人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨晩主人がアオリイカを釣ってきてくれました。
捌いていますが、内臓につぶつぶ!?の子供みたいなものがありました。
どこのサイトを見ても何なのか記載が見つからず、
食べれそうに見えますが、これは食べられるのでしょうか?
食べてはいけない部分とかはあるのでしょうか?
ご存知の方教えてください><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

タピオカみたいなヤツですか?


おそらく、未成熟卵だと思います。
アオリイカの主な産卵期は、春から夏にかけてです。
(秋に産卵する季節はずれなヤツもいますが…)
実際に海草や岩などに産み付ける時には、プヨプヨした鞘に入った状態で
産み付けられます。
ちょうど、透き通ったような乳白色でスナップエンドウの様な形をしています。
旦那さんが釣ってきたアオリイカは、おそらくこれから産卵期を迎える、
まだ若いメスだったので、体内で鞘に入っていない状態だったのでしょう。

卵は食べても問題ないとは思いますが、(私は食べた事がありませんが…)
たぶんおいしくないと思いますよ… 

アオリイカは、ほとんどの部分を食べる事ができますが、蝕腕(2本の長い手)はの吸盤は、
大きいアオリイカの場合、結構硬く、ごそごそしているので、食べない方がいいかもしれません。
また、いわゆる「わた」も、よく魚屋さんで売っている細長い形のイカ(ヤリイカとかスルメイカとか)に比べて、
ぜんぜんおいしくありません。 
なので、「わた」を使った料理(塩辛やわたとあえてホイルでくるんで焼いたりする料理)は、おいしくないですよ。

また、昨晩釣ったのであれば、今晩お刺身にするのではなく、捌いた状態でよく水気を切り、
一晩冷蔵庫で寝かして、あしたの夕食にするぐらいが一番おいしいですよ。
釣ってきてすぐは、身が透明で、新鮮でおいしそうに見えますが、
アオリイカは、身が厚いので、とても硬い状態です。
また、新鮮すぎて甘味がないです。
明日になると身が少し白くなってきて「なれた」状態になるので、甘味が増し、
モヤモヤと柔らかくて、アオリイカ本来の旨味が出てきます。
耳の部分は少し硬いので、細切りにすると食べやすいです。
また、一度細切りにしたものを、氷水で締めて和え物にすると、パリッとした食感でこれもまたイケます。
ゲソは、適当な食べやすい大きさに切り、バター/醤油/コショウで味付けした炒め物なんて最高ですよ。
細かく刻んで、「かき揚げ」とかも、オススメです。

あ~、食べたくなってきた。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速に詳しく教えて頂いてありがとうございました。
やはり卵だったのですね、でも結局、卵は食べませんでした。
おっしゃる通り、まだ熟成(!?)していない卵だったのかも知れません。
次回はチャレンジしてみようかな!?

胴はバーベキューをやる予定だったので、持ち込んで網で焼きました。
歯ごたえありすぎでしたが^^:、美味しかったです。

耳はとってもコリコリして美味しかったです、
氷水で和え物ってすごく美味しそうですね、次回やってみますね。

とても参考になりました、ありがとうございました!!

お礼日時:2008/05/06 08:44

No,2です。


こちらをご覧ください。
これではありませんか?
右の一番下のアオリイカをまな板に乗せ持った子供の写真を
クリックしてみてください。

参考URL:http://www.marine-m.com/marine.m.kenkyuudyo/m0.htm

この回答への補足

回答頂いた方みなさんに20ポイントを差し上げたいですが、一人しかつけられないそうなので、解答頂いた順にて失礼いたします。
本当にありがとうございました!

補足日時:2008/05/06 08:51
    • good
    • 3
この回答へのお礼

はい、おそらく同じだと思います。
もっとつぶつぶでしたが、時期が違うのでしょうね、
追加の回答まで頂いて、ご親切にありがとうございました!
とても参考になりました。

お礼日時:2008/05/06 08:50

こんばんわ。


捌く前だと、胴の先辺りに透き通った状態で見えると思います。
粒々状のものでしたら、卵ですね。
特に今時期のアオリですと、卵の可能性が高いです。
私も、春アオリを釣りに行きますが、卵が入っていることが多いです。
可愛そうな気もしますが・・仕方ないですよね^^
おそらくお湯を通すと、白くさらに粒々になると思います。
私は、醤油・砂糖などを使い、甘辛に煮付けて食べますよ。
イイダコの卵を持った物のように、煮付けるとモチモチしていて
もち米のような食感で、珍味で好きです。
食べれるかどうかなど・・考えもしないで食べました^^;
通年、イカ釣りが趣味で海に出掛けますが、食べてはいけない部分・・
イカは、内臓もシンプルで食べてはいけない部分なんて考えたことも
なかったです。
よろしかったら、お試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい方からの回答でとても参考になります。
へぇ、食べてはいけない部分なんて無いんですねぇ。
勉強になりました。
もち米みたいな食感って想像しただけでも美味しそう!
煮付けですね、絶対次回は食してみます。
(ちょびっと可愛そうな気もしますが・・・)
ありがとうございました!

