20数年前に「日曜映画劇場」で見た映画で、その後もう一度見たいと思いながら、題名をすっかり忘れてしまいました。文芸大作のような、ちょっとカタいタイトルだったのですが、ストーリーは、ある女農場主の波乱の恋愛劇みたいなものです。最初の夫が軍人だったか、軍服をきていた印象があるのですが、その人は別な女が自分の子を身ごもって死んでしまったことにショックを受けて、いなく(死んで?)しまいます。確か死んだ女性の墓の前の場面で歌が流れ、そのまま夫が海におぼれているような場面につながっていたかと思います。そしてヒロインが再婚するときに、結婚式に突如その夫が現われ、新たな夫となるはずの男が、かつての夫を撃ち殺してしまう。そんな断片的な記憶しかないのですか、どなたかご存知の方いらっしゃらないでしょうか。ビデオがでているようなら教えていただきたいのですが。

A 回答 (1件)

ジョン・シュレシンジャーが監督した'67年のイギリス映画『遥か群衆を離れて』でしょう。

原作はトマス・ハーディで、日本では'68年2月に公開されています。

ジュリー・クリスティーが扮した若き女農場主はバスシーバという名で、最初は使用人の恋人だった軍人(テレンス・スタンプ)を奪って結婚。しかし使用人が自分の子を産んで死んだことにショックを受けて夫は失踪。この場面がお墓のところから海に入って云々というシーンだったと思います。バスシーバは熱心に求婚してくれた隣の農場主(ピーター・フィンチ)と再婚しますが、その披露の席に死んだと思われた夫が帰ってきて争いとなり、農場主が彼を射殺します。一人残されたバスシーバは、以前より自分に思いを寄せてくれていた隣人の羊飼い(アラン・ベイツ)こそ、やすらぎを与えてくれる人と気付く、といったようなメロドラマでした。

撮影はニコラス・ローグ、音楽のリチャード・ロドニー・ベネットはこの映画でアカデミー賞の作曲賞受賞してます。ビデオはだいぶ前に2本組が出てましたが、廉価版では出なかったんじゃないかと記憶してます。大きなビデオレンタル店なら置いているところもあるかもしれません。3時間近い映画ですので、日曜洋画劇場の通常枠なら、かなりカットされたはずですね。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0061648
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!この映画だと思います。
バスシーバというヒロインの名も、そういえばそんな響きだったと思い出しました。あの軍人さんはテレンス。スタンプだったんですね。
今度TSUTAYAあたりで探してみます。
長年悩んでいた映画のことが、今日だけでこんなに分かって嬉しいです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/04 17:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハリーポッターと死の秘宝 秘密の部屋に行く場面で

「ハリーポッターと死の秘宝part2」でロンとハマイオニーが秘密の部屋に行く場面ですが、
ハリーが「これを見ながら行って」と言って忍びの地図を渡したと思います。

忍びの地図に秘密の部屋が書かれているのなら、2作目の「秘密の部屋」で秘密の部屋を探し回る必要はなかったのでは?と疑問に思いました。

「アズカバンの囚人」では、忍びの地図はもともとフィルチが持っていたとウィーズリー兄弟が言っていたので、先生たちはすでに秘密の部屋の場所を知っていたんでしょうか。

Aベストアンサー

忍びの地図を渡したのは敵と鉢合わせしたりしないようにだったと思います。

忍びの地図は『我ここに誓う 我よからぬ事を たくらむ者なり』と呪文を唱えなければただの羊皮紙で違う呪文を使うと相手を小馬鹿にした台詞が浮かび上がります。ちなみに『いたずら完了』と唱えることで地図が消えの羊皮紙に戻ります。

忍びの地図を制作したのはハリーの父親、ルーピン先生、シリウスブラックの3人が学生の頃で作った本人達が知らない道や部屋は表示されませんし、後から作られた道なども表示されません。なので例え先生達が地図の呪文を知っていても秘密の部屋は見つけることが出来なかったと思います。

