プロが教えるわが家の防犯対策術!

電圧を200Vから100Vに変える機械はありますが、周波数のヘルツを変える機械ってないでしょうか。ご存知の方が居ましたら是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

インバーターで変えられるのですが、


ちょっと気を付けて下さい。

周波数に対してシピアな機械を使っているからこそ
50Hz、60Hzが問題になるわけですよね。
ところが、市販のインバーターの周波数は
そんなに精度はよくありません。
特に、タイマーのような物には適さないレベルです。
(普通の商用電源は、49Hzの次には51Hzになるような感じで
 長い時間での精度を合わせていますが、インバーターはこうなってはいません)

ですから、使うものにインバーターの周波数精度が
合っているかどうか、良く調べてからお使いください。

また、外国製品で、60Hzだけが指定されていても、
実際は50Hzで動く品は多いです。
その国に50Hzが無かったりすると、表示されていないだけということが
あるからです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になる回答ありがとう御座いました。作動させて見ます。素人に解り易く感心しました。
重ねて厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2002/10/25 01:31

一般的にインバータ装置を購入されれば、周波数変換


できますよ。例えば、無停電電源装置(UPS,常時
インバータ型)や交流電源装置などです。

参考URL:http://www.nfcorp.co.jp/products/b/b01/qseries/q …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる回答ありがとう御座いました。作動させて見ます。素人に解り易く感心しました。
重ねて厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2002/10/25 02:33

>周波数のヘルツを変える機械ってないでしょうか。



インバータ(電源)を使うのがいいでしょう。直流電源から任意周波数の交流波形を生成できる機械です。大容量の直流電源を得るため、商用電源(交流)を直流に変換する機械(コンバータ)がセットで使われることが多いです。

容量は、数kVAから上は1GVA程度まであります。交流モータをスムーズに駆動することを目指し、いろいろな制御理論を駆使したモデルもあります。

以前はサイクロコンバータという機械も使われていました。やや類似した原理です。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる回答ありがとう御座いました。作動させて見ます。素人に解り易く感心しました。
重ねて厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2002/10/25 02:33

もちろんありますよ。

日本は東日本と西日本で電力会社の
周波数が違いますから、結構古くから使われてます。

歴史の古いのはサイクロコンバータと言う奴で、
モーターと発電機を組み合わせてあります。
たとえばモーターに50Hzをかけてまわすと、
発電機で60Hzの電気が起こるという仕組みですね。
大昔、東海道新幹線の試験でもつかわれた事があります。

もっともこれはあまり効率がいいものではないので、
今は半導体素子を組み合わせたものを使って、
入力の周波数を一旦直流に直した後、望みの周波数の
交流に直してやるインバータ、ってのがあります。
入出力の周波数の比が一定のものもありますけど、
出力の周波数や電圧が連続的に自由自在に変えられるものは、
家庭用エアコンとか電車なんかにたくさん使われてますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる回答ありがとう御座いました。作動させて見ます。素人に解り易く感心しました。
重ねて厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2002/10/25 02:34

「ヘルツを変える」という言葉はありませんが、周波数を変えるのが、「インバータ」という装置です。


目的や容量によって、ずいぶんたくさんの種類がありますよ。
ほとんどはモータの回転数を変えるのに使われますけどね。
50Hzか60Hzを入力して、3Hz~400Hzくらいを出力します。

参考URL:http://www.nagoya.melco.co.jp/inv/details/index_ …

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。全然解らなくてすみませんが、このような機械は、製品の機械の中に組み入れて使用するものなのですか。製品の外部に取りつて使用できるというようなものを探していますが、そのようなものはご存知ですか。(完成品の機械に取り付けたい… 意味わかって頂けますか?)宜しくお願いします

補足日時:2002/10/24 23:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる回答ありがとう御座いました。作動させて見ます。素人に解り易く感心しました。
重ねて厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2002/10/25 02:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q周波数を変える方法

アメリカから購入したコーヒーグラインダー(60Hz)を関東で使用したいのですが、電圧だけの問題でしたら変圧器を使用すればいいのですが、どうやら周波数の問題なのか、稼働しません。

周波数を変え(60Hzを50Hzに)、また電圧も(115Vを100Vに)変えられる変換器のようなものはあるのでしょうか。インバータを使えばいいと聞きましたが、実際にはどのようなものを購入すればいいのでしょうか。ちなみに消費電力は1300W、電流は12Aです。

宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

前のご質問からすると、どうもモータがおかしい。
この装置に使えるインバータは高額になりますよ。
見積もらないと詳細はわかりませんが50~100万円はします。
(4kWクラスだと汎用品でも個別見積もりとなる)