お礼日時:2008/05/06 08:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q釣ったアオリイカはすぐ〆る?活かす?

ヤエン初心者です。アオリイカを釣っておられる方々に質問なんですが、チヌとかではつれたらスカリなどで帰るまで生かしておいたりすると思うんですが、アオリイカの場合はどうなんでしょう?まわりに詳しい人がいないので教えてください。釣り行時間は夕方から~翌昼ぐらいまでです。
すぐ〆た方がいいのか帰るまでスカリなどで生かしておいた方がいいのか(アオリってスカリの中でも生きてるのか?ブログでスカリに入れると虫?なんかがついたりするとか書いてあったので不安)みなさんどうしているのでしょうか?大きさや数にもよるのでしょうがどうなされてるのかおしえてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

エギング歴、20年近くになりますが私は必ず釣ってすぐに絞めて1匹ずつビニールに入れて
クーラーに入れています(サイズに合わせて大中2種類を数十枚バッグに入れています)

イカは身体の大半が水分で、魚のように鮮度が落ちることによって、すぐに細胞が破壊されて
肉が腐敗してなどいうことが少なく冷凍でも1ヶ月は十分においしく刺身で食べることが出来ます。

船で釣ってすぐに食べて美味しいというのも、ほとんどはヤリイカやケンサキイカなどのツツイカ類で
これらはアオリのように身が固くなく、釣ってすぐでもさわやかな甘みがありますから
船上で食べても甘く美味しいですが、アオリイカは冷蔵や冷凍後の方がはるかに甘く
身も柔らかくなって皮も剥げやすく、釣ってすぐより冷蔵などをした方が良いことずくめです。

それに捌くのが上手な船長さんなら、ツツイカ類もしっかり繊維と逆に隠し包丁を入れて硬くないようにしていますから
その日でも柔らかく感じますが、500g以上のアオリなら釣ってすぐなら甘みもなく硬いだけで
全然美味しくないですよ。

かく言う私もどうしてもその日に食べたい時はありますが、その時は最も小さい(出来れば300g前後)
ものを食べるようにして、それ以外はマジックで1匹ずつビニールに日にちを書いて
そのまま冷凍して、その後は日にちの前の分から順に食べるようにしています。

この方が釣って帰っても非常に楽だし、イカはおいしくなるしで良いのですが
シーズンになると冷凍庫がアオリだけで満杯になるので小型の冷凍庫が欲しいところです。

冷凍や冷蔵をするにしても水洗いすると、真水はイカの鮮度を一気に落としますから
釣ってっすぐに絞めてビニールに入れたら、スミを吐いていてもそのまま冷凍するのが
長く鮮度を保つコツです。
あとは食べるときに自然解凍して、その時に初めてスミなどを洗えば良いだけです。

1kgオーバーのアオリなどはいくら身に隠し包丁をしても非常に身が固いので
冷凍して食べるにも身を刺身用に切るときに、フグやヒラメのように斜めに薄くそぎ切りにすると
上下の皮の部分が非常に少なくなって、ほとんど内側の身だけになりますから
柔らかく何とも言えないトロッとした甘みが出て、アオリ本来のおいしさを味わえます。

スカリで活かしておくと、その海域によってはウツボなどに簡単にスカリは喰い破られて
中のアオリはすべて食い尽くされてスカリも穴が開いて使い物にならなくなります。

私の地域は九州でもおそらく最もアオリイカのエギングやヤエンなどが盛んな地域で
県外者もメチャクチャ多いですが、スカリは全く見ませんね。
唯一スカリを使っている年配の方などがいらっしゃいますが、そんな方は全員ウツボなどの
対策に金属製のスカリを使用しています。

こちらの外洋に面した波止ではグレやアオリなどをスカリに浸けていてクーラーなどに縛っておくと
大型のエイがスカリを噛み破りながらクーラーごと引き込んでいく事例が過去に何度も発生しています(笑)
アオリは別に活かしておいても何も良いことはないので、釣ってすぐ絞めるのが良いですよ。

エギング歴、20年近くになりますが私は必ず釣ってすぐに絞めて1匹ずつビニールに入れて
クーラーに入れています(サイズに合わせて大中2種類を数十枚バッグに入れています)

イカは身体の大半が水分で、魚のように鮮度が落ちることによって、すぐに細胞が破壊されて
肉が腐敗してなどいうことが少なく冷凍でも1ヶ月は十分においしく刺身で食べることが出来ます。

船で釣ってすぐに食べて美味しいというのも、ほとんどはヤリイカやケンサキイカなどのツツイカ類で
これらはアオリのように身が固くなく、釣って...続きを読む

Qアオリイカは何月頃が大きいのが釣れますか?

