ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

Microsoft Accessの共有に関しての質問です。

一つのAccessのファイルを共有して複数のパソコンで同時に開きたい場合は、何か特別な設定が必要なのでしょうか?

Access2000を使用して顧客管理のデータベースを作成しました。
そのファイルを複数のパソコンから開けるようにしたく、現状では元のファイルを共有ドキュメントに入れて、複数台のパソコンでデスクトップにショートカットのアイコンを出しています。

しかし、他のパソコンでファイルを開いていると、もう一方のパソコンではアイコンをダブルクリックしても全く反応が無かったり、開く際に「セキュリティの警告」が表示され、そのメッセージ内にある「開く」をクリックするとようやく開けたりと、スムーズにできません。

ちなみに、元となるAccessのファイルは「オプション」内で「既定の開くモード」を「共有モード」にしてあります。

情報が少ないかもしれませんが、何か問題点、対処方法等が分かりましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Accessは元々スタンドアローン用に開発されたので


共有での使用は、設計段階から考慮してシステムを作らないと
MDB破損や、データの競合などが発生してしまうことがあります。

下記URLのサイトさんの説明がわかりやすく、非常に参考になります。
http://www.naboki.net/access/achell/achell_02.html

また、下記のURLも参考になると思います。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=k …
http://support.microsoft.com/kb/300216/JA/
http://office.microsoft.com/ja-jp/access/HP05240 …

参考URL:http://www.naboki.net/access/achell/achell_02.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

教えていただいたサイト、大変勉強になりました。

いろいろ試してみた結果、それぞれのパソコンでインターネットオプションの「セキュリティ」タブ内の「イントラネット」の部分で、セキュリティの設定を操作したらスムーズに開くようになりました。

お礼日時:2008/03/27 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QACCESSに同時アクセス(編集)をしたい

教えてください。
ACCESSのDBに複数のユーザが同時にアクセスして、
データを追加・編集したいのですが、
やはり、不可能でしょうか?

Aベストアンサー

マイクロソフトのアクセスに同時に複数のユーザが同時にアクセスして
データベースを操作することは可能です。いくつかの方法がありますが、
昔私が簡便に行なっていた方法は「テーブルのリンク」です。

あるコンピュータにアクセスでdb1という名前のデータベースを作って
ここにデータを格納しておきます。

他方で別のコンピュータに、アクセスでdb2という名前のデータベースを作ります。

このdb2というデータベースのメニューで

「ファイル」->「外部データの取り込み」->「テーブルのリンク」

というのがありますから、最初に作ったdb1をたどり、リンクしたいテーブルを
選択します。

こうすることにより、db2にdb1のテーブルがリンクされ(リンクテーブルと
呼ばれます。アイコンが通常のテーブルと違います。)、db1に格納された
データをdb2で編集することができます。

db2で、db1からのリンクテーブルを元にクエリーを作成することもできます。
リンクテーブルに対してできないことはテーブル構造の変更くらいで
他のことはだいたいできると思っていいかと思います。

このような形をとれば、ローカルエリアネットワーク内の複数のコンピュータ
から同時に同じアクセスデータベースにアクセスすることは可能かと思います。

このやり方にはおそらく問題もあるだろうと思うのですが、昔私がやって
いた頃は、特段支障もなく業務を行なうことができました。問題は、これを
読んだ他の誰かが指摘してくださるかと思います。

同じレコードに複数ユーザが同じタイミングでアクセスするとややこしい
ことになります。これを回避するためには、db2にワークテーブルを備えておき、
リンクテーブルからレコードを一度db2に格納し、編集を終了したのちに
リンクテーブルのレコードを削除し、ワークテーブルで編集したレコードを
リンクテーブルに追加する、などのルーティンをマクロやVBAで構築するのが
よいかと思います。私はそのようにしていました。

他に、ADOを使う方法などもあります。方法はいくつかありますから、
少し研究してみるといいですよ。(^-^)

マイクロソフトのアクセスに同時に複数のユーザが同時にアクセスして
データベースを操作することは可能です。いくつかの方法がありますが、
昔私が簡便に行なっていた方法は「テーブルのリンク」です。

あるコンピュータにアクセスでdb1という名前のデータベースを作って
ここにデータを格納しておきます。

他方で別のコンピュータに、アクセスでdb2という名前のデータベースを作ります。

このdb2というデータベースのメニューで

「ファイル」->「外部データの取り込み」->「テーブルのリンク」
...続きを読む

QAccessを開くと「排他モードじゃないので変更しても保存できない」との旨の表示が出てしまう。

「Access 2000」を使用して顧客管理用のデータベースを作成し、複数のパソコンで使用できるように原本を共有ドキュメントに入れて、ネットワーク上の他のパソコンではショートカットを作成し、それぞれがそのデータベースを開いたり編集したり出来るようにしています。

しかし、特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードでアクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示され、中身を編集したり保存出来ないようになっています。

たしかに、「規定の開くモード」は「共有モード」になっており、排他モードにはしていないです。

この設定で会社の大多数のパソコンでは上記メッセージが出ることなくちゃんと編集ができるのに、どうして特定のパソコンだけこのようなメッセージが表示されて編集を保存できないのでしょうか?
現在の設定のまま使えるようにするための方法はありますでしょうか?

