『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近BDソフト鑑賞にはまっているのですが、
その中で機動戦士ガンダムの「逆襲のシャア」に興味を持ちました。
ただ、ガンダムは平成ガンダムシリーズをたまに見ていたぐらいで詳しく知りません。
このような状況で「逆襲のシャア」を見ても楽しめるものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初代ガンダムを見ていて、シャアとアムロの関係がわかっていれば


楽しめますよ。

Z,ZZの登場人物はほとんど出てこないので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正史(?)ガンダムの流れを全て知っていなくても大丈夫とわかり安心しました。
劇場版初代ガンダムで予習してみます。

お礼日時:2008/07/02 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逆シャアを見る前にZやZZを見ておいた方がいい?

まだファーストのテレビ版しか見終わっていないのですが
話数が多すぎて正直つらいです。

ZやZZはキャラや機体は違えど、ファーストと同じようにひたすら戦争するだけでしょうか?
ファーストとはまた違う考えさせられるようなことはありますか?


ちなみに劇場版の機動戦士ガンダムI、II、IIIは再編集とのことですが
テレビ版を見ていれば別に見る価値無いですかね?

Aベストアンサー

当時、リアルタイムで見ていたものです。

作品を、理解するために、富野監督著の下の、単行本の、
熟読を、お勧めします。

「ガンダム」、「Zガンダム」、「逆襲のシャア」

見る順番(放映順では、ありません)

>TV版イデオン>劇場版イデオン>ガンダム
>ダグラム>ザブングル>ダンバイン>Zガンダム

>ZZガンダム
(ZZガンダムは、純粋な、富野作品とは、違います(責任者的立場))
(ダグラムは、企画段階で、参加しているのですが、内容、表現は、
富野作品の流れに、のっています。)

>Vガンダム>逆襲のシャア>ガンダムX>∀ガンダム

監督の、Zガンダムの、否定について。

反響が、大きすぎたと、言う事です。否定、しなければ、次の、作品
の、きっかけが、作れなかったと、言っています。
(監督曰く、早過ぎた、結論では無かったか、この結論にいたるには
段階を踏まないといけなかったのでは)
(次の作品とは、Zガンダムを、含む、その前の作品の、メッセージの
修正(?)です。)

Vガンダムで、ある程度、修正されています。(その、修正を、良しと
するかは、視聴者の判断です)

Vガンダムの、修正を、受けて、逆襲のシャアが、成立しています
(放映、順番は、逆ですが。)

ガンダムXは、Zガンダムの、スタッフが中心になり、更に、修正
を、加えています。(ガンダムWの、最終回に、それを、示唆する
言葉が、一言、語られています。)(富野監督が、その修正を、
良しと、しているか、わかりません)

∀ガンダムは、イデオンを、含む、印象に、残った、メッセージが
沢山、含まれています。(ガンダムXでの、修正も、一部、
取り入れられています。)(監督、自身が意識的に取り入れたのかは、
解りません)

あとがき

ZZガンダムは、上の、流れの中で、内容は、一番ハードです。
(戦の激しさではありません)
Zガンダムで、TVアニメでの大人の表現が許され、ZZガンダム
では、あらゆるモラルが、外されて、その後、コミック、OVAは、
大っぴらに、インモラル物が、続発。今に、続いています。

「ファーストとはまた違う考えさせられるようなことはありますか」

Zガンダムは、監督の、オリジナル性が、強い作品です。

最初の、ガンダムからの、時の流れを、しっかりと、実感できる
事が出来れば、Zガンダムは、深い感動と、無二の、哲学的な
教示を、受けられます。
(その為にも、単行本を、読んで下さい)

ZZガンダムは、真剣にみれば、とても、耐えられないような、
悲劇的な、表現が、満載です。(監督が、演出でなくて、本当に
良かった(笑い))

ちなみに

ファーストガンダムの、単行本の、後半の、アムロとフラウの、
別れは、演出家としての、表現が、際立っていて、涙が、
止められませんでした。(アニメ(実写でも)で、見てみたい)

アムロとララアの、最初の出会いも、アニメでは、味わえない
深い、表現で、書かれています。(小説は、直接の出会いは
確か、一回だけです(それも、遠めの窓越し。)

ファーストガンダムと、イデオン、順番は、どちらが、先でも、
かまいません。

ガンダムF91は、Zガンダムに、登場する、サイコガンダムの、
平和利用の、可能性を、表現したものです(違うかな?)。
その逆が、敵の、ラフレシア(MA?)。理不尽な、大量殺人と、
それを、行った責任の重圧に、敵は、自己崩壊してしまいます。

当時、リアルタイムで見ていたものです。

作品を、理解するために、富野監督著の下の、単行本の、
熟読を、お勧めします。

「ガンダム」、「Zガンダム」、「逆襲のシャア」

見る順番(放映順では、ありません)

>TV版イデオン>劇場版イデオン>ガンダム
>ダグラム>ザブングル>ダンバイン>Zガンダム

>ZZガンダム
(ZZガンダムは、純粋な、富野作品とは、違います(責任者的立場))
(ダグラムは、企画段階で、参加しているのですが、内容、表現は、
富野作品の流れに、のっています。)

>V...続きを読む


人気Q&Aランキング