ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これってひどすぎると思いませんか?100万円近くの金を払ったのですよ。これは当然ビジネスというべきです。それなら明細書、請求書、領収書をだすべきでしょう。
 このことを永平寺に質問しましたが、10日経っても返事がありません。無視しているのです。
 永平寺の修証義というお経には、貪ってはいけない、欲を出してはいけないなどと書いてあります。それなのになんという強欲な!!
 聞くところでは、永平寺系曹洞宗は一番えげつないそうです。金をぼった繰ります。
 みなさんのご意見をお聞きしたいと思いますのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 なにか話がごっちゃになっていますね。


 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括しているわけではありません。「曹洞宗」という宗教法人が包括しています。
 ですので,永平寺に質問書を出されても,永平寺はそれらの寺院を統括又は包括していませんので,永平寺にとってはお門違いの質問であり,回答がないのも然りです。
 包括している「曹洞宗」としても,教義に関しては,僧侶を監督し,曹洞宗の教義と違うことを弘通すれば指導しますが,寺院の運営に関してまでは口出しできません。法律上,別の宗教法人であるからです。
 
 さて,うちの菩提寺(曹洞宗・永平寺直末)の相場ですと,
 枕経+通夜+葬儀     =30万円
 葬儀脇導師3万円×3名  = 9万円
 葬儀御車料1万円×4名  = 4万円
 葬儀御膳料2万円×4名  = 8万円
 逮夜法要2万円×5回   =10万円
 逮夜法要御車料1万円×5回= 5万円
 逮夜法要御膳料1万円×5回= 5万円
     計         71万円 となります。
 うちの菩提寺では,院号なしの信士又は信女の場合,戒名料はありません。
 
 曹洞宗では,施食法要が営まれます。新亡施餓鬼と言って,前の施食法要以降に亡くなられた方のある檀家が施主となり,お布施を包むのですが,からお盆の法要と並修するお寺もあれば,彼岸法要と並修するお寺もあり,全く別の日程で営むお寺もあります。
 うちの菩提寺ですと,1霊3万円ですので,質問者の方の菩提寺が1霊5万円ということは,おおむねうちの菩提寺の1.5倍の額と考えれば,71万×1.6=100万超となりますので,質問者の方の菩提寺の相場の額を請求されたのではないでしょうか。
 うちの菩提寺と比較すれば,「高いなぁ」とは思いますが。
 同じ曹洞宗の寺院でも,それぞれの地域性や檀家の状況にもよりますので,1ケ寺をもってして,曹洞宗寺院全部がそうであるかのような誤解はしないでください。
 
 質問者ご自身が,御母様を亡くされ,初めて菩提寺と接されたのではないでしょうか。
 寺院は住職のものではなく,檀家のものです。宗教法人としての代表役員は住職が就いているでしょうが,檀家(その中の総代)が寺院を支えているのです。檀家の多い寺院であればなおさらです。きちんと会計担当の責任役員が居り,お寺に納めたお布施などは,住職の懐に入るのではなく,宗教法人の会計に入り,そこから住職は給料を貰っています。所得税等の源泉徴収もされています。
 お寺から示された額も施食法要のお布施の額も,檀家総代会(寺院護持会)が決めた額であると思われます。
 お布施などは個人のプライベートな支出なので,領収証を貰ったところで,経費で落とせるわけではないので,領収証を求める人が少ないのが実情ですので,求められれば領収証を出すというスタンスの寺院が多いと思います。求めれば領収証を出してくれることが多いようです。特に葬儀に掛かった費用については,遺産分割協議の際に揉めないように,喪主が相続人全員に葬儀費用を示すために領収証を求められる方もいらっしゃると聞いています。
 また,曹洞宗大本山永平寺ですと必ず領収証をくださいます。
 
 それから,お寺が相続税を脱税するということはありえません。法人に相続税が発生することがないからです。お寺が相続税を脱税したのではなく,そのお寺の住職が相続税を脱税したのでしょう。

 曹洞宗寺院及び僧侶全体を貶めようとなさっているようで,悲しくなりました。

 
    • good
    • 126
この回答へのお礼

大変詳しいご説明をいただきありがとうございます。
(1) 寺ごとに宗教法人となっていることは知りませんでした。例えば大遠忌などの本山の法要には寄付を求められますよね。だから、本山と関係があると思っていました。ちょうどお茶とかお花の家元のように。
(2) 寺の檀家総代などが取り仕切っているとは知りませんでした。私の親戚がかつてこの寺の檀家総代を務めていましたが、そんな話は聞いたことがありません。それに金の請求や支払先は住職に直接ですますから。
(3) こういう問題は皆さんが抱えていると思い、問題提起をしたわけです。宗派や寺により、同じ宗派でも寺により、地域により、さまざまで分かりにくいということは問題だと思うのです。明瞭に二納得がいくようにするべきだと思うのです。

お礼日時:2007/08/02 22:14

>No.10です。

確かに、あなたが言うように明細書、請求書、領収書が必要かもしれません。しかし、あなたは、それをもらって、どうしたいのですか?親族にこれだけ使いました、これだけ使ったという自分への納得、他には?
>それをもらうことに意義があるとか、税務署に申告するときに必要とか、
>あなたは、ただ、悔しいだけではないのですか?それで自分が納得できる答えがもらえればと、思っているのではないですか?
>先祖の供養をしてあげてください。
    • good
    • 86
この回答へのお礼

ありがとうございます。これまでに書きましたことでお分かりいただけたと思っているのですが。
(1) 大金を貰う以上領収書は出して当然。
(2) 普通買い物でも、家を直すときでも、見積もりをとるとか、品物を比べるとかします。法事の場合はお寺に言いなりで何にどれだけかかるのか終わってみないと分からないし選択の余地がないのはおかしい。
(3) お寺への支払いが高額すぎる。それなのに無税というのが納得できない。
(4) 母が旅行にも行かず、うまいものも食べず、節約をして作っておいてくれた金(母はそのくらい必要だと知っていた)だけに残念。
(5) 供養というのは、心の問題であり、お経をあげたり、法事に大金をかけることではない。
(6)先祖の供養はいつもしております。

