【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

IHクッキングヒーター、単層200v 3.0kw
電流は?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

IHクッキングヒーター、単相200V 3.0KW との事ですが、電流を考える前に、取り付け場所に200Vの、コンセントがあるかが問題です。


コンセントも、200V IH用であれば、コンセントの形状も一般のものと異なります。IHについているコンセントプラグを、確認して、専門の電気屋さんに工事を依頼しないと、設置できないと思います。家に引き込んでいる電源の電線が3本あり、単相3線式で、200Vと100Vが引き込まれていないと、使用できません。ご近所に電気の知識のある方に、見てもらってから、検討すべきです。
単に、電流の計算であれば、最初の回答のとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
新築中です。
現在家の契約が50Aなので、60Aに変えたほうが無難そうですね。

お礼日時:2008/02/09 19:50

出力が3Kwだと消費はもっと多くなります


出力は電圧、電流、力率の積です
ネームプレートに「入力電流」が書いてあります
それが回路に流れる電流です
    • good
    • 0

実際に流れる電流値は、3,000÷200 = 15A です。



ご質問の趣旨とは関係ないかもしれませんが、北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力管内で、俗に言う「アンペア」のことなら 30A に換算します。
これら 6社でいう「アンペア」は 100Vで使用した場合の電流値をいいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
電気にくわしくないもにでして。
現在、契約が50Aなの
IHにした場合 3.0kW 3.0kW 1.5kW
15A 15A 7.5A
50Aではキツイですね

お礼日時:2008/02/09 09:50

 


W=V*Aと考えて不都合はありません。

W=3000
V=200
A=暗算ですネ

 

この回答への補足

ありがとうございました。
電気にくわしくないもにでして。
現在、契約が50Aなの
IHにした場合 3.0k 3.0k 1.5k
15A 15A 7.5A
50Aではキツイですね

補足日時:2008/02/09 09:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIHクッキングヒーターと、電気アンペアについて

 今度、IHクッキングヒーターと取り付けたく思いますが、電気代のアンペアの関係はどうなんでしょうか。
 IHクッキングヒーター付けたばかりのアンペアも高く成るのでしょうか。
 居住部分は、30Aで行きたいと考えています。
 アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

先ずNO6の方の誤りを訂正させて戴きます、電流(A)の計算はEorV(電圧)=I(電流)×R(抵抗)ですのでI(電流)=R(抵抗)÷I(電流)となります。
IHクッキングヒーターの使用電圧(200V)消費電力(抵抗)5KWH(最新のIH)とするとI(電流)=R(5000)÷E(5000)は25A=R(5000)÷E(5000)となります。
何処の電力会社管内に在住か不明ですが
次に30A(単相3線)の契約では容量不足?では
小生の関西電力(株)管内では自由な配線計画(電流制限無し)

Q30Aは何キロワットですか?

不勉強ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、
 ・アンペア 電流の単位
 ・キロワット 電力の単位
です。
基本的に単位が違います。
「30mは、何リットルですか?」
と聞かれても答えようがないのと同じです^^;

ボルト(電圧)×アンペア(電流)=ワット(電力)
になりますので、電圧がわからないと答えようがないのですが、
一般家庭の100Vと考えれば、
 100V×30A
=3000W
=3kW(キロワット)
となります。

QIH対応の調理器具、100Vまで対応と200V対応の違いは?

自宅のコンロがガスからIHになり、200V対応のホーロー製コーヒーポットを探しているのですが、なかなか見つかりません。
100Vまで対応、またはステンレス製というものは幾つか見つけることができたのですが、ホーローで200V対応というコーヒーポットは結局まだ見つかっていません。

そこでお聞きしたいのですが、100V対応と200V対応の調理器具の違いはなんでしょうか?
なぜ100V対応の器具では200VのIHで利用できない/しないほうがよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

100V対応と200V対応で一番の違いは鍋底の厚みが
違います。100V用は薄いため、200V電磁調理器で使うと
熱で反って鍋底がボコボコになったり、
調理前の余熱時に局所のみが赤熱して高温になってしまい
油を入れた途端に炎が上がってしまう危険があります。

 また、ホーローの200V対応コーヒーポットは
業務用でも聞いたことがありませんね。。。
ご存知かもち知れませんが、ドリップ用のホーロー製
コーヒーケトルなら200V対応もあることはありますが。

