AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

来月、ポーランドへの個人旅行(一人旅)を計画しています。
ガイドブックや、ネットなどでは、ポーランドの治安が悪いと書いてありますが、特に気を付けなければいけない場所とかありますか?
予定としては、ワルシャワ、クラクフ、ヴロツワフを鉄道で回ろうと思います。バスや駅、鉄道の中など特に危ないと言われていますが、その他、危ない地域などありましたら教えてください。
また、どんな事に気を付ければいいのでしょうか?
ポーランドに行った事のある方など、いろいろ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ワルシャワは、行ったことが無いのでわかりません。


通過点ではありましたが。。。

クラコクは4.5年前の話ですが、リネックの周りに外壁があり、そこから出ないようにとクラコクに住む通訳の人に諸注意を受けました。
命の保証はしないということでした。

ブロツワフは、昨年11月にも行きましたが駅前に立っている人が、お金を求めて来ますが、無視していれば大丈夫でしょう。(お酒を買うお金が欲しい為みたいです。ただし、夜のことです)
ブロツワフで危険な場所は、線路下のパブ関係の店ですが、線路沿いの道に近づかないことです。(大麻パーティーとかそれ系統のパーティーをしていることが多いようです)

バスやトラム(路面電車)は、町によってシステムが違うので気を付けてください。
また、知り合いにポーランドの人がいて一緒に行動していれば別ですけど、一人旅の場合ではバスやトラムの中・駅の写真を撮ったりすると警察に捕まる恐れがあります。実際に捕まった人を知っていますから。
そうなると、言葉の壁にぶつかります。警察がいないことを確認しましょう。

また、駅でキップを買う場合も英語が通じるとは思わないでください。
話してダメならと事前にポーランド語で、乗りたい電車・等級を書いた紙を用意しておいた方が良いですよ。駅はすごく混んでいますから。

電車の車内では、昼夜関係なく電車内では一般の人がパンをあげるからと来るようです。しかし、そのパンには睡眠薬が入っているので食べないように!と言われたことがあります。私は体験していませんが。(ポーランドの人から教わりました)
例え1等席でも座席指定のある電車と無い電車が存在しますので、無い電車の場合、人が座っている座席(部屋)を選ぶこと。(夜の話ですけど)

私は今までここ5年間で仕事で6回、プライベートで3回、そして今月の中旬からプライベートで行きますが、昨年11月の時(1ヵ月滞在)次の日に仕事が休みの時は、ブロツワフから夜電車に乗って違う町に行きましたけど、同席した人が体がガッチリした顔も怖そうな人でも、そこの部屋(座席)房が壊れてまして、違う部屋を探して誘ってくれたり、どこまで行くのか聞かれて、事前に降りる準備をしていたら、まだ大丈夫と言ってタイミングを教えてくれたり、車内での他の人との出会いも私は良い人思いしかしていないです。
ただ、毎週訪ねて行ったポーランドの人にその日の電車での出来事を話すとあなたはそういった人を引き付けると言われ、幸運な人と言われましたけど。

日曜日になると何処の町でも露天みたいな感じで、にぎやかな前を歩くのにも大変混雑しているところでは、財布をしっかり離さないことなど。。。あまり、日本人はそのような所には行かない見たいですけど。

あとは、町で立っているとライターを貸してくれと良く言われたりしましたね。ただ単にタバコに火を付けるためですか。
私にとってポーランドは、安心して行くことができるところです。
ただ、一般的な注意はして下さい。
中には、絡まれたりした人もいますから。

好いご旅行を!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
とても参考になりました。クラクフでは外壁の外、ブロツワフでは線路沿いの道、そして夜暗くなってからはあまり出歩かないようにします。
また、鉄道での移動は、なるべく日中にします。写真も気を付けます。
おそらくこの話を聞かなかったら、思わず写真を撮ってしまい、警察に捕まるところですね・・・。
いろいろ注意しなければいけない事が多いですが、以前より行ってみたかった国なので、楽しんで来ます。
ためになる情報、本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/05/06 00:21

