『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

タイトルの通りです。
小さい頃蛍光灯の横に置いておいて本当の数日で黄ばんだのをショックを受けて以来、本の保管に神経質になりました。

数年前から
(1)一冊づつ厚めの(市販のビニル袋)にいれて空気を抜き、封をセロテープで口部分にする。
(2)日の当たらないクローゼット(気温も低い)に保存
(3)クローゼットは月に1~2回以外開けない
(4)一度ビニールで圧縮し、保存したら絶対開けない
と努力してきているつもりだったのですが、

数日前から整理をしたなら、かなり黄ばんでいました。
800冊くらいあるのですが、ジャンプ系より少女マンガ(特に白○社)は一年前に買ったものも黄ばみが入っていました。

これって、これ以上防ぐのはどうすればいいのでしょうか?
ヤスリで削るのはなしです。
結局そこがまた酸化してしまいますので。
それ以外になにかいいアイディアがあったら教えてください。
とりあえず黒いゴミ袋に10~20冊づつ、更にカバーしてみようかと思うのですけど…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

大変な宝物をお持ちだったんですね。


保存へのこだわり方からもしやと思いましたが、作家先生のサイン入り初版本なんてマニア垂涎の本ばかりとは、驚きました。また大切にしたいという気持ちも理解できました。
一方で、この宝物の生かし方を考えると、保存と公開という矛盾した問題に突き当たります。
百年後か二百年後とかにあなたの子孫に軽い人が出てきて、金になりそうだから売ってしまおうなどとあなたの遺志など全く考慮せずに換金してしまった。
研究者の間では保存状態の大変によい貴重な資料として高い評価を得た。
ただ百年後の人々には、本の価値は現代の人ほどにはわかって貰えなかった。
いろいろなケースがあると思いますが、その宝物の価値のわかる人が大勢いる現代の人たちに、公開・展示する道もありかな、などと考えます。
あなたにとっては、胸の張り裂けそうなことですが、保存状態の良いコミック博物館などがあれば、大勢の理解者の目に触れるのも、その宝物にとっては良いことかも知れません。
寿命が短くても、悔いのない人生があるように、本にも使命を果たせば本望という道がないでしょうか?
気に障ったらごめんなさい。
    • good
    • 7

市販のビニール袋には目に見えない微細な穴が開いているため、厳密な意味では酸素を遮断できていません。


酸素バリア性を謳う製品を用いて真空パックし、なおかつ脱酸素剤を封入するのが良いのではないでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

有効的なアドバイスありがとうございます。
ちょっと蔵書が多すぎて、予算が…でも今後の参考にしていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/20 15:03

確かにこれって悲しくなりますよね。


きっと質問者さんも相当な漫画好きなんでしょうね。私も紙で包んだり防虫剤を入れたり学生の頃はやりました。(ほとんど意味無かったです)

2番の方の言うとおり、黄ばみは酸化がおもな原因で、紙は言われるとおり100年ペーパー等の中性子で無い限り空気に触れれば勝手に酸化します。
又わずかな光にも感光しますよね。

露光による黄ばみはUVカットフィルムで包装して防止、後はエージレスで真空梱包か不活性ガスで置換します。

中野のブロードウェイのカード屋さんはUVカットフィルム使ってましたよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

判ってくださる方がいて嬉しいです。ありがとうございます。
…効果はありませんか。悲しいです。
手袋して、読まないままビニールで圧縮してるんですけど…読む用は別に買ってるし…。
サインも入ってるのに…。
やはり、皆さんご指摘の通り、真空するやつが必要ですね。
頑張ってお金貯めます、ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/20 15:06

古本屋で買ったときのカバーかなり有効でした


そのカバーの名前がわかりませんがね、、

手からにじむ油分もシミになりますよね、、、
    • good
    • 4
この回答へのお礼

実はお店で買ったままのビニールフィルムがついたままで、更にビニールで圧縮、空気を抜いて密閉、テープで留めているです…新刊ですけど。
手で触るのもいやなので手袋して保存してるんですけど…どんどんダメになってしまって…悲しいです。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2007/09/20 14:58