まだAccessを使い始めたばかりで、記載した情報も少ないかもしれませんが、何か分かりましたら教えてください。

「Access 2000」を使用して顧客管理用のデータベースを作成し、複数のパソコンで使用できるように原本を共有ドキュメントに入れて、ネットワーク上の他のパソコンではショートカットを作成し、それぞれがそのデータベースを開いたり編集したり出来るようにしています。

しかし、特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードでアクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示され、中身を編集したり保存出来ないようになっています。

...続きを読む

Aベストアンサー

> 特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードで
> アクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示

<可能性・1>
ご質問の「特定のパソコン」の『既定の開くモード』が「共有モード」で、「大多数のパソコン」では
「排他モード」になっているのだとすると、「現在の設定のまま」というのは難しいと思います。
(逆にいうと、ご質問の現象が『既定の開くモード』に起因したものなら、その設定の変更で対応
 できるはず、ということ)

なお、Accessの「排他モード」には、私が知る限り少なくとも2種類あります。
で、『既定の開くモード』で指定する「排他モード」であれば、Access2000では、実際には他の
人が使用中であっても、同じファイルを開くことができたと思いますので、まずはその設定を
変更することで問題が解決できないか、確認されてみてはいかがでしょうか。

2種類の排他モードについての参考として、以前の回答へのリンクを載せておきます:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3688575.html
※念のため今回再試したところ、『既定の開くモード』の「排他モード」でも、重複起動させると
  「使用できませんでした」とのメッセージが返されました。(Access2003にて確認)
  もしかしたら、Office2003 SP2でこの辺りは修正が掛かったかもしれません。
  ただ、今回のご質問のAccess2000では、従来の動作のままのはずですので、試してみる
  価値はあるかと思います。


<可能性・2>
他の大多数のパソコンでも『既定の開くモード』が「共有モード」だとすると、上記の話は
成り立ちません。
・・・というより、同時に使用している場合、他のパソコンでも「後で保存できない可能性が」
とのメッセージが出るはずの状況です。(Accessの仕様として、そうなっているはず、と)

この場合は、念のため、他のパソコンのショートカットのリンク先が、本当にネットワーク上の
原本を開く形になっているか、確認してみてください。
というのは、Accessによるの運用方法として、「データを保存するテーブルのみのファイル」と
「フォームなど、テーブル以外のものからなるファイル」の二つを作成して、後者から前者に
テーブルのリンクを張る(リンクテーブル)、というものがあり、他のパソコンのショートカットが、
実は各パソコンにコピーされたファイル(フォームなど+リンクテーブル)にリンクしたもの、
という可能性が考えられるためです。
※これは、shocola_ttさん以外の方がそのデータベースを作成されたと想像しての回答です。

この構成の場合は、「特定のパソコン」にその原本のコピーを作成して、作業はこのファイル
で行う、という形にすれば、問題が解決すると思います。
(上記の通りなら、原本内にあるのはテーブルではなくリンクテーブルなので、入力/編集の
 対象となるデータ自体は共有されていることになります)

> 特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードで
> アクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示

<可能性・1>
ご質問の「特定のパソコン」の『既定の開くモード』が「共有モード」で、「大多数のパソコン」では
「排他モード」になっているのだとすると、「現在の設定のまま」というのは難しいと思います。
(逆にいうと、ご質問の現象が『既定の開くモード』に起因したものなら、その設定の変更で対応
 できるはず、というこ...続きを読む

QMS Accessを共有した際にファイルが壊れるのを回避する方法

ちょっとしたツールをAccessで開発したいのですが、
Accessファイルを共有するとファイルが頻繁に壊れると伺いました。

そこで以下のような回避策を考えてみたのですが、
効果はありますでしょうか。
これでは、あまり意味がないとか、他に注意したほうが良い点等ありましたら、アドバイスいただければと思います。

