前回、ダイアトニックコードに関する質問をさせていただいたばかりですが、今回もそれに似た質問をさせていただきます。申し訳ありません。

メロディックマイナーダイアトニックコードのVIとVIIの名称は共に「m7-5」だと思っていましたが、「dim7」とも呼ぶことができるみたいなのですが、構成音は同じといっていいのでしょうか。

例えば、Am7-5の構成音は「m=短3度 -5=減5度 7=短7度」なので
「A、C、D#、G」です。

そしてAdim7は短3度ずつ音を積み上げたものと考えてるので、
「A、C、D#、F#」となり、GとF#が半音違うと思うのです。

その時によって「m7-5」と「dim7」を使い分けるべきなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

○dim7(ディミニッシュドセブンス)と○m7(-5) (ハーフディミニッシュド)は、構成音が異なる別のコードになります。

以前の回答にも寄せましたが、コードネームが相違するということは、基本的にはそれらのコードの間に相違点があるものと捉えるのが妥当です。一音でも構成音に違いがあれば、構成音は同じとは断じていえませんし、それはまったく別のコードになります。

dim7コードは、「Root + m3rd + dim5th + dim7th」からなる4和音です。コードネーム上に7th(セブンス)と付きますが、dim7に関してはルートに対してm7thの音程を加えるのではなく、それをさらに半音引き下げた"ダブルフラットの7th(減7度:dim7th)"の音が加えられることが特徴であり、コードを解釈する上で注意を要する点になります。
ルートをAとして考えるなら、Adim7の構成音は「A+C+Eb+Gb」の四つになります。

m7(-5)コードは、「Root + m3rd + dim5th + m7th」からなる4和音です。こちらの場合、加えられる7thの音程についてはm7thになります。
ルートをAとして考えるなら、Am7(-5)の構成音は「A+C+Eb+G」の四つになります。
ちなみに、dim7コードではすべての構成音が1音半の等間隔で並ぶと言う特徴があるのに対し、m7(-5)コードについては減5度まではdim7と同様ですが7度の音程でその等間隔の関係が崩れています。この点について、半分ディミニッシュと似た特徴があることより、このコードは「ハーフディミニッシュド」と呼ばれることがあります。

これらのコードを対比すれば、7thの音程においてdim7thかm7thかの明確な相違があります。これらを一緒くたにみなしてしまうのは少々大雑把過ぎる解釈と言えるでしょう。別々のコードと言うのが妥当ですし、構成音も同じではありません。また、m7(-5)コードをdim7コードと表記するのも誤りです。
なお、おそらくその誤りは、dim7の7thの音程に関して、正確にはdim7thになるところを誤認して普通の7thコードと同じと誤解してしまっているために、m(-5)コードにm7thを加えた本来dim7コードとは別のm7(-5)コードを同じコードと誤認しているための混乱と思われます。dim7コードを解釈する時には、よく見受けられる誤りですので、注意して正確に捉えておく必要があるでしょう。

なお、コードの構成音やスケールの音程を解釈する場合、半音の表現には注意が必要でしょう。観念的な部分になりますが、Aをルートとするコードやスケールを解釈する場合、減5度の音程については本来の5度の音程を半音引き下げた音程であり、Aに対してP5thに当たる音程のEを半音下げたという意味でdim5thは「Eb」と表現するのが妥当です。D#と表現するのは、その構成音がAに対して「増4度」として加えられる時になります(Aに対する完全4度のDを半音上げたという意味を明示するものです)。
同様に、dim7における減7度の音程に関しても、Aから見た場合に7度の音程は短7度で「G」、長7度で「G#」となるため、表現上は「F#」と書くより「Gb」と書く方が、7度の関連であることを示す意味でもより妥当な表現と言えるでしょう。
なお、減5度は音程的には増4度と、減7度は音程的には長6度と同じ高さの音程になりますが、観念的な部分で意味合いが異なるため、それらは明確に区別し、混同しないようにする方がよいでしょう。

参考まで。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

当たり前の事かもしれませんが、コードの構成音を度数で表し根底にある意味を掘り出してくれている。
私はダイアトニックコード=主音から1個飛ばしで集める・・という決め事をし、間に合わせな解釈で混乱を招き入れていると感じました。
lead1976さんの回答は必ず長文で説明をしてくれて、素人の私にとっては難解の連続です。読むのがやっとです。
でもこれが音楽理論の本質であり私が学ぼうとしている事なのだと感じています。そして感謝しています。なのでlead1976さんの意見にはよい意味でいつも悩まされています。

お礼日時:2007/09/21 00:31

ご存知かもしれませんが、ダイアトニックコードとはメジャースケール又はマイナースケール上にできるコードですから、単純にそのスケール上の音を積み重ねて出来ているだけなのです。