黄ばみは紙の質によるものなので、基本的には対策はありません。


製紙メーカーは、本の黄ばみを防ぐために中性紙を開発したりしてますが、すでに刊行された本はどうにもなりません。
年月が経つと黄ばみどころかボロボロになって崩れてきます。
手のかかる対策としては、デジタル化があります。紙はどうにもならないので、スキャナーで読み取り、デジタル信号として保管するものです。
本の骨董品としての価値はなくなりますが、いつもきれいな状態で閲覧できます。
デジタル後は空気を遮断した保管方法をとると、あなたの目の黒いうちはなんとか持ち堪えるかも知れません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

知識をありがとうございます。
申し訳ないのですけど、ほとんどの本(特に小説)は作家先生のサインが入っていまして、マンガも初版帯付き、角擦れ、欠けなし、書店購入のままビニールがかかったまま、一度も開いていないので、デジタル化をする為に開くなんて恐ろしいことは出来ません。
手袋をして触ってますし…ページを捲るのなんて……。
ですので、デジタル化はちょっと無理です。
地道に圧縮してビニールを更に重ねて気休め程度にしていきます。

お礼日時:2007/09/20 15:02

黄ばむのは主として光と酸素が原因だと思います。


光は遮断されているようなので,完全に密封できるビニール袋に以下のエージレスのような脱酸素剤と一緒にいれたらどうでしょう。

ホカロンでも代用できるとおもいますが,ビニールに穴が開いたときに火事になるとこまるので,ちょっと怖いですね。

ビニール袋はセロハンテープなどでは十分空気を遮断できないので,
http://www.yodobashi.com/enjoy/more/productslist …
にあるような真空パックで完全に密封する必要があります。

いろいろ書きましたが,小生やったことはありませんので,効果は保証できません。

参考URL:http://www.matumiya-sug.co.jp/goods/product/pd-1 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
本は読む用と保存用を買っているので、真空パックはちょっと予算が無理です…。
ホカロンもご指摘の通り危ないですよね。
大切にしたいので、今後の参考にしますね、ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/20 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガ本の黄ばみの処置方

自分は気に入ったマンガを集めるのが趣味なんですがふと本棚を整理しているとマンガ本の背中(いわいる開く部分)と上部(下部)が黄ばんでいるのに気がつきました。丁寧に保管していたつもりなんですが(日焼けを避けるための処置もしていました)何故か黄ばんでいてなかには黒ずんでしまっているのもあるんです。やはり経年の黄ばみはしかたがないのでしょうか?大事にしていた本が黄ばんでいて少し凹んでいます。こういった状態になった場合処置方とかありますか?あとそもそもなんで黄ばむんでしょう?

Aベストアンサー

私の書庫の本も、黄ばんでいます。

黄ばむ理由は、酸性紙のため、紙の繊維が劣化して、黄ばみます。
黄ばんだものは、繊維がボロボロですので、除去するしかないです。
その詳細については、下記のサイトを御覧ください。
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/an.html

BookOffでは、買い取ったものを、グラインダーで、削っています。
自分でやるのであれば、紙やすりで、削るしか方法は無いようです。

未然に防ぐのであれば、酸性紙を中和させるやり方があります。
アルカリ溶剤で、中和させるのですが、本1冊をやるのであれば、完璧にできると思いませんが、
アンモニア水を、脱脂綿に含ませ、本と一緒に、ビニールに入れておく、方法が考えられます。
劣化緩和についての詳細サイトは下記です。
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/index_3.html

基本的に、空気・紫外線にに触れさせなければ、防げますので、
本を、本屋さん同様、日にあたらないところで、ワンラップのようなもので、包んでおくしかないです。
外出ししておくのであれば、黄ばむ部分を、アンモニア水で、一度拭いておくと、よいです。

焼けない紙も、あります。中性紙ですが、かなり高価なものになりますので、使われているものが限られております。
まず、マンガ本では、使われ事は無いので、上記の方法が、最善の策と、思います。

参考URL:http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/an.html,http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/index_3.html

私の書庫の本も、黄ばんでいます。

黄ばむ理由は、酸性紙のため、紙の繊維が劣化して、黄ばみます。
黄ばんだものは、繊維がボロボロですので、除去するしかないです。
その詳細については、下記のサイトを御覧ください。
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/an.html

BookOffでは、買い取ったものを、グラインダーで、削っています。
自分でやるのであれば、紙やすりで、削るしか方法は無いようです。

未然に防ぐのであれば、酸性紙を中和させるやり方があります。
アルカリ溶剤で、中和させるの...続きを読む

Q本屋さんに売っている本は黄色(日焼け?)くならないのですか?

