わたしは文学研究などしたことがなく,文学作品を読んでもただ面白かった,つまらなかったぐらいの個人的な読み方で終わります。
大学生だったときも文学研究の授業は取りませんでした。
その一方で,文学作品(特に現代)を研究対象として何らかの分析を行う場合(例えば大学での授業などで)があるかと思いますが,
その際,なんらかの理論的枠組み(ニュークリ以降様々な理論←聞きかじりですのでどのようなものか分かりませんが)を前提にして行われているのでしょうか?

つまり,(わたしのような)単なる感想・印象的な語り方と,研究論文とを分かつ境界線は,
単に実証的あるいは論理的な語り方の違い,あるいは新しい解釈にあるのか,
それとも理論的枠組みが前提となったうえでの語り方の違いにあるのか。
そのあたりのことをご教示くださる方,
またはこんな本を読んでごらんなどのアドバイスでもいいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO.3です。


もしや、dddluidddさんの質問の意味が、「文学作品の良し悪しを決める物差しがあるのではないのか?」という意味もあるのではないか、というふうに思ったので、再度、書きます。
私も、大学に入るまでは、「私が、この小説をいいと思ったら、他の誰がなんと言おうと、この小説はいいんだ」というふうに、思っていますた。
文学とは、情緒でいいんだと。

「文学史」というものがあります。
文学史の本は、どこの書店でも売っています。
どれも、似たようなものです。
たとえば、白水社は、イギリス文学史や、フランス文学史、ドイツ文学史、といった本を出しています。(たぶん、日本文学史もあります)。
文学史を勉強すればわかることは、文学には流れがあり(歴史と不可分です)、ときどき、画期的な作家や、画期的な作品が現れるということです。(これが、有名作家であり、有名作品です)
これは、個人が、その作家や作品が、好きとか嫌いとかとは、関係ありません。
また、いい作品、たいして良くない作品、というのもあります。
より古い作品、より新しい作品というのもあります。
これも、個人の好き嫌いとは関係ありません。

誰が、それを決めるのかと言えば、読めばわかることです。
まともに文学を勉強している人の間で、作家や作品の良し悪しが、問題になることはありません。

もし、文学を勉強してみたいと、お思いになったのなら、どこかの大学の聴講生になるとか、放送大学で勉強するとか、自分で本を読んでもいいと思います。
簡単なのは、白水社の文庫本で、まず、歴史を通読してから、文学史を読み、文学史の中にでてくる作品を読んでいくことです。
たくさん読まなければ、相関関係がわかりません。
ひとつの作品は、必ず、前の時代の作品の影響を受けています。

文学の切り口は、いろいろあり、論文にも、良し悪しがあります。
知りたければ、どこかの大学の文学研究の雑誌を借りて読むことです。
テーマも、大きなものから、小さなものまで、いろいろあります。
    • good
    • 1

私も、そういうモノがあるんじゃないかと思って、文学部に入りました。



体系、はありません。
ただ、歴史抜きに、文学は語れないので、歴史は、勉強します。
古語(外国文学なら、そこの国の昔の言葉)も勉強します。
また、その国の文学に影響を与えた、外国の文学も勉強しないといけません。(その国の言葉や歴史も)
また、作品の時代背景も、知らないといけません。
ジャーナリズムや、政治、当時の習慣、価値観等、知れば知るほど、奥が深くなります。

文学では、自分の価値観、文章が、大切です。

文章で書かれたものは、全て、研究対象なので、勉強しようと思えば、いくらでも勉強できます。
自分の得意分野を広げることもできます。
    • good
    • 0

 


 理系文学待望論 ~ さらば、余りに文系的な文学談義 ~
 
 わたしは中年をすぎて自伝に着稿して、読みそびれていた尾崎 一雄
《虫のいろいろ 194801・・ 新潮》を読みかえし、ラフカディオ・ハーン
もまた同じような感想を述べていることに興味を抱きました。
 
── これは、真の「昆虫世界のロマンス」への、ほんの序説に等しい。
── Hearn, Lafcadio《虫の研究・蟻》
── 小泉 八雲/平井 呈一・訳《怪談 19650916 岩波文庫》P180
 
