出産前後の痔にはご注意!

PhotoSopの不具合(?)についてなのですが、今まで何の問題も無かったぼかしツールでのぼかしが酷くにじんだようになってしまいうまくいきません。通常なら色の端がじんわりとグラデーションされますよね?しかしそうはならずぼかした中心から色が外側へ逃げていく、広がっていく…という感じなのです。(カーソルの中心の部分に色が残らず外へ散っていきます。)
7.0とCS3を所持していているのですがどちらも不調です。ぼかしツールの設定は「強さ100%、硬さ0%、筆圧感知でサイズのコントロール、ペイント間隔3%、他初期設定」です。設定に関しては特に問題は無いと思うのですが…。
そしてさらにおかしいのは肌色だけはまともにぼかすことが出来るという点。キャラ物のイラストを描いているので肌色は良く使いますが何か関係あるのでしょうか。
色々調べてみましたが今回のケースには当てはまっていないようで、さらに時間の都合などもあり困っている次第です。
どなたかご回答いただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

イメージ→モード→8bit



で描いていると(これがデフォルト)トーンジャンプといって、階調が表現されなくなって斑模様になる事があります、これが原因なら最初に16bitで処理して最終的に(保存する前に)8bitに戻してから保存してください

http://adobe-photoshop.seesaa.net/article/936982 …

これじゃなくて効果の部分だけがモザイクのように荒れ荒れになっているのであれば、デイザが掛かってますので、これは別の理由となります。

どちらでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
言われたとおり8bitから16bitに変えたところ正しくぼかすことが出来ました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/27 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhotoshopでのぼかしができない

Photoshopで背景が真っ黒でぼかしをいれたのですが、ぼかしができません。何か設定がわるいのでしょうか?

新規で背景を透明にして、
イメージ、色調・補正で「明るさ・コントラスト」で画面見ながら真っ黒にして、
ぼかし(ガウス)で画像の回りを軽くぼかしをやってのですが・・出来ないのです。

しかし一度だけ出来てその後やってみたらもう出来なくなりました。
何がいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと質問の意味が分かりづらいです。
可能な限りの回答をさせて頂きます。

まず、「背景を透明にして明るさ・コントラストで真っ黒にする」というのがよく分かりません。
そもそも背景が透明では、明るさ・コントラスト等の色調補修はかけられません。
「透明」ではなく、「白」の間違いではないでしょうか?
また、画面(画像)を真っ黒にしたいのであれば、塗りつぶしツールで塗りつぶした方が手っ取り早いです。

文脈から察するに、画像一面が単色で塗られたものにぼかしをかけたいと仰っているように聞こえますが、それは無理です。
できないというよりは、できるけど何の変化も起こりません。
違う色同士の境界をぼやかせることはできますが、単色では意味が無いです。

なので、「一度だけ出来て」というのも気になります。
何故出来たのでしょうか?(できないはずです)
もう少し詳しい説明をお願いします。

Qイラストレーターのアウトライン化の解除方法??

ウィンドウズのイラストレーターの機能についての質問です。
アウトライン化がすでに実行されている文字の修正をする場合に、アウトライン化の解除はどうようにすれば出来るのでしょうか??
いろいろな本をみると、一度アウトライン化を実行すると、解除ができないと記載されていました。
ご指導頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

それらの本に書かれている通り、一度アウトライン化をすると元には戻せません。

ただし、Ctrl+zやコマンド+zなどで作業を一つ前に戻すなどが出来るので
間違えたり、やり直したかった場合はそれで対処するしかないですね。

アウトライン化したデータを保存してしまった場合はどうやっても解除できないので
アウトライン化したデータを作った場合はアウトラインする前のデータも
別名保存などで残すのが一般的です。

Qイラストレーターの解像度はどこで設定するのでしょうか

イラストレーターV10です。
 外部のビットマップ画像を配置するような図面を作成する時の解像度の設定方法がわからなくて困ってます。
 新規に図面作成する手順として、「ファイル」→「新規」で大きさに適合したアートボードをつくり、その中に長方形ツールで「目安の用紙枠」を作りたいのですが、これがまだ解像度を設定してないので「目安」にはなりません。フォトショップから配置する時、解像度が合ってないので定規の互換性がなく、当然「用紙枠」をラスタライズのダイアログボックスで見てみると解像度が違ってます。
 イラストレーターは解像度の概念がないと聞きますが、ビットマップ画像を配置する以上何か最初に設定手順があるのではないかと思い、質問なのですが、イラストレーターで図面作成を始める時、手順として解像度は何処で、又、どの時点で指定されてますでしょうか? よろしくご指導お願いします。

Aベストアンサー

>イラストレーターの定規上で同じ10cmに配置される場合もありますが、10cmにならない(数倍になったり、数分の1)場合もあって・・・

毎日毎日十何時間もIllustratorをもう何年も使っていますが、そのような事はただの一度たりとも経験した事は有りませんが・・・。
もしかして「画像解像度」と「カンバスサイズ」を混同していませんか?
また、クリッピングマスクを使用していませんか?

Illustratorのリンクパレットの該当する配置画像をダブルクリックしてみて下さい。
情報が表示される筈ですから、そこで配置画像の元サイズから何%拡大、縮小されたかを確認出来ます。

一般的に印刷データとしてならIllustrator上で画像を拡大、縮小する場合25%前後なら殆ど影響が有りません。
縮小の場合は疑似的に解像度が上がるので綺麗にはなりますけどね。

QPhotoshop で8bit /チャンネル と 16bitどちらを選ぶべき?

Photoshop 6の、イメージ→モードで、CMYKカラーやRGBカラーを選択しますが、同様に8bit /チャンネル, 16bit /チャンネルというものがあります。これはどちらを選んでおくべきでしょうか?
使用目的としては、photoshopで写真をレタッチしてから保存し、それをイラストレータに配置して印刷会社に出します。

Aベストアンサー

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修正後はトーンカーブが櫛の歯状になり画像の階調が失われたことがわかります。櫛の歯の山と山の間ではグラデーションが滑らかにつながらず、色の段差が発生するのです。軽い補正ならまずわかりませんが、大きく補正した場合にたとえば青空の緩いグラデーションに色の段差が見えることがあります。
16ビット階調のメリットは、このトーンジャンプを軽減できることです。16ビットモードに変換してから補正すると、トーンカーブのでこぼこが小さくて済みます。階調がほとんど失われずに画像補整が可能になります。
デメリットとして16ビット階調の方が当然データ量は倍になるので、パソコンに負担がかかります。また16ビット階調の画像を扱えるソフトは多くはないので、他の人にデータを渡す場合は、補正後に8ビットに変換して戻しておく必要があります。
Illustratorに配置する場合も8ビットに戻して置く方が無難です。

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修...続きを読む


人気Q&Aランキング