『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

日本ファンタジーノベル大賞受賞作、優秀賞受賞作を、書店や図書館で見つけた順に読んでいます。
が、とても好きなものと、興味を持てないものと、理解ができないものがあり、主に図書館で借りるようにしています。

門戸が広い……というのでしょうか、大賞受賞作、優秀賞受賞作、最終候補作品の幅が広く、本を選ぶときに少々苦労をしています。
好きなものは買いますが、読んでよくわからないものも多く、そういうものは図書館で借ります。借りても読破できないことも多いです。

現在日本で認識されている「ファンタジー小説」については、基本的に好きな分野ですので、その作品が好きか嫌いかだけなのですが、日本ファンタジーノベル大賞は、文学的な幻想小説も入ってきているようなんです。
あやふやな言い回しですが、そういう作品はとかく冒頭で挫折することが多いもので、よくわからないというのが本音です。

そこで、お伺いしたいのは、「ファンタジー小説」「幻想文学」「幻想小説」の定義です。
これらのキーワードや、関連していそうなキーワードで、ここしばらくいろいろ検索をかけているのですが、「幻想小説=ファンタジー小説=ありえない物語」という記述ばかりで、少々悩んでいます。
関連する書籍も探していますが、ネット上ではまるで見つからず、書店へ行っても探せない状態です。

さらに悩みが増えたのは、先日「十二国記」の新作と「しゃばけ」の新作目当てで買った「yomyom」でした。
森見登見彦氏の「或る失恋の記録」が「特集 ファンタジー小説の愉しみ」に入っていたことです。
日本ファンタジーノベル大賞受賞作品「太陽の塔」の作者さんであることは知っていたので読んだのですが、どこがファンタジーなのかがわからないのです。「太陽の塔」も立ち読みしたのですが、冒頭からよくわからなかったので、結局買わず、図書館もなかったので読まずじまいのままです。選評を読むと、妄想が連なっているらしいので、なるほど幻想小説なのか、と思ったのですが、果たしてその認識でいいのかどうかも悩みます。

そのまま「教えてください」と書くとウィキペディアのリンクを張る方が出てくると思ったので、回りくどくなって申し訳ありません。
ウィキペディアはすでに見ているのですが、「幻想小説=ファンタジー小説」であり、現代では「幻想小説」というと異世界ファンタジーか歴史ファンタジー(洋の東西及び時代を全部ひっくるめています)を差すものである、と理解したほうがよさそうです。
そこで「幻想文学」の項をひらきましたら、「幻想小説」と同じものとしか思えない。
言わんとするところはなんとなくわかるのですが、異世界ファンタジーとの線引きがどこなのかがよくわかりません。それでも明らかに何かが違いますよね。民話、神話はこちらに入るような気もしますが、冒険物語は「幻想文学」ではなく「ファンタジー小説」のような。
文学について調べれば、芸術性と出てくるが、芸術性の高い幻想小説と言われても、さてどの作品があてはまるのか……。

「ファンタジー小説」「幻想文学」「幻想小説」の定義とともに、代表作品をあげていただけると、とても助かります。
答えにくい質問かとは思いますが、何と何は同じ意味で……というような情報でもかまいませんし、関連書籍、サイトの紹介でもかまいませんので、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

fantasyを英和辞典で調べれば、幻想という訳が載っています。

つまり、ファンタジーと幻想文学は英語が日本語かの違いであって、本来は同じものです。ただ主に若者向けの異世界物や歴史物などをファンタジーと表現することで手に取りやすくしているだけだと思います。

作品のジャンル分けは固定的なものではありません。解釈の仕方によって変わりますし、複数のジャンルに所属する作品もあります。No.1の方が挙げている「フランケンシュタイン」と「吸血鬼カーミラ」はホラーではありますが、幻想文学として扱われるケースは少なくありません。また、幻想文学の一部としてホラーを捉えるという解釈もあります。