本屋さんに売っている本は黄色(日焼け?)くならないのですか?

私は家にある漫画などは押入れに入れ、日に当たらない場所に保管しているのですが、古い漫画だと気づいたら黄色くなってます。ネットでちょっと調べたら酸化して色が変わるとの情報がありました。

空気に触れると色がかわるのかぁと思ってたんですが、よくよく考えたら本屋さんの漫画本も簡単なラッピング?(透明なビニール)をしているだけで十分空気に触れているのに何で色が変わらないんだろうと不思議に思いました。

ひょっとして家にある漫画もサランラップでまいておけば色が変わらないんでしょうか?

本屋さんの本の色が変わらない理由をご存じの方、暇なときで結構ですんで教えて下さい。

Aベストアンサー

業界用語で表紙(特に背表紙の部分)や小口などが焼けていることを
『ヤケ』といいその本の見栄えも価値も激減します

これを防ぐ対策というのは次の通りです

日光が直接当たることは厳禁でこれはてきめんにヤケます
直接当たらなくても明るい場所に置くとこれもヤケやすいです
かといって余り湿度が多いようなジメジメした場所だとカビが生えます
カビが生えるのは大体本の上の部分『天』でここに埃がたまり
それがカビによって点々とシミがつくことが多いですので
こまめに本の上部の埃を払うようにすればいいです

そういった外部要因以外にも本自体のヤケ易い原因としてザラザラした
あまり白くない紙の本は他のものより劣化の具合がかなり早いですし

特にヤケ易い背表紙でも表紙そのものは大丈夫でも背表紙に文字だけが
退色している場合があります
これはインクに黄色系のヤケ易いものを使っているのが原因です
背表紙に黄色の文字が極めて少ないのは見難いというのとこのためです

出来れば昼間でも薄暗い場所に置けばヤケは防ぐ事は可能です

それと書店にある本は汚れてきたら入れ替えたりしますし
ヤケる前に売れたり交換したりするのでヤケないように
見えるのだと思いますが特にヤケない秘訣があるわけではありません

コミックも立ち読み防止のためにお金と手間をかけてラッピングして
いるのでありヤケ防止のためにしているのではありませんし
コミックは特に回転が速いですからヤケる前に店頭から消えるのです

業界用語で表紙(特に背表紙の部分)や小口などが焼けていることを
『ヤケ』といいその本の見栄えも価値も激減します

これを防ぐ対策というのは次の通りです

日光が直接当たることは厳禁でこれはてきめんにヤケます
直接当たらなくても明るい場所に置くとこれもヤケやすいです
かといって余り湿度が多いようなジメジメした場所だとカビが生えます
カビが生えるのは大体本の上の部分『天』でここに埃がたまり
それがカビによって点々とシミがつくことが多いですので
こまめに本の上部の埃を払うようにすればいい...続きを読む

Q漫画本を綺麗に保存したい!

最近、「ドラゴンボール」が好きになり、思い切って完全版をネットで購入しました。中古だったにも関わらず、状態が良好でとても気に入っています。
この状態を保つために、透明のブックカバーをつけて保存したいと思っているのですが、ちょっと気になることがあります。
完全版は通常版と違って紙も上質なようですし、表紙の絵の部分が少し盛り上がっているような感じになっています。
これにビニールのカバーをつけて保存した場合、時間が経つと絵とビニールがくっついてカバーを外したら表紙の部分がはがれてしまうのでは・・・と心配です。
あと、自分の部屋が陽があたりやすく、冬でも暑く感じることがあるのでそれも影響しないかなあと・・・。
そういった心配は無用ですか?ちなみに今はブックカバーをつけないで段ボールの中に入れて保管しています。
ブックカバーはまだ購入していませんが、「ミエミエ A5」を購入しようかと検討中です。
時間が経てば少なからず痛む物とはわかっていますが、せっかくきれいな状態なので、状態を保ちたいです。
他に保存方法があれば教えていただきたいと思います。