ワルシャワへは行ってませんが、昨年の7月にクラクフには行きました。

〔個人旅行です〕

ワルシャワは聞いた話ではあまり治安が良くないそうですが
クラクフはとても観光客の多い世界遺産の街なので、ダークな感じはしませんでした。
もちろん基本的な危機管理意識はお持ちください。その上でならパリよりも安全だと思います。
クラクフ駅舎内に観光局があるので列車で到着したら立ち寄ってみるといいです。
切符は国内列車の窓口は英語が通じないので紙に行き先、人数、片道か往復かなどを書いて
渡すとスムーズに切符が買えます。国際列車の窓口は英語が通じます。
夜行列車に乗る時はできるだけ寝台車にしたほうがいいと思います。
犯罪に遭遇しやすいのは寝台車を選ばず、お金の節約だと言って
普通座席、クシェット(簡易寝台)を使う人だと聞きます。
一人旅だと日本人の男性も若い女性も普通座席を使っている人をみましたが
「安全は時にはお金で買うもの」をモットーとしているわたしから見ると
なんて危ないことをしているんだろうと思います。
なのでわたしはクラクフープラハ間はちゃんと寝台車両を選びました。
寝台車は二人部屋で2段ベッドになっていて、ドアには鍵も3つ付いています。
車掌さんも1車両に一人ついていてくれます。彼も何度も何度も
「荷物に気をつけて。必ず鍵をかけて眠ること」と言ってましたので
鍵をかけることと貴重品は体から離さず眠ることを心がけてくださいね。
もし部屋を一人で使いたい時はその分追加料金を払えば大丈夫です。
トイレだけは1車両に一つしかないので、部屋から出ないといけませんが
洗面台などは部屋に一つずつ設備されています。ミネラルウォーターも一つついていました。
夜行列車の車両自体は古いですが、昼間の国際列車(ECなど)はとても綺麗で快適でした。

クラクフの他はアウシュビッツまで列車で行きましたがローカル列車は
とても古い車両で2等車しかありませんでしたが、それはそれでおもしろかったです。
トラムにも乗りましたけど、ほとんど記憶がないです・・・(笑)
ということは可もなく不可もなく、危険も全く感じなかったということだろうと思います。

クラクフの駅前にはギャレリア(ショッピングセンター)があり大変にぎわっていました。
とても近代的過ぎる建物で古都クラクフには似合わないなと思いました。
その建物からすぐのところに市場が朝から開かれています。
地元の人がお買い物に来ていて、ローカル感たっぷりでしたので
覗きに行ってみてください。写真も気軽に撮らせてくれました。
果物やチーズがすごくおいしそうでしたよ。

楽しんできてくださいね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
電車では、私も「お金で安全を買おう」と思います。
それと市場にも行ってみようと思います。

お礼日時:2008/05/12 19:57

間違い



部屋(座席)の暖房です。

訂正
    • good
    • 0

すみません、ポーランドは行ったことがないのですが「治安が悪いところ」のアドバイスを。


「ポーランド(国中)の治安が悪い」と書いてあるのですから、どこも安心できるところはないということでしょう。ホテルのボーイまでもスリというのは珍しくないです。

特に治安の悪いところは、感じでわかるはずです。変な匂いがする(嗅いだことのない、甘い、臭い)、奇声が聞こえる、怖そうな人がいる所、人がいない所、暗い所、夜道、親しげに声をかけてくる人、ニホンゴで話しかける人などには近づかないほうが良いです。
日本人が日本人をカモにしているところもありますよ。
意外にも「困っている人」もNG。むやみに人助けをして、気が付いたら荷物が…。

気をつけたほうが良いことは、
人前でお金を触らない、貧乏そうに振舞う、人にぶつからない、服にソースをつけられても怒らず逃げる、スーツケースにわざとぶつかってきて怪我したとか言うアタリ屋もいるみたいですよ。信じられないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
特に治安が悪いと言われている国は、一瞬でも気が抜けませんね。
むやみに近づいて来る人には特に気を付けます。

お礼日時:2008/05/06 00:32

暗い夜道や誘ってくる怪しい人。


ポーランドに限らず万国共通。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオランダにマリファナ中毒患者はいますか?

アルコールが合法な日本では、アルコール中毒患者がたくさんいますが、マリファナな合法なオランダでは、マリファナ中毒患者というのはいるのでしょうか?一説によれば、マリファナだけは麻薬の中で唯一、身体的中毒を起こさないということですが・・・

(ついでに、EU内で麻薬が合法な国名も教えてください。NHKで、ポーランドは、マリファナだけでなく、危険なヘロインやコカインまで合法化されたと以前見たことがあってびっくりしたことがあります)