その出来上がったコードの構成音の音程関係によって名前を区別しているだけですね。
ちなみにAm7(♭5)は、キーGマイナーの2度、キーCマイナーの6度(メロディックマイナースケール)、キーB♭マイナーの7度(メロディックマイナースケール)、キーB♭メジャーの7度のコードになります。
こういうのを覚えるのはややこしいので、実践的なアドバイスとしては。
例えば「Am7(♭5)・D7」というコード進行を見たらキーGマイナーの2度・5度と考えるなど、コード進行にそってそれぞれの構成音を覚えるといいと思いますよ。
よく使われるコード進行がありますからそういうのから覚えるといいです。ギターでは構成音ではなく指の形だけで覚えているという人もいますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コード進行に沿って覚える方法は試してみます。今までは1つずつ覚えていくようなやりかただったので。とても参考になりました。

お礼日時:2007/09/22 21:11

>メロディックマイナーダイアトニックコードのVIとVII


キーAマイナーでメロディックマイナースケールの音を使ってこれらのコードを作ると次のようになります。
6度「ファ♯ソ♯ラシドレミファ♯」
ここから「ファ♯ラドミ」を抜き出すと、F#m7(♭5)
7度「ソ♯ラシドレミファ♯ソ♯」
ここから「ソ♯シレファ♯」を抜き出すと、G♯m7(♭5)

キーAマイナーでハーモニックマイナースケールの音を使って7度を考えると。
「ソ♯ラシドレミファソ♯」
ここから「ソ♯シレファ」を抜き出すと、G♯dim7(7は省略してもよい)
ダイアトニックコードを考えるのですから、キーを固定して考えると音はすぐ分かりますね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに単純に抜き出しを行うと答えがでてきますね。
ダイアトニックコードとは一つおきに音を積み上げていくと共通のコードが出てくるということでしょうか。とてもシンプルな考えです。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/21 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディミニッシュとマイナーフラットファイブ

音楽のコードネームのことです。
音楽の時間、「レ・ファ・ラ(フラット)」のコードネームを答えよ」という問題で「Ddim」と書いていたら、先生に「30年前とかはそうして書いていたけど、今ではなんとかと混乱するから『Dm-5』と書くんだよ」と言われました。
dimとm-5とは厳密に言うと違うものらしいのです。
ここで質問なのですが、じゃあ、dimと示すと何を示すのでしょうか?
dimとm-5との違いとは何なのでしょうか?
「シ・レ・ファ」を「Bdim」としてあったり「ラ・ド・ミ(フラット)」を「Adim」としてあるのを目にするのですが、じゃあこのdimと書いてあるのは一体…!?
ちなみにぼくは、「dim=m-5」、「dim7=m7-5」だと思ってました。
どなたか、詳しく教えてくださる方、回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

>「レ・ファ・ラ(フラット)」のコードネームを答えよ」

3個の音で構成される和音ですから、正しくは『Dm-5』でしょう。
Ddimは正しくは、「レ・ファ・ラ(フラット)・シ」の4音でなければなりません。
しかし実際には、[Ddim]と表記しながら、[シ]を省略した譜面もあるようです。
一度ピアノの鍵盤を叩いてみてください。この両者はまったく響きが違うことがお分かりになるはずです。

>じゃあ、「シ・レ・ファ」を「Bdim」と表すのは間違いなんですね?

上記ご回答のとおりです。
(わたしは「誤り」と思うのですが(響きが全く違うので)、現実にそういう譜面がある以上、どうしようもありません)

Qaug オーギュメントコードについて

augオーギュメントコードを使用した曲作りについて教えてください。

メジャーコードであれば、特に制限なく、
雰囲気を変えてみたいところなどに、代用出来きるのでしょうか?

またマイナーコードのaugを見かけたことがないのですが、
存在しますか?

Aベストアンサー

オギュメントコードの自然な使われ方は,No.1さんの回答の通り,経過和音としての使われ方でしょう。
Cメジャーキーでトニックからサブトニックに移行する際のソ→ラの進行をソ→♯ソ→ラとつなぐと,コード進行は

C→Coug→F となりますね。「誰かが誰かを愛してる」の歌い出し部分を聞いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=uVAw_ijwNp4

ドミナントからトニックへの進行も同様に,レ→♯レ→ミとすればコード進行はG→Gaug→Cとなります。これはよく耳にするでしょう。

クリシェでも偶成的に表れることがあります。「真珠の首飾り」を聞いてみてください。コード進行は
CCmaj7C7C6CaugC6CaugC6C7Cmaj7CCmaj7・・・・・です。

http://www.youtube.com/watch?v=myxa2h-Cbeo


>メジャーコードであれば、特に制限なく、 雰囲気を変えてみたいところなどに、代用出来きるのでしょうか?