最近、「ドラゴンボール」が好きになり、思い切って完全版をネットで購入しました。中古だったにも関わらず、状態が良好でとても気に入っています。
この状態を保つために、透明のブックカバーをつけて保存したいと思っているのですが、ちょっと気になることがあります。
完全版は通常版と違って紙も上質なようですし、表紙の絵の部分が少し盛り上がっているような感じになっています。
これにビニールのカバーをつけて保存した場合、時間が経つと絵とビニールがくっついてカバーを外したら表紙の部分がはがれ...続きを読む

Aベストアンサー

紫外線による紙焼けを防ぐためでしたら、透明ブックカバーは止めたほうがいいと思います。
本屋でやってくれるように、紙のカバーのほうがいいかと。
透明カバーは本棚に立てても背表紙が見えるのがいいところですが、保存面では
ダメかなと思います。

本を綺麗に保存したい場合は、段ボールではなく衣装ケースのようにプラスチック製の
密封できるケースに乾燥剤と防虫剤も一緒に入れ、陽や蛍光灯の灯りが当たらなく
湿気の少ない場所に置いておくのがいいと思います。
そして、半年とか1年ごとに本を出して陰干しするといいです。
本の紙カバーはパラフィン紙がいいと何かで見た覚えがあります。
ケースに入れるときはギュウギュウに詰めないようにしてください。
段ボールに長期間本を入れておくと、虫が湧きます;;

そこまで気にしないよと言う場合は、紙カバーをつけて本棚に立て、陽が当たるようなら
本棚の前に布切れを使ってカーテンのようにして陽を避ければいいかなと思います。
で、時々本の陰干しをするのがいいと思います。
#1さんも書かれていますが、日光や蛍光灯の紫外線と湿度に気をつければ大丈夫だと思います。


なんて、エラそうに書きましたが自分は透明カバーをかけて、本棚に立ててるだけです(笑)
一応気を遣ってるのは、本棚に陽が当たらないようにしてるだけですね。

紫外線による紙焼けを防ぐためでしたら、透明ブックカバーは止めたほうがいいと思います。
本屋でやってくれるように、紙のカバーのほうがいいかと。
透明カバーは本棚に立てても背表紙が見えるのがいいところですが、保存面では
ダメかなと思います。

本を綺麗に保存したい場合は、段ボールではなく衣装ケースのようにプラスチック製の
密封できるケースに乾燥剤と防虫剤も一緒に入れ、陽や蛍光灯の灯りが当たらなく
湿気の少ない場所に置いておくのがいいと思います。
そして、半年とか1年ごとに本を出...続きを読む

Qマンガ本に黄色い斑点が・・・

久しぶりに本棚のマンガ本をみたら、黄色い斑点がありました。(表紙ではなく中にです)
これはカビでしょうか?

本は10年以上前に買ったものです。

Aベストアンサー

こんばんは

シミだと思います
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2285256.html

ご参考までに

Q本のしみはなぜできる?

本のしみってどうしてできるんでしょう?
予防法やもししみができてしまったときの対処法があれば教えてください。

Aベストアンサー

光に当ったり劣化したり、というのが主な理由だと思います。
直射日光に当てない様に、ぐらいしか思い当たらないのですが…
保存方法は、下記サイト様が参考になるかと思います。

http://www.nippoh-bb.co.jp/topics/topics2.html
http://hanigebo.cside.ne.jp/fox/other/book-mainte.htm
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1102121964/l100

Qコミックの変色の理由と対処

こんばんは。
コミックなどの本は、光が当たるところに保存しておくと黄ばんできます。黄ばんでしまう理由はこれだけなのでしょうか?空気に触れてしまうとダメと聞いたのですが。。
また、黄ばみを防ぐためには、(1)光の入ってこない透明でないケースに入れておけば大丈夫でしょうか。もしくは、ケースに入れていなくても、開けたときにしか光が入らない押入れ等に入れておけば大丈夫でしょうか?(ときどき開ける程度です)
お願いいたします。