 つられて、ファーブル《昆虫記》を読んでみると、これこそまさしく
文学作品なのです。昆虫のように人間を観察すれば、ほんとうに意味の
ある(科学的根拠のある)理系文学が出現するのではないでしょうか。
 
── 人間を低くし、動物を高めて、接触点を作り、次いで同視する点
を設ける。これが現在流行している高遠な学説の一般的方向であった。
また今日でもそうだ。ああ、この至高の学説──これは今の時代の病的
流行である──の証明の中には、大学者エラズマス・ダーウィンのあな
ばちのようにお笑い草に終るものがどれくらい、堂々と主張されている
ことか、実験の光に照らしてみたらわかることだろう。  
── 山田 吉彦・林 達夫 訳《ファーブル昆虫記(一)19930616 岩波文庫》P149
 
 かつての“女子大生亡国論”のように、われわれは文学を落としめ、
いやしく虚しい興味に奉仕させてきたのかもしれません。
 さらにこのことを確信したのは、つぎのテレビ番組でした。
 
 ◇
 
 鼎談 ~ シンポジウムの三賢人 ~
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3922420.html
 以下は、上記の質問の回答として書きつけた未完草稿です。
 
「ある時ふと、おばぁちゃんのことを思いだす。この現象はなにか?」
 ヒトに関する数々の不思議のなかで、最後の謎は“記憶”ではないか、
という利根川教授の提言である。
 
 これに対して、大江氏は「科学を賞賛しつつ疑いもする思想」を紹介、
「これからは、ダライ・ラマのような神秘的な思想家に期待すべきでは
ないでしょうか」さすがに、司会の立花氏も苦笑しながら、とりなした。
 
「ダライ・ラマは、選挙じゃなく、3歳のころに儀式で選ばれたんです。
お菓子とお金と数珠を並べておいて、数珠を選んだから、という理由で」
 すると大江氏は「あぁ、そうですか」と答えただけだった。
 
 そこで利根川教授は、すこぶる興味ある事実を述べた。
「わたしの研究室では、来年の課題を“文学”と決めることもできます」
 これには、作家とノンフィクション作家も、黙りこんでしまった。
 
── 大江 健三郎・利根川 進・立花 隆(司会)《21世紀への創造
~ ノーベル賞受賞者フォーラム(十回記念)東京第3セッション ~
19981118 専修大学 1119 札幌グランドホテル》読売新聞社&NHK(共催)
 
(注)
 
 利根川教授は、ノーベル文学賞作家が“化学”というテーマでは小説
を書けないことを、ずばり指摘してしまったのです。
 もちろん悪意は感じられませんが、致命的な揶揄ですね。
 
 わたしは、学生時代は理系劣等生でしたが、社会人となって、情緒的
な感性が、しばしば問題をややこしくすることに気づきました。
 偏差値の格差には疑問がありますが、論理学は理系の領域でしょうね。
 
 わたしは最近、東京工業大学で文学概論を講じた作家の、現役引退後
のWeb日記を沐読(もっぱら浴槽内で読書)しています。
 《源氏物語》の恋愛は「ほとんど事後承諾のレイプだった」などなど。
 
 秦 恒平 作家 19351221 京都 東京 /保富 康午の義弟/秦 建日子の父
http://umi-no-hon.officeblue.jp/iken15.htm
 闇に言い置く 私語の刻 20021001-1231
 
    • good
    • 0

私が知り合いの文学教師に質問者さんと似たような疑問をぶつけたとき、彼は以下のように答えてくれました。



Q.作品を読んで面白いか、つまらないかなんて、読者によって違うとしたら、文学研究ってどんな意味や価値があるの?