Aベストアンサー

オランダでは合法、というより黙認だそうです。
純度の高いものは末期がんの患者さんに使い、それは合法で、巷に純度の低いものが出回るのは黙認されているだけだ、とか。
コーヒーショップは日本のようにコーヒーを飲むところ、
カフェはマリファナを吸うところですので、現地ではお間違いなく。
(もっともカフェの前を通ると特有の匂いがしますので、すぐ分かりますが。
私はアムステルダムに3日滞在したことがありますが、もう1日目から分かりました。
私は以下の理由から吸っていません。)

マリファナ中毒ならなにもオランダまで行かなくても日本にも居ますよ。
弟が大昔まだ学生だったころ、グアムでホテルのドアボーイに勧められ、
友人たちと総勢6人で吸ってみたことがあるそうです。
弟は全く変化が無かった(日本人にはたまに効かないことが有るらしい)そうですが、
(お金の無駄だったと怒ってました)
他の5人はトリップしたそうです。
一回きりだったそうです、その内の一人を除いては。
その子は結局しょっちゅう学校を休んでグアムへ渡航するようになり、
様子からして弟や友人たちがマリファナの影響を考えて随分注意したものの、
結局退学したそうです。その頃には連絡がつかなくなっていたとか。
当時は日本国内でマリファナを入手するのが難しかったことと、
裕福な家庭の子だったので、マリファナにはまることが可能だったのでしょうね。
でも、これって立派な中毒患者でしょう?やめられなくなってるのですから。

芸能人などで何度もマリファナで逮捕されるのに懲りない人が時々マスコミを騒がせていますが、
あれも中毒と言って良いと思いませんか?

麻薬やタバコに比べて依存性は低いと言われ、依存症におちいる確率も低いと言われていますが、
そんな情報に惑わされるのは、結局それは
「飲酒運転をしても自分だけは交通事故に遭わない、起こさない」と考えるのと同じことです。
それに「違法薬物」に手を出すことで、麻薬などもっと危険な薬物に対する心理的な垣根が低くなってしまいます。

私の別の知人でもう亡くなった方ですが、
「イギリス滞在中にマリファナを試さなかったこと」を帰国後悔やんでいた人がいて、
彼はその後、国内で試すこととなり、その後覚せい剤に流れて破滅しました。
(イギリスではタバコより違法マリファナの方が安いので若者がそちらに流れることが問題視されています)

「マリファナなら大丈夫だろう」とは安易にお考えにならないで下さい、あなたとあなたの愛する人々のために。

オランダでは合法、というより黙認だそうです。
純度の高いものは末期がんの患者さんに使い、それは合法で、巷に純度の低いものが出回るのは黙認されているだけだ、とか。
コーヒーショップは日本のようにコーヒーを飲むところ、
カフェはマリファナを吸うところですので、現地ではお間違いなく。
(もっともカフェの前を通ると特有の匂いがしますので、すぐ分かりますが。
私はアムステルダムに3日滞在したことがありますが、もう1日目から分かりました。
私は以下の理由から吸っていません。)

マリ...続きを読む

Qポーランドの治安・・・

ショパン好きとして是非ポーランドにいってみたいのですが少し治安がよくないと本などで読みました。ワルシャワとクラクフに行く予定です。最近行ったことがある人いませんか?後、ポーランドのYHの事お勧めスポットなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

ワルシャワの治安は当然ながらエリアと時間帯によって大きく様変わりします。治安の悪い地域の代表としては悪名高いワルシャワ中央駅の地下通路とプラガ地区と呼ばれるところです。ワルシャワ中央駅の地下通路はパリのメトロの地下道に似た雰囲気で、結構お店があり、昼間はスリに注意すればよい位で、それほど神経質になる必要はありません。夜行列車を利用するため、夜にワルシャワ中央駅に入らなければならない場合は、駅構内に立ち入るより、地下道内のマクドナルドで時間を潰した方がよいと思います。一方、プラガ地区は恒常的に治安が悪く、発砲事件等も起こる所ですので、立ち入ってはいけません。(プラガ地区は特に観光スポットなどないので、行くことはないと思いますが)ショパン博物館は期待しすぎると肩すかしを食らうかもしれません。旧市街広場から歩いて10~15分くらいの所にあります。

 クラクフはワルシャワに比べると遙かに安全です。無論、油断禁物ですが、リラックスできる良い街だと思います。但し、白タクが多いのでご注意!!

Q自宅での大麻所持は、なぜばれるのですか?

プロテニスプレーヤーと元AV女優が大麻の所持で逮捕されてしまいました。この手の事件が起こるたびにいつも疑問に思うのですが、自宅で大麻を所持したり、栽培したりして逮捕されてしまう人というのは、なぜやっていることがばれてしまうのですか?