最近、関西(和歌山)でアオリイカ釣り(エギ)を始めた初心者です。
大きさにこだわらなければ年中釣れると聞きましたが、アオリイカの本シーズンとはそもそもいつ頃なのでしょうか?
大きなサイズが良く釣れる時期を教えて下さい。
また、アオリイカ釣りで初心者に何かアドバイス等有りましたら、合わせてお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9月中旬~10月初旬)になると重量100~300g位に成長し、エギも襲うようになるので秋の小イカシーズンが開幕します。まだスレてない子供相手、しかもまだ体が小さくて危険な沖には出られないのでほとんどのイカが岸よりに固まって群れているという条件が重なり小さいエギを使えば簡単に数釣りできます。秋が数釣りシーズンと言われる所以です。

秋が深まると共にイカはどんどん大きくなり、晩秋(10月~11月)には300~500gまで成長、早生まれでかつ成長の早い固体の中は早くも1kgを越す固体も出てきます。しかし、イカ釣りが人気の地域では朝に夜にエギが投げ込まれるのでイカはエギに対して警戒心を持つようになってきます。また、イカ自体も大きくなって遊泳力が増し、外敵に襲われにくくなると、もっと沢山の餌を求めて行動範囲を広げていきますので岸よりから離れることも多くなります。群れ自体もバラけはじめてしまうので釣れるサイズがよくなる反面、段々数が釣れなくなって来ます。

やがて冬がやってくると安定した水温と餌を求めてほとんどのイカは沖の深場に落ちてしまいます。岸からの釣りは一旦シーズンオフです。でも全く岸に寄らないわけではなく、捕食回遊で浅場にも回って来るときがあります。このタイミングを掴んでいるベテランは冬でも釣果を出します。

やがて厳しい冬を越して春が来ると、沖の深場で平均して1kg前後、大きい固体は2~3kgまで立派に成長したイカは産卵のために再び浅場を目指します。これが所謂春イカ、大物狙いのシーズンです。でも春イカといっても私が住む関東では群れが岸よりまで十分に寄るのはゴールデンウィーク以降~6月がピークですから春イカと言われてもちょっと違和感がありますよね。一説には岸よりの水温が18℃以上が目安のようです。

彼らは産卵を控えているので積極的に餌を取りますが、十分に成長しているので大きな群れを作らず単独行動も多い。また、岸よりの環境(水温、濁り、塩分濃度、餌の量など)が気に入らないとすぐ元いた深場に戻ってしまうので余程好条件が重ならない限り数は釣れません。一発大物狙いのシーズンと言われる所以です。最終的には多くの固体がつがいになって産卵行動に入りますが、こうなるとエサには見向きもしなくなり、そのまま産卵が済めば力尽きて死んでしまいます。そして生まれた卵は1ヶ月程度で孵化し・・・と最初に戻ります。

ちなみに夏は親イカは死んでしまっていて、子イカはまだ卵なので基本シーズンオフです。
でも必ずしも全てのイカがこのパターンで行動している訳ではなく、季節ボケ?しているのか極端な早生まれなのか?遅生まれなのか?夏でも釣れるイカはいます。数は少ないですが。
また、これは私が住む関東地方のモデルケースであって、地域によってズレはあります。
イカに限らず、釣りをするなら相手の生態を知るのが近道ですよ。