ホーローの200V対応コーヒーポットがあまりなり理由として
私が勝手に想像するに、
・ホーローは金属の下地に、ガラスの釉薬をつけたものですので
500度から軟化してしまいます。200Vの高火力で万一
空焚きしてしまうとガラス層が破損する。
・電磁調理器の安全装置により12cm以下などの小さい鍋では
検出されない場合がある。
などの理由によると思います。

QIHクッキングヒーター使用で40Aの契約

新築して2年間は8KVAという契約をしていました。
しかし知り合いの電気工事店のアドバイスで50Aくらいが妥当だと
言われました。
(給湯は灯油ボイラーを使用しています)
しかし少しでも基本料を安くしたいので40Aを希望しています。
IHを使っているご家庭で
40Aの契約をされている方はいらっしゃいますか?
いらっしゃったらどのくらい家電を使用できるかなど教えてください。

Aベストアンサー

40A=4kVAではキツイと思いますよ。
=IH使用中は=
・エアコン、使用できません。
・電子レンジ、使用できません。
・電気ポットは保温のみ、お湯は沸かすことはできません。
・家族のドライヤーも使用できません。
・32インチ以上のテレビと洗濯機を同時に使用するのもキツイ。
・・・当然、その様な状態でのハードディスクレコーダーやDVDレコーダーのタイマー録画なんて、とんでもない。(場合によっては壊れます。)
家族の人数と、建坪にもよりますが、単身者用オール電化ワンルームマンション(給湯は別の温水器契約)でも60Aが標準です。

現在使用中の家電製品の消費電力(W数)を調べて、同時使用する可能性のある家電機器の合計値を洗い出す必要があると思います。
契約Aは次の計算式で求められます。

契約A数=同時使用家電機器の合計W数+余力分1000W÷100

Q3相200Vから単相100Vへの変換と違法性について

初めてみなさまに質問いたします。よろしくお願いいたします。
仕事で、三相200Vを使用しているのですが、単相の100Vを得ようとしています。使用する目的は、実験用で漏電、過電流などが起き漏電遮断機等がトリップしても、ほかのAC100Vを落とさないようにしたいためです。実際には、三相200VからNFBを通り、三相のR,Sを単巻きの変圧器で降圧し、絶縁トランスで二次側の一方を接地した後漏電遮断機を通して実験用電圧としようと思います。単相100Vはせいぜい10A程度の使用です。
前任者が同じことをやって電気工事業の人に「違法だ!」といわれたと聞いているのですが、どれが違法なのか?そもそもこんなことはやってはいけないのか?どうかお知らせいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

出来ることはできますね。
体験談として、中国で展示会があり、3相機器も多く利用しましたが、中には、単相100V機器も多くあり、小型変圧器を挿入して、各相を、超アンバランスで約1ヶ月間の展示期間を利用しました。相手の技術者が定期的にクランプオン式の電流計で測定して、アンバランスで、ある相が、以上に電流が多く、暑い(中国語で、ルー)と入ってました。でも、無視しました。中国語を理解しませんので。

違法性に付いては、私も電気工事を専門にするわけではないので、間違っているかもしれません。

三相200V供給の「低圧電力」契約と単相供給の「電灯」契約とでは使用できる電気機器が異なっており、「低圧電力」契約において、小型変圧器を介して単相の電気機器を使用することは電気供給規程違反となるらしい。

           

QEB と ELB (漏電ブレーカ)

ずばり、EBとELBの違いは何ですか?
実は、家の分電盤の電力会社のリミッターが30Aで、時々切れてしまうため、40Aに取替えを電力会社に依頼したら、
「まず、今ついている30AのEBを30AのELBまたは40AのELBに交換してからでないと出来ない。」と言われました。
取替えは工事屋さんに頼みますが、自分でもいろいろ知っておきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。40A契約というのは100V利用時換算で40Aということですから単相3線式の場合は20A+20Aや30A+10Aというような使い方となります。
それに対し、30AのELBはどちらか一方の電線に30A以上の電流が流れた場合動作するという機能となります。30AのELBでは最大60A使用が可能ですが最悪30Aしか使えないという場合があります。リミッターが契約目的、ELBが電線保護と目的が違うため機能にも差が有るということです。
40Aのリミッターでは最悪の場合、片線に40Aの電流が流れる可能性があるため、EBの破損や電線の焼損につながる恐れがあることから電力会社では取替えの要請を出したものと思われます。
googonさん宅の工事ではgoogonさん宅の電線太さを確認して30Aか40Aかの選択になるものと思われます。