お礼日時:2007/08/03 18:11

再度登場します。

誤解が多いようです。
私等のお礼欄に書かれていた
「明細書、請求書、領収書」の3点セットですが、領収書は出すところが多いです。相続税の控除に使う方がいるからです。
ただ「明細書、請求書」を出すと判例上税務上の寄付金としてのお布施にならず、消費税も所得税も課税対象になります。その分檀家負担が増えますし、寺の経理事務は煩雑になり税理士等の経費や会計事務経費が高くなります。当然経費増は維持費を負担する檀家さんに跳ね返ります。檀家が自分の首を絞めるだけです。ですから宗教法人にはありえません。
ただ、檀家さんにお願いする目安として「○○円以上」という目安表を配布するまでは許容範囲で行っている寺院はあります。
寺は葬儀、法事はビジネスではありません。
お経は30分いくら、初盆は5分幾ら、交通費幾ら、葬儀の導師いくら、雇われ僧侶一人幾ら・・・・というように明記したら、課税対象になり宗教法人ではなくなります。株式会社○○寺でなら出来ますが、消費税も所属税もかかります。

> 経典では、もっともらしい人が守るべき、追求すべき道徳、倫理が
> 説かれています。それを率先垂範するのが僧侶の務めではないで
>しょおうか。
そのとおりです。一個人の僧侶としてはそうあるべきです。ただ皆さんの宗教法人で住職を雇い、住職に維持管理に必要な金額の請求をその職務とさせているのも檀家さんたちです。住職は僧侶としてではなく、宗教法人の集金役・請求役・受領役の役割り職務を果たしているだけで、請求行為に関しては僧侶としての行為ではなく檀家から依頼された職務の行為です。個人的な考慮を挟む余地は少ないです。

> 中には、半額前金でならやるというお寺もあるとか。
はい、僧侶としてはこんなことをしたくはないし、半額でも良いのですがそんなことをしたら寺が困窮し住職は首になるし檀家にとんでもない住職といわれる可能性があります。
檀家の公平負担をさせるのが職務なのでいたし方ありません。
檀家が決めた、予算書に従い支出し、集金するのが住職の仕事です。ですから一個人の僧侶として生きたい人は住職は受けません。
僧侶の立場以外に皆さんから預かった寺の寺院運営代表者と言う立場(宗教上の問題ではないので町内会長的立場)もあり、なかなか葛藤が生じるのです。端的に申せば、少ない御布施の方でも「どうぞどうぞお気にせずに」と言い、なんでも「そうですか。どうそどうぞ」という良い僧侶?が住職をすると、そのお寺は財政難で潰れてしまいます。寺を潰せば檀家さんから「とんでもない住職」といわれます。
逆にお金にうるさいと言われるような、ある意味きちっり維持費負担を押し付ける評判の悪い住職のお寺は、潰れません。
住職は自分個人には一銭の損得もありませんから、ある意味どうでも良いように思います。
勘違いで腹を立てられるのだけはたまりません
    • good
    • 54
この回答へのお礼

多分3度目だと推察いたします。長い回答をありがとうございます。
(1)領収書が相続税の控除に使えるとは知りませんでした。私のところは必要はないのですが、それでも領収書は言われなくても出して欲しかったのです。兄弟たちにごまかしていると思われたくないからです。
(2)檀家が寺の経営やり予算を決めるというのは信じられません。本当かと思います。もし、檀家に寺の経営権があるのなら檀家が納得がいくようにやることができるかもしれませんね。
(3)僧侶には一銭の損得もないというのはどうかと思います。新聞で報道されるような5億円もの相続税脱税の金はどこでどうやって稼いだのでしょう?
(4) 半額前納でやってもらえたというのは、直接聞いた話です。そういう寺もあるということでしょう。 
(5) 誤解が多いとおっしゃいますが、こうしたことはお寺のことは寺の住職の言いなりになり、また住職も説明をしないことから檀家が無知になっているのであり、寺の説明責任は大きいと思います。

お礼日時:2007/08/03 11:45

>>私も今年、母の葬儀を取り計らいました。

寂しい気持ちや、その、理不尽な、気持ちもある程度わかります。お寺へのお布施は、はっきり、決まっていません。私も無知なので、葬儀会館や、墓石屋、役所、他の寺等へ電話で聞きました。お布施の金額は、基本的には気持ちですので、そのお寺から、いくら、いくら、欲しいといわれても、お金に余裕が無ければ、その旨を伝えて、無事に終わらせるのが、先祖の供養になるとのことでした。(ある程度の相場はありますが)
>相談者の気持ちもわかりますが、愚痴をこぼしても先祖は、喜ばないと思いますので、これを経験に。人の役に立ったと、無理やり思いましょう。
    • good
    • 36
この回答へのお礼

ありがとうございます。お布施ならいくらでもよい訳ですが、はっきりと寺から幾らと金額を言って請求されるから、それなら明細書、請求書、領収書の3点セットを出すべきだというのが私の意見です。明らかにビジネスなのですから。そうでなければあくまでもキリスト教のように寄付の箱を回せばよいのです。
私の主張は一貫していると思うのですが。

お礼日時:2007/08/02 22:20

すごいですね、5億円も脱税している曹洞宗の寺があるとは。


僕のところでは考えられない話です。
同じ曹洞宗ですが、檀家の数も少ないですし、数年前にやっと寺の本堂を改修して、
位牌堂を作って、それで、一軒あたり150万円程度はかかりましたね。
きちんと、予算書や領収書は渡してくれました。