Aベストアンサー

昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが
「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。

大麻に関しては、捕まるのは
・売人(または拡散者)
 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。または、
 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。
・通報
 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。
・偶発
 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。そこから芋づる式に。

以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に
気づかれたため)もあるそうです。
でも、割合的に一番多いのは「売人や拡散者」の自供から芋づる式に
検挙される事だそうです。
自宅栽培にしても、どうしても種子を手に入れなきゃいけませんから。

その次は「通報」だそうで、通報者の多くは
家族や兄弟などの近親者が圧倒的だそうです。
それから、近隣住人。大麻はやはり臭いがきついので気づかれる事
が多いのと、
ラリると夜中に大声をはりあげたりフラフラと外に出る事も多く
やはり近隣に気づかれるケースが少なくないそうですよ。

それから、毎年大麻で捕まるのは1800~2100人ぐらい。
でも実際やってるのはその10倍だそうで
人口5000人に一人の割合だそうです。
大都市だとその比率は増え、地方だと減るそうで、
世田谷区だと、人口80万人なので160人ということになりますが
実際は1600人以上だと推測してるそうです。

昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが
「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。

大麻に関しては、捕まるのは
・売人(または拡散者)
 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。または、
 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。
・通報
 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。
・偶発
 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。そこから芋づる式に。

以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に
気づ...続きを読む

Qポーランドに個人旅行に行こうと考えています。

ポーランドに個人旅行に行こうと考えています。
海外に旅行に行くのは初めてで何をどうしたらいいのかわかりません。
一応色々調べたのですが、ツアーしかでてこず、どうしたらいいのかわかりません。
初めての海外で個人旅行は厳しいのでしょうか?でもツアーなるべく避けたいです。
それに個人旅行のほうが宿とかを選べば安くすむとも聞きます

今年はショパン生体200年なので8月のお祭り?の時期に是非いきたいと考えています。
誰か、わかりやすく教えてもらえると嬉しいです。
またポーランドに行ったことのある方、治安や様子などを教えてもらえると嬉しいです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ポーランドは、車を使ってドイツから日帰りで行くことがあります。物価が安いので、買い物が楽しめるんですよ~。ポーランドの治安は、EUで最も安全なドイツよりも、うんと下、スペイン、イタリアよりも少し下くらいかな。高級車をドイツでレンタルしてポーランドに行こうとすると、レンタカー会社に断られたりしますが・・・。まぁ、ロシアや、CIS諸国のような初めての海外旅行として個人旅行を避けるべきと感じる国と比較すると、2010年現在のポーランドは、全然大丈夫です。実際、日本人の学生さんが初めての海外で日本から一人でちゃんとポーランドで開催の国際会議の会場に来てましたしw ポーランドは、確実にEU圏の普通の国になりつつあります。

ツアーで疑似体験するより、私は、個人旅行を激しくお薦めします。もちろん、行き先によっては危ないところがありますが、ポーランドならビビらなくてもいいのでは?航空会社のHPで安い航空券を探して購入し、booking.com等でホテルの予約を取るだけです。ポーランドは、EU圏なので通常の観光なら他のヨーロッパ主要国と同様にビサもいりません。

私はツアーで旅行というものをしたことないですが、旅行会社の出しているパンフとかを眺めると驚く程安いです・・・。個人旅行で安くすませるには、友人の家に泊まるとか(私は、このパターンが主流)、ユースホステルを使うしかないような。私の妻がポーランドにもユースホステルがあったと言っているので、検討してみてはいかがでしょう。

こんにちは。

ポーランドは、車を使ってドイツから日帰りで行くことがあります。物価が安いので、買い物が楽しめるんですよ~。ポーランドの治安は、EUで最も安全なドイツよりも、うんと下、スペイン、イタリアよりも少し下くらいかな。高級車をドイツでレンタルしてポーランドに行こうとすると、レンタカー会社に断られたりしますが・・・。まぁ、ロシアや、CIS諸国のような初めての海外旅行として個人旅行を避けるべきと感じる国と比較すると、2010年現在のポーランドは、全然大丈夫です。実際、日本...続きを読む

Qコカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっ

コカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっていればもうやりたいと思わなくなるものなのでしょうか?