A.面白いと思ったからには、面白いと思わせた原因・理由が必ずあるはずだから、それを徹底的に明らかにしたいと思うヤツが文学研究に溺れるのよ。
学生のレポートだって、こういう動機で書かれていれば面白いし、エライ文学博士の大論文だって、こういう動機に裏打ちされていないものは読んでいてつまらないよ。

*読み手毎に違った読み方をするのは当然のことで、正しい一つの読み方があるわけではないし、それに一本化する必要もないようです。
ただ、各自にそれぞれの読み方をさせた原因・理由がある以上、それを深く追及していけばいくほど、結果的に一つの作品解釈に近づいていくのだと思います。

Q.ニュークリティシズム、構造主義、脱構造主義、テクスト論、フェミニズム、心理的、社会的、歴史的方法等々、いろんな研究・分析理論があるらしいけど、どれが一番有効だと考えている?

A.どの理論を用いても、結局その理論の鏡に映った作品像しか見えてこないさ。
でも、バカなヤツほど、どの理論が一番実証的だとか、優れているとかということばかり言いたがるんだ。
理論的、厳密であると言ったところで、流行の理論を振りかざしたり、その提灯持ちになることではなく、自分の導き出した自説なり、主張なりに対して、どれだけ徹底してその根拠なり、理由なりを追及しようとするかどうかの問題にすぎないんだ。

*要するに、どんなに立派な理論(公式)を適用しようと、それに依存して、考えるのをサボってしまうのでは、文学研究に限らず、立派な研究なんて生まれないようです。
とすれば、やはり最後に頼るべきは、自分の活き活きとした旺盛な懐疑精神になるのかな、という気がします。

>(わたしのような)単なる感想・印象的な語り方と,研究論文とを分かつ境界線は,
単に実証的あるいは論理的な語り方の違い,あるいは新しい解釈にあるのか,

もちろん、専門分野にはそれなりの専門用語や約束事があるとは思いますから、それに多少でも通じていた方が便利だと思いますが、こと文学となると、他でもなくわれわれが使用している言語を媒介なり、素材にして構成されていますから、誰でも専門家以上の分析なり、批評なりができる可能性を持っているような気がします。
もちろん、「単なる感想・印象的な語り方」が「研究論文」より劣っているなどということはありえないと思います。

ただ、私の経験では、自分で「単なる感想・印象的な語り方」だと思い込んでいたところ、友人から、「お前のは本当の自分固有の感想や印象ではなく、そこいらに転がっている凡俗な型にはまった読み方を、そうと自覚しないで拾い集めてきただけ」と言われて驚いたことがあります。
本当の意味での自分の「感想・印象」となると、それを見つけるのは実は大変難しいのだと感じさせられた次第です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>どの理論を用いても、結局その理論の鏡に映った作品像しか見えてこないさ。
>でも、バカなヤツほど、どの理論が一番実証的だとか、優れているとかということばかり言いたがるんだ。

うーん,納得です。

>本当の意味での自分の「感想・印象」となると、それを見つけるのは実は大変難しいのだと感じさせられた次第です。

こう感じられるのは,やはり対話からしかありませんね。
最近の批評はなんとなくひとりよがりとしか思えないものが目についていたので,今回の質問に至ったのかもしれません。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/06 15:20

先ずはシンプルに興味、好みで読む、触れる部分は前提で良いと思うんですよ。

それとは別の部分で視点やその時代背景、テーマなどを意識しながら作品を吟味咀嚼する事で漠然とした読み方に変化をつけることが出来ますし、メッセージ性についても向かい合う事が出来ますからね。
そこをさまざまな視点から考えていく事が研究やディスカスのテーマにもなりますから☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「唯一の正しい」解釈というものが存在しないように思われる以上,
大学での文学研究は結局のところ解釈の過程が重要になってくるのでしょうね。
不毛なようでいて面白そう,面白いけど不毛,そんなところでしょうか。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/06 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在の文学的素養あるいは教養について

現在の文学的教養についてお尋ねします。

今からそう遠くない時期までは「誰もが知っている小説・作家」がいて、そういった小説の冒頭の一節などがクイズ番組に出されたりします。たとえば、夏目漱石の『吾輩は猫である』や川端康成の『雪国』などがそれに当たるのでしょうか。