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。4...続きを読む

Q動力ブレーカーの容量計算

200V動力のモーター(三相)5.5KWが2基あるとしてこれに相当するブレーカー容量(Am単位)の計算方法自分でも確認の出来るように知っておきたいので教えていただきたいのですが、
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>5.5KWが2基あるとしてこれにあるとして相当するブレーカー容量…

ご質問は、幹線を保護するブレーカということでよいのですね。

ブレーカの大きさは、電線の太さによって決まります。また、電線の太さは、許容電流によって決まります。

(1) その幹線に接続する電動機の定格電流の合計が 50A 以下の場合は、その定格電流の合計の 1.25 倍。
(2) その幹線に接続する電動機の定格電流の合計が 50A を超える場合は、その定格電流の合計の 1.1 倍。

5.5kWの定格電流 (規約電流) は、26A ですから、2台分で 52A。その 1.1 倍、58A以上の許容電流を持つ電線を使用すればよいことになります。
VVケーブルを使用するとして、許容電流 61A の 14mm2 以上を使用すればよいことになります。

次に、幹線を保護する過電流遮断器は、その幹線の許容電流以下の定格電流とするのが原則です。ただし、その幹線に電動機を接続する場合は、

(1) 電動機の定格電流の 3倍に、他の電気使用機械器具の定格電流を加えた値。
(2) その値が、許容電流の 2.5倍を超える場合は、2.5倍。

であり、ただし書き各項の許容電流値は、がいし引き配線の値によることができます。がいし引き 14mm2の許容電流は、88A。

なお、簡便設計として、『内線規程』に、計算された一覧表が載っており、これによると、幹線には 75A のブレーカを使用すればよいことになっています。

>5.5KWが2基あるとしてこれにあるとして相当するブレーカー容量…

ご質問は、幹線を保護するブレーカということでよいのですね。

ブレーカの大きさは、電線の太さによって決まります。また、電線の太さは、許容電流によって決まります。

(1) その幹線に接続する電動機の定格電流の合計が 50A 以下の場合は、その定格電流の合計の 1.25 倍。
(2) その幹線に接続する電動機の定格電流の合計が 50A を超える場合は、その定格電流の合計の 1.1 倍。

5.5kWの定格電流 (規約電流) は、26A ですから、2台分...続きを読む

Q60A契約でもブレーカーが落ちます。どうしたら・・・

60A契約をしているのに、それでもメインブレーカーが頻繁に落ちます。ブレーカーは1回路余っているようなのですが、それをうまく使ったら? とか、200Vにできないのか? とか70A以上の契約ができるのか? とか思うのですが、素人なので何もわかりません。わかる方、教えてください・・・