Aベストアンサー

しばらく前のコミックは「酸性紙」を使用していた為紫外線が当たらなくても自然に劣化して黄ばみ、最終的には(相当な期間が必要ですが)ボロボロになります。

最近は「中性紙」を使用している様ですので、自然劣化は大分抑えられていると思います。一番の黄ばみの原因は紫外線劣化ですのでやはり暗い所で光を当てずに保管するのが一番良いのでは。但し、暗い所だからといって蛍光灯が点きっ放しでは意味がありません。蛍光灯はかなりの紫外線を放出します。必要最低限で点灯して下さい。

あと、暗い所では紫外線劣化は防げますが湿気はまた別の問題ですのでご注意を。

Q紙の黄ばみ防止について

美術部の者です。

私は作品を作る時によく白い紙を使うのですが、数年も経つと黄色くなってしまいます。
せっかく作ったのに・・・ということが今まで何回かありました。

なんとか防ぐ方法はないでしょうか。

上からペンキを塗る、絵の具を塗る等はなしでお願いします。
素材の質感を残しつつ、というのにこだわりたいです。
ニスみたいな透明なものならOKです。

Aベストアンサー

立体作品ですか?

まずは黄変しにくい紙を選ぶことだと思います。(化学パルプ100%のもの)
逆説的なのですが純白タイプの物ではなくて最初から黄色っぽい物の方が変色しにくいということはあると思います。(アイボリーケントなど)

普段はふた付きの箱などに入れておいて、鑑賞したい時に出して眺めてはいかがでしょうか。これならばケース越しに観るもどかしさはありません。(前の方は光源や窓に紫外線カットをするのを提案されています。これもケースの要らない方法ではないかと思います。)
ただ、紙の上にほこりが積もると斑点などが生じますね。湿気で埃から移染するのだと思います。だから紙の作品はやはり普段は箱に入れておくのがお勧めです。
タバコの煙や料理の油煙も作品を変色させます。

ニスなどのクリアー塗装は塗料自体も黄変したり劣化したりしますし、それが無かったとしても光を通すので結局紙は変色して、それが透けて見えてしまいますから、ダメだと思います。
UVカットつや消しクリアーという塗料もあるんですが、クリアー塗料というのは均一にかかっているのがわかりにくく、塗り残しなどあると後でそこだけ色が違ってくるのではないでしょうか。分厚く塗ると紙の質感は薄れてしまうし。

ジェッソなどにごく薄く色をつけて紙の色に近づけて塗っておくというのはありうるように思います。(やったことは無い)。完成してから水性の物を塗ると湿気で波うつ可能性は大ですね。

紙の造形作家は作品とそれ用の箱を同時に作って棚に整然と入れていたように記憶いたします。

あとうつろいやすい作品は写真をきちんと撮っておくというのも一種の表現方法として考えられます。専属の撮影者を探すのがむずかしい場合は自分で研究して。

立体作品ですか?

まずは黄変しにくい紙を選ぶことだと思います。(化学パルプ100%のもの)
逆説的なのですが純白タイプの物ではなくて最初から黄色っぽい物の方が変色しにくいということはあると思います。(アイボリーケントなど)

普段はふた付きの箱などに入れておいて、鑑賞したい時に出して眺めてはいかがでしょうか。これならばケース越しに観るもどかしさはありません。(前の方は光源や窓に紫外線カットをするのを提案されています。これもケースの要らない方法ではないかと思います。)
ただ、紙の上...続きを読む

Q本のベストな保存方法。

本が大量にあって、どう保存すればいいか迷っています。

今は、売っている段ボール箱に入れて、畳の上に置いておいたのですが、ダニのような虫がくっついてしまっていました。
ガラス戸付きの本棚を買おうと思っていたんですが、本が日焼けして茶色くなりそうで…。

日焼けもしなくて、ダニみたいなのもつかないように本をきれいな状態で保つにはどのように保存しておくのがベストなんですか?(一般家庭での場合)