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9...続きを読む

Qアオリイカのお刺身

最近主人がはじめてアアオリカを釣ってきました。
クーラーボックスに入れ、氷を少し入れて持ち帰り、
お刺身にしました。
胴(?)の部分なのですが、はじめのみ水で洗い流し、
その後足と内臓、胴の部分と離し、三角の部分をはずし、
表と裏と皮をはいで、(内側があまりキレイに皮がはがれませんでした)
ナナメに細くきりました。
お店で食べる『アオリイカのお刺身』を想像していたのですが、
なぜかめちゃめちゃ固い部分と柔らかい部分があります。
また、お店で食べるものは透明に近いのに、白っぽくなってしまいました。
バター焼きにしてもなんだか固い気がします。(火はあまり通していません)
私のさばき方が悪いのか、持ち帰り方に問題があるのでしょうか?
よく、生簀で『泳ぎイカ』などといってその場でさばいてくれる
イカのお刺身のように食べるにはどうしたらよいのでしょうか?
ご存知の方どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず持ち帰り方ですがイカに直接氷を当てるのは良くありません。
イカは冷やしすぎると白くなってしまいます。
水洗いも時間が長いと白くおいしくなくなってしまいます。
アオリイカは面倒でも釣ったら1匹ずつビニールに入れて氷に直接触れないように持ち帰りましょう。

それと型にもよりますが大型ほど身が固く特に当日の方が身が固いですね。
一度冷蔵などして翌日に捌いた方がぬめりも少なくアオリイカ特有のトロッと
した甘みは当日ではあまり感じられず身の固さの方が気になってしまいますね。

イカは冷凍しても日持ちしますので私は全てアオリは冷凍しています。
釣って帰ったら1匹ずつ入ったビニールにマジックで日付を書き即座に冷凍してその日には食べません。
食べるときは日付の前の分から半解凍ぐらいの状態から捌いて刺身で食べますが
十分に甘く軟らかくおいしくいただいています。

捌き方ですが私は腹側の身の真ん中を先端までまず切れ目を入れます。
そこから身を開いて足を持ち上げると足とワタがくっついたまま身から身から
きれいに取れますので、その下の薄い軟骨を外しスミなどをささっと短時間で
洗ったらすぐにペーパータオルで水分を取っていきます。

それから切れ目のところから上の皮を剥いでいくとエンペラもくっついて
上の皮がきれいに剥げます。それからエンペラも皮から外しておきます。
足は目の下の部分から切ってボウルに塩を多めに入れておき十分に塩もみ
してぬめりを取って洗い流して十分に水分をペーパータオルで取ります。
これで胴体、エンペラ、足のパーツに分けられますのでここから身の皮剥です。

完全に開いていますので皮は取りやすいですが、特に内側の薄皮をきれいに
取っておかないと食味に大きく左右してきます。
ペーパータオルなどですこし強めにつまむと薄く固い薄皮がつかめますので
完全になくなるまできれいに剥いでおきます。
これでやっと刺身に出来る状態になりましたが身のひき方でまた固さが出ますので
私は大きさにかかわらず必ずフグのように薄くそぎ切りにしています。
身の固いのは特に上側の身ですので、そぎ切りにすることによってほとんどは
内部の身になり上下の身は最小限になりますのでまったりと甘く柔らかい刺身になります。
ただこれも当日ではやはり固く翌日以降の方が甘みも増しますのでオススメです。

泳ぎイカの活き作りが軟らかく食べられるのは固い上の身に幾重もの隠し包丁で
固さが感じないように細工しているからでそのまま切ったのではプロの
板前さんでも固い刺身になってしまいます。
一度冷蔵か冷凍して翌日以降に上記のようにしてみて下さい。
ずっと違う甘く軟らかい刺身が食べられるはずです。

アオリは割と良く釣れるので刺身ばかりではすぐに飽きてきますので簡単でおいしいレシピをひとつ。
身、エンペラ、足とも食べやすい大きさにカットしてオリーブオイルでさっと炒め塩コショーします。
火を通しすぎると固くなるので完全に白くならずほんのり透けた部分があるぐらいがベストです。
あとはお好みのインスタントパスタソースとからめるだけ!
今気に入っているのは
カゴメ プチパスタ4種のチーズ
http://www1.kagome.co.jp/cgi-bin/products/search.cgi?A=6372
仕上げにフレッシュバジルをたっぷりかけます。ワインに合いますね。
それとブルドック まぜりゃんせ梅じそ
http://www.bulldog.co.jp/products/home/syouhin06.html
大葉のみじん切りもたっぷり混ぜるとさっぱりしてこれからの時期にもピッタリです。
パスタソースは山ほど種類があって安いのでいろんな味にチャレンジしてみるのも楽しいです。

まず持ち帰り方ですがイカに直接氷を当てるのは良くありません。
イカは冷やしすぎると白くなってしまいます。
水洗いも時間が長いと白くおいしくなくなってしまいます。
アオリイカは面倒でも釣ったら1匹ずつビニールに入れて氷に直接触れないように持ち帰りましょう。

それと型にもよりますが大型ほど身が固く特に当日の方が身が固いですね。
一度冷蔵などして翌日に捌いた方がぬめりも少なくアオリイカ特有のトロッと
した甘みは当日ではあまり感じられず身の固さの方が気になってしまいますね。

...続きを読む

Qイカのわたで何か出来ますか?