なお、ツールは、50名位が使用(同時アクセスは3名~4名程度)予定で、
サーバ上にメインのmdbファイル(以下「サーバmdb」)を、各クライアントにもそれと連携するmdbファイル(以下「クライアントmdb」)を置くことを想定しています。

(1) データは全てサーバmdbで保持する。クライアントmdbには、入力用のフォームと、サーバmdbから取得したデータを一時的に保持するテンポラリのテーブルを持つ。

(2) クライアントmdbからサーバmdbにアクセスし、必要なデータをクライアントmdbにインポートする。

(3) クライアントmdbで、取り込んでデータをもとに、データの追加・修正を行い、当該データをサーバの所定のディレクトリにCSVで出力する

(4) サーバmdbは、日次で、所定のディレクトに配置された、クライアントmdbから出力されたファイルを読み込み、データを更新する

(5) (4)の読込み・更新作業中は、クライアントmdbからサーバmdbにはアクセスしない(外部ファイルで制御)

以上です。
要は、クライアントmdbが、直接サーバmdbを更新しないようにし、参照のみにするということです。

よろしくお願いします。

ちょっとしたツールをAccessで開発したいのですが、
Accessファイルを共有するとファイルが頻繁に壊れると伺いました。

そこで以下のような回避策を考えてみたのですが、
効果はありますでしょうか。
これでは、あまり意味がないとか、他に注意したほうが良い点等ありましたら、アドバイスいただければと思います。

なお、ツールは、50名位が使用(同時アクセスは3名~4名程度)予定で、
サーバ上にメインのmdbファイル(以下「サーバmdb」)を、各クライアントにもそれと連携するmdbファイル(以下「ク...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
「同時アクセス」という言葉は実にあやふやな言葉です。おそらく質問者さんやNo2さんのいう「同時アクセス」は同時に複数人がそのシステムを使用しているという程度の同時アクセスだと思います。
ところが世の中は広くて通常同時アクセスは、同時にデータベースの更新をする人の数を言います。通常データベースの更新は0.1秒とかで終わりますのでその0.1秒を同時に複数人がいくような状況を言います。

No2さんのシステムでは、「クエリ(実際にはDoCmd.RunSQL)で更新」が同時におこる状況を言います。
これが、たまたまであれ同時におこるとやばいわけです。No2さんのシステムはおそらく同時に更新は起こらないシステムなのではないでしょうか?

「数台で同時に入力が発生するテーブルについては 入力用の作業テーブルをクライアント側のプログラム用のMDB内に持たせました。」まぁそれでもいいですけど、.NETアーキテクチャはこんな感じですよね。私はこれはとっても嫌いです。本気で複数人がデータを入力したければ、1行ずつを瞬間瞬間でINSERTしていくべきだと私は考えてます。つまりテーブルあるいはデータベースをロックする時間はセッションを越えてはありえないと思っています。理由は、入力用の作業テーブルを作るとその内容を他人によってすでに変更されてるかもしれないからです。こういう事態についてマイクロソフトは、エラーとして対処せよと言ってますが、そんなことできるわけないですよね。面倒ですもの。

No.1です。
「同時アクセス」という言葉は実にあやふやな言葉です。おそらく質問者さんやNo2さんのいう「同時アクセス」は同時に複数人がそのシステムを使用しているという程度の同時アクセスだと思います。
ところが世の中は広くて通常同時アクセスは、同時にデータベースの更新をする人の数を言います。通常データベースの更新は0.1秒とかで終わりますのでその0.1秒を同時に複数人がいくような状況を言います。

No2さんのシステムでは、「クエリ(実際にはDoCmd.RunSQL)で更新」が同時におこる状況を...続きを読む

Q「○○○.ldb」のAccess レコード ロック情報←このファイルが消えません

windows-nt、officeはAccess2003です。

Access97から2003に変換したファイルを、なんら問題なく、半年使っていました。
メンテナンスは「shift+enter」の排他モードで開き、度々行っていました。

ですが突然いつものように、メンテをして閉じたのですが、「Access レコード ロック情報」のファイルが消えません。
ファイルを全て閉じても、このファイルのユーザーが自分になったままになっています。
レコードロック情報のファイルを消したいのですが、どうしたらよいでしょうか??