コーヒーグラインダー(ミル)としては大きいので
どうしてもというなら、モータを交換を考えてみてはどうですか。

インバータはどう見ても実用的でないし
モータが不良だったら、泣くに泣けない金額だと思いますが
いかがでしょう。

前も書いたけど修理が一番かな。
「100V50Hzで回るようにして」でいけそう。

サイトを見るかぎり、職人の世界かな。
http://sakamotoss.digi2.jp/shuri/shuri.html
http://www.kmd.co.jp/seihin_mente.html
http://www.densyusya.co.jp/faq.html

Qアメリカから電化製品を購入し日本で使えますか?

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法などは載っていますが、で結局どこがどう違えば使えなくて
どうであれば使えるの?と言うことが解らないのです。

例えば、ボルトは電気を押し出す力などと説明されていますが、
電気を押し出す力と日本のコンセントに指して使えるかどうかとの
関係については理解できませんでした。

学術的なことよりも、海外には欲しい家電がたくさんあるので、それに強くなりたいのですが・・・。
(ここでは、書ける情報量では無いと言うことであれば、どの辺りから勉強を始めればよいでしょうか?)

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか使えない、というものがありますが、その場合は必ず注意書きが書いてあります)。
このあたりは、参考URLをご参照下さい。

また、日本国内であれば地域問わず、各家庭のコンセントには105~115ボルト程度の電圧がかかっているのが普通です。便宜上「100ボルト」と言っていますが、送電線の長さや、同じ線から電気をもらっている他の家庭での使用状況によって数ボルト程度の変動があるのが普通です。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品は、やはりそのほとんどが100ボルト~120ボルト程度の幅のなかで使えるように作られています。

さらに、カメラや携帯電話(の充電器)、電動シェーバーなど旅行に持ち歩く可能性の高い商品の場合は、(特に最近のものは)世界各国どこの国でも使えるように100~240ボルトの電圧で使えるように作られています。


さて、前置きが長くなりましたが、以上を踏まえてご質問の本題「海外の家電製品が日本でも使えるか」、ですが。

まず、ヘルツで言いますと、ほとんどの国は50ヘルツ/60ヘルツ併用または60ヘルツの電気が供給されていますので、お住まいが西日本であればほぼ気にする必要はないでしょう。東日本の場合、50ヘルツでも使用可能か確かめた方が良いでしょう。
電圧については、その製品が受け入れることのできる電圧の幅の中に、100ボルト近辺が含まれているかどうか。
最後に、以外と盲点なのですが、コンセントの形状は日本と同じ国のものかどうか。日本はA型(縦長2本)またはB型(縦長2本+真ん中にアース)です。北米/カナダはほとんど同じA型またはB型ですが、それ以外の国では全く違う形のコンセントを使っています。これは、変換プラグ(海外旅行用品を扱うお店などで手に入ります)を使えば解決する問題ではありますが、結構不便です。

※余談
最近はエアコンや食器洗浄機など200ボルトの電源を使うものが増えていますので、家庭のコンセントにも200ボルトの電源が来ている場合があります。この場合はコンセントのところに「200V」と書かれていますし、コンセントの形が違いますのですぐわかると思いますが、このコンセントは日本独自の規格ですので海外のものには合いません。改造が必要ですので電気工事店にご相談下さい。

もし、カタログ等を読んでもそのあたりの情報がわからない場合には、メーカーに「この製品は日本国内でも使用できますか?」と問い合わせるのが一番確実です。
メーカーによっては、「北米/日本向け仕様」「ヨーロッパ向け仕様」「日本以外のアジア/オセアニア向け仕様」など、複数のラインナップを作っている場合もありますので。

問い合わせ先がわからない場合は、ネット上でその国の電源規格を調べたり、使用体験談などを探されるのも参考にはなるのでは、と思います。

電圧(ボルト)も、ヘルツも違うけど、どうしてもこれが使いたいんだ!!ということであれば、間に変圧器やインバーターなどをかますことで使う事は可能です。気軽にコンセントに抜き差ししただけでは使えない、というだけのことですので、上級編としてチャレンジしてみられるのも良いのではないでしょうか。


なお、最後の最後になって恐縮ですが、例として挙げられたプロジェクターは日本アマゾンでも売っています。日本アマゾンから購入すれば、値段は違うかも知れませんが確実に日本国内向け仕様のものが手に入ると思いますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか...続きを読む


人気Q&Aランキング