 イカを頂いたのですが、身のほうは使い道を決めたのですが、わたがとてもいい状態なので、捨ててしまうのがもったいない気がします。
「イカのわた」だけをを使って何か料理や調理法をご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。
 また、冷凍保存はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

ゴロ(←北海道では「わた」をこう言う)好きオヤジです。

・イカのゴロ焼き。
4日前にもここであったイカのわた料理の質問で答えたレシピですが、イカ(主にスルメイカかヤリイカ)の身のぶつ切りと墨袋を取ったイカのわたを、しめじ・ピーマン・茄子・玉ねぎと共にたっぷりのバターで炒め、塩・コショーをする。


・イカのゴロの塩辛。
大きなイカのわたに大量の塩を振り、冷蔵庫で最低でも1日寝かす。
水分が出るので皿などに直接載せず、水分が溜まらぬようザルに載せると良い。
ごはんのおかず、酒の肴となる。

#1のかたの解答にもありますが、冷凍保存も可能ですからその冷凍したゴロの塩辛をスライスしてルイベにしても美味い。

パスタにも合う。


・イカの味噌辛。
イカの塩辛ならぬ味噌辛。
イカのゴロと味噌とイカを細切りにしたものを混ぜる。

Q春イカのシーズンは一般的に4月以降の水温が上がり出す頃からだと思います

春イカのシーズンは一般的に4月以降の水温が上がり出す頃からだと思いますが、シーズンは3月までという地域があります。沖磯でなく堤防の場合です。こういう場所ではどういう現象で水温の低い時期にイカが寄ってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

水温意外の要因としては、4月はイカの産卵時期(種類にもよります)にあたりますので護岸周辺に海藻類が多く生えている場所では大型の春イカが釣れ、それ以外の場所では小さなイカが釣れたりします。

以前私は秋に大型が釣れ、春に数が釣れると言った事がりますが、一般的には逆の事が言われています。
ですが先日も5cm程のイカが数多く釣れましたし表層を泳いでいるのも確認しました。
5cmのサイズでもエギに抱きついてくるその姿に逞しさを感じました。


殆どのイカの寿命が1年であることを考えると春に生まれて最大サイズになるのが翌年の産卵時期前で産卵を終えると寿命を迎えることになります。
春イカは大きいですが生きて釣られると言うことは産卵(交尾)前である可能性が非常に高くこの時期にイカを釣るのはイカの生息数を減らす要因となりますのでお勧めしません。

シーズンが3月までという地域は考えられる原因として産卵が3月頃に行われ親イカが寿命を迎えるからと言う貴方の言う可能性も有りますね。

釣り人はこれからも釣りを楽しもうとするなら資源保護の事も良く考えて行動しないと駄目でしょうね。
1年中イカばっかり釣ってる人もいますが考えものですよ。

水温意外の要因としては、4月はイカの産卵時期(種類にもよります)にあたりますので護岸周辺に海藻類が多く生えている場所では大型の春イカが釣れ、それ以外の場所では小さなイカが釣れたりします。

以前私は秋に大型が釣れ、春に数が釣れると言った事がりますが、一般的には逆の事が言われています。
ですが先日も5cm程のイカが数多く釣れましたし表層を泳いでいるのも確認しました。
5cmのサイズでもエギに抱きついてくるその姿に逞しさを感じました。


殆どのイカの寿命が1年であることを考えると春...続きを読む

Qアオリイカ(エギ)の夜釣りについてアドバイス下さい。

春頃に友人と、エギでアオリイカの夜釣りに出かけようと思っています。
アオリイカ釣りは普通は昼が基本でしょうが、仕事の関係で夜(AM2時以降~)しか行けません。
そこで、アオリイカ釣りに詳しい方、以下の問いにお答え下さい。
(1)昼と夜では、どれ位釣果に差が有りますか?
 昼に釣りに行った事はありますが、夜は一度もありません。
(2)昼と夜では釣れる場所が変わりますか?(外灯の側が良い等)
(3)当たりエギのサイズや色に変化はありますか?
(4)シャクった時、ガイドに絡まないので便利なのでは?と思い、竿の中を糸が通っている、
 通称インターラインの竿(エギ釣り用)の購入を考えています。実際に使った事のある方は感想を聞かせて下さい。
(5)その他、注意点orアドバイスが有りましたらお願いします。