もぅ、ギブアップです・・・

説明がうまくなくて、申し訳ありませんが、どなかた解決して頂けたらと思います。
宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

ldbファイルは共有データベースでロックされているレコードとロックしているユーザーを特定するために使用されます。最後のユーザーがデータベースを終了するとldbファイルは自動的に削除されますがmdbに損傷などある場合は残ってしまうことがあります。ldbファイルにはデータベースを開いているユーザーの一覧が含まれている程度なのでldb ファイルが存在する場合は対応するmdbファイルを閉じてから削除します。
削除が出来ない場合はPCを再起動してください。再起動して残っている場合。削除できるはずです。

QAccess複数PCで開けない

ほぼ初心者です。
AccessのMDBを1台のPCが既に開いていたら、
他PCからは開けません。開こうとしてもうんともすんともいいません。

テストしてみましたが、ほぼ同時に開いたら開けました。

どこかに設定があるのでしょうか?
ちなみにオプションの詳細タグ 規定の開くモードは共有モードになってます。

Aベストアンサー

>開こうとしてもうんともすんともいいません。
>テストしてみましたが、ほぼ同時に開いたら開けました。
この原因はわかりませんが、データを共有する事とAccessのファイルを共有することとは意味が違います。
Accessで作成したMDBファイルを複数のパソコンで開いて運用することはお勧めできません。
サーバーに テーブルだけを作成したMDBを保存しておきます。
それぞれのパソコンにはリンクテーブルでサーバーのファイルのテーブルを指定して
作業に必要なフォームやレポートなどを作成したファイルを保存
それぞれのパソコンでは自身のパソコンのAccessファイルを起動してリンクテーブルでデータを共有するといった使い方で検討してみてください。

QACCESSのネットワーク環境でMDBが起動しない

こんにちは。
ご覧下さりありがとうございます。
ACCESS2007のランタイムがインストールされているパソコンを使い、ネットワークドライブ上にあるMDBファイルのショートカットをWクリックで起動させるという使い方をしています。
ネットワーク(LAN)には全部で3台のPCが接続されています。

この場合、そのMDBが他のどのパソコンからも開かれていない場合は正常に起動するのですが、他のどちらかのパソコンからすでに起動されている場合は開く事ができません。
Wクリックすると一瞬カーソルが砂時計になるだけで終わりです。
他のパソコンが開いていても関係なく開けるようにする方法はあるでしょうか?
以前の環境では問題なく開けていました。
以前の環境(正常起動する環境)
OS:WINDOWS XP Home
PC:FMV DESKPOWER RAM256MB
ACCESS 2003 フルセット版インストール(非ランタイム)

新しい環境(正常起動しない環境)
OS:Windows7 Home Premium
PC:EPSON RAM1GB
ACCESS2007 ランタイム

MDBはACCESS2000形式で、パソコンを交換する前後で変更はありません。

こんにちは。
ご覧下さりありがとうございます。
ACCESS2007のランタイムがインストールされているパソコンを使い、ネットワークドライブ上にあるMDBファイルのショートカットをWクリックで起動させるという使い方をしています。
ネットワーク(LAN)には全部で3台のPCが接続されています。

この場合、そのMDBが他のどのパソコンからも開かれていない場合は正常に起動するのですが、他のどちらかのパソコンからすでに起動されている場合は開く事ができません。
Wクリックすると一瞬カーソルが砂時計になるだ...続きを読む

Aベストアンサー

> そのMDBが他のどのパソコンからも開かれていない場合は正常に起動するのですが、
> 他のどちらかのパソコンからすでに起動されている場合は開く事ができません。
共用されるデータベースを開く時、必ず排他制御を指定します。
自分がMDBを使用しているとき、同時に第三者にも使用を許可するかどうかです。
例えば書き込みをする時は排他的に使用しないと意味がありません。
Database と Recordset を開く時にこの排他指定をします。
ご質問の様子では何もかも独占・排他で開く設定になっているのではないでしょうか。ご確認ください。

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QACCESSでフォームを使って、テーブルを参照、データ入力、データ更新をしたいのです

フォームを使って、テーブルを参照、データ入力、データ更新をしたいのです。

売上テーブル

 ID   商品コード  日付    金額 
 1    G1     20080101  532153
 2    G1     20080101  564281
 3    G1     20080301  538123
 4    J4     20080301  124531
 5    J4     20080302  125483

ID:オートナンバー 商品コード:数値型 日付:数値型 金額:数値型

これを使い、
フォームではまず

レコードナンバーを入力画面
       ↓
レコード番号を入れると、そのレコードのデーターが画面に表示され、
その画面で修正可能
       ↓
 保存 ボタンで保存

という流れです。

レコードナンバーはIDを使おうと思っています。

データの量が莫大な為、コンポボックスなどは使えません。

できるだけ、VBAなどは使わずに作りたいです。

よろしくお願い致します。

フォームを使って、テーブルを参照、データ入力、データ更新をしたいのです。

売上テーブル

 ID   商品コード  日付    金額 
 1    G1     20080101  532153
 2    G1     20080101  564281
 3    G1     20080301  538123
 4    J4     20080301  124531
 5    J4     20080302  125483