でも、僕の知っている同じ曹洞宗系の寺ですが、そのような事はないと聞いてます。
ほとんど小さい寺が多いので、信者の方もあまり金を出してくれないそうです。
だから、学校の先生をしたり、保険代理店をやっていました。

また、教師などを辞めてから、寺の住職になる場合も多いです。
というのは、退職後の年金等で生活して、足りない部分を皆さんからのお布施などでやっていくというのが多いです。

一部には、檀家の数が多くてお寺専業でやっているところもありますが、
小さい寺も多くて、副業もして生活しているところもあるのです。

仏教というか、今のお寺については、葬式仏教が主流を占めているので、
どうしても葬儀になると、金がかかるのでしょう。

100万円程度であれば、脱税5億の寺では、鼻紙代にしか感じてないのでしょう。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

ありがとうございます。私の友人で永平寺系の寺の僧侶がいます。彼は檀家がいないてらだとか。教員をしていました。我が檀那寺は専業です。儲かってしょうがないでしょうね。とにかく葬式仏教はビジネスとして経営されるべきです。それが私の主張したいところです。

お礼日時:2007/08/02 16:04

私も詳しいことは分かりませんが、


戒名についてはちょっと知ってます。
戒名をつける僧侶がえらければえらいほど、高いんだそうです。

そこらへんの小さなお寺の和尚さんレベルなら数万円、
大きなお寺の偉い人ならば100万円くらいかかるらしいです。

私は某曹洞宗系の女子高出身ですが、在学中に戒名をつけてもらっています(といっても、今は曹洞宗と縁がないので宝の持ち腐れ)が、
そのお寺の一番偉い人がつけてくれているそうで、普通につけてもらったら200万の名前だそうですよ。

ちなみに高校時代、学校の教室から石原裕次郎のお墓が見えていました(笑)
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。戒名料も宗派や寺によってかなり違うようです。一番安いのは、神様です。私の母の実家は実は神道なのです。お榊料だけであっさりして数万円と安いです。キリスト教も金がかかるとアメリカ人の友達が言っていました。

お礼日時:2007/08/02 08:23

その寺院の維持管理団体の構成員である檀家さんなのですよね。


東京のように僧侶1名が多い地区ではそれでも通夜葬儀だけで50万円はかかるので、僧侶は4人で忌明けまでで90万円は、金額だけの比較ならさほど高いとは思います。寺院規模や檀家数で檀家1件あたりの寺院維持費負担金的な御布施の金額はかなり違うのでなんともいえませんが・・
例えば、寺院維持費の支出が同規模の寺院があるとして、檀家数が400の寺院は400件でその寺院維持費を負担すればよいですが、半分の200件しか檀家数が無い寺院では、200件の檀家さんが倍額を負担しなければ同じ金額が集まりません。維持に必要な支出が決まっているので、倍額負担しなければ潰れて廃寺です。寺院会計は檀家には公開されていますので檀家総代等に確認すればわかります。
また、各寺院(個別の宗教法人)と本山はまったく別法人で、教えだけでつながっているので教えについては本山も口を出せますが、寺院運営はそれぞれの寺院ごとにその構成員である檀家とで行うことなので、口出しできる立場ではないので質問しても本山の回答は無いと思います。
他の方のコメントを見て気になった点があるのでレスします。
日本の税法上、坊主丸儲けはありません。宗教法人は町内会や親睦会と同様に非課税です。課税したらその支出が増えた分檀家の負担が増えるだけです。御布施収入は、檀家の共用施設である寺院の維持管理団体である宗教法人の収入であり住職個人の収入とは関係がありません。住職の給与は月給制で定額のはずです。そして源泉徴収で通常のサラリーマンと同額を課税されています。臨時の手伝いの僧侶は1割源泉徴収し確定申告で納税となります。
非課税なのは、町内会館の維持管理と同様な宗教法人の施設維持管理費用として皆さんが出し合う御布施・寄付金等の「法人」収入だけです。
営利事業ではない部分は宗教法人に限らず任意団体(親睦会、サークル)でも課税されないです。会社の親睦会や学校の運動サークルで、みんなで出した会費が課税されたらおかしいのと同じことです。
公益法人としての宗教法人の側面は、まず公益性という本来国が行うべきことを民間に委ねていると言うことで、学校法人や社会福祉法人と同様の位置づけと、また寺院等宗教上の礼拝施設と境内地は、信者(檀家)により維持管理されていますので財団法人や社団法人的性格があります。簡単に喩えれば、自治会・町内会の会館の維持管理は、当該町内会の構成員で行いますよね。その場合に町内会が皆から集めた町内会費に所得税を課せられる事はありませんし、町内会長の所得にもなりません。
お寺や神社などの維持管理も同様で、当該宗教施設を維持管理する団体(檀家組織や氏子組織等の信者団体)が、その施設の維持管理費の負担で出し合った御布施等の寄付金は当該宗教法人の所得ですが、町内会費や町内の寄付金と同様に課税はされません。住職個人がそこからもらう給与収入は当然に課税です。
町内会費の様に必要な維持費を檀家が毎月会費で納めていれば、葬儀も法事もただで良いのですが、葬儀や法事でまとめて負担する習慣なので葬儀時は高額になります。寺の支出と収入のバランスがあっているか(通常は収入が上回るようにし大規模修繕積立金にする)、それを毎年の会計監査で監視し、決めるのは構成員である檀家さんです。寺によっては会計担当の寺役員の檀家さんがいますし、収支は監督官庁にも提出されていますのでぼったくりかどうか確認してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 24
この回答へのお礼