以上、分かる範囲で結構ですので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私はエギングは10年ほど前、今から考えるとエギでのイカ釣りなどは全くマイナーな釣りだった頃から始めていますが、エギングなんて呼び方も当然無く、「イカを釣る」事自体が特殊で当時エギを発売していたのもヤマシタ、ヨーヅリなど僅か数社しかありませんでした。
その頃はエギと言えば「夜釣り」が当たり前で「昼イカ」が認知されてきたのはまだここ数年と言ったところでしょう。
この昼イカがメジャーになった要因については、見えているイカを狙って釣る「サイト釣り」が流行した事が大きいと思います。 上手い人になれば非常に効率よく「爆釣」に持ち込めることも多く、やはりバスフィッシングにも通じるゲーム感覚がこの釣りをここまで広めた大きな要因だと考えています。
前置きが長くなりましたが、日中のエギングはここ数年で発達した釣法で元々のスタイルは夜釣りがメインですから、夜中の釣行でも特に問題は有りません。 また、夜釣りでのポイントの選択はやはり「明かり」が大きく影響します。
明りに集まるベイトを捕食しようとイカは引き寄せられて来るので、漁港周りでは街灯など明かりの有無が重要です。 出来れば漁港内など比較的波が穏やかで水深が有り、街灯などの明かりが薄っすらと水面を照らしているようなロケーションが安定して釣果が出ます。

エギの色はオレンジ・ピンクなどアピールカラーが中心で、やはり金テープやマーブルなどアピールポイントがある物が釣果が出やすいですのでこれらがメインになります。 しかし派手なカラーに反応が悪いイカも居るのでナチュラル系のカラーも必需でしょう。(こうやって考えると昼間のカラー選択とあまり変わりが有りませんかね)

最後にインターラインロッドに関してですが、私自身はインターラインは嫌いです。
飛距離は落ちるし、メンテナンス的にも面倒ですし、アウトガイドでも穂先絡みなんて全く気にならないですから。。

という訳で臆する事無く、夜イカをお楽しみください!!

こんにちは。

私はエギングは10年ほど前、今から考えるとエギでのイカ釣りなどは全くマイナーな釣りだった頃から始めていますが、エギングなんて呼び方も当然無く、「イカを釣る」事自体が特殊で当時エギを発売していたのもヤマシタ、ヨーヅリなど僅か数社しかありませんでした。
その頃はエギと言えば「夜釣り」が当たり前で「昼イカ」が認知されてきたのはまだここ数年と言ったところでしょう。
この昼イカがメジャーになった要因については、見えているイカを狙って釣る「サイト釣り」が流行した事が大...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qイカの保存方法について。

2週間ほど前、同居人が釣りに行きイカを釣ってきて冷凍庫に入れたのを
昨日思い出しました(><; )

折角なので、調理していただこうと思ったのですが、
同居人は、冷凍庫に入れる際、洗っていないそうなのです。
また、内臓などもとらずに釣ってきたままビニールに入れてしまったそうなのですが、
こんな状態でも食べることって出来るのでしょうか?(もちろん火は通します)

尚、同居人は年に2回ぐらいイカ釣りに行くのですが、
釣ってきた際の最適な保存方法ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

釣ってきたイカというのはアオリイカか、船でのケンサキイカなどでしょうか。

2週間ぐらいでしたら釣って帰ってすぐに冷凍したのなら十分刺身で食べることが出来ます。
私はこれから5月ぐらいまでエギングでアオリイカを釣ってきますが、その日は固いので食べずに
1パイずつビニールに入れてマジックで日付を書き、日にちの古いものから順に食べますが
当日などよりずっと甘みが増して、身も固いだけでなくねっとりとしてずっとうまみが増します。

11月ぐらいからは冷凍庫がアオリイカだけで1段が満杯になりますが、1ヶ月は刺身で
おいしくいただいています。
イカはそのほとんどが水分ですので魚のように細胞が変化することがなく長期冷凍保存が可能なんです。

もし刺身で食べるには半解凍ぐらいでまだ中がシャーベット状ぐらいの時に捌きますが
よく料理番組などで脚を引き抜くようにしますが、それよりも身の腹側を縦に内臓を切らないように
切り開くと脚と内臓がきれいにくっついたまま取れ、内臓をつぶすことがありません。

ここから初めてスミや内臓部分などを良く洗って、すぐにペーパータオルなどで十分に水気を切ります。
イカは冷凍保存する前に水洗いすると身が水っぽくなって一気においしさが半減しますから
1週間や2週間でしたら釣ってきたそのままの冷凍の方が身の新鮮さを保てます。
スミをビニールの中で吐いていてもそのまま冷凍して捌くときに初めて水洗いする方がうまみが逃げません。