Qハリーポッター 死の秘宝PART2 蛇の場面

私はハリポタが大好きなんですが、蛇が大嫌いで映画の画面もアニメも写真もすべてがだめで口にするのも嫌なんです。
今回の映画も本も読んでますので○○の出番は大体わかりますが映画では変わってくると思うんです。
映画を見た方にお願いです。今回何度出てきますか?出てくる場面を教えてください。

Aベストアンサー

 細かい回数は忘れましたが、3回は出てきます。
が、物語のラス前にとても重要な場面で蛇が出てきます。
これを見逃してはお話はわかりません。
なのでハリポタが好きならば我慢してみてください。

Qリベリオンのガン・カタについて

リベリオンという映画が初めてガン・カタを使ったと言われているそうですが、
リベリオンよりも前の日本のアニメか何かでガン・カタのようなアクションを見た記憶があるのですが、
リベリオンのガン・カタが初なんでしょうか

Aベストアンサー

系統立てて詳しくはないので、個人的な印象ですけれども、
『デスペラード』(米映画)の影響を受けた『トライガン』(日本)(漫画→アニメ)などに、ガンカタ以前の、ガンカタの萌芽を見るような気がします。

Qすっかりだまされた・どんでん返し・衝撃の結末のお勧め映画

タイトル通り、途中・結末などで驚愕してしまったお勧めの映画があったら紹介ください。
ちなみにこの手の映画で以下は鑑賞済です。下記以外で面白い奴があったら教えてください。
ユージュアルサスペクツ/シックスセンス/アザーズ/追いつめられて/アイデンティティ/セブン/
ジェイコブスラダー/ビューティフルマインド/ショーシャンクの空に/スコア/閉ざされた森/
ファムファタール/スネークアイズ/ソードフィッシュ/ライフオブデビッドゲイル/オーメン/
キャリー/ツインピークス(ドラマ版)/スティング

Aベストアンサー

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

souhanoさんはご存じないかもしれませんが最近【オンラインDVDレンタル】という入会金\1,000-程度,月額\2,000-程度でDVDが借り放題のサービスがあります。全て郵送で受け取りを行い(切手代不要)で新作旧作問わず延滞料金なし,全国どこでも利用可能でPCとインターネットのみで入会手続き&退会手続き可能です。最安値のところは\1,974-(税込み)で利用できます。いちいちお店に借りたものを返しに行く煩わしさ,延滞料金を気にせず映画を見まくれます。下記HPをご覧ください。

「オンラインDVDレンタル徹底比較@R」
http://www.rental-dvd.net/

下記映画サイトは既にレンタルリリース作品の映画検索には非常に役立ちます。

「キネマの見地」
http://www.cinz.net/

映画ではありませんが下記海外ドラマは日本で大ブームを起こしているサスペンス・アクションです。関東圏内で毎日3話ずつ2週間放送して深夜の平均視聴率を大幅にあげた大人気作品です。既にSeason2もレンタルを開始しており超お奨めします。Season2はつい先日にフジTVで9日間連続放送され,Season3も11月3日からレンタル開始,またSeason4が政策決定し来年1月からアメリカで放送される予定です。恐らく次が気になって寝ないで見てしまうかもしれません。

●「24 TWENTY FOUR」
http://www.so-net.ne.jp/24/

大どんでん返し関係では下記がお奨めです。

●『ロストハイウェイ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V2MG/249-7067754-6153107
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:デビッド・リンチ
主演:ビル・プルマン(代表作 インデペンデス・デイ) パトリシア・アークェット

鬼才デビット・リンチ監督が描くお家芸の【パラレル・ワールド】ですね(^_^;)。この監督の作品(ツイン・ピークス,マルホランド・ドライブなど)は本当に【見る人間によって解釈の違う】作品ばかりで,映画なれしている人には何度も見たくなる作品ではないでしょうか?間違いなくインターネット上の解説HPを見て『あ~なるほど(゜o゜)』,『あれはそう解釈すればよいのか(+_+)。』といった感じで納得していただくしかないですね(*_*)。最低2回以上は見ないと骨格すら見えないでしょう。

●『真実の行方』
http://www.sankei.co.jp/mov/yodogawa/961008ydg.html
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:グレゴリー・ホブリット
主演:リチャード・ギア(代表作 ジャッカル) エドワード・ノートン(代表作 ファイトクラブ スコア)

