料理の本が好きです。
レシピ集じゃなく、料理が関係するエッセイや小説、です。
マンガでは美味しんぼ、将太の寿司、中華一番、子どもが料理をするやつ(味皇さまとか出てくるやつ)、なんかが好きです。
クッキングパパは、話より料理メインなのでイマイチです。
マンガより字の本が好きなので、そちらの方を探しています。

こちらで、既出のお答えは大体見させていただき、何冊か古本屋さんや図書館でゲットしました。

お答えの中にあったのはエッセイが多かったように思いますが、自分としては、エッセイよりも物語の中に頻繁に料理が出てくる、というような小説が読みたいです。

上記マンガに通じるようなオススメ小説や物語はないでしょうか。(ちなみに、子どもが読むような物語は結構読んでいるつもりですので、それ以外だとありがたいです。)

よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

角田光代「彼女のこんだて帖」


http://www.betterhome.jp/book/kanojo/kanojo.php

こちらは以前にも紹介したサイトなので見てるかも知れませんが念のため
http://homepage3.nifty.com/tosyokukan/
http://www.tsuji.ac.jp/hp/dkpo/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「彼女のこんだて帖」は読んでおりました。楽しい小説でした。
二つ目のリンク、参考にさせていただきます。三つ目が見られないような……?

お礼日時:2007/10/28 10:14

北森鴻さんのミステリ作品はどうでしょう。



『メイン・ディッシュ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4087474240/

『花の下にて春死なむ』他、「香菜里屋」シリーズ
http://www.amazon.co.jp/dp/4062733277/

どちらもおいしそうな料理の描写は秀逸です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速購入してみます!

お礼日時:2007/10/28 10:12

ダイアン・ディヴィッドソン著「クッキングママ」シリーズはケータラーが主人公なのでたくさん料理が出てきます。

ジャンルはコージー・ミステリーという感じです。
あとはアマンダ・ヘッサー著「アマンダの恋のお料理ノート」はフィクションともノンフィクションともとれますが細かいレシピがたくさん出ています。
ご参考になればぜひ。
既出でしたら失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
クッキングママをさっそく購入しました。
読んでいくと、たくさんお料理が出てきて楽しいのですが、外国モノは名前に慣れるまでが大変です……。
でも、お料理が出てくるので、最後まで読んでみようと思います。

お礼日時:2007/10/28 10:15

ロバートB.パーカーのスペンサーシリーズもお勧めです。



こんなに素敵なサイトがありました。
http://homepage3.nifty.com/danchans/mystery/Spen …(1).htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
教えていただかないと手に取らないような作者さんです。
参考になります。

お礼日時:2007/10/28 10:16

池波正太郎の小説がお勧めです(エッセイもありますが)。


小説自体もとてもおもしろいのですが、そのなかにチラチラと料理が出てきます。
鬼兵とか仕掛人とか剣客商売とか。
五鉄のしゃも鍋とか、梅安がはぜを煮て食うところとか、道場を始めた大二郎が自炊で根深汁を作り、小兵衛に葱臭いといわれるところとか、いろいろ思い出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
池波さんの小説やエッセイはわたしも好んで読ませていただいております。
お料理の描写、お上手ですよね。

お礼日時:2007/10/28 10:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメの「美味しいんぼ」のDVD化は?

僕は、アニメの美味しんぼの大ファンで、取りあえずビデオは全部借りてみました。

しかし、最近になって、アニメ版を全部自分の手元におきたいと考えるようになり、どうせ集めるならDVDで、と考えたのですが、残念ながら今のところDVDでの発売はされてはいません。

自分の中では、最高の名作アニメとの定評を持ってます。
しかし、なかなかDVD化はされてませんよね。

他のどうでもいいような、下らないアニメはどんどんDVD化されているというのに・・。

美味しんぼは、この先、DVD化されることはないのでしょうか?