それでもどうしても刺身に抵抗があるようなら捌いたあと適当な大きさの短冊に切って
パスタ用の混ぜるソースを絡めると和風の明太味や梅しそ風味から、チーズ味やアラビアータまで
ソースを変えるだけで、ごく簡単に抜群の味のイカ料理ができます。
身は刺身にしてげそをこのようにするのも良いですね。

釣ってきたイカというのはアオリイカか、船でのケンサキイカなどでしょうか。

2週間ぐらいでしたら釣って帰ってすぐに冷凍したのなら十分刺身で食べることが出来ます。
私はこれから5月ぐらいまでエギングでアオリイカを釣ってきますが、その日は固いので食べずに
1パイずつビニールに入れてマジックで日付を書き、日にちの古いものから順に食べますが
当日などよりずっと甘みが増して、身も固いだけでなくねっとりとしてずっとうまみが増します。

11月ぐらいからは冷凍庫がアオリイカだけで1段が満杯にな...続きを読む

Qサバは刺し身で食べれるのは、釣ってどのくらいまで?

釣ったばかりのサバをいただきました。
刺し身で食べられるのは、釣ってどのくらいが目安でしょうか?
当然冷蔵庫に冷やしています。

刺し身がだめなら、いい食べ方を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。No.3です。
その後、鯖は如何されましたか?
前回の回答の補足をしたかったのですが、一旦書き込むと
訂正や書き足しなどが出来ない仕様のようですので、
再度投稿させて頂きます。

まず、鯖の生食が敬遠される理由は大きく分けて2点であると
思われます。1.ヒスタミン中毒の可能性がある。
2.アニサキスという寄生虫が居る …以上の2点です。
ヒスタミン中毒とは、鮮度の低下によって赤身魚に含まれるヒスチジン
が、酵素の働きによってヒスタミンとなり、それが飲食により一定量以上
摂取される事によって起こるアレルギー症状に似た食中毒です。

http://www.nihs.go.jp/library/eikenhoukoku/2009/031-038.pdf

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/others/his/index.html

ご覧頂いたように、1998 ~ 2008年(過去11年間)に渡ってヒスタミン中毒
の死者はゼロです。他にもヒスタミン中毒に関する文献を、辛抱強くネット検索
しましたが、この中毒によって死に至ったという内容の記述は、残念ながら
私には発見出来ませんでした。

次にアニサキスです。

http://www.infoaomori.ne.jp/~sekiai/stoma-page/stoma31.html

http://www.kenko-shindan.net/yjchiesearch.php?query=%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%B9%E7%97%87

と、確かに怖い病気、というか症状ですが、

http://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2006_04/2006_04.htm

に有るとおり、1997年までに日本国内で既に30000例ものアニサキス症の症例が
あることを報告していますが、幸いなことに死亡例は一例もありません。

一時期TVで取り上げられたのは、一昔前ならホタルイカ、最近ではイシガキダイ
などですが、これらはいずれもアニサキス以外の寄生虫です。またネット上で
アニサキスが頭に入って脳を食い破ったなどと騒がれた事もあったようですが、
アニサキス自体が人間の体内で長時間生きられないので、これはドジョウなどに
寄生する顎口虫ではないかと言われているそうです。

ですので、どうしてもご理解頂きたいのは、鯖を食べて死ぬような人は、
ゼロかどうかは判りませんが、極、極、極、稀だと言う事です。
回答者の中には運悪く鯖で死んだ人を多くご存知の方が居られるようですが、
もし生の鯖を食べてたくさんの人が死んだという話を、
鯖を扱っている漁業関係者の方々や、鮮度に自信を持って料理を提供されている
板前さんが聞いたら、きっと悲しい思いをすると思います。そして一体何時どこで
誰にそんな話を聞いたのかという話になると思います。

知り合いの知り合いになりますが、東北大震災で壊滅的被害を受けた漁師さんが
居ます。唯でさえ放射性物質が騒がれている中で、鯖を食べて死ぬ人って
結構居るらしい…などという話がされているのを、私は決してその方々に
聞かせたくはありません。
また関西以西では、町の魚屋さんにも、時期によっては普通に刺身用の鯖が
売られています。私は彼ら魚屋さんが、営利のみを目的に、
食べると死ぬかもしれない魚を、平然と売っているとは到底思えないのです。