彼が昔やっていたことを知りました。
昔の話は聞かないようにしていましたが、先日少しだけ話をしてくれました。
私はただ彼の話を何も言わず聞くことしかしなかったので細かい情報も分からない状態で
す。
「よく辞めれたね」と言ったら、「コカインはきつかった」とだけ言っていました。
当時どのくらいの摂取量でどのくらいの期間やっていたのかは分かりません。
自分自身やったこともないし、知り合いにやっている人(やっていた人)もいないので、全くわからないのです。
それを聴いて引くと言うより、心配になりました。

彼は最低でも4,5年前から辞めているとは思います。

全くやりたいと思わない期間が何年あっても、年数に関係なく突然やりたくなるものなのでしょうか?

またどういった方法で辞めましたか?

辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正しいのでしょうか?

全くやりたいと思わなくなることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

質問の通り、辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正でしょう、あえて言うなら今は使って居ないというべきでしょうか。

薬物依存の怖いのは、今は使って居なくて、普通に生活できて居ても、生活の中で極度なストレスや、偶然で有っても、薬物が手に入る環境に措かれた時だと思います。

心が弱っている時や、悩みを抱えている時、本人の意思で制御する事は大変難しい様です、現にその様な環境で再使用をしてしまう人を何人も見てきました。

もし貴女が私の身内で相談を受けていたなら、私は彼が過去に殺人を犯し服役していたと言う話しならば、罪を償い更生しているのなら、其れをとがめたり交際に反対はしないでしょうが、相談者さまの彼氏の様な状況で有れば、交際事態を反対します。

殺人は本人の心しだいで再犯する事が防げますが、薬物は其処が非常に難しいからです。

特に自分はもうやらないと言う人が危険です、常に再使用の恐怖を持った人の方が再使用率は低い様に経験から感じます。

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

...続きを読む

Qヴロツワフのバスターミナルからどの国に国際バスで行くことができますか?

ヴロツワフのバスターミナルからどの国に国際バスで行くことができますか?

Aベストアンサー

プラハとかドイツの近郊都市とか、その向こうとか、らしいです。
http://www.wroclaw-life.com/travel/travel.php

ポーランドからチェコへのバス情報がありました。
いずれも英語ですが。
http://www.pragprague.com/bus-warsaw-wroclaw-prague/

英語情報なら、Wroclaw bus terminal
日本語情報なら、ヴロツワフ バスターミナル
で検索してみたら情報があるかと。

ついでにヒットしたポーランド政府観光局(日本語)
http://www.metroguide.jp/poland/vol-3.html

ウィキペディア「ポーランドの観光地」
ユーロラインズもあるんですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%9C%B0


ググってみただけです、お邪魔しました。

Qベトナム,ホーチミンでは大麻は合法ですか?

タイトルの通りです
ホーチミンでは大麻は合法なのでしょうか?
合法なのであれば是非経験してみたいと思います
非合法なのであれば,法を犯すリスクを負ってまで経験しようとは思いませんので,ご心配なく


また,海外旅行に行く際に,このような渡航先の法律や規則を確認するにはどう調べればよいのでしょうか


どなたか海外旅行に精通している方,お願いします

Aベストアンサー

ベトナム在住です。
違法です。
近年ベトナムから8トンを中国に密輸しようとして捕まった中国人グループ、
死刑になっています。
量があまりに多いので大きなニュースになりました。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qワルシャワ西駅と中央駅

クラクフからワルシャワに列車で向かいます。
ワルシャワ中央駅の治安はよくないと地球の歩き方には
書いてありますが、ワルシャワ西駅(Zachodnia)はどう
なのでしょうか。
なお、季節は夏、クラクフ発16時でワルシャワは19時頃
到着です。
ホテルはワルシャワ中央駅近くのポロニアパレスです。
ワルシャワ西駅からはタクシーで行くかワルシャワ中央駅から
歩いて行くか迷っています。

Aベストアンサー

つい今週ワルシャワからクラクフまで鉄道で日帰りしました。
私は朝7時発で帰りは20時着でしたが、20時位でやっと
暗くなり始めるといった感じです。
ワルシャワ中央駅は地上階・地下階とも人が多く危険な雰囲気は
ありませんでした。
中央駅付近の地下道もあまり夜遅く以外ならぜんぜん平気です。
地下道にも店があったりします(スナック・飲料など)。
地上は横断歩道がないのでななめ横断です。
列車は最初は飲み物タダでしたが2回目からは有料でした。
クラクフ駅には有料ですがきれいなトイレがありました。
ばあちゃんが管理してます。いちばん端です。


人気Q&Aランキング