オギュメントコードの特徴は,Caugの場合のド・♯ソのように増5度の不安定な音程が,安定した音程に早く戻りたいという響きだということがあります。これは,とても印象的な響きです。その中で,自然なスケールは全音音階(ドレミ♯ファ♯ソ♯ラド)となり,これまたとても特徴的です。
これらの特徴を作曲で使わない手はありませんから,近代のいろんな作曲家がいろいろ工夫して使っています。
質問の通り,ある雰囲気を出すために,使いたいところで使っています。
ある時はミュージカルの劇版で唐突に使ってとぼけた感じにさせたり,ある時はクラシック音楽作品で真面目くさって調性と無調性音楽の調和の挑戦として使ったりしてます。
したがって,質問の通り使いたいところで自由に使ってよいのですが,ある意味,チンプな感がありますので,使いすぎないほうがよいと思います。


>マイナーコードのaugを見かけたことがないのですが、
存在しますか?

使っている例を知らないでもないですが,仮にCmキーの場合で,Cm→Caug→Fmとすると,ソ→♯ソ→♭ラ
のつながりが順次上向する効果になりません。(♯ソと♭ラはおんなじ音です)
G→Gaug→Cmも,♯レと♭ミがおんなじ音になって同様に順次上向の効果が使えません。しかし,作曲者が,順次上向の効果より,先取音としての効果を使いたいのであれば,これもなくはないと思います。

また,既述の通り響きの価値を重視して,ここぞというところにワンポイントで使うのもよいでしょう。


ということで,一応理論っぽいことを書いてしまいましたが,音楽があって,そのあとに音楽理論がくっつけられるものですから,理論は視野を広める手助けぐらいに考えて,全く新しいサウンドを見つけるくらいの気持ちで自由に作曲活動に励んでください。

オギュメントコードの自然な使われ方は,No.1さんの回答の通り,経過和音としての使われ方でしょう。
Cメジャーキーでトニックからサブトニックに移行する際のソ→ラの進行をソ→♯ソ→ラとつなぐと,コード進行は

C→Coug→F となりますね。「誰かが誰かを愛してる」の歌い出し部分を聞いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=uVAw_ijwNp4

ドミナントからトニックへの進行も同様に,レ→♯レ→ミとすればコード進行はG→Gaug→Cとなります。これはよく耳にするでしょう。

クリシェでも偶成的に表れ...続きを読む

Q4度と5度が完全である理由を教えてください

.

音程に関して学習しているところです。
「短3度」や「増5度」、「完全4度」と解説書ではよく見かけます。
「長短」「増減」のそれぞれの意味や理由などは感覚的に分かっているつもりです。
ですが「完全4度」「完全5度」に関して、
「なぜ4度の音と5度の音は、1度から見て「完全」なのか」と言う理由を自分なりにちゃんとした「文章で」もっておきたいんです。
「なぜ完全4度、5度なのか」と言うのは先にも書きましたが、「感覚的に」は理解しているつもりです。
ですが、この「感覚的」なことを「言葉」や「文章」に変換しているのですが、なかなか上手く出来ません。
数日前から「完全4度・完全5度・周波数・倍音」と言う語句で検索して、
見事に文章で説明、解説してるサイトはないかと探しているのですが、見つけられません。

「4度」と「5度」は「1度」から見て、何故「完全」なのか?
「文章」で教えてくれませんでしょうか?

今現在の私なりの解説を文章にすると

”1度と4度にあたる音を同時に鳴らすと、濁らないきれいな音に聞こえる。
これはこの2つの音が「協和」しているからである。
だからこの2音の関係は「完全」であるので、「4度」の音は「1度」とからみて「完全4度」の距離にあるのでこう呼ばれている。
「5度」の音も同じである”

ま、こんな感じです・・・・。
この解釈自体が間違っている場合は、さらに詳しく教えてください。
知人いわく「この説明でも十分だと思う」と言ってくれましたが、私としては
「じゃあ、“協和”ってなんだ?」
ってことになるんではないだろうかと思い、この「協和」「協和音」を説明するために
「周波数」や「倍音」と言った語句で検索をかけた・・・
と言う流れです。

大変面倒くさいやつだと思われるでしょうが、どうぞよろしくお願いいたします。

.