大変に詳しくありがとうございます。寺はその地方では大きく檀家は5500軒近くあるかと思われます。宗教法人が無税なのは、納得の出来る範囲ならばその通りですが、100万円もの大金に、明細書もpなく領収書もないのが理解できないのです。寺も葬儀、法事ビジネスですから企業努力が必要です。それにはまず、ビジネス内容を分かりやすくして、お経は30分いくら、初盆は5分幾ら、交通費幾ら、葬儀の導師いくら、雇われ僧侶一人幾ら・・・・というように明記すべきです。緊急の事態の中で家族が悲嘆にくれている中で、うやむやで進んでいく仕組みがおかしいと思うのです。しかも、経典では、もっともらしい人が守るべき、追求すべき道徳、倫理が説かれています。それを率先垂範するのが僧侶の務めではないでしょおうか。
 私のところはたまたま母がつましく生活をして葬儀の費用を残してくれていたからよかったのですが、聞くところでは、介護等に金を使い果たして葬儀を出せない家族も増えているそうです。それで、中には、半額前金でならやるというお寺もあるとか。
 こうした葬儀、法要の費用を誰にも納得がいく明瞭なものにして、領収書もきちんと出す、という仕組みにすることが大事だと思います。

お礼日時:2007/08/02 08:19

心中お察しします。

ひどすぎます。
宗派は違いますが、うちの場合、僧侶2人、忌明けまでにかかったお金は、何だかんだで35万くらいでしたよ。
地域によっても違うのかもしれませんが、戒名料なんて取られませんでした。

これを、「ぼったくり」と言わず、何と言うのでしょうか?
    • good
    • 26
この回答へのお礼

ありがとうございます。最近は、お寺に頼まずに自分たちでやる家族が激増していると新聞に出ていましたね。私の親戚で、お経のテープを買って法事をしているのがいます。大学教授ですよ。それも一案かと。

お礼日時:2007/08/02 08:25

そのような寺とはすぐにも縁をお切りなさい。


それですべて解決です。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも、お墓があるし簡単ではないのです。

お礼日時:2007/08/02 07:59

我が家も曹洞宗ですが・・・



肯定するつもりもありませんが・・・
お寺様とのお付き合いは、基準があってないようなものです。
その90万というのは戒名料も含まれているのでしょうか?
だとしたら、法外な料金でもないと思います。
(文字数にもよるようですが)
http://www.morita-ya.co.jp/kaimyou.htm
http://sogi-iso.jp/jouhou/sougi18/18_1_8.html

また、法師様4名ですと、それだけでも、かなりのお布施が必要ですね。(お一人1万円ですね)
お盆は書き入れ時、大きなお寺様のようですから、何処のお宅もその程度ではないでしょうか。我が家もお盆のお参りは短いですよ。
もし、お気に召さないのであればもう少し小さなお寺さんに変えられては如何でしょう。(我が家は途中でお寺様を変えましたよ。)
法師様の人数分だけでもお布施が少なくて済むのではないでしょうか?
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございます。戒名は普通の長さで一番安いはずの信女です。ちなみに、東本願寺ではこの場合15万円でした。
腹が立つのは、無欲を旨として説教をする坊主が欲張りだということです。永平寺本山にも腹が立っています。回答もよこさないのですから。

お礼日時:2007/08/01 17:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【お坊さんの説法、法話】お坊さんの説法、法話で感銘を受けた話を聞かせてください。

【お坊さんの説法、法話】お坊さんの説法、法話で感銘を受けた話を聞かせてください。

Aベストアンサー

http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/furusato_rekishi/hakata/007/01.html

過去何十年で、このお話しか覚えていないくらい、上手に分かりやすく話してくださったのが、
「その3」の「親死ね、子死ね、孫死ね」です。
逆順ほど親を悲しませるものはないのだから、親が先に逝くことは親にとって良いことで、親より後に逝くことが何よりの親孝行なことなんだよ、と話してくださいました。

自分自身に、これを言い聞かせ、親しい人が親御さんをなくされたときにはこのお話を伝えます。
悲しい親の死を、少しだけ、自然の摂理と、受け止めることができるようになりました。

Q静岡県内で新檀家として、曹洞宗のお寺を探していますが、経済的な負担の少

静岡県内で新檀家として、曹洞宗のお寺を探していますが、経済的な負担の少ない所を探しています。良いお寺がありましたら教えてくださいませんか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下田市蓮台寺温泉の入り口近くの立野に佛源寺があります。
0558-22-5057
墓地は岡の斜面なのでお参りには体力が要ります。
檀家になれば墓地代は無償の筈です。
下田市吉佐美に宝徳院もあります。
0558-22-5659
いずれも曹洞宗総持寺派です。

Q檀家と信徒の違いについて(曹洞宗)

改宗して、曹洞宗の大きなお寺の信徒になりたいと思っています。

家自体は、まだ他の宗派なのですが、父が他界したら、家の宗派も曹洞宗にする予定です。
今のところ、お墓のことでは曹洞宗のお世話になることはなく、私一人が曹洞宗に宗旨替えして、曹洞宗の薫陶を受けたいと考えています。
こういう場合は、檀家ではなく信徒の扱いになるようですが、信徒になるにはどのようにすればよいのでしょうか?また、費用の面もどれくらいかかるか?気になります。

今は、ときどき曹洞宗の大きなお寺に坐禅を組みに行く程度です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何も変わりません。
あなたが希望する曹洞宗の寺の行事に顔を出し、お布施をたくさんすればいいのです。
さらに、水子供養やその寺独自の行事で、名前を記入して次の会から案内が届くものが有れば、それに記名して置けば、立派な信徒です。
勿論、寺の補修などの時は寄付しましょう。寄付名一覧に信徒の欄があると思いますので、そこに名前が挙がります。
よく言えば信徒ですが、檀家から見れば檀家外寄付者です。