ID:オートナンバー 商品コード:数値型 日付:数値型 金額:数値型

これを使い、
フォームではまず

レコードナンバーを入...続きを読む

Aベストアンサー

まずそのテーブルを基にしてフォームを作成します。
そのフォームのヘッダー部分にテキストボックスを配置後、一旦
上書き保存。
フォームのレコードソースを
SELECT *
FROM テーブル名 WHERE ID=[Forms]![フォーム名]![テキストボックス名]
とします。
次にテキストボックスの更新後処理に
Me.Requery
とすれば完成です。
フォームを開いてテキストボックスにID入力後エンターしてください。

保存に関しては、コマンドボタン作成後クリック時イベントに
DoCmd.RunCommand acCmdSaveRecord
とすれば良いでしょう。

この手のモノは検索すれば相当数ヒットするので、そちらを参考にされるのもよろしいかと。

QAccessで別テーブルの値をフォームに表示したい

初めてのAccessで分からない事があり質問させてください。

<会社テーブル>
会社ID
会社名
住所

<社員テーブル>
会社ID
社員名
ソート番号

*1社に対し複数の社員レコードが存在

以上のようなテーブルがあるとします

現在「会社テーブル」を表形式で一覧表示しています
会社ID,会社名、住所とフィールドが並んでいるのですが、その後ろに「社員テーブル」のソート番号が一番若い社員名を表示したいと考えています(現状は番号関係なく表示させる方法すら分かりません)

色々いじくりまわしたのですが、初めてAccessをさわる事もあってよくわかりません

リレーション等でひっぱってくる事ができるのでしょうか?

どなたか教えて頂けませんでしょうか

何卒よろしくお願い致します

PS.Access2013で作成中です

Aベストアンサー

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FROM 社員
ORDER BY 社員.ソート番号;

2、コントロールソースに次のように書きます。

=DLookUp("社員名","社員ソートクエリ","会社ID=" & [会社ID])

http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA001228825.aspx

DLookup()については、マイクロソフトの解説を参照されてください。

【DLookup()の限界を破るにはVBAで同じ関数を作るしかない】

マイクロソフトの解説を読めば判りますが、ORDER BY 節を指定する引数が用意されていません。ですから、どうしても、"社員ソートクエリ"を作成するという手間が必要となります。そこで、SQL文を引数とするDBLookup()をVBAで書けば、その手間を省けるという算段になります。この辺りは、好みと趣味の問題。どっちでも良いと思います。そういうお断りをした上で DBLookup()を紹介しておきます。なお、ADOは、つぎのように参照設定しないと利用できません。

http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00307.shtml

Public Function DBLookup(ByVal strQuerySQL As String, _
             Optional ByVal ReturnValue = Null) As Variant
On Error GoTo Err_DBLookup
  Dim DataValue
  Dim rst     As ADODB.Recordset

  Set rst = New ADODB.Recordset
  With rst
    .Open strQuerySQL, _
       CurrentProject.Connection, _
       adOpenStatic, _
       adLockReadOnly
    If Not .BOF Then
      .MoveFirst
      DataValue = .Fields(0)
    End If
  End With
Exit_DBLookup:
On Error Resume Next
  rst.Close
  Set rst = Nothing
  DBLookup = IIf(Len(DataValue & ""), DataValue, ReturnValue)
  Exit Function
Err_DBLookup:
  MsgBox "SELECT 文の実行時にエラーが発生しました。(DBLookup)" & Chr$(13) & Chr$(13) & _
      "・Err.Description=" & Err.Description & Chr$(13) & _
      "・SQL Text=" & strQuerySQL, _
      vbExclamation, " 関数エラーメッセージ"
  Resume Exit_DBLookup
End Function

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FR...続きを読む

QAccessをバージョンアップしたら従来共有してたDBが開かない

端末xp、サーバは2000NT、端末のAccessを2000~2002にバージョンUPし従来から使っていたサーバ上のDBを開こうとすると「このファイルは、イントラネット外または信頼されていないサイトに保存されています。セキュリティ上問題がある可能性があるため、ファイルを開きません。ファイルを開くにはローカルマシンまたはアクセスできるネットワークの保存場所にいったんコピーしてください」とメッセージが表示されます。ローカルでは開く事はできました。従来通りサーバ共有で使用したいのですが。利用者は更新可でドメインへログインしています。

Aベストアンサー

自信ないですが.....

「FQDN または IP アドレスを使用すると、イントラネット サイトがインターネット サイトとして識別される」

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;303650


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング