『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

よみうりテレビで放送している「わおーん!」という番組をみてみたいのですが、関東在住ですので「よみうりテレビ」はありません。

わおーん!詳細
http://www.ytv.co.jp/waon/

水曜の24:30頃のテレビ欄をみてもありません。
地方が違うので、曜日/時間等がかわって放送されているのかもしれませんが、検索してみましたが、みつけることはできませんでした。
この番組は関東でみる事はできるのでしょうか?
それともそもそも放送されていないのでしょうか?
放送されていなければ諦めるのですが。

どなたかご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


一応Yahoo!テレビで番組名で検索してみましたが
やはり東京及び関東では放送されていないようです。↓

http://tv.yahoo.co.jp/bin/search?p=%A4%EF%A4%AA% …

逆のパターンはよくありますが関西ローカルの深夜番組は
「探偵!ナイトスクープ」ぐらい人気番組でない限り
関東でネットされることは少ないと思います。
あとは下記質問の回答にあるような方法ぐらいしか
視聴する手段はないのではないでしょうか?↓

http://okwave.jp/qa3122071.html

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり関東ではみられないのですね。
自分の好きなアーティストが出演するのでぜひみてみたかったのですが。。
やらないのなら仕方ないので諦めます。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/09 07:41

日テレのHPに掲載されておりませんか??

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

探してみましたが、ありませんでした。

お礼日時:2008/05/09 07:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関東に居ながら関西の 例えばサンテレビを見ることは可能か?

関東に居ながら関西の 例えばサンテレビを見ることは可能か?

と思いました。
元大阪に住んでいましたが仕事で関東に永住しています。

で、サンテレビやテレビ大阪が見れません。まぁそれは地方放送なので当たり前としても、
それに限らずアサヒの、 おはよう朝日 とかがスーパーモーニングに変わったりしています。

で、今回の疑問が こういう地方に限った放送を我が家で全部見ることは可能でしょうか?
ビデオを郵送してもらうとかMPGを送ってもらうとか言うのは無しで 普通にテレビで見るサービスは何かありますか?

熊本放送を我が家で見る
北海道で放送されているローカル読売TVを見る

などが今回の目標であります。宜しく御願いします

Aベストアンサー

インターネットのブロードバンドを使った方法もあると思います。
もし関西に友人がいるならば、そこの家で受信したTV放送を送信とか・・・
あと、ソレの延長として、外国に行ってもインターネットの常時接続で日本のテレビを時差無く見られる携帯テレビと言うのもあったと思います(確かテレ東「WBS」の「トレンドたまご」でやってたと思う)

Qローカル番組視聴方法

 関東に住んでいて中部地方(東海テレビやテレビ愛知、CBCなど…)の番組や近畿地方(関西テレビや讀賣テレビ、毎日放送など)を見れる方法ってありますか?
 また、以前ソニーの「AV転送機器」を使えば見れると聞いたのですがそれはどうでしょうか?

Aベストアンサー

ソニーのナスネとかガラポン等ネットワークに接続されたレコーダー機器のビデオ映像を離れた所でもインターネット経由で視聴できる方法はありますが、これらはそのレコーダー機器を見たい放送をしてる地域に設置する必要があります。

中部や近畿地方に知人がいてそのような機器を設置させてもらえれば視聴可能です。

ナスネ http://www.jp.playstation.com/nasne/

ガラポン http://garapon.tv/

Q地方で、本来受信出来ない番組(テレビ局)を受信する方法ってありますか?

今、東京に住んでいて テレビ東京の番組を見る事が多いんです。

特に、『やりすぎコージー』と『ワールド ビジネスサテライト』

 で、実家が沖縄で帰っても観たいんですが・・・

 観れる手段ってありませんか?

 もし、何か知っている人がいたらお願いします。

確かな情報でなくても、ただの感想でもイイです。

   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

パソコンでテレビを視聴できる環境を作れるのであれば、「TVサーバ」というソフトウエアで、インターネット経由でテレビがみれれます。もちろん国内だけでなく海外からも日本の番組が視聴可能です。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0330/tvserver.htm
http://www.starstonesoft.com/default_jp.htm
http://www.starstonesoft.com/products_jp.htm#TVServer

あと、IP電話のスカイプを使って、テレビを見る方法もあります。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?ichiran=True&n=MMITda000007072006&Page=5

いずれにしても沖縄では電波を直接受信して東京のテレビを見るというのは不可能です。やはりストリーミングで見るしかないと思います。

Qチケットの当選確率、1枚と2枚どっちが当たりやすい?

とても人気のある舞台の先行販売の抽選に申し込もうと思っています。

一人4枚まで申し込めるのですが、その場合1枚や3枚等奇数の枚数より、2枚や4枚等の偶数の枚数の方が当たる確立が高いのでしょうか?(オークションでの転売やネットでのチケット交換をよく見かけるので、最大枚数の4枚で申し込んでいる人が多いようです。)
座席数などの関係で、偶数の方が割り振りがしやすいとかあるのでしょうか?

希望は1枚でいいのですが、偶数枚数の方が当選確率が高いのであれば、2枚又は4枚で申し込もうかと思っています。
うまく説明できなくてすみませんが、この様な事に詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

確証はありませんが、枚数が少ないほど当たる確率は高くなるのではないかと思いますが・・・
1枚だったらどこの座席でも空いてさえいれば取れるはずですが、2枚以上だと、2つ以上並んだ座席が空いていないと取れないわけで、確率は低くなるのではないかと思います。
今までの個人的な経験でも、2枚で申し込んだ日はダメで1枚で申し込んだ日は取れたり、1枚で申し込んだ日の方が良い席だったりしたことが多かったように思います。たまたまかもしれませんが・・・

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q「渾身の」という言葉の使い方

「渾身」を辞書で引くと、「からだ全体。満身」とあり、用例として「渾身の力をふりしぼって」などと出ています。「からだ全体」の「力」を振り絞るのですから、意味は通じますね。

しかし、現在使われている用法のほとんどが「渾身」=「全ての○○を振り絞った」というニュアンスで使われていると思います。

例「渾身の一作」「渾身の問題作」

これだと「全身の一作」……意味がまるで通じません。誤用なのは明白です。

これはまあ、「コンシン」という音から来る「コン」→「込める」「入魂」のようなイメージから来る「誤用の通用」(←という言い回しもなんかヘン)だとは理解できます。

それではいつごろから「渾身」が今のような使われ方をするのが多数派になったのでしょうか。

ちなみに青空文庫を検索しても、現在のような誤用をしているものはありませんでした。
また、私の小学生時代(約35~40年前)にも、ほとんど見かけなかったと思います。

やはり、ワープロの普及や、ネットの普及によって素人の言葉遣いが世に蔓延するようになり、言葉を知らないマスコミ業界人が増えた……という時代に沿っての現象なのでしょうか。

いろいろな視点からのご意見をご教示願いたく思います。よろしくお願いいたします。

「渾身」を辞書で引くと、「からだ全体。満身」とあり、用例として「渾身の力をふりしぼって」などと出ています。「からだ全体」の「力」を振り絞るのですから、意味は通じますね。

しかし、現在使われている用法のほとんどが「渾身」=「全ての○○を振り絞った」というニュアンスで使われていると思います。

例「渾身の一作」「渾身の問題作」

これだと「全身の一作」……意味がまるで通じません。誤用なのは明白です。

これはまあ、「コンシン」という音から来る「コン」→「込める」「入魂」のようなイメージか...続きを読む

Aベストアンサー

例「渾身の一作」「渾身の問題作」・・・はじめて見ました。


私は「渾身の力を揮う(ふるう)」の「渾」と「揮」が字が似ているので、両者を混同して「渾身」を「身を揮う」⇒「全身の力を振り絞る」と誤解釈し、「渾身の一作」となったのではないかと思います。
すなわち「渾」に「力を揮う」と言う言意味があると誤解している。


人気Q&Aランキング