幻想文学大事典
http://www.green.dti.ne.jp/ed-fuji/gensojiten.html

『幻想文学』バックナンバー
http://www.d2.dion.ne.jp/~octa/pages/backnumber. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
特に「幻想文学」のバックナンバーですね。
なんで探せなかったのかがよくわかりませんが、見つけられませんでしたから、非常に助かりました。
また、これを見ると、私の悩みがかなり無駄であったことが理解できました。
また、モダンホラーも幻想文学で扱っていたのですね。
幻想文学大辞典の紹介のところでは、ラヴクラフトとスティーブン・キングが入っていることも、『幻想文学』の紹介に出てくる作家の方々と見比べると、非常に納得ができました。

児童文学からファンタジーが出てきた、と考えるのではなく、幻想文学が内包していて、そこから異世界ファンタジーがライトノベルの一分野として確立した、と考えるほうがすっきりしそうな気がします。
こと「幻想文学」に出てきた作家らの名前を見ていると、そんな気がしてきますね。
日本ファンタジーノベル大賞出身の作家の名前も見受けられますね。

かなりスッキリしましたが、まだ森見登美彦作品と日本ファンタジーノベル大賞の話が出てきていないので、締め切るのはもう少し待とうと思います。

お礼日時:2008/03/02 13:56

こんにちは


No2の者です
とりあえず、ネタ本は
小谷真理著作 「ファンタジーの冒険」ちくま新書
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
パソコンの調子が悪く、つながりませんでした。

その本を探してみます。
新書だと、ちょっと難しいかもしれないなあ……。

お礼日時:2008/03/09 01:57

そのあたりはファンタジー小説の歴史を説いた本をご覧に成ると良いと思いますが、ナルニア国や指輪物語は子供向けとして書かれた物のはずです。


そのうちオタク的に扱われていたものが、市民権を得るにつれ剣と魔法というサーガもの、サイエンスフィクション(SF)に分化発展してさらに細分化されて名前を得ていったという風に書いてあります。
だからサーガものとしては「グイン・サーガ」は「剣と魔法」という系統として分類できます。

それに対して幻想文学というのはもともと大人向けにかかれたもので有ると思います。出自がファンタジーとは違うと思います。
心理描写にどちらかというと重きをおいたような。
どういう作品かといわれてもちょっとでてこないのですが。
「幻想文学全集」みたいなのも確か出ている筈です。
所収されている作家さんの名前をみるだけでもある程度雰囲気はつかめるのでは。
ちなみに、「吸血鬼カーミラ」はともかく「フランケンシュタイン」を書いたシェリーは多分ホラーのつもりでは無かったと思いますよ。

以上ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

ナルニア国やハリー・ポッターは児童文学ですが、指輪物語に関する記述を読んでいて、児童文学の扱いをしているのに出会ったのは、この2年ほどのことなんです。
そのために、どうしても児童文学という認識にはなれないんですが、もう一度調べてみます。
ファンタジー小説関連の書籍が探せずにいるのですが、よろしければ書名だけでも教えていただけませんか?

幻想文学が心理描写というのは、なんとなくイメージがありました。
「或る失恋の記録」は、ありえなさそうな大学のサークル活動を、昭和の大学っぽく書いた作品なのですが、「太陽の塔」が妄想を書き綴ったものであること(未読ですが)をかんがみると、幻想文学、ひいては「ファンタジーの愉しみ」に入るでしょうか。
「世界の果ての庭」は、見たことがない形式でしたので、辛くても最後まで読みましたけれど、この作者さんは海外の幻想文学を主に翻訳をしている方らしいです。荒俣さんが絶賛していた理由はその点にあると思うのですが、幻想文学は一般受けはしないものでしょうか。
そのあたりの時代背景まではつかんでいないので、調べてみようと思います。

お礼日時:2008/03/02 13:20

こんにちは


あまり参考にならないかもしれませんが、自分的には幻想文学とファンタジーとは別物です。
ファンタジー小説というのは最近になって出て来た文学の範疇と解しています。どちらかというと児童対象に書かれていたものがはじめでそのうち指輪物語やナルニア国シリーズなどで育った子供たちが大人になって発展させていったような、と解しています。
一方幻想文学というのは大人向けでちょっとホラーがかったような風味の小説、たとえば「フランケンシュタイン」とか「吸血鬼カーミラ」とか、そんな大人向け文学の方の要素が強いもの、と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。

申し訳ないのですが、「指輪物語」が児童文学に入る理由が理解できないのですが、児童文学としてよいと思われますか?
また、「フランケンシュタイン」や「吸血鬼カーミラ」については、ホラー小説との認識があり、幻想小説に入れるのには、私としては抵抗があります。
もっとも、ホラー小説もファンタジー小説と同じような要素があるとは思いますが、過去も現代もジャンル分けされているように思えてしかたがありません。

できれば、現代までの作家及び作品の中で、ファンタジー小説(ライトノベルおよびグイン・サーガ、戦記ものを除いてください)と幻想文学の作品を上げていただけると助かります。

お礼日時:2008/03/02 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそもそもファンタジーってなんだろう?

文学作品の分類として“ファンタジー”というものがあるとおもいます。

最近の流行りでは『ハリー・ポッター』もそうでしょうか。
『ゲド戦記』や『ナルニア王国』のような作品もファンタジーだとおもいます。
その他にも『後宮小説』(日本ファンタジー大賞受賞)なども賞の名前から考えてもファンタジーと言えるとおもいます。


ところで、これらの作品を括る“ファンタジー”という分類はどういう基準(定義)をもって“ファンタジー”としているのでしょうか?

また、その他の文学作品に比べてファンタジーの持つ“よさ(メリット)”とは何でしょうか。


ご教授のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 皆さん悩んでおられますね^^;
 私もファンタジーの定義については、だいぶ悩んでいます。ファンタジー世界と言われて誰もが考え付くのが、妖精や魔法が登場するソードアンドソーサリー世界でしょう。しかし、「不思議の国のアリス」や「メリーポピンズ」のような作品にはエヴリデイマジックという呼称が使われているようですが、それはファンタジーなのかどうだと言われると即答に詰まってしまいます。
 ファンタジー文学は、日本語ではそのまま直訳で「幻想文学」と言います。幻想と言うと、現実と違うこと全てが当てはまってしまうような気がしますが、それならノンフィクションじゃない(言葉として変ですが)作品は全てファンタジーか、と言われると、そうでもないですね。「サザエさんがファンタジー」なんて言われたら首を傾げてしまいます。ならどこからどこまでがファンタジーか、これが本当に悩みどころですね。
「ノンフィクションじゃない」作品は、当然ながら「フィクション」と呼ばれます。ファンタジー=幻想文学に対し、フィクションは空想文学と訳されるようですが、この「幻想と空想の差」がファンタジーの定義域を示してくれているのではないでしょうか。ファンタジーも「ノンフィクションじゃない」と言う意味では当然フィクションなのですが(本格的にややこしくてすみません^^;)、便宜的にノンフィクションではなく、ファンタジーでもないものをフィクションと呼ぶことにします。文学と言うと堅苦しくなるので、物語としましょう。順序が逆になりますが、空想物語と幻想物語の対比。

■空想物語(フィクション)
 ……現在の現実世界の定義の上で繰り広げられる、現実とは違う振る舞い。非常に近い未来、もしくは現在・過去において、存在しうる可能性がある物語。