音程に関して学習しているところです。
「短3度」や「増5度」、「完全4度」と解説書ではよく見かけます。
「長短」「増減」のそれぞれの意味や理由などは感覚的に分かっているつもりです。
ですが「完全4度」「完全5度」に関して、
「なぜ4度の音と5度の音は、1度から見て「完全」なのか」と言う理由を自分なりにちゃんとした「文章で」もっておきたいんです。
「なぜ完全4度、5度なのか」と言うのは先にも書きましたが、「感覚的に」は理解しているつもりです。
ですが、この「感覚的」なことを「言葉」や「文...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。ベース歴:約40年、52歳の男性です。
若い頃に楽典や和声学など、基礎的なことを独学した者ですが、私の理解している範囲でお答え
したいと思います。

長音程、短音程、増音程、減音程、そして完全音程の意味はお分かりかと思います。
また、完全音程は四度と五度だけではなく、完全一度(同じ音程)と完全八度(オクターブ音程)も
あることはご存知かと思います。

さて、「四度と五度を何故、完全音程と呼ぶのか?」を理解するには、音程を転回(Inversion)する
と良く分かります。

例えば、ド⇒レの長ニ度音程があって、ドをオクターブ上に移動(転回)させると、レとオクターブ上
に移動したドの音程関係は短七度になります。
あるいは、ド⇒ミの長三度音程のドを転回すると、ミとの音程関係は短六度になります。

短音程の場合は、ド⇒レ♭(ド♯)の短二度があって、レ♭(ド♯)と転回したドの関係は長七度に。
また、ド⇒ミ♭(レ♯)の短三度の場合は、転回後の音程関係は長六度になります。

これを整理すると、次のことが分かります。
・長音程の関係はルート音を転回すると短音程に変わる。
・短音程の関係はルート音を転回すると長音程に変わる。
・二度は七度に、七度は二度になる。また、三度は六度に、六度は三度の関係になる。

そこで、四度と五度が出てきます。
ド⇒ファの半音(ミファ間)を1つ含んだ完全四度は、転回するとファ⇒ドになり、同様に半音を1つ
含んだ完全五度の関係になります。
また、ド⇒ソの半音(ミファ間)を1つ含んだ完全五度は、転回するとソ⇒ドになり、同様に半音を
1つ含んだ完全四度の関係になります。
さらには、ド⇒ド(同じ音程)の完全一度は転回すると完全八度になり、ド⇒ド(上)の完全八度は
転回すると同じ音程の完全一度になります。

以上のように一・四・五・八の音程は度数の数字が変化するだけで、長音程が短音程になったり、
短音程が長音程になるような変化はありません。
このことから「完全(Perfect)音程」と呼ばれるのです。

以上ですが、これより詳しいことは分かりません。
お役に立ったでしょうか?

楽しい音楽ライフを!

はじめまして。ベース歴:約40年、52歳の男性です。
若い頃に楽典や和声学など、基礎的なことを独学した者ですが、私の理解している範囲でお答え
したいと思います。

長音程、短音程、増音程、減音程、そして完全音程の意味はお分かりかと思います。
また、完全音程は四度と五度だけではなく、完全一度(同じ音程)と完全八度(オクターブ音程)も
あることはご存知かと思います。

さて、「四度と五度を何故、完全音程と呼ぶのか?」を理解するには、音程を転回(Inversion)する
と良く分かります。

例えば、...続きを読む

Qチャーチモードの使い方がわかりません。

例えばCMスケールの2度をルートにするとD?ドリアンスケールと呼ばれます。でも、ルートを変えたところでスケールを鳴らす音はDEFGABCDと
通常、1度にして考えてるCMと同じでどのような効果があるのでしょうか。
また、6度をルートにするエオリアンスケールは平行調のAmと同じとして考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば、KeyCメジャーで、コードがDmのときに「Dドリアン」を弾いても何の効果もありません。
同様に、KeyCメジャーで、コードがFのときに「Fリディアン」を弾いても面白くありません。スケールの呼び名は違いますが、使う音はCメジャースケールそのままなので、まったく普通のサウンドです。
アドリブの本には、KeyCメジャーで、転調もしていないのに、「ここはDドリアンスケールを使っている…」などと説明していますが、実際に出ている音は、「Cメジャースケール」と同じなので、わざわざ「Dドリアン」と解釈する必要はなく、「Cメジャースケール」でよいのです。(「Dドリアン」と解釈することが間違いといっているのではありません。)「Fリディアン」も同じです。KeyCメジャーなのに、「ここはFリディアンを使っている」、という分析はあまり意味がありません。
「Dドリアン」が効果を出すのは、KeyがCメジャー以外のときです。
例えば、KeyDメジャーのときに「Dドリアン」を使えばインパクトがあることは想像できると思います。
あるいは、KeyCメジャーでFコードのときに、「Fリディアン」ではなく、「Fイオニアン」を使うのです。