曹洞宗の場合、御施餓鬼法要、花祭り(お釈迦様の誕生祝い)、大般若教法要、等があると思いますので、お布施をたくさん持ってお参り下さい。

もう少しお近づきになりたいなら、定期的に寺の外回りの掃除などボランティア的に奉仕活動をしましょう。
さらには、住職やその奥さんが、御詠歌や、お経の練習会をしているなら、入れていただきましょう。
その延長として本山参りや四国八十八ヶ所巡礼など計画されたら、積極的に参加しましょう。

旅行のような物もありますので、積極的に参加すれば、年間100万円位かかることもあるかと思います。高野山経由で四国巡礼をして高野山にお礼参りして帰ると50万円位かかると思いますので。

何も変わりません。
あなたが希望する曹洞宗の寺の行事に顔を出し、お布施をたくさんすればいいのです。
さらに、水子供養やその寺独自の行事で、名前を記入して次の会から案内が届くものが有れば、それに記名して置けば、立派な信徒です。
勿論、寺の補修などの時は寄付しましょう。寄付名一覧に信徒の欄があると思いますので、そこに名前が挙がります。
よく言えば信徒ですが、檀家から見れば檀家外寄付者です。

曹洞宗の場合、御施餓鬼法要、花祭り(お釈迦様の誕生祝い)、大般若教法要、等があると思います...続きを読む

Q先日父の葬儀を行ったのですが、全部で葬儀費用が160万かかってしまい、

先日父の葬儀を行ったのですが、全部で葬儀費用が160万かかってしまい、お香典でお寺さんへのお布施の支払いなど支払って、手元に残ったのが20万少しとなってしまいました。なので140万が足りないのです。

父の遺産はなく(負債はありますが・・・)保険も入っておらず、貯金もゼロという事で全く資金工面あてがない状態なんです。

そこで私がとった行動はまず、融資してくれる銀行や消費者金融を回りました。
しかし、140万融資はこの世の中難しくて、私個人の借金が110万あるもので今では審査基準が年収の3分1以上貸付ないという法律によってほどんどのとこが審査落ちで貸付いただけませんでした。
大手系は難しいと思い少しランクを下げたクラスでブラックリスト者や自己破産された方にも融資しますというクラスの金融系もあたったのですが、そこでさえもNGでした。
さすがに闇金業者まで手は出したくなかったので、周囲の人にも相談しました。

そこで周囲からのアドバイスで「調停」をかけたらどうかという話をいただきました。裁判という形になるのですが、その行動が果たしていい方法なのかすごく戸惑いました。裁判などという事も縁がなかったものですし、葬儀屋さんには親切にしていただいて力にもなっていただいたので、なんだか申しわけない気持ちになってしまい。

そして次に行動とったのは市の相談窓口にどこか葬儀枠として特別融資してくれるとこなどないか、他にいい方法がないかと相談の問合せしてみました。福祉窓口まで電話を回していただき、市で融資してくれる話があったのですが、減額が25~50万までならという事で140万までに足りずにそこで一旦保留にしました。

後は葬儀屋さんに直接今までの状況を話、分割にしてくれないかという相談をしましたが、断られてしまい、身内の方から借りられないかと言われました。今まで身内には迷惑はかけたくないと思い避けてきたのですが、ここまできたらと仕方ないと思い連絡して相談して今検討してもらってる最中で後日連絡待ちの状態です。

葬儀屋さんは家まで来てとりあえず20万だけ回収にきまして、その時今月いっぱいまで支払いしますという念書を書かされました。今月払えなければ最悪裁判までいく事になるかもしれないです。

払いたくても払うお金がない状態なのですが、何かいい方法はないでしょうか?

個人的にはやるだけやったのですが、もう何もいい思い浮かばす、大変困っています。
いいアドバイスがありましたらどうかよろしくお願いします。

先日父の葬儀を行ったのですが、全部で葬儀費用が160万かかってしまい、お香典でお寺さんへのお布施の支払いなど支払って、手元に残ったのが20万少しとなってしまいました。なので140万が足りないのです。

父の遺産はなく(負債はありますが・・・)保険も入っておらず、貯金もゼロという事で全く資金工面あてがない状態なんです。

そこで私がとった行動はまず、融資してくれる銀行や消費者金融を回りました。
しかし、140万融資はこの世の中難しくて、私個人の借金が110万あるもので今では審査...続きを読む

Aベストアンサー

No1です
勿論、調停をしなくて、話し合いで、話が付けば良いのですが、葬儀会社の方も調停となると、第三者を立てる事が考えれますので、お勧めでです
弁護士でも出来ますが、弁護士を立てるなら、調停の方が安いと思います
ただ他の親族も冷たいですね、相続放棄をすれば、債務も無くなるのですが、多少でも払うのが、人と思います≪1万円でも焼け石に水でしょうが、気持ちの問題と思います≫
やはり調停で話し合うのが一番と思います

Q【日本語】説法、法話、講話の違いを教えてください。

【日本語】説法、法話、講話の違いを教えてください。

Aベストアンサー

・説法・法話
 同じ。仏教用語。
(ただ、説法の方が、少々、キツイ感じ)

・講話
 仏教用語ではなく、一般用語。

Qお寺さんだけで葬儀を行うことって可能でしょうか。

この震災で義父一人が死亡で荼毘にされています。
他に義母と義祖母と息子の三人が行方不明です。
来月に葬儀とお別れ会を一緒にしようと思っています。

来週に喪主になる義弟が寺に相談に行きます。
寺は全壊で住職も亡くなられましたが、息子が研修旅行?で
難を逃れて、斎場近くに仮寺を置いたとのことでした。
詳しくは聞いてないのですが、そこで皆一緒にできるようなことを
言ってたそうで、会食も知り合いの仕出し屋さんで3,000円で
用意してくれるらしいです。
マイクロバスもあり、30名までなら送迎もするとのことです。
この提案ってのは、葬儀屋さんを使わなくて葬儀を行えるという
ことでしょうか?
普通は来ていただいたかたに、お塩や手ぬぐいかお茶を渡したり
していますが、お寺さんで準備してくれるのでしょうか?
後、祭壇や花の準備もです。
今回は、遺体搬送や荼毘などはありませんので、お寺さんだけで
できるなら、金銭面でずいぶん助かります。
できるなら、お布施と葬儀費用でいくらぐらいかかるでしょうか。
あんまりない事例なので、お知恵をお貸しくださいませ。