■幻想物語(ファンタジー)
 ……現実とは定義を異にする世界の物語。現在の現実世界の定義では起こりえない事象、事柄。予測できない遠い未来。

 なんてところでどうでしょう。空想の欄で「現在の現実世界の定義」などとわかりにくい言葉を使ったのは、時がたつにつれて世界の定義が変わるからです。大昔の人は世界が平らな盆だと信じていましたし、自分たちの住処のそばには鬼や妖精といった生き物が住んでいると信じていたでしょう。今となってはそれは幻想に当てはまりますが、過去の人にとっては空想、自分の生きる世界への思惟だったはずです。
 さて、ちょっと悩んでしまうのは、最初にあげたエヴリデイマジックのような作品と、あとはSFというジャンルの存在ですね。
 エヴリデイマジックは、「現在の現実世界の定義」と同じ世界の中に、いわば異物とも言える不思議な存在が迷い込んでくる物語です。たとえば「となりのトトロ」なんかもそうですね。あくまでも主人公は私たちと同じ現実世界の平凡な人間であることが多く、「不思議との邂逅」が主題のひとつだったりします。これはフィクションの中にファンタジーが浸入しているわけで、結論としてはファンタジーに分類されるようです。ならどこまでがフィクションで、どこからがエヴリデイマジックか・・・。ああ、頭が痛くなりますね(苦笑)
 次にSFです。最近はSF=サイエンスフィクションが一般的のようですが、私が小さかった頃はスペースファンタジーの略だと教えられました。実際、サイエンスフィクションよりもスペースファンタジーと呼ぶほうがしっくりくるようなSF作品もたくさんあるので、曖昧にしておいたほうがいい気もします(スターウォーズがサイエンスフィクションだなんて、とんでもない!)。
 しかし、Fの解釈が二様なのはちょっと見過ごせないですね。フィクション=空想とファンタジー=幻想。先ほどファンタジーの定義の為に差別化した二つの言葉です。SFはフィクションなのかファンタジーなのか。これがかなり難しいところです。例えば「凄腕ハッカーが政府のコンピュータにアクセスする物語」なら、これは現実世界において可能なことであり、フィクションと呼べます。「科学が非常に発展した未来での宇宙戦争」や「タイムマシーンで時間旅行」「多次元宇宙を冒険」は間違いなくファンタジーです。SFと呼ばれている作品の中には、フィクションと呼べるものもファンタジーと呼べるものも存在しているのです。そして、もっとややこしいものもあります。たとえば瀬名秀明のパラサイト・イヴのような作品。100年前に書かれていたら間違いなくファンタジーですが、科学の発展が目覚しい現在では起こりうるフィクションともとれます。SFというジャンルが、科学と言うあらゆる可能性をもった新しい魔法を扱う物語ですから、半ば何でもありな状態で、その全てをファンタジーかどうか定義づけるのは非常に難しいですね。SFを細かく分類すればいい話なんですが、質問とは話がずれすぎると思いますので、やめておきます。

 とりあえず、ファンタジーの定義はこんな感じだと思います。一部不明瞭ですが、そこは幻想だけに曖昧ということで・・・(逃)。


 ファンタジーのよさですが、これは書き手にすれば「世界を描く楽しみ」であり、読み手にとっては「世界を感じる楽しみ」ではないでしょうか。極端な話、冒険でも恋愛でもなんでも、物語のあらすじだけならば別の世界にトレースできてしまいます。例えば質問にタイトルを挙げられたハリー・ポッターシリーズですが、魔法学校を普通の学校、クィデッチをサッカーか何か、さまざまな魔法を化学的なトリック、ついでに悪役のヴォルデモート卿を番長か何かにしてしまえば、それで似たような話ができてしまいます。ファンタジーの、他に置き換えがたいよさと言えば、それは世界観の一言に尽きると思います。世界を魅力的に描いている作品は良いファンタジーと言えるし、世界に魅力がなくても面白いファンタジーがあったら、それは書き手が優秀だったのでしょうね。

 ただ、作品を楽しむときは、しちめんどくさいジャンル分けや、どこがいいかなんて評価は考えず、純粋に作品に向かうことをお勧めします。これだけいろいろ言っておいてなんですが、文学の分類に頭を悩ますのは評論家と本屋さんで十分、読者は気楽に読めばいいのです^^

 では、失礼します。

 こんにちは。
 皆さん悩んでおられますね^^;
 私もファンタジーの定義については、だいぶ悩んでいます。ファンタジー世界と言われて誰もが考え付くのが、妖精や魔法が登場するソードアンドソーサリー世界でしょう。しかし、「不思議の国のアリス」や「メリーポピンズ」のような作品にはエヴリデイマジックという呼称が使われているようですが、それはファンタジーなのかどうだと言われると即答に詰まってしまいます。
 ファンタジー文学は、日本語ではそのまま直訳で「幻想文学」と言います。幻想と言...続きを読む

Q有効数字

実験で有効数字などを考える時に対数をとったときは有効数字はどうなるのですか?例えば(5桁)×(5桁)×ln(4桁÷3桁)の場合、有効数字はやっぱり1番小さい3桁になるのですか?

