これからの季節に親子でハイキング! >>

とある本を探しています。
おそらく政治小説だと思うのですが、昭和におきた5.15事件や2.26事件のころの政治情勢を題材にした小説なんですが、タイトルも作者もわかりません(というか忘れてしまいました)。
1986年か1987年の初旬頃に発売されたもので、当時朝日新聞の広告にこの本が載っていました。当時、上巻と下巻に別れていたと思います。

タイトルは日本語で「○○の○○」みたいな短いものです。
こんな情報ではむつかしいかもしれませんが、わかりましたら是非教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その近辺で発行された本ですが、上下巻ではありません。

参考まで
青柳利之/高砂滋子「首相官邸の血しぶき―生々しい総理官邸の悲劇体験実録」
ISBN:9784795232433
迫水久常「機関銃下の首相官邸―二・二六事件から終戦まで―(新版)」
ISBN:9784770402646
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どうやら三好徹「興亡と夢」のようでした。
全然上下巻でなくてすみません。
御紹介いただいた書籍も読んでみます。

お礼日時:2008/03/04 17:10

まったく自信はないのですが、


寺内大吉さんの
「化城の昭和史―二・二六事件への道と日蓮主義者」
かな?と思いました。

上巻のあらすじ
昭和七年二月十六日、奉天で開かれた満洲建国会議の会場に「南無妙法蓮華経」と大書した垂れ幕が下がった。一体、満洲建国と法華経はどう関わっていたのか。さらに血盟団事件、五・一五事件…と進む日本ファッシズムの形成過程で顔を覗かせる石原莞爾、北一輝ら日蓮主義者たちはどのような役割を果たしたのか。日蓮主義を通して戦前を見直した異色の長篇。

下巻のあらすじ
昭和十一年、磯部浅一、村中孝次、安藤輝三ら日蓮主義の青年将校たちが蹶起し、二・二六事件勃発。彼らが目ざした終着点とは一体何だったのか。鎮圧に回った石原莞爾を始め、木戸幸一、真崎甚三郎、武藤章らの手記を基に新資料も交えて事件の全貌に迫る。日蓮主義者たちの行動を軸に、日米開戦、敗戦へと突き進む昭和史のクライマックスを捉え直した力作。

違っていたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。ただ自分なりにその後、調べてみたところ、どうyら三好徹著の「興亡と夢」のようです。
昭和史全体を題材にした内容のようです。
ご紹介いただいた書籍も是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/03/04 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二・二六事件が舞台の小説ありませんか?

二・二六事件が舞台の小説を探しています。ジャンルは問いません。
宮部みゆき「蒲生邸事件」
恩田陸「ねじの回転」
は、読みました。他の作品をご存知でしたら教えてください。

また、二・二六事件そのものについても知りたいと思っています。
良書をご存知でしたらお願いいたします。
原秀男「二・二六事件軍法会議」
は、既読です。

Aベストアンサー

武田泰淳「貴族の階段」
二・二六事件そのものではありませんが、これをモデルにしたクーデターの前後が舞台です。

Q二・二六事件について

この事件に関する本、資料で最も役立つと思うものは何ですか?そしてその理由を、できれば感想も加えて教えて下さい。

≪お知らせ≫
「二・二六事件決起者の顔写真について」という質問をしましたが、ネットでよくよく検索したところ、youtube投稿動画「青年日本の歌(二・二六事件 自決・刑死の憂國烈士)」の顔写真につきましては紹介されたブログがありました。http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1224155/

Aベストアンサー

 先ず歴史的事実に関しての史料ですが『現代史史料』-みすず書房刊行、の第23巻に詳細な史料が収められています(殆どの公共図書館には収蔵されています)。
 また事件そのものに関する歴史書は様々ありますが、スタンダードな所では中公文庫版の『日本の歴史-24巻』(黒いカバーの新装版)辺りから入ってみては如何でしょうか。巻末には詳細な参考文献が紹介されています。
 2.26事件を理解するためには1つの手だてとして「近代日本が辿ってきたプロセスの中」でどのような位置づけにあるのか、ファシズムとの関係でとらえた場合にはどのような意味があるのか、などの視点からアプローチしてみる方法がありますので、いわゆる「歴史分野の書物」だけでなく日本の近代政治に関係する書物には多くの論考もあります。
 個人的にオモシロイ史料としては永井荷風の日記『断腸亭日常』があります。明治時代には開明的なスタンスで作品を発表していた著者がその後、スタンスを別の方向に移していったプロセスと重ね合わせて読むことで、意識の移り変わりを知ることもできます。
 画像としてこの時代を扱っているモノとして劇団四季の「ミュージカル李香蘭」などの作品もあります。他にもNHKのライブラリにも映像資料はありますので、NHKアーカイブスに問い合わせてみては如何でしょうか。

 先ず歴史的事実に関しての史料ですが『現代史史料』-みすず書房刊行、の第23巻に詳細な史料が収められています(殆どの公共図書館には収蔵されています)。
 また事件そのものに関する歴史書は様々ありますが、スタンダードな所では中公文庫版の『日本の歴史-24巻』(黒いカバーの新装版)辺りから入ってみては如何でしょうか。巻末には詳細な参考文献が紹介されています。
 2.26事件を理解するためには1つの手だてとして「近代日本が辿ってきたプロセスの中」でどのような位置づけにあるのか、ファシズムとの関...続きを読む

Q今、政治小説いえば誰?

もしくはこれがもっとも的を得ているという政治をあつかった作品は?

Aベストアンサー

古い本になってしまいますが、戸川 猪佐武「小説吉田学校」第一部~第八部 「党人の群れ」全三巻 「昭和外交五十年」「政権争奪」 以上、角川文庫をお薦めします。


人気Q&Aランキング