詳しい方がいたら、是非、教えてください。

Aベストアンサー

実現するかは分かりませんが、
こういうサイトがあります。

有志を募ってみてはいかがでしょうか
「たのみこむ」
http://www.tanomi.com/

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q美味しんぼ24巻に出てくるカレーの店

今現在インドにいる友人から、
美味しんぼ24巻、デリーに出てくる有名なカレーの店の情報を教えて欲しいと言われました。

生憎私は美味しんぼを持っていないので、誰か分かる方、
教えてください。

Aベストアンサー

『美味しんぼ』24巻の117ページにお尋ねのページがあります。

しかし、残念ながら「デリー」という地名と、「こちら、このホテルの総料理長のモハメッド・イムティアズ・クレシさん。インドで、一番有名なシェフなんですよ。」という文しかありません。絵から判断すると、7階建てのホテルのようです。

こんなところしかわかりませんでした。

Qおすすめの本や小説

 昨日の夜のテレビ番組で「レオナルド.ダヴィンチの最後の晩餐」には深い謎があり、それを絵に表現していることなどに深い興味を持ちました。私はまだ映画は見てないのですが、そのような絵の謎をもっと知りたくなりました。「ダヴィンチ・コード」の原本もそういう風にかかれているのかなぁと気になっています。その類いの本で読みやすくおすすめの本があればおしえてほしいと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう中年ですが、子供の頃からこういうミステリーとか、未確認生物など大好きです。
「ダビンチ.コード」は、映画も本も未見ですが、
過去に読んだ話なしでは、
「モナリザの微笑」には、実は、ダビンチ本人が描かれている。
と、いうようなものでした。
そういえば「神々の指紋」とか話題になりましたよね。
手軽に楽しめるのは「ムー」月刊誌です。
漫画本では、
星野之宣(ゆきのぶ)氏、諸星大二郎氏の両巨匠作品。
上記、ご承知でしたらお許し下さい。

参考URL:http://www.gakken.co.jp/mu/

Q「美味しんぼ」の料理を私も食べた~い!

まんが「美味しんぼ」に最近はまっているのですが、おいしそうなものばかりでうらやましいです。

東京に住んでいるのですが、モデルになったお店、美味しんぼの味が体験できるお店などをご存じでしたら教えて下さい。

また、実際に美味しんぼの料理を作ってみました!という方がいたら感想おしえてください。

何巻かは忘れましたが「マーボー豆腐ににんにく芽を
いれるとおいしい」なんて話しがありましたが、あれなら素人の私でもまねできそう。。

Aベストアンサー

漫画に出てる店や料理ではないんですが、焼鳥屋さんで「今井屋」という店があります。美味しんぼと同じ鶏(どういう種類か覚えてないんですが、、)を使ってるとかで漫画も飾ってましたよ、お手洗いで「へーそーなんだー」と思った記憶があります。とても並びましたがとても美味しかったです。(表現ヘタですいません)
「江戸の鶏処 東山 今井屋 本店」
東京都目黒区東山2-3-5-B1
Tel03-5794-7770
私は恵比寿店へ行きましたが、本店の名刺を持ってましたので上記。

Qバー、カフェ、小料理屋などが舞台の小説

バー、カフェ、小料理屋など、飲食店が舞台となっている小説はありませんか?
お酒が飲みたくなったり、料理を食べたくなったり、又は店主と話してみたくなる、そんな内容だとありがたいです。
ハードボイルドな感じでないものを御存じでしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

■北森鴻さんの『香菜里屋』シリーズ
『香菜里屋』(かなりや)という名前のビアバーを舞台にしたミステリーのシリーズです。
『花の下にて春死なむ』『桜宵』『螢坂』『香菜里屋を知っていますか』の4冊が出ています。

■近藤史恵さんの「ビストロ・パ・マル」シリーズ
こちらは庶民的なフランス料理店「ビストロ・パ・マル」が舞台のミステリー。
『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』の2冊があります。

ご参考になれば幸いです。

Q美味しんぼの功罪

美味しんぼという漫画は、参考になることもあれば
放射線問題のように首をかしげたくなることも
多々ある漫画だと思います。

もっとも大きな問題は、美味しんぼでは科学的な
道具を使ったり、科学的に効率よく作ることは
全て間違いであると言った論調だと思います。

にもかかわらず、随所で科学的分析なんかも
出てくるのでなぜ分析は信用出来て製品は
信用できないのか理解できません。

この「美味しんぼ」による科学否定の風潮を変え、
科学は人の幸せを増大させるためにあるということを
認識してもらうには政府はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

所詮マンガ、つまり創作物ですからいくら取材をしていようが
作者の主義主張想像力を超えるものではありません。
朝日新聞のようなものです。

Qエッセイ集とはどんな本の事ですか?

彼女と話をしていたら、『読書は嫌いじゃないよ、エッセイ集とかよく読むよ』と
言っていました。
『エッセイ集』とはよく聞きますが、具体的にはどんな本の事なのかが分かりません。
ネットで調べてもイマイチよく分からないので、具体的な作品名を上げて教えてくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雑誌などに連載されたエッセイや、さまざまな媒体に書いた文章を集めて一冊にしたものが、エッセイ「集」なのでしょう。
Webサイトに書かれたものをまとめたのもあります(例:よしもとばななドットコム)

小説家が色々とエッセイを出していますよ。
『村上朝日堂』シリーズ(村上春樹)とか、
『すべての男は消耗品である』シリーズ(村上龍)とか、
石田衣良さんもエッセイ集があるでしょう。
最近読んでないけど山田詠美さんは『熱血ポンちゃん』シリーズがありました。

瀬戸内寂聴さんとかもあるし、、
宇野千代さんとかも(^^;

書き下ろしのエッセイもあるでしょうし・・・・、
たくさんありますよ。
ご本人の趣味次第ですから、具体的に彼女が読んでいるのはこれだろう、というのは分かりません。

アマゾンの「エッセー・随筆」はかなり広範囲みたいです。
(旅行記まで含んでいるらしい・・・・)
http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=sr_ex_n_1?rh=i%3Astripbooks%2Cn%3A%21465610%2Cn%3A466284%2Cn%3A467258&bbn=467258&ie=UTF8&qid=1269331721

雑誌などに連載されたエッセイや、さまざまな媒体に書いた文章を集めて一冊にしたものが、エッセイ「集」なのでしょう。
Webサイトに書かれたものをまとめたのもあります(例:よしもとばななドットコム)

小説家が色々とエッセイを出していますよ。
『村上朝日堂』シリーズ(村上春樹)とか、
『すべての男は消耗品である』シリーズ(村上龍)とか、
石田衣良さんもエッセイ集があるでしょう。
最近読んでないけど山田詠美さんは『熱血ポンちゃん』シリーズがありました。

瀬戸内寂聴さんとかもあるし...続きを読む

Q漫画『美味しんぼ』にて龍神丸という日本酒が紹介されていたのは本当ですか

漫画『美味しんぼ』にて龍神丸という日本酒が紹介されていたのは本当ですか?
先日、知人がこのお酒は漫画の美味しんぼでも紹介された手に入り難い日本酒なんだよ
と言って、『龍神丸』という名前の日本酒を見せてくれました。
そうなんだ、あのグルメ漫画で紹介される位って事は凄いお酒なんだなと思い、
帰ってネットで調べてみたのですが、美味しんぼ内で紹介されていたと記載されたサイトを
見つける事が出来ませんでした。
もしかして、その龍神丸を作っている酒蔵が紹介されただけであって、龍神丸が
紹介されたのではないのではないかと考えています。
私自身、数年前(山岡さんと栗田さんが結婚する辺り)までは読んでいたのですが、
それ以降が分かりません。
今もずっと美味しんぼを読んでいる方、漫画の中で本当に紹介されていたか教えて下さい。

Aベストアンサー

日本酒に関する記述は、「美味しんぼ」の54巻、“日本酒の実力”あたりかと思いますが、確かに載っているかどうか分かりませんね。

ご存知「もやしもん」という漫画では紹介されていますが、それがきっかけで龍神丸の全ラインアップはもちろん、同じ蔵元(高垣酒造)の喜楽里も段々入手困難となってきています。

余談ですが、龍神丸を扱っている酒店は全国でわずか10店あまり、龍神丸はもちろん入手困難ですが、さらに難しいのが「かもすぞ」という日本酒です。
http://nihonsyugokochi.jp/archives/2009/11/27-143147.php
その酒店の間で毎年持ち回りで販売するため、販売方法も抽選や得意客優先などまちまちで、まずお目にかかれません。

Q本を読んでいる人の写真集

ずっと前に見て欲しいと思ったのですが、タイトルを忘れてしまい、どうすることもできません。

手のひらサイズより若干大きいくらいのサイズだったように思いますが、全部本を読んでいる人が写っている写真集です。
主に外国の人達で、たまに猫とかも写っていたような気がしますが…
だいたい値段は、1000~2000円くらいだったように思います。

絶版とかになっているかどうかも、よかったら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

on reading
甲斐 扶佐義 (著)
サイズや値段的にこの本ではないかと思うのですが、、
画像はありませんが出版年月日や本のサイズ等書籍データが載っていますので下記サイトを参照してみて下さい。絶版等では無く現在でも普通に買えるようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838102097/qid=1066159162/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/250-5573587-7867417

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838102097/qid=1066159162/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/250-5573587-7867417


人気Q&Aランキング