Aベストアンサー

 先日読んだ分析化学の教科書「クリスチャン 分析化学 I 基礎」(丸善,第4版,平成元年刊)に記載がありましたので,調べてみました。出ているのは「第3章 分析データの処理」部分です。

【掛け算と割り算】
 掛け算や割り算の答えの不確かさは演算数の中で最も不確かなもの(最も有効数字の桁数の少ないもの)に支配されます。

 つまり,計算結果の有効数字は「演算数の中で最も有効数字の桁数の少ないものと同じ」になります。

 実際の計算では,一桁余分に計算しておいて,最終の答えを四捨五入します。

【足し算と引き算】
 有効数字は小数点の位置で決ります。つまり,計算結果の有効数字は「演算数の中で最も小数点以下の桁数の少ないものと同じ」になります。

【対数】
 対数から真数への変換またはその逆の場合には,「計算する数と対数の真数は同じ桁数の有効数字」をもちます。仮数部分のゼロはすべて有効になります。

 チョット分かり難いかと思いますので,log[2.0X10^(-3)] を例にとって具体的に説明しましょう。この場合,問題になるのは 2.0 の桁数(2桁)で,log(2.0) の計算結果の有効数字は2桁です。つまり,log(2.0) = 0.30。結果として,log[2.0X10^(-3)] = -3+0.30 = -2.70 となり,有効数字3桁になります。

 仮数から真数に変換する場合も同じで,「計算結果の有効数字は仮数の有効数字と同じ桁数」になります。例えば,0.072(有効数字3桁)の真数は3桁の 1.18 です。

 お書きの (5桁)×(5桁)×ln(4桁÷3桁) であれば,ln の中の (4桁÷3桁) の結果は有効数字3桁ですが,ln 計算の結果は有効数字4桁になる可能性もあります。ですので,全体の有効数字は3桁又は4桁でしょう(どちらになるかは,実際の数値によって変わります)。

 先日読んだ分析化学の教科書「クリスチャン 分析化学 I 基礎」(丸善,第4版,平成元年刊)に記載がありましたので,調べてみました。出ているのは「第3章 分析データの処理」部分です。

【掛け算と割り算】
 掛け算や割り算の答えの不確かさは演算数の中で最も不確かなもの(最も有効数字の桁数の少ないもの)に支配されます。

 つまり,計算結果の有効数字は「演算数の中で最も有効数字の桁数の少ないものと同じ」になります。

 実際の計算では,一桁余分に計算しておいて,最終の答えを四...続きを読む

Q緩衝作用について

高校の化学で緩衝作用について勉強したんですが、まだまだたくさん緩衝作用について分からないことがあるので教えてください。もしくは、関連のあるサイトを教えてください。これからの授業に役立てます。お願いします。
(1)緩衝液のpHの変化が小さいのはなぜか
(2)生体内の緩衝作用の意義とは?
(3)たんぱく質・アミノ酸がなぜ緩衝作用を持っているのか?

Aベストアンサー

1)について
たぶん勉強したと思うけど、
例えば酢酸と酢酸ナトリウムの緩衝溶液の場合そこに塩基を加えると、
CH3COOH + OH- → CH3COO- + H2O
CH3COO- + H+ → CH3COOH + H2O

上の反応式のように酢酸は塩基と反応し、酢酸イオンと水ができる。また酢酸イオンと酸は酢酸と塩基を形成し、水酸化物イオンと水素イオンを除去するため。そのpHは
pH=pKa-log[CH3COOH]/[CH3COO-]
となる。酸と塩との比の対数に依存するから、pHを1変えるために、10倍比率を変える必要がある。そのためpHは変化しにくい。

2)細胞、組織はそれらが浸っている液体の性質に極めて敏感であるので、生体内の環境を一定に保つ必要がある。血液またはその他の液体のpHは一定に保たれなければならない。そのために緩衝作用は重要な意味をもつ。
3)  ???