若手ホープのエドワード・ノートンの出世作品です。『スコア』でも名優ロバート・デニーロやマーロン・ブランド相手に互角の演技を見せてるだけあって、この人『真実の行方』でもその実力を遺憾なく発揮しています。この演技の凄さはこの映画を最後まで見ればわかります。ちなみにエドワード・ノートンはこの映画がハイウッドの初陣という事がとても信じられません。やはり舞台俳優としての下積みがここまでの演技を可能にしているのでしょう。

●『ゲーム』
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/ve_ks00000001.zhtml?pdid=10001510&srkbn=S
1997年 アメリカ(1998年 日本公開)
監督:デビット・フィンチャー
主演:マイケル・ダグラス(代表作 トラフィック) ショーン・ペン(代表作 デッドマン・ウォーキング)

『セブン』のデビット・フィンチャー監督が趣向の違うサスペンスムービーとしてだした異色作です。現実と空想の世界が入り混じりこれは果たして文字通り『ゲーム』なのか?
フィンチャーワールドは独特の映像美にも注目です。

●『CUBE』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000DJWJE/ref=pd_sxp_elt_l1/249-7067754-6153107
1997年 カナダ(1998年 日本公開)
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
主演:モーリス・ディーン・ウィント ニコール・デボアー

この映画も賛否両論分かれますね。不思議な空間に閉じ込められた6人が閉鎖空間の中どうなっていくかの人間描写,そのCUBEの謎,など結論が導き出せないかもしれません。ただ出演者はこの限定された空間で上手く人間描写を演じていたと思われます。

●『隣人は静かに笑う』
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=84899
1998年 アメリカ(1999年 日本公開)
監督:マーク・ペリントン
主演:ジェフ・ブリッジス ティム・ロビンス(代表作 ミスティック・リバー) ジョーン・キューザック

本国アメリカであまりにも○○な為公開が延期になったか、あるいは公開禁止になった作品とTSUTAYAで宣伝されていました。現実でおそらくこの手の内容はあったであろうと思わざるを得ない作品です。もしこの映画が2001年以降であれば公開中止は間違いないですね。

●『カル』
http://www.nifty.com/kal/
1999年 韓国(2000年 日本公開)
監督:チャン・ユニョン
主演:ハン・ソッキュ(代表作 シュリ) シム・ウナ

はっきしいってこの『謎』が解けるでしょうか?100人見たら100通りの見解があり、最低5回くらい見ないとまず全貌が見えません。私が最もはまった作品です。個人的にこの映画の根幹にあるのは名作タイタニックを超える『(屈折した)愛』ではないかと思います。

●『メメント』
http://www.unzip.jp/special/memento/
2000年 アメリカ(2000年 日本公開)
監督:クリストファー・ノーラン(代表作 インソムニア)
主演:ガイ・ピアース(代表作 LAコンフィデンシャル)
キャリー=アン・モス(代表作 マトリックス)

10分で記憶がなくなる主人公が愛妻を殺した犯人を追い詰めていくサスペンスムービーですが,時系列をうまくいじって謎が謎を呼ぶ今までの趣向とは違う映画で気に入りました。まず1回では何が何で誰が誰なのかがさっぱりわからない事でしょう。
もしDVDデッキなどをお持ちでしたらDVD版にある時系列を正確につないだもので見ると理解が深まります。DVDをお持ちでない方はこの映画を理解するのにかなり苦労されるか,あるいは諦めますね。ユージュアル・サスペクツを楽しめた人にはかなりの確率でこの映画も楽しめるのではないでしょうか?