「Aエオリアン」は、Amのナチュラルマイナースケールと構成音は同じです。同じなので、KeyAマイナーやKeyCメジャーのときのAmコードで「Aエオリアン」を使っても面白くもなんともありません。しっくり溶け込んで普通です。面白くするには、ここでこそ「Aドリアン」を使うのです。
「Aエオリアン」を使って効果があるのは、KeyEマイナーでのAmコードのときなど、双方の構成音、あるいは音階が一致せずにケンカをするときです。
理論書などでは、KeyCメジャーのダイアトニックスケールを示して各チャーチモードを説明していますが、それは、モードスケールの配列を説明しやすいからという理由であり、「KeyCメジャーのときには、それらを使え!」といっている訳ではありません。KeyCメジャーのときにそれら(の呼称)を使っても何の効果も意味もありません。(それらは結局Cメジャースケールそのものなので、当然です。)
他の人の回答も合わせて読んでいただければ、お判りいただけると思います。

以上、コードの概念によらない「チャーチモードによるアドリブの方法」という意味のご質問ではないと解釈して回答しました。

例えば、KeyCメジャーで、コードがDmのときに「Dドリアン」を弾いても何の効果もありません。
同様に、KeyCメジャーで、コードがFのときに「Fリディアン」を弾いても面白くありません。スケールの呼び名は違いますが、使う音はCメジャースケールそのままなので、まったく普通のサウンドです。
アドリブの本には、KeyCメジャーで、転調もしていないのに、「ここはDドリアンスケールを使っている…」などと説明していますが、実際に出ている音は、「Cメジャースケール」と同じなので、わざわざ「Dドリアン」と解釈...続きを読む

Qm7b5とdim7、dim等の使い分け

 m7b5、dim7(全て短3度の関係の4音構成)、
dim(根音、短三度、減5度のトライアド)、dimMajor7(dimに長7度を追加)、dim9(dim7に長9度を追加)など、
似たような(定義の違いはわかるのですが)コードの使い分がわかりません。

 m7b5は、
ダイアトニック・コードのVIIm7b5だけでなく、
準固有和音であるIIm7b5も、
世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。

 一方dim7は、(転回形を許容すれば)3つしかパターンがないということで、
適当に当てはめて気持ちよかったら使う、
という程度です。

 dim、dimMajor7、dim9は(難しそうなので)置いておいて、
特にm7b5とdim7の使い分けを知りたいと思っています。
助言等、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学問的な意味でのコードの解釈なのか、実践的に使うときの使い分けなのか疑問点がはっきりしないので的外れな回答になる可能性がありますが。

>ダイアトニック・コードのVIIm7b5だけでなく、
>準固有和音であるIIm7b5も、
>世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。

>一方dim7は、(転回形を許容すれば)
>3つしかパターンがないということで、
>適当に当てはめて気持ちよかったら使う、
>という程度です。

これで答えは半分出ているように思えます。特に
>世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。
>適当に当てはめて気持ちよかったら使う
この部分が以外に重要です。

実際にどう使われるか、いくつかの例を挙げます(ハ長調・イ短調の場合)。

長調の場合
1.IIm7b5 - I (Dm7b5 - C)
2.IIdim7 - I (Ddim7 - C)
dim7 はいろいろなコードに割とつながりやすいのですがそれはともかく IIm - I の代用として使う場合この二つは構成音は似ていますが響きはかなり違います(ドとシの違いが大きい)。Dm7b5 は Fm6 と同じ構成で IVm - I (Fm6 - C) の代用と考えられ響きは長調的です。Ddim7 はシの音が効いており E7 (or E7b9) に響きが似ておりここだけ VI (Am) に続きそうなのに I (C) に続くという一種の違和感が演出できます。

3.IV#m7b5 (F#m7b5)
これは Am6onF# の代用表記のようなもので Am からベース音が F# まで下がっていった場合に見られます。
4.IV#dim7 (F#dim7)
ご存知のように Cdim7, Ebdim7, Adim7 と同じ構成音です。これは C にも G にも F にもつながりますがベース音の動きにが自然になるように選びます。

5.I#dim7 (C#dim7)
A7b9 の代用で Dm への橋渡しとして使われます。 IIIdim7 (Edim7) も同様。
6.IIIm7b5 (Em7b5)
もっぱら A7 へと続く(さらにその後 Dm へ)。

7.VIIm7b5 (Bm7b5)
これは C major でも A minor でも後続するのはもっぱら E7。6とキーの中での役割は違いますが2つのコードの関係は同じです。

8.VIIdim7 (Bdim7)
A minor では E7 の代用として使われることがあります。 C major ではあまり使われることはありませんが G7 - C の代用として Bdim7 - C が考えられます。しかし2同様 E7 的なのでここだけ短調っぽく聞こえます。このためベース音を G として Bdim7onG(実際には G7b9 と書く)とすると長調らしさがでて、さらに洗練された響きでもあります。

以上実際に使われた例から書いてみましたが何もこれが決まりというわけではありません。うまくいけば斬新な進行になりえます。
結局既存の曲を聞いたり自分で弾いてみた時にどう感じるかです。

学問的な意味でのコードの解釈なのか、実践的に使うときの使い分けなのか疑問点がはっきりしないので的外れな回答になる可能性がありますが。

>ダイアトニック・コードのVIIm7b5だけでなく、
>準固有和音であるIIm7b5も、
>世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。

>一方dim7は、(転回形を許容すれば)
>3つしかパターンがないということで、
>適当に当てはめて気持ちよかったら使う、
>という程度です。

これで答えは半分出ているように思えます。特に
>世に出ている楽曲や、作曲の中で...続きを読む

Qディミニッシュコードについて教えてください。

dim(ディミニッシュ)コードって言うのは
ド・ミ♭・ソ♭
と言う3度音で構成されているコードってないんでしょうか?

一般的には”dim7”
ド・ミ♭・ソ♭・ラ
って言うセブンスが付いています。

ギターコード集にもピアノコード集にも”dim7”は有るんですが、”dim”って言うのは無いんですが、どうしてなのでしょうか?

”ディミニッシュコードは、全てが短3度間隔で構成されているコードなので、4音で構成しないと完全形にならない。なのでセブンスを加えて(ディミニッシュコードの場合は6度になるんですけど)を加えて4音にすることが標準形であり完全形である”

と自分で勝手に結論付けているのですが、なにせ独学で身に付けた知識を寄せ集めた結論なので、とっても曖昧です・・・
少し盛り上がりを抑えた「1度・短3度・減5度」で構成されたディミニッシュトライアドと言うものがあっても不思議ではないし、あって当然と思っているのですが、何故無いのでしょうか?

ごくごく稀に「Cm-5」と言うようなコードも見かけることはありますが、これは、ディミニッシュコードの表記違いと見ていいのか、上記のような理由から「m-5」はディミニッシュコードではなく、あくまで「マイナー・フラットフィフスコード」だと言うことなのでしょうか?

解かりにくい説明で申し訳ないのですが、宜しくお願いします。

dim(ディミニッシュ)コードって言うのは
ド・ミ♭・ソ♭
と言う3度音で構成されているコードってないんでしょうか?

一般的には”dim7”
ド・ミ♭・ソ♭・ラ
って言うセブンスが付いています。

ギターコード集にもピアノコード集にも”dim7”は有るんですが、”dim”って言うのは無いんですが、どうしてなのでしょうか?

”ディミニッシュコードは、全てが短3度間隔で構成されているコードなので、4音で構成しないと完全形にならない。なのでセブンスを加えて(ディミニッシュコードの場合は6度になるんですけど)を加えて4...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 John-eagle です。
お礼のメッセージ、ありがとうございました。身に余るお褒めの言葉をいただき、恐縮です。

そうでしたね。 ここでお会いするのは3回目でしたね。自分の「回答管理表」をチェックする
時に「完全4度・5度」の件を見落としておりました。失礼しました。 m(_ _)m

さてさて、補足の件ですが、回答してみます。
基本的に、その解釈でよろしいかと思います。
一応、私の所有する和声の資料・文献を確認しましたが、「ダブル・フラット」、あるいは
「ダブル・シャープ」と言う文言が出てきます。
また、記号も「♭♭」⇒ダブル・フラットと、「×(本当は手裏剣みたいな形)」⇒ダブル・
シャープもちゃんと存在します。

<Wikipedia > 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E5%8C%96%E8%A8%98%E5%8F%B7

理論上は、例えば・・・、
ド⇒レ(長二度)を♯する :ド⇒レ♯(増二度)
その増二度を更に♯する:ド⇒ミ  (重増二度)
このように、ド⇒レ(長二度)をダブル・シャープすると、ド⇒ミになり「長三度」音程に
見えますが、この「ド⇒ミ」音程は長三度とは解釈せずに、ド⇒レの長二度をダブル・シャープ
した「重増二度」と解釈します。

♭の場合も同様に・・・、
ド⇒ファ(完全四度)を♭する:ド⇒ミ  (減四度)
その減四度を更に♭する  :ド⇒ミ♭(重減四度)
この場合も、ド⇒ファ(完全四度)をダブル・フラットすると、ド⇒ミ♭になり「短三度」に
見えますが、この「ド⇒ミ♭」音程は短三度とは解釈せずに、ド⇒ファの完全四度をダブル・
フラットした「重減四度」と解釈します。

つまり、和声における音程の関係は「結果」に対する音程解釈ではなく、「経過」に対する
音程解釈として理解します。(これは私の考え方です)
そして、譜面に表記する際の考え方としては、以下のようになりますね。

<「Cdim7」を五線譜に表した場合>

第5線 ---------
第4線 ---------
第3線 -♭♭●-- (シ♭♭)R音から減七度 ※実質「ラ」であるが長六度とは呼ばない。
第2線 ---♭●-- (ソ♭) R音から減五度
第1線 ---♭●-- (ミ♭) R音から短三度
        -●- (ド)   R音

この「ダブル・フラット」の「ダブル」が理論の上で存在すると言うことは、Cdim7の場合、
本来は「♭♭」を付記し、「シ」の所に表記すべきだと思います。
もし、Cdim7の7thの音が「ラ」で表記することが本来であるならば、「♭♭」という記号が
存在する必要は無いワケです。

つまり、ダブル・フラットという記号が存在するということは、Cdim7の場合、実際に鳴らす
音としては「ラ」であって、ルート音からみると「長六度」であっても、コード理論上は
「シ・♭♭」として理解し、音程としては、「7th(短七度)の♭⇒減七度」と解釈すべきと
いうことです。

この考え方は、♯も同様です。
ただ、理論上の音程である「シ♭♭」を五線譜やコード表と書いたとしたら、和声の理論や
理屈を理解していない人は「???」になってしまうこと、また、この理論を逐一、説明して
(書いて)いられない等の事情があるのだと思います。
従って、便宜上(事実上)は、実際に鳴らす音(Cdim7の場合、ド・ミ♭・ソ♭・ラ)で
五線譜には表記していると思われます。

以上です。お役に立ったでしょうか?
楽しい音楽Lifeを! 長文失礼しました。 m(_ _)m

こんばんは。 John-eagle です。
お礼のメッセージ、ありがとうございました。身に余るお褒めの言葉をいただき、恐縮です。

そうでしたね。 ここでお会いするのは3回目でしたね。自分の「回答管理表」をチェックする
時に「完全4度・5度」の件を見落としておりました。失礼しました。 m(_ _)m

さてさて、補足の件ですが、回答してみます。
基本的に、その解釈でよろしいかと思います。
一応、私の所有する和声の資料・文献を確認しましたが、「ダブル・フラット」、あるいは
「ダブル・シャープ」と言う文...続きを読む

Q曲の中の「ブリッジ」とは?

曲の中のある部分を指すことばに、「イントロ」「アウトロ」などがありますよね。
1.「ブリッジ」とはどの部分を言うのですか。
2.「前奏」を「イントロ」と言いますが、「間奏」は何 と言うのですか。
3.「アウトロ」と「エンディング」の違いについて

教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

ブリッジ…Aメロとサビを繋ぐ部分ですね。Bメロがそれに当たることが多いのではないでしょうか。例えばミスチルのTomorrow never knowsだと『無邪気に人を~人でさえも』の部分とか。

間奏…略語は無いですが、インタールードとかって言い方はします。

アウトロ…後奏ですね。エンディングも同義です。

Qジャズギターをやりたいが…

ジャズギターをやってみたいと、なんとなく思っている者です。
ジャズギターを知っている方にいくつか教えていただきたいと思います。

ジャズというと、ピアノ、ベース、ドラム、サックスというイメージがあります。ジャズギターは、ウェスモンゴメリー、ジョーパスくらいしか知らないのですが、ジャズの世界では、ギターはあまり重視されていないのでしょうか??

ジャズギターは、指で弾くものですか?ピックですか?どちらがメインなのでしょうか?

ロックギターを弾けても、ジャズギターは弾けませんか?

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ギターはあまり重視されていないのでしょうか??

管楽器ほど音圧がない、ピアノのように自由なコードワークができない、和音を弾きながらメロディを弾くことが困難等、他の楽器と比べるとビハインドがありますので、ロックのように花形とはいきませんね。ピアノが居る場合、ほとんどバッキングも入れられないので非常にポジション的に難しいです。
ビジュアル面でもピアノの方が華々しいので、いわゆる「営業」のオシシゴトもなかなか回ってこないため、プロで喰って行くことを考えても大変です(笑


>ジャズギターは、指で弾くものですか?ピックですか?どちらがメインなのでしょうか?

ケースバイケースです。ピックしか使わない人はほとんどいません。

>ロックギターを弾けても、ジャズギターは弾けませんか?

弾けませんね。最近のメタル系のギタリストのテクニックの高さは目を見張る物がありますが、仮にそういう系統のトッププロの演奏を所謂「完コピ」できるロックギターの上級者が、ジャズの入門用に採り上げられるような曲を演奏できるのか、といったら不可能です。
一般的なジャズ演奏においてはテーマと呼ばれる主題以外は全てアドリブであることが前提です。
多くのロックやポップスのように「キーが分かればそのキーのトニックメジャー、マイナー、ペンタトニックスケール一発で一曲まるまる弾ききる」アプローチは使えません。(1さんも仰ってるように、題材に選ばれる曲の大部分は頻繁な転調が施されているうえ、コード感を出すことが必要です)
他にも違いは膨大にありますが、このように語法的な部分のアプローチも全く違う上、奏法そのものも全く違うし、ロックと比較すると覚えなければならないことが膨大にあるため、ロックとの両立もなかなか困難です。まずどちらかに絞らないと上達しないでしょう。

奏法の違いや必要な奏法を大雑把に書くと
・ピッキングする際は手をブリッジから浮かす場合がほとんど。多くの場合、ロックのように強くはピッキングしない。
・指で弾くケースも増える。ボサノバも守備範囲だし、上のメロディを弾きながら下声部でコードをカウンターライン的に入れる等に必要。後述のハーモナイズドベースラインの時、ベースラインを弾きながら合間に和音を挟む際等にも使う
・コードネームだけを見て初見でアドリブができる。テンションもその都度任意で変える。コード進行も随時ハーモナイズされる。Gm7|C7|F| | F~ としか書いてなくても
Gm7 |Gb7 |Am7 D7 |Gm7 C7|F、のようにリハーモナイズしたりする能力が必要

バッキングを入れるタイミング等も他のメンバーの様子を見ながら随時変わる
・ベースラインを弾く。場合によっては2~3声にハーモナイズしたベースラインを弾く。当然これまたすべて即興で行う
・コードソロ。単音のメロディではなく和音を用いてソロを執る
例を挙げればきりがありませんが、膨大に覚えることがあります。

質問者さんの現段階でのご様子だと特にジャズに惚れた故に始めよう、というわけではなく漠然とやってみたい、ってところですね。
だったらもう少しいろいろ聞き込んでみて、本腰を入れてやっていくほど惚れ込んでから始めるのもいいんじゃないでしょうか。
アドリブはできなくても構わない、数曲ソロギター等、ジャズギターの真似事ができればいいというのなら十分片手間でもできますし、この限りではありませんが。

>ギターはあまり重視されていないのでしょうか??

管楽器ほど音圧がない、ピアノのように自由なコードワークができない、和音を弾きながらメロディを弾くことが困難等、他の楽器と比べるとビハインドがありますので、ロックのように花形とはいきませんね。ピアノが居る場合、ほとんどバッキングも入れられないので非常にポジション的に難しいです。
ビジュアル面でもピアノの方が華々しいので、いわゆる「営業」のオシシゴトもなかなか回ってこないため、プロで喰って行くことを考えても大変です(笑


>...続きを読む

QAmキーの中で「B♭」というコードが出てくる理由

Amキーの曲の中で、
ダイアトニックコードではない「B♭」というコードをまれに見かけます。
Bmハーフディミニッシュや、B7が使われるのはわかるのですが、
何故、「B♭」という見かけないコードが出てくるのでしょうか?


例としては、キャッアイのBメロ 「Dm・C・B♭・E7sus4・E7」

桑田けい祐&ミスターチルドレン
奇跡の地球のBメロ 「Am・Am・G・G・B♭・E7」

‥などの楽曲中に出てきました。


強引に、どこからか、ひっぱってきたコードなのでしょうか?
それとも、なにかしらの理由があって、使用出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ・・・

B♭は「ナポリの六度」です。
ナポリの六度、ナポリの六の和音、あるいは単にナポリとは、西洋音楽において、主音の短2度上(半音上)の音を根音とする長三和音のことである。音度記号表記では、♭II(on IV)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%81%AE%E5%85%AD%E5%BA%A6

要するに、IIである「Bm(b5)の根音」を半音下げたもの。
これは、B♭は「下属和音」の機能なので、「E7」の属和音に連結するわけです。
B♭-E7


また、慣習的に第1転回形(六の和音という)で使われる。
とあるので、

「Bb/D」-E7
と使われる。という意味です。

Q○7+5のコードの意味がわかりません!

先週音楽部にギターとして入部し、JAZZを始めることになりました。今まではロックやヘヴィメタの曲しかやったことがなかったので、今とても苦戦しています。
それで今練習している曲の中に、E7の7の上に、+5と書いてあるものがあるんです。
他にも7の上に+5と書かれているコードが多数あります。
どうやって押さえればいいのかわかりません。。。
このコードの意味をご存知のかた、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

○7♭5というものはご存知ですか?
そのコードの5度(例えばCだったらソの音です)を♭…半音下げるという意味です。
これをたまに-(マイナス)5と表したりします。

今回は+ですので、逆に5度を半音上げてやれば良いのです。
♯で表されている場合も同じです。

ジャズですとテンションなど複雑なコードが多く大変ですが、響きで覚えていくと良いですよ。
頑張って下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報