Aベストアンサー

補足読ませていただきました。

さて、まずお寺様のほうにどのような形で葬儀を行うのか確認してほしいことを前回答にて出しております。それによって、どうしていったら良い形ができるのかと見えてくるはずなんです。各回答者様がたにおかれてもこの点を重視されております。ご住職のお話によってお寺様がどこまでやれるのかがわからない現状があるからです。

例えばご住職の言われているのが、お寺の敷地内にある建物を使用して葬儀ができると仰っておられるのなら、祭壇などの設備はどのようになっているのかをお聞きになることです。ここで葬儀社を入れたほうがよいかが判断できます。
もしも何もない状態であるとするならば、ご親戚からの声も上がってきておられるようですので、祭壇を設営したほうが後々は無難でしょう。ただその場合は葬儀社に任せたほうがスムーズに運ぶのは間違いの無いことです。葬儀社とはイベント会社と同じです。素人さんにはマネのできないノウハウを持って仕事をしております。

互助会ということで料理を含めて90万の見積もりが出ているようですが、ざっと簡単に個人的ですが推定で仕分けをしてみます。

祭壇・・・30万円
遺影作成、受付などを含む備品関連・・・約10万円
料理・・・仕出し6000円×30こで18万円、ただし通常は飲み物が飲んだ分だけ、別にかかりますので多く見て2万円加算。合計で約20万円
生花・・・1基約1万5千円相当として×10基として約15万円
会葬御礼品(礼状含む)約1500円相当×30こで約4.5万円~5万円
人件費・・・10万円

恐らくこれで約90万円なんです。この例から見るとそのうち葬儀社本体の分は50万円であって、他は料理屋、ギフト屋、写真屋、花屋などに流れて行ってしまうものです。
高すぎると言う批判もよく聞かれることですが、このように葬儀社本体が価格を落すのは幅がせまくなります。赤字でやりつづければ倒産してしまいます。素人さんでもよくよく考えればわかるはずですが、言いたい人はどこにでもいますのでほっておきましょう。

ただこの90万円。こうやって見るとやりようによってはいくつか戻ってくるお金があることに気づかれましたでしょうか?
生花は喪家分以外のものは出した方より実費で徴収しますので、5基であれば自然に7万5千円戻ります。

さらに料理です。
6000円の仕出しですが、たぶんこれは相当豪華なものでボリュームもすごいと思います。豪華にしたいのはわかりますけど、高齢の方が多ければ食べきれずに持ち帰る可能性も高いと思います。荷物になってしまうことになりますが、その点は考えておられますでしょうか。
仕出しであれば3000円相当でもっと良いものはないか考えてみてもいいかもしれませんね。食事については葬儀社ではなく別の店に頼んでも問題はないはずです。これも3000円におとせば10万円程度になります。もう一度よく考えてみることをお勧めしておきます。これでいままでの戻り金とあわせると17万5千円です。

祭壇料金ですが互助会のセットで指定したものであれば引かれることがあります。例でいえば30万円はとられないことになります。これで合計が47万5千円。ただしこうさせないように通常は「見栄えが良いから」「これでは寂しいから」といってランクアップした祭壇を勧めるのが普通です。

そして香典です。30人を単純に15世帯だとすれば約15万円くるものとします。これで合計が62万5千円。

あくまでも推定なんですけど90万円より約62万円引けば、実質は約28万円程度の支払いになれる可能性もあるんです。

実は最近では互助会のセットプランよりも、互助会ではない葬儀社の会員制度に入っていたほうが自由裁量が効くし、かえって安価になる場合もあるんです。互助会系ですと下げ幅は少なくならざるを得ないのが実情です。使うなら一度他でも確認されてみても良いかと思います。

葬儀費用を落したいのなら、あらかじめいくらしか出せませんという前提のもとに交渉するんです。よく使うのがお寺さんへの御布施のほうもあるので、予算が限られるとでも言えばいいのです。担当者はそれに応じてプランをたてるのですから、葬儀社から言われた見積もりの言いなりではなく質問をどんどん投げかけることで考えさせていくことが有効な手段です。お客様によってはいるんです。他社との相見積もりをとって比較してくる人がね。。。利用なさるなら賢い手段を使ってください。

なお最後に付け加えておきます。
ご親戚の方々というのはいろいろなことを必ず言ってきます。これ、全部が全部真に受けていたら終わったあとの費用総額はとんでもないことになってしまうことがあります。葬儀や法事というのは人間の素が見えるところでもあるんです。葬儀や法事の席で遺産についてケンカしている人も見られますけど、みっともない話です。普段は大人しい良い人。でもそのときに限ってそんなことは知っちゃいないと醜い姿をさらしたりします。

自分たちがどのように送ってあげたいのか、そして一度決めたら迷わない。喪主がお若い方ならば当たりもきついことがあります。圧力に押されて全面的に方向がぶれないようにしっかりとサポートできる人が側にいて相談しながらやっていくことが大事だと思います。

長くなり失礼いたしました。以上です。

補足読ませていただきました。

さて、まずお寺様のほうにどのような形で葬儀を行うのか確認してほしいことを前回答にて出しております。それによって、どうしていったら良い形ができるのかと見えてくるはずなんです。各回答者様がたにおかれてもこの点を重視されております。ご住職のお話によってお寺様がどこまでやれるのかがわからない現状があるからです。