Aベストアンサー

>ブレーカーは1回路余っているようなのですが、それをうまく使ったら?
関係ありません。どのブレーカーでも60Aまで使えるようになっているのが普通です。ただし、すべてのブレーカーで使っている電流の合計が60Aまでしか使えません。
大元のブレーカーは60A契約の60Aで、その下の小ブレーカーのスイッチごとにアンペア数が刻んで書かれているはずです。通常は皆同じですが、テーブルタップのACコードでは最大15Aまで(蛸足配線で1500Wまで、1500Wまで使うとACコードが暖かくなり、カーペットなどの下にACコードを引くと熱がこもってさらに暑くなり、ACコードを蛇のようにとぐろをまいておくと出火にいたる場合があります。)、壁の中や天井裏のAC100Vの配線ケーブルは通常の家庭では30A定格のものが使われています。
60A契約がお住まい建築当初からの契約であれば、屋内配線が60Aで配線されている可能性もありますが、後から契約容量を変更された場合は屋内配線が30A容量のものが使用されています。建築後に、クーラーや電子レンジ、電子オーブン(電子オーブンレンジ)、乾燥機付き洗濯機などを購入された場合は別回路で30A定格のAC100V屋内配線が追加され、それぞれ専用の小ブレーカーが追加設置されている可能性があります。
小ブレーカーのスイッチノブに刻印されているアンペア容量を確認してみてください。皆30Aとなっていれば、よく切れる小ブレーカーの配線の下に接続している電気消費量の多い電気機器を各ブレーカーに分散して接続するか、同時に電源を入れないようにすればブレーカーが落ちなくなります。
同じ冷暖房クーラーややぐらコタツは出力を半分くらいにして使用すれば消費電流も減ります。
私のところは冬場は3つの部屋でやぐらコタツを使い、消費電力900W程度の電子レンジとレーザービームプリンターおよび900W位の電気釜を使っていて30A契約でやっています。(冷暖房クーラーはなし。冷暖房クーラーやオーブンレンジ、乾燥機付き洗濯機は最大出力で使用すると1台で20A前後消費します。)電子レンジと電気釜を同時に使うときは、レーバービームプリンタの電源はOFFにしやぐらコタツは一番弱またはOFFにする号令をかけてから、使うようにしています。年に1、2回位位はブレーカーを落として家中真っ暗になることがあります。そんなときは、大きな消費電力の電化製品のスイッチを全部切ってからブレーカを投入します。

 使い方次第で60A契約で十分いけると思います。多分これ以上の契約をすると工場並みの基本料金の契約になると思います。

>ブレーカーは1回路余っているようなのですが、それをうまく使ったら?
関係ありません。どのブレーカーでも60Aまで使えるようになっているのが普通です。ただし、すべてのブレーカーで使っている電流の合計が60Aまでしか使えません。
大元のブレーカーは60A契約の60Aで、その下の小ブレーカーのスイッチごとにアンペア数が刻んで書かれているはずです。通常は皆同じですが、テーブルタップのACコードでは最大15Aまで(蛸足配線で1500Wまで、1500Wまで使うとACコードが暖かくなり、カーペットなどの下にACコー...続きを読む

Q三相200V 7.5kWのモータの電流値は14Aなのですが、5.5kW

三相200V 7.5kWのモータの電流値は14Aなのですが、5.5kWのモータに変更した場合は何Aになりますか?
また、大きいモーターの方が電気代が安いとかはありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 5.5kWのモータに変更した場合は何Aになりますか?
・力率が分からないと計算出来ないので、先に力率を求めます。

三相電力(有効電力)=3×相電圧×相電流×力率
7.5kW=3×200V×14A×89%(≒0.892857・・・)

∴力率は約89%

5.5kWのモータの力率も同じ89%で計算した場合。
5.5kW=3×200V×10.3A×89%

∴5.5kWのモータは10.3Aです。

> 大きいモーターの方が電気代が安いとかはありますか?
・一般論としては、モータや発電機の力率は「5.5kWのモータ」よりも「7.5kWのモータ」の方が、慣性モーメントなどが働くため、稼ぎやすい(=電気代が安い)傾向にあると思います。
同じ仕事をさせた場合、スイッチを切っても、7.5kWのモータの方が、5.5kWのモータよりも、大きく重い分、長時間回ります。

QLEDって力率悪いですか?

市販のLEDを何個か見たら、消費電力が7Wでも入力電流が0.13Aもある、なんてのをよく見かけます。結構力率悪いですよね。
LEDってそもそも力率が悪いものなんでしょうか?
LEDの種類やLEDの使用の仕方(電球タイプや蛍光灯タイプ)などによっても違うのでしょか?
LEDって素子だと思いますが、コイル成分などはないと思うのですが力率に影響するような構造になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

LED電球には交流の定電圧源を受けて直流の電流をLEDに供給するための回路が組み込まれていますが、そこに使われているコイルのせいで力率が悪くなっています。
モータのような大きな動力では電気代を安くするために力率改善用のコンデンサを付けたりしますが、一般家庭で使用するLED電球の場合には力率が悪くてもあまり電気代には影響がないので力率対策がされていないようです。
家庭用の蛍光灯でも力率改善用のコンデンサは付けられていません。

でも中には、力率を改善していることを謳い文句にした製品もあります。
http://led-l.net/img/pdf/100201EL-tube.pdf


人気Q&Aランキング