Q幻想文学の文学賞

幻想文学の文学賞や新人賞のようなものは、存在しますか?

幻想文学を読むことや書くことに興味があるのですが、

wikipediaを見ても、
国際幻想文学賞 1951-57
世界幻想文学大賞 1975-
英国幻想文学賞 1972-
泉鏡花文学賞 1973-
ゆきのまち幻想文学賞 1991-

この賞しかなく、日本では、
泉鏡花文学賞とゆきのまち幻想文学賞しかないみたいです。

幻想文学を評価してくれる新人賞的な賞はどれでしょうか?
小松左京賞?

幻想文学を応募したり、
幻想文学を読んだりするための、雑誌などを
知っている人がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

幻想文学といってもいろいろあるので、一概にはいえませんが、日本ファンタジーノベル大賞が一番いいと思います。この賞は名前から受ける印象とは違って、受賞作の作風は多岐に渡っています。

また、純文学よりであれば純文学の新人賞、エンターテインメントよりであればエンターテインメント全般を扱った新人賞、ホラーの要素があれば日本ホラー小説大賞でも、差し支えないと思います。どの賞も幻想文学を排除しないはずです。


日本ファンタジーノベル大賞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%A4%A7%E8%B3%9E

文学賞の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

幻想文学といってもいろいろあるので、一概にはいえませんが、日本ファンタジーノベル大賞が一番いいと思います。この賞は名前から受ける印象とは違って、受賞作の作風は多岐に渡っています。

また、純文学よりであれば純文学の新人賞、エンターテインメントよりであればエンターテインメント全般を扱った新人賞、ホラーの要素があれば日本ホラー小説大賞でも、差し支えないと思います。どの賞も幻想文学を排除しないはずです。


日本ファンタジーノベル大賞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E...続きを読む

Q検量線に吸収極大波長を用いるのはなぜですか?

Fe(II)イオンのo‐フェナントロリンキレート錯体の吸光度を測定し、横軸にFe(II)イオンの濃度、縦軸に吸光度をとって検量線を作成するという実験をおこないました。

この際、波長は吸収極大波長である510nmを用いたのですが、吸収極大波長を用いる理由は何でしょうか?

吸収極大波長以外の波長を用いると、何か不都合でも生じるのでしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、吸収極大波長を用いると感度が良くなります。よって、より低い濃度でも測定できます。
また、ノイズの影響を小さくする(SN比を大きくする)ことが出来ます。
あと、今回はおそらく関係ないかと思われますが、近い波長に吸収がさらにあると極大波長以外の場合、どちらの波長の吸光の影響が大きいか分からなくなります。


しかし、最大の原因は基本的に吸収極大波長で取るのが普通だからです。他で取ると、過去の知見を生かすことが出来ません。

Q薬は喉に引っかかっても大丈夫なのでしょうか?

 薬(錠剤、7mmくらい)を水といっしょに飲み込んだところ、喉の右側あたりに引っかかった様な気がします。今は喉の右側に違和感を少し感じます。ご飯とかを飲み込むと何か有るような感じもします。薬は、喉に引っかかっても大丈夫なのでしょうか。また、喉に引っかかるとどのくらいで溶けて違和感を感じなくなりますか。ちなみに、今は薬を飲んでから20分くらい立ち少し違和感も和らいできたような気がします。心配になったので質問しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>薬は、喉に引っかかっても大丈夫なのでしょうか

胃または腸内で溶けて吸収されることを期待されているものが、喉で溶けるに溶けない状態で引っかかるようなのは望ましい事ではありません。
それが直接健康被害にになると言うほどでも無いと思いますが、どんな薬剤か不明なので常識的に判断。

>喉に引っかかるとどのくらいで溶けて違和感を感じなくなりますか
薬によって様々、よくCMで『さっと溶けて素早く吸収』なんて言ってますからそんなのであれば、比較的早いでしょうし、カプセルのようなのであればそう簡単に溶けるとも思えません。

今は、違和感が和らいできたと言うことなら問題が無いのでは無いでしょうかね。


人気Q&Aランキング