例えばご住職の言われているのが、お寺の敷地内にある建物を使用して葬儀ができると仰っておられるのなら、祭壇などの設備はどのようになっているのか...続きを読む

Q天台寺の瀬戸内寂聴さんの法話を聞きに行きたいのですが、

岩手県天台寺で7月6日に行われる瀬戸内寂聴さんの法話を聞きにいきたいのですが、当日の混雑具合がどの程度か、や、近くの宿泊場所(前泊を予定しております)についての情報をいただけると嬉しいです。これまで瀬戸内寂聴さんの法話を聞きに行かれたことのあるかたや宿泊された方、様子をご存知の方、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

天台寺について(ここに一部情報あり)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%8F%B0%E5%AF%BA
http://itp.ne.jp/servlet/jp.ne.itp.sear.SGSSVWebDspCtrl?Gyoumu_cate=3&Media_cate=populer&cont_id=a00&svc=1901&navi=search&init_word=%8E%9B%89%40&init_addr=%8A%E2%8E%E8%8C%A7%93%F1%8C%CB%8E%73%8F%F2%96%40%8E%9B%92%AC%8C%E4%8E%52%8B%76%95%DB33-1&proc_id=k1&clk=181&kid=KN0300060600124159&ktid=
宿泊地(あくせす)
http://www7.ocn.ne.jp/~tendaiyu/acsess.html

周辺ですと、二戸市のホテルになると思います。

Q葬儀のお布施(戒名)が高額です。他のお寺ではだめでしょうか?

近々、一人暮らし父の葬儀を出すことになりそうです。
私は一人娘で他県におり既婚です。
祖母の代にはよくお世話になっていたお寺(日蓮宗)があり、そこで
母→祖母の順で葬儀の際には来ていただきました。
祖母亡き後は、婿養子の父が年二回お経をあげにこられたときに
一万円のお布施とお正月に一万円出していました。
前にこちらでご相談にあがったとき、これでも、檀家だという
事がわかりました。

お寺といっても、墓地はありません。母、祖母は市営霊園(公共墓地)に眠っています。

父の葬儀もここで頼むのが普通なのでしょうが、ここのお寺
お布施が高いところで最低70-多くは100万以上でとても
今の私には出せそうもありません。
母、祖母の戒名も○○院○○信女で、そう立派なものでもない
ようですが、元々お布施の高い地域なのかもしれません。

父が亡くなったら、家も取り壊すと思いますし、私たち夫婦自身は
宗教にはこだわらず葬儀もしなくてよいと考えています。
(葬儀はするかもしれませんが、お寺さんは呼ばないです。)
お寺と今後おつきあいがなくなってもよいのです。罰当たりかも
しれませんが、父の供養も何回忌といった供養は今後は七回忌
くらいまででかまわないと思っています。 
毎年墓参りには来ますけれど。
(父本人も金がないから火葬だけでいいと言ったことがあります。
ただそれも父の年代では本意ではないでしょうから、お経、戒名はほしいと思います。)

治療費、葬儀代を考えると、お布施はせいぜい30万程度しか
出せません。
それで、母達と比べさらに見劣りするような戒名つけられるの
であれば、いっそ葬儀社紹介のお坊さんで予算内でおさめたい
と考えているのですが、間違っておりますでしょうか?

近々、一人暮らし父の葬儀を出すことになりそうです。
私は一人娘で他県におり既婚です。
祖母の代にはよくお世話になっていたお寺(日蓮宗)があり、そこで
母→祖母の順で葬儀の際には来ていただきました。
祖母亡き後は、婿養子の父が年二回お経をあげにこられたときに
一万円のお布施とお正月に一万円出していました。
前にこちらでご相談にあがったとき、これでも、檀家だという
事がわかりました。

お寺といっても、墓地はありません。母、祖母は市営霊園(公共墓地)に眠っています。

父の葬儀...続きを読む

Aベストアンサー

間違ってませんよ。遺族の負担になってはお父様も、本意ではないはず。最後にどうしてあげたいか、あげられるか じゃないでしょうか。

Q【岩手】瀬戸内寂聴さんの青空法話が聞けるツアー(首都圏から)

母が、岩手県天台寺で11月まで毎月行われている瀬戸内寂聴さんの法話を聞きにでかけたいと言っており、できればパックツアーのが安く行けそうとのことで探しておりますが、見つけることができません。もしかしたらそういうツアー自体ないのかも・・・?と思い
(1)この旅行会社のツアーではこの法話聞くのもついてたよ(オプションなどでも・・・)
(2)そういうツアーはわからないけど、このあたりに泊まるプランならお寺が近くていいよ
というのをご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。首都圏出発、できれば新幹線利用でビジネスプラン以外のものが希望です。

Aベストアンサー

ありました。
阪急交通社の「瀬戸内寂聴住職の法話と十和田・奥入瀬 2日間」です。東京駅発で新幹線利用となっていますよ。
十和田・奥入瀬が二日目にあるようです。1人¥39800です。

http://ec.hankyu-travel.com/tour2/web_tour3_tour.asp?p_company_cd=1000010&p_course_no=131130&p_from=EVERY&p_disp=2&p_baitai=4&p_hatsu=104