話を戻します。
前述のヒスタミン中毒ですが、一旦魚肉内に発生したヒスタミンは
煮ても焼いても凍らせても消滅しません。ですから、ちょっと時間が経ったので
酢で〆て食べようというのは無理な話だそうです。お酢でも塩でもヒスタミンは
消えないそうです。
ですから、しめ鯖を作るにしても、生(刺身)で食べられる状態のものを、
敢えて酢で〆る事が必要です。塩で〆ると、ヒスタミンの原因物資である
ヒスチジンが流れ出て、ヒスタミンが発生しにくくなるのです。
そうやって生で保存するよりも長時間保存できるようにするって事です。
これは塩や酢がヒスタミンを消す事とは全く違いますので注意が必要です。
刺身で食べられなくなったような鯖であれば、昆布〆でも結果は同じです。

http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/report/kekka02/6%281%291%29.pdf

プロの板前さんが躊躇するのは、商売柄「絶対の自信がなければ出せない」
という事だと思います。

http://sakanaitamae.seesaa.net/article/146030658.html

このように自信を持って鯖の刺身を勧める板前さんも居ます。

…色々と書きましたが、結論としては「やっぱり、今回は新鮮なうちに
火を通して食べれば?」って事で。
こんだけ鯖を擁護しといて、結論それかいっ!!
って突っ込みが聞こえそうですが、総合的に考えてみたらやっぱりねぇ。

でも、これだけは信じて下さい。新鮮な鯖の刺身は本当に本当に美味しいんです!
そして、万が一、万が一鯖に当たったとしても、余程の事が無い限り死にません。
どうか今も一生懸命に鯖を獲っている・売っている方々の為にも、それだけは
信じて頂きたいと思う次第です。

こんにちは。No.3です。
その後、鯖は如何されましたか?
前回の回答の補足をしたかったのですが、一旦書き込むと
訂正や書き足しなどが出来ない仕様のようですので、
再度投稿させて頂きます。

まず、鯖の生食が敬遠される理由は大きく分けて2点であると
思われます。1.ヒスタミン中毒の可能性がある。
2.アニサキスという寄生虫が居る …以上の2点です。
ヒスタミン中毒とは、鮮度の低下によって赤身魚に含まれるヒスチジン
が、酵素の働きによってヒスタミンとなり、それが飲食により一定量以上
摂取さ...続きを読む

Qアニサキスが寄生するイカの種類

よくスーパーでイカにアニサキスが寄生しているのを見かけます・・・

このアニサキス、寄生するイカの種類って決まっているのでしょうか?
それとも、全てのイカに寄生する可能性がある?

それから。
スーパーで買ってきたイカにアニサキスが寄生していた場合、スーパーに苦情って言ってもいいものでしょうか?
それとも仕方ないものとしてあきらめるしかないのでしょうか?
加熱などで死ぬらしいですが、死んだとしても食べる気にはなれません・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。スーパーで見かけるのは、#1さんの言うとおりだと
思います。

>このアニサキス、寄生するイカの種類って決まっているのでしょう
>それとも、全てのイカに寄生する可能性がある?
卵からかえったアニサキスは、まずオキアミ類などのプランクトンに
食べられます。そしてそれをイカが食べるわけです。
オキアミ類のたくさんいる海に生息するイカが危険性が高いですね。

ほぼ全てのイカに寄生すると言っていいと思いますが、
自分の釣った福井県、愛知県、三重県での
アオリイカ(500匹以上)、ケンサキイカ(300匹以上)
には、アニサキスが居ませんでした。これは、日本近海のオキアミの
生息状況と関係があるようです。

>加熱などで死ぬらしいですが、死んだとしても食べる気にはなれませ
昔、実験でアニサキスが寄生しているサバを丸煮にして、何分後に
死滅するかやりましたが、全てが死滅するのに10分以上かかりました。
よく加熱が必要です。72時間以上の冷凍処理でも死滅しますので、
冷凍にしてもいいですよ。

それから、アニサキス自身も毒素を持つことが判ってきてまして
大量にアニサキスを食べると蕁麻疹とかアレルギーの症状が出る
ことがあるようです。包丁で切断したから大丈夫といって、付いた
まま生で食べたりするのはやめた方がいいようです。

こんにちは。スーパーで見かけるのは、#1さんの言うとおりだと
思います。

>このアニサキス、寄生するイカの種類って決まっているのでしょう
>それとも、全てのイカに寄生する可能性がある?
卵からかえったアニサキスは、まずオキアミ類などのプランクトンに
食べられます。そしてそれをイカが食べるわけです。
オキアミ類のたくさんいる海に生息するイカが危険性が高いですね。

ほぼ全てのイカに寄生すると言っていいと思いますが、
自分の釣った福井県、愛知県、三重県での
アオリイカ(500匹以上...続きを読む


人気Q&Aランキング