●『マルホランド・ドライブ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000063UPM/249-7067754-6153107
2001年 アメリカ・フランス合作(2001年 日本公開)
監督:デイヴィッド・リンチ(代表作 ツイン・ピークス)
主演:ナオミ・ワッツ(代表作 リング) ローラ・エレナ・ハリング(代表作 ジョンQ最後の決断)

実在するハリウッドへの山道【マルホランド・ドライブ】での1つの交通事故がきっかけに起こる,現実と非現実(妄想?)が交錯するパラレル・ワールドを非常にエロティック且つスタイリッシュに描いた作品です。一つ一つの脈絡の無いシーンを見ていると最後に【んん?】,【え???】といった感覚が何度と無く疑問符が頭の中を駆け巡り突き詰めると非常に考えさせられる作品で,まず1回見ただけではわけがわからないでしょう。構成的に『メメント』に作り方が近からず,遠からずといった作品ですね。
ナオミ・ワッツがスターダムに駆け上がった作品で1人2役で明朗快活さと非常に妖艶な演技使い分けており,ローラ・エレナ・ハリング共にすごい女優だ,と思わされます。

●『インファナル・アフェア』
http://www.infernal.jp/index_top.shtml
2001年 香港(2003年 日本公開)
監督:アンドリュー・ラウ
出演:トニー・レオン アンディ・ラウ

ハリウッド史上最高額でリメイク化決定した香港映画史上のみならず,2003年度日本で公開した映画で最高の映画だと言っても過言ではありません。香港映画でここまでのものを作り出せるとなると日本映画は益々立場ないですね。黒澤明亡き後北野たけしくらいでしょうか,日本映画で世界的に有名なのは?2004年2月18日にレンタルが開始されました。

ちなみに2004年9月18日から第2作目が公開予定で香港では既に第3作までDVD化されて発売しています。

「Infernal Affairs I,II,III 」
http://global.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/pid-1003161240/aid-9/section-videos/code-c/version-all/did-106/

●『殺人の追憶』
http://www.cqn.co.jp/mom/
2003年 韓国(2004年3月27日から日本全国で公開中)
監督:ポン・ジュノ
主演:ソン・ガンホ(代表作シュリ,JSA) キム・サンギョン

「韓国大鐘賞:「殺人の追憶」が4冠」
http://www.mp3-hollywood.com/wire/2003/daejong.shtml

昨年度韓国でNo.1興行収入を記録(累計約560万人)し,またもや日本で韓国映画のすごさを見せ付けてくれました。実際に1986年からソウル近郊で連続して起きたレイプ殺人事件を題材に2人の刑事が犯人の掴めぬ実態を追い詰めるサイコスリラー。サイコサスペンスと思いきや根幹にあるのは2人の相反する刑事の苦悩,そして協調という人間ドラマを描いています。ハリウッドにあるような巨額な制作費&CGてんこ盛りのイケイケドンドン映画とは一線を隔し,いかに中身と役者の演技が映画で軸をしめるのかがわかると思います。

それではより良い映画環境である事をm(._.)m。

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

souhanoさんはご存じないかもしれませんが最近【オンラインDVDレンタル】という入会金\1,000-程度,月額\2,000-程度でDVDが借り放題のサービスがあります。全て郵送で受け取りを行い(切手代不要)で新作旧作問わず延滞料金なし,全国どこでも利用可能でPCとインターネットのみで入会手続き&退会手続き可能です。最安値のところは\1,974-(税込み)で利用できます。いちいちお店に借りたものを返しに行く煩わしさ,延滞料金を気にせず映画を見まくれます。下記HPをご覧ください...続きを読む

Q記憶の断片に残ってしまったふる~い映画・・・

いつ、見たかも定かでなく・・・あるシーンが記憶に残って気になっています。
確か昔、おふくろと映画に連れて行かれて、なんだかわからず今日に至って
ます・・・。今となっては頭にきたんで見直せるもんなら見てみたいです(笑)

1.18年~16年位前に東京の立川の映画館で上映していたと思います・・・。

2.ハリウッドとかのアクション系ではなく仏映画系のなんだかよくわから
  ない雰囲気があったような気がします。

3.山岳地で子供が何人かいて「蟻」「アリ」「あり」!これが、結構強烈
  な演出をしていたような・・・気がします。
  BGMもなんかおどろおどろしい音で・・・

もし、おわかりになりましたら教えてください・・・。

Aベストアンサー

チャ-ルストンヘストンの「黒い絨毯(54’)」でしょうかね?これは蟻の大群で有名な映画なんですけど、蟻が印象に残って無いのであればこの映画とは全く違います。お役に立てずすみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報