Q同じお寺での、墓地の移動について。また、葬儀のお布施について

先月、義父が亡くなりました。
すでに義母の墓地があり、35日法要の時に納骨します。
葬儀終了の後、墓石を買い換えることもあり、お坊さんから墓をもっといい場所に移したらと言われました。今ある墓地は、田舎の山の斜面に建てられています。(といってもそんは急斜面ではありませんが)
お墓の位置が高い為、なにかとやりにくいのではないかと言う事ですが、自分達は不便に感じた事はありませんが、周りのお墓をみると、やりにくいのかなと思います。
このように、同じお寺の墓地の移動の場合、永代使用料というのは、また新たに支払わなければいけないのでしょうか?お坊さんは、自分達がここで言いというなら無理にはいわないとおっしゃいました。移動した場合、開眼法要というのは、行うのでしょうか?なんかお坊さんの助言を聞かないと、ばちが当たるような気がしまして。。。でも私達としては、これからいろいろお金がかかるし、ないのであまりお金がかるようなら今のままの墓地で十分なのです。

それと葬儀で支払うお布施が、檀家さん達での取り決めがあるそうで、お寺は田舎で私達は市街地の方に住んでいるので、お恥ずかしい話ですがそういう事がわからず、その取り決めの金額より5万円少なく渡してしまいました。法事のお布施がわからなかったので、思い切ってお坊さんに聞いたところ、指摘されました。「今度の法要に足りなっかた金額お持ちします」と言ったら、「貴方達も、これからお金がかかり大変だからいいよ」とありがたいお言葉を頂きました。お言葉に甘えようとも思いと、やはりそれでは申し訳ないし気が済まないと言う気持ちもあり、迷いましたが、主人と相談して法要のお布施と葬儀のお布施と二つ袋を渡し、それでお坊さんが受け取らなっかたらそうしようという事に決めました。いいよとおしゃってくれたのにかえって、失礼にあたるでしょうか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

先月、義父が亡くなりました。
すでに義母の墓地があり、35日法要の時に納骨します。
葬儀終了の後、墓石を買い換えることもあり、お坊さんから墓をもっといい場所に移したらと言われました。今ある墓地は、田舎の山の斜面に建てられています。(といってもそんは急斜面ではありませんが)
お墓の位置が高い為、なにかとやりにくいのではないかと言う事ですが、自分達は不便に感じた事はありませんが、周りのお墓をみると、やりにくいのかなと思います。
このように、同じお寺の墓地の移動の場合、永代使用料...続きを読む

Aベストアンサー

情報が不足気味でなんとも言えませんが・・・
お墓は、寺院境内地の墓地なのでしょうか?それとも村墓地なのでしょうか?
田舎では、お寺には墓地が無く、地域で共同使用の墓地が別にあるというのがごく普通な地域もありますので・・・・一応確認です。
ご質問には「同じお寺の墓地の移動の場合」とありますので、形式的管理上の話ではなく、寺院所有地という前提でコメントしますと・・・寺のほうから言っている以上は特段新規の扱いにはしないと思われます。まあ、気軽に聞いてみるのが一番ですよ。聞いてみてください。
次に、「移動した場合、開眼法要」の件ですが、移動なのですか?墓石を買い換えるのではないのですか?場所の移動に関係なく、墓石を新しくすれば法要は行いますよ。法要の呼び名は宗派によって異なります。
経済的事情があれば、お墓の移動は、お金がかかるかどうかで決めればよろしいと思います。
なお、葬儀のお布施ですが、法事も含めて確かに檀家さんにお願いする金額は、寺院の年間維持費の負担の性質があるので、毎年決まった年間支出額から逆算して算出してお願いしている寺院は多いです。年間収入が年間支出に満たなければ、全檀家に追加寄付をお願いするか、お寺がつぶれるかどちらかですからね。みんなのお寺をみんなで維持する仕組みなのですが、慣習的に、均等割りの年会費ではなく法事や葬儀時に多く負担していく仕組みになっていますからね。田舎は過疎化もあって負担する人数か減っている分、1軒あたりの負担が増えて大変だと思います。
御布施は、住職の個人的な収入とはなりませんので、多い少ないは住職には直接関係が無いのですが、寺院を預かる責任者としては寺院収入を赤字には出来ないのでぎりぎり運営の寺院ではつらいところです。その意味で、御布施が本来の御布施という意味合いのものではなくなっているという現実も田舎の寺院ではよくあります。住職は、僧侶であると同時に、寺院経営者としての立場があり、ある意味、あるべき姿が相反するものがあるからです。
住職としては、皆さんから預かった寺の寺院経営者と言う立場がある場合、なかなか葛藤が生じるのです。
端的に申せば、少ない御布施の方でも「どうぞどうぞお気にせずに」という「良い僧侶?」が住職をすると、そのお寺は財政難で潰れてしまいます。(潰せば檀家さんから「寺をつぶしたとんでもない住職」といわれます。)
逆に、お金にうるさいと評判の悪い住職のお寺は、必要な収入が確保され、潰れません。
わかりやすいとは思いますが、難しいのです。
あとは、会計は檀家さん公開しているはずですし、会計を直接会計担当の檀家さんがが行っている寺院の場合などは「○○さんの家では・・・」となってしまうケースもあり
檀家さん間や親族で感情的な問題が生じることもありますので注意が必要です。
お寺の状況やケースケースによって異なるので、ここで質問してもあまり参考にはならないと思いますので、直接ざっくばらんに住職に聞いたほうが良いです。というか聞いてくださったほうが助かります。失礼にあたるということはありません。
以上、amida3@兼業坊さんでした。

情報が不足気味でなんとも言えませんが・・・
お墓は、寺院境内地の墓地なのでしょうか?それとも村墓地なのでしょうか?
田舎では、お寺には墓地が無く、地域で共同使用の墓地が別にあるというのがごく普通な地域もありますので・・・・一応確認です。
ご質問には「同じお寺の墓地の移動の場合」とありますので、形式的管理上の話ではなく、寺院所有地という前提でコメントしますと・・・寺のほうから言っている以上は特段新規の扱いにはしないと思われます。まあ、気軽に聞いてみるのが一番ですよ。聞いてみ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング