでしたら申し訳ありません。

はじめまして。
私も同じような経験があり、いろいろ調べたところ、私の場合は「飛行機頭痛」というものでした。

今年の3月から急に飛行機の着陸時に左の耳の後ろあたりがビキッと痛みが走り、アゴが変形しそうな痛みと、頭の左側を殴られたような激痛に襲われ、血管が切れて死んでしまうのではないか、と本気で怖くなりました。
激痛で涙は止まらないし、吐き気もあるし、口もきけない状態でした。
それからは飛行機に乗るたびに必ずこの激痛に襲われるようになりました。

飛行機に乗るのが恐怖になっ...続きを読む

Q飛行機の揺れについて

来月、鹿児島から伊丹空港まで飛行機で移動します。
その際、JALのMD90(150席)とANAの76S(279席)のどちらを予約するかで迷っています。
このふたつの飛行機、気候などの条件が似ている場合、
機体の大きさによって揺れ方が変わってくる事はあるのでしょうか?

と、いうのも 時間的にはMD90に乗った方が都合がいいのですが
怖がりで飛行機が苦手なうえに、乗り物酔いしやすい方なので
もし機体の大きさで揺れ方が違うのであれば
時間をやりくりしても、76Sを予約しようと思います。

ちなみに、76Sくらいの大きさの飛行機は何度も乗った事がありますが
(これで気分がわるくなった事はありません)MD90サイズには乗ったことがありません。

飛行機に詳しい方やよく利用される方、アドバイス頂けたら助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

航空会社社員です。
全く同じ大きさのタービュランスに入った場合、
揺れは飛行機の大きさによって全く異なります。
150人乗りと279人乗りでは、まず体感が違うでしょうね。
キャプテンから客室乗務員への情報でも、
「前方の便でタービュランスがあったから気をつけるように。
 その便は○○(機種)で△△(揺れの強度)くらいの揺れです。」
というように、機種と揺れの強度はセットで情報になっています。
また、前方座席に比べ、後方座席は揺れます
(前方は普通にお茶が飲めるのに後方は立っていられなかったりする)ので
チェックインを早めにして、前方の席を取った方がいいでしょう。
もしJALにされるなら、クラスJ(プラス1000円)を取ると前方座席なのでいいですね。
ANAのスーパーシートはプラス5000円するのでその出費はちょっと痛いかな。
機械でのチェックイン画面で前の方が空いてなかったら、
チェックインカウンターで事情を話して前方に空きがないか聞いてみるとよいです。

タービュランスはもちろん予測できないものもありますが、
大体のゆれの状況というのは前もって情報がありますから、
乗ったときに客室乗務員に聞くと心構えができていいかも。
あと、乗り物酔いの薬は30分前くらいに飲んだ方がいいので
前もって搭乗前に飲んでおくことをオススメします
(これはお友達ご自身がよくご存知のこととは思いますが)。

航空会社社員です。
全く同じ大きさのタービュランスに入った場合、
揺れは飛行機の大きさによって全く異なります。
150人乗りと279人乗りでは、まず体感が違うでしょうね。
キャプテンから客室乗務員への情報でも、
「前方の便でタービュランスがあったから気をつけるように。
 その便は○○(機種)で△△(揺れの強度)くらいの揺れです。」
というように、機種と揺れの強度はセットで情報になっています。
また、前方座席に比べ、後方座席は揺れます
(前方は普通にお茶が飲めるのに後方は立っていられ...続きを読む

Q飛行機でのパニックの対処法

こんばんは

私は昔、過呼吸に何度かなりかけたことがあり(救急車にのるほどではない)いつかまた起こすかもしれないという、恐怖心が少しあります。
ここ数年は発作もないし、安定していて元気なのですが
近々、韓国に行くので飛行機に乗る予定です。
フライトは2時間半くらいです。
飛行機の中でパニックで過呼吸になったらどうしようという不安が多少あるのですが
、過呼吸を起こさない何かいい予防法(?)はありますか?
一応、心療内科の先生には、飛行機にのる前に飲む薬をもらったのですが・・。こうすると気がまぎれてよいとか、こういう気持ちでいると
良いといった方法があればぜひ教えてください。

ちなみに飛行機に乗ることはもう決まってるので、乗らない方がいいとか辞めた方がいいといった意見はご遠慮願います。

宜しくおねがいします

Aベストアンサー

パニック障害のものです。

私は自分の病気のせいで人生、生活や、楽しみが限られたものになるのがいやで、何回か遠くの海外に旅行したりした事があります。

1。発作のため、頓服薬は必ず気休めのため処方してもらいました。

2。同乗する友達に伝えておく。(気を紛らわしてもらうためや、いざ発作が出たときに冷静に対処してもらうため。)
一人で飛行機に乗るのであれば、フライトアテンダントにあらかじめ「過呼吸持ちで、いつ発作や、パニックになるか分からない」という事を伝えておく。

3。発作が出たときの対処法をまとめたメモを携帯しておく。
私がまとめたのは、「死ぬ病気ではないと言い聞かせる、(過呼吸であるなら袋を使って呼吸する)、本を読んで気を紛らわせる、いざとなれば電話も使用可能。友達にマメに話しかけてもらう」など、気休め、あるいは自分で、指示を出すのです。ネットで、発作の押さえ方などプリントか、メモ書きして、それも携帯。

私の経験上、ドキドキ不安になるのは最初の1時間、2時間ほどで、その後は飛行機内の環境に慣れてしまうのか、そこまで不安にならなくなります。これで、12、3時間のフライトも何度も成功してますので、大丈夫です!!

あと、パニック障害の方に限られますが、一度発作が出たら体が疲れるのか、2度目がでにくくなる傾向にあります。なので、あっけらかんと、発作が出ても、そのときは死ぬほど怖くてパニックになるけど、実際は死なないし、それさえ乗り越えればとはでないんだよ~~。と、自分に強硬手段として、いい気かせです。

がんばってね!!大丈夫よ!

パニック障害のものです。

私は自分の病気のせいで人生、生活や、楽しみが限られたものになるのがいやで、何回か遠くの海外に旅行したりした事があります。

1。発作のため、頓服薬は必ず気休めのため処方してもらいました。

2。同乗する友達に伝えておく。(気を紛らわしてもらうためや、いざ発作が出たときに冷静に対処してもらうため。)
一人で飛行機に乗るのであれば、フライトアテンダントにあらかじめ「過呼吸持ちで、いつ発作や、パニックになるか分からない」という事を伝えておく。

3。...続きを読む

Qノズルが外れないスプレーボトルの香水を、アトマイザーに移したい!

今日、ずっと憧れだったブルガリの「オ・パフメ エクストリーム」(オー・ド・パルファン)を手に入れました。
初めてのネット通販だったんですが、ルンルンで箱から出すと、スプレータイプの瓶でした。
わたしはふつう香水をつけるときは、足首の内側に左右1回ずつプッシュして使うんですが、
このEDPの瓶って、どら焼きみたいな形をしててちょっと持ちにくいんですよね。
それに、この瓶付属のスプレーだとけっこう大量に吹き付けてしまいそうで不安です。
そこで、ロールオンタイプのアトマイザーに移そうかな~と考えてノズルの部分を外そうとしたら・・・
外れませんでした。この瓶は、簡単に外れないタイプのようです。

ノズルの部分を外して詰め替え用のチューブをつけるやり方は今回は使えません。
しかし、キャップ自体を外してスポイトで吸い上げるのはもっと無理・・・
(キャップはガッチリ固定されていて、外すのは到底無理なので。)
こういう場合、どのようにすればうまくアトマイザーに移せるんでしょうか?

わたしは昼間は仕事をしているので、仕事場では香り無しで過ごして、
仕事が済んだあとにでもつけたいなと思うのですが、
まさか瓶ごと持って仕事場に行くわけにはいきませんし・・・。
何か良い方法をご存じの方がおられたら、力をお貸しください。よろしくお願いします。

今日、ずっと憧れだったブルガリの「オ・パフメ エクストリーム」(オー・ド・パルファン)を手に入れました。
初めてのネット通販だったんですが、ルンルンで箱から出すと、スプレータイプの瓶でした。
わたしはふつう香水をつけるときは、足首の内側に左右1回ずつプッシュして使うんですが、
このEDPの瓶って、どら焼きみたいな形をしててちょっと持ちにくいんですよね。
それに、この瓶付属のスプレーだとけっこう大量に吹き付けてしまいそうで不安です。
そこで、ロールオンタイプのアトマイザーに...続きを読む

Aベストアンサー

アトマイザー売り場に、キャップが外せない香水を移し変えるための
香水用の漏斗(じょうご:口の小さい容器に液体を入れるときに使う道具。円錐状の上部の底が筒口になったもの)が売ってありませんでしたか?
漏斗に香水を吹きかけて、アトマイザーに流し込む方法です。
確かにそんなに見かけるものではないので探すのが大変かもしれませんが、
アトマイザー売り場にあると思いますよ。500円くらいです。
または一旦ちがう口の広い瓶にスプレーして、スポイドで移し変える
方法もありますがほこりが入ったりしてあんまりオススメできる方法では
ありませんが、最終手段では使える手です。

Q飛行機恐怖症

来年、海外旅行を予定しています。私は飛行機が苦手で、楽しいはずの旅行も「飛行機に乗らなければならない」という問題があるので“行きたくないなあ”と考えてしまいます。具体的には・・・

(1)離陸時の圧迫感と音
(2)乱気流の揺れ
(3)着陸時の変な感じ
(4)「いつ落ちるかわからない」という恐怖感

というのが飛行機の嫌なポイントです。
何度か飛行機に乗ったことがあるのですが、他の乗客の方はとても落ち着いていて、うろたえているのは私だけのようでした。
他にも私のように飛行機恐怖症の方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、克服できるものなのでしょうか?また、どうすれば克服できるのでしょうか?

Aベストアンサー

飛行機の揺れ、ほとんどの場合、山道を走る自動車のそれと同程度もしくはそれ以下です。

乱気流に入り、シートベルト着用のアナウンスが流れるようなケースでも、砂利道を走る車よりも揺れは軽微だったりします。

でも車ではいくら揺れても、あまり気になりませんよね?
地に足が付いているからだと思いますが、要は「気の持ちよう」です。

そこで提案です(他の方とカブる部分もあります)。

1.寝ます。
だって、車程度の揺れですから。
眠ってしまえばこっちのものです。
前の日にあまり眠らず、眠たい状態で搭乗、きつめのお酒をグイっとやりましょう。

2.考え方を換えてみましょう。
飛行機の事故って、ほとんどが離着陸時のものです。
飛行機はいざ浮かんでしまえば、まずめったなことでは落ちません。

例えば仮に全てのエンジンが止まっても、飛行機はすぐには落ちません。
長距離を飛ぶ旅客機は、エンジンが独立系統になっていますので、全部が一気に止まることも奇跡的な確率です。
そんな話聞いたことありませんよね?

落ちるにしても、まっ逆さまに落ちることは、そうしたくとも困難なのです、構造上。
急激に落下するとしたら、それこそ主翼がポキンと折れることくらいでしょうが、そんな事故、聞いたことありませんよね?

つまり、どんなに揺れても、飛んでる飛行機は落ちないんです。
それこそ、自動車が地に足が付いているのと同じくらいに。

(1)はともかく、(2)と(4)はこう考えて気をラクにしましょう。

飛行機の揺れ、ほとんどの場合、山道を走る自動車のそれと同程度もしくはそれ以下です。

乱気流に入り、シートベルト着用のアナウンスが流れるようなケースでも、砂利道を走る車よりも揺れは軽微だったりします。

でも車ではいくら揺れても、あまり気になりませんよね?
地に足が付いているからだと思いますが、要は「気の持ちよう」です。

そこで提案です(他の方とカブる部分もあります)。

1.寝ます。
だって、車程度の揺れですから。
眠ってしまえばこっちのものです。
前の日にあまり眠ら...続きを読む


人気Q&Aランキング