あと、本の日に焼けた部分を白に戻すにはどうすれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

ダニはやっぱり防虫剤が最適だと思いますが、密閉した場所(通気性の悪い所)でもまずいっなって思います。特に雨期。
湿気でカビそしてダニ。

本棚の後ろは支える棒か板で、たまに移動できるような(掃除のときとか)キャスターがあるといいと思います。
押し入れに収納できるタイプの本棚は通販で売ってます。
日焼けもしないし、傷めないですみます。
押し入れには湿気とりを入れればほぼ大丈夫です。

本の日焼けは古本屋さんで焼けた所を紙やすりでけずってるのをよく見ます。コツとして平らな板(適度な大きさ)に紙やすりを巻き付けると上手にできます。

Q本の防虫剤ありますか?

先ほど、1ヶ月前に購入した書籍を初めて開いたのですが、本の間に白い小
さな虫らしきものがいました。
以前から、本の間に小さな白い虫がいるような事が多々ありました。
しかも比較的新しい本です。

虫が嫌いというわけではないのですが、長くとっておこうと思っている本
なので虫食いが気になります。それに他人に貸すこともあるので、本の間
から虫が出てくるのもちょっと・・・。その白い奴が虫食いの原因となる
虫なのかはわかりませんが。

衣類の防虫はよく聞くのですが、本の防虫剤というのはあるのでしょう
か?オススメがあればご紹介下さい。

Aベストアンサー

本も、衣類と同じく繊維からできています。

また、私の経験から防虫剤は繊維をだべる虫だけでなく殆どの虫(アリなど)に効果があります。
衣類用の防虫剤でも効果があると思いますよ。

Q本の保管方法

私はマンガが好きで、家には多分2000冊以上あると思います。それらの本が日焼けなどで痛むのが悲しいので、以前からなにかよい保管方法はないものかと考えています。

結果、ホームセンターなどで売っているケース(500円くらいでコミックなら2、30冊入る)を少しずつ集めて収納しようかと思いました。

みなさんは大切な本をどのように保管しているのでしょうか?おすすめがあったら教えてください!

Aベストアンサー

私もたくさん持っています。
私の保管方法はお金もかかりますが、20年やそこらたっても買ったときのままの美しさが保てます。
まず、読み終わったら一刻も早くビニール袋にいれます。
これは、スーパーなとで50枚88円くらいで売っているもの。
本の角にあわせて折り、崩れないようにセロテープで封をします。ダニ予防と擦り傷予防です。
それを、イナバ物置に。(すみません。これが高いです)
内側に、押入などに貼る結露防止シートをはり、結合部の穴などは害虫予防にガムテープ、キンチョーとか一度かけておけば以後数年は大丈夫です。カーテンをつければ、日光で本が傷む心配はなくなります。床はゴザかダンボールを敷いて床下からの湿気も塞いでください。ここに、本棚を入れて保管してOKです。
本棚に、立てて置くほうが本がぺっちゃんこになりません。
本棚の奥側に、より大切な本を入れれば、日常の紫外線をより強力にガードできます。
ここに雑誌も保管していますが、雑誌はダンボールに詰めるだけ詰めて押し込んでいますが、これも美麗なままです。
ホームセンターなどで売っているケースは私も最近愛用しはじめました。スペースが有効に使えます。(縦に入れられるもののほうが、重ねた時に安心)
物置の出入り口は普段からすぐに閉めるようにしてください。
ねずみなどが入ってきたらそれでこの楽園は終わります。

私もたくさん持っています。
私の保管方法はお金もかかりますが、20年やそこらたっても買ったときのままの美しさが保てます。
まず、読み終わったら一刻も早くビニール袋にいれます。
これは、スーパーなとで50枚88円くらいで売っているもの。
本の角にあわせて折り、崩れないようにセロテープで封をします。ダニ予防と擦り傷予防です。
それを、イナバ物置に。(すみません。これが高いです)
内側に、押入などに貼る結露防止シートをはり、結合部の穴などは害虫予防にガムテープ、キンチョーとか一度かけ...続きを読む


人気Q&Aランキング