次のようなとある作品の一節があります。

 この苦い果実を危険なしに味わうことができる者は数えるほどしかいない。従って、臆病な魂よ、かかる前人未到の荒地にこれ以上奥深く踏み込まないうちに、廻れ右するんだ、先へ進むな。言うことを聞くのだ、廻れ右しろ、先へ進むな。母親のいかめしい顔に睨めつけられ縮み上がってそらされる息子の目のように、或いはまた思慮深い寒がりの鶴たちの遥に連なる鉤型の隊列のように。

引用元を明記しなくても、一読すればどういった作品の一節であるか了解されると思っていました。ところが最近のこと、この文を巡って、これが何であるか分かってもらえないどころか「気が狂った」文という「やりとり」を目にして少々吃驚しました。「えっ、知らないんだ」と。

そこで質問ですが、上記引用した文章がどういった作品からの引用なのかお分かりになる方はいらっしゃるでしょうか? 
最も反応のよいと期待できる「文学カテ」を選びました。

現在の文学的教養についてお尋ねします。

今からそう遠くない時期までは「誰もが知っている小説・作家」がいて、そういった小説の冒頭の一節などがクイズ番組に出されたりします。たとえば、夏目漱石の『吾輩は猫である』や川端康成の『雪国』などがそれに当たるのでしょうか。

次のようなとある作品の一節があります。

 この苦い果実を危険なしに味わうことができる者は数えるほどしかいない。従って、臆病な魂よ、かかる前人未到の荒地にこれ以上奥深く踏み込まないうちに、廻れ右するんだ、先へ進む...続きを読む

Aベストアンサー

老いたるわだつみよ。記憶が正しければ、
ロートレアモン『マルドロールの歌』だと思います。

Q文学研究って?(初歩的です)

閲覧ありがとうございます。
大学入学を志望しています。
文化学を志していたのですが、文学研究と文化学の違いが曖昧だったこともあり、
本を研究対象にしたいと人文学部の文学科を選びました。
近現代文学の中で共通して使われてきたモチーフに視点をあて、
それらを考察することで、そのモチーフが文学内でどう捉えられてきたかを調べたく思っていました。
具体的には様々な文学者が、作品内でモチーフをどう扱っているかを比較検討するような方法を考えていました。

結婚を例として、
「明治大正期の文学に見られる「結婚」」を考察、
もしくは「文学内での「結婚」の扱いは現代と近代で変わっているか」といった感じです。
それを重ねることで、ゆくゆくは日本人もしくは大衆の「結婚」のとらえ方を知りたいと思っていました。

しかし、それでは「Aは結婚をこう書いている」「Bは結婚をこう書いている」というアンソロジーにしかならないのではないかと心配になりました。

興味があるモチーフについて調べてゆきたいという好奇心から始まったのですが、どうも研究と読み物の区別がついていないようで、志望理由に行き詰まってしまうことが多々あります。

一つの事象やモチーフに視点を当てて分析する方法は、文学研究として成り立ちますか?
また、そういった「物事につきまとう概念」のようなものを、文学内のものに限って調べていくことには意義があるでしょうか?
(言語文化の枠ではないかという意見も頂きました。言語文化の視点を取り入れた文学研究、等でも構わないのでしょうか…)

大変初歩的な質問で申し訳ありません、
ご意見いただければ幸いです。

閲覧ありがとうございます。
大学入学を志望しています。
文化学を志していたのですが、文学研究と文化学の違いが曖昧だったこともあり、
本を研究対象にしたいと人文学部の文学科を選びました。
近現代文学の中で共通して使われてきたモチーフに視点をあて、
それらを考察することで、そのモチーフが文学内でどう捉えられてきたかを調べたく思っていました。
具体的には様々な文学者が、作品内でモチーフをどう扱っているかを比較検討するような方法を考えていました。

結婚を例として、
「明治大正期...続きを読む

Aベストアンサー

> 一つの事象やモチーフに視点を当てて分析する方法は、文学研究として成り立ちますか?
> また、そういった「物事につきまとう概念」のようなものを、文学内のものに限って調べていくことには意義があるでしょうか?

実際にそういう研究の例はいくつもあります。
何よりも実例を見てみることが参考になるのではないでしょうか。

まず前田愛『都市空間のなかの文学』(ちくま学芸文庫)

このちくま学芸文庫版は、いくつかの論考が所収されていて、非常にありがたい本になっています。最初の「空間のテクスト」は、ある程度の知識がないと、ちょっと読むのはつらいかもしれませんが、二葉亭四迷の『浮雲』を扱った「二階の下宿」や、樋口一葉の『たけくらべ』を扱った「子どもたちの時間」は、なんとか高校生でも読めるかと思います。

ここに所収されたエッセイは、どれも文学作品に描かれた「都市」もしくは「空間」について考察されたものです。わたしたちはふつう作品を読むとき、どうしても人間に目がいってしまう。その人が何をするか、どうなるか、に目を奪われてしまうのですが、前田さんは、通常は「作品の背景」としか意識されない、舞台の方に目を向けます。立原道造のソネットは、どこに「かへって来るの」か。『舞姫』の豊太郎が歩いたベルリンはどんな街だったのか。

それまで「背景」としか意識しなかった空間に目を向けることによって、これまでわたしたちは登場人物が屹立した個人として、決断し、行為していると思っていたことが、ひどく狭い見方でしかなかったことに気づくことができるのです。主人公を主人公として成り立たせているのは、さまざまな空間であり、その空間における人びととの関係である、ということがわかってくる。

だとすれば、空間を描いた作品をいくつか集めてくれば、それで論考が成り立つのか。

> しかし、それでは「Aは結婚をこう書いている」「Bは結婚をこう書いている」というアンソロジーにしかならないのではないかと心配になりました。

という問題意識は、非常に優秀だと思います(別にわたしが褒めたって何もいいことはないでしょうが、でも、高校生でこの点に気が付いたのは、ほんと、えらい! って思います)。だって「アンソロジーもどき」もいっぱいあるから。

だからこそ、枠が必要になってくるのです。
枠というのは、ゲームのルールです。
前田さんの論考は、「意識/無意識」というユング心理学がその枠になっています。

あるいはルネ・ジラールの『欲望の現象学』

この論考では、『ドン・キホーテ』『ボヴァリー夫人』『赤と黒』『失われた時を求めて』などを通して、主人公の対象に向けた欲望は、媒介となる人物(モデル)の欲望の模倣である、ということが考察されていきます。ジラールはこの主体-対象-媒介の三つの項を「欲望の三角形」と呼ぶのですが、こうすることによって、わたしたちはそうした作品を、これまで思ってもみなかったような角度から眺めることができる。

特にこのジラールの「欲望の三角形」理論を援用した作田啓一の『こころ』を始め、いくつかの文学作品の読解(『個人主義の運命』所収)は、非常におもしろいものです。

そうしてこのジラールの理論というのは、ヘーゲルの欲望論から来ている。

このように、「「物事につきまとう概念」のようなものを、文学内のものに限って調べていく」ためには、かならず「枠」が必要なのです。
ですから「アンソロジーかそうでないか」を分けるのは、この枠があるかないかです。

そうして、それを読む側も、その枠を知っておく必要があるんです。
そうしないと、なんで手を使わないんだ、まだるっこしいな、あんなのスポーツじゃないよ、なんてことをサッカーの試合を見ながら言う羽目になってしまいます。

こうやっていくと、質問者さんがあげられた例というのは、まだまだ問題意識を煮詰めていく必要があるということがおわかりかと思います。
たとえば
・結婚を機能の面から考察していくのか
・社会が持つ集合的表象としてとらえるのか
こういうことについて考えていかなくちゃならないかな、と思います(もちろん、これ以外にも切り口はいくつもあるでしょうが)。

だから、いまは「問題意識」を絞るのではなく、さまざまな「枠」を知ることから初めていかれてはどうでしょうか。

こういうのを正統な文学研究か、というと、そうだとは思わない人もいます。
「カルチュラルスタディース」みたいな呼ばれ方をすることが多いかもしれません。むしろそういうところで必要になってくるのは、哲学とか現代思想とか、あるいは社会学とか、「文学外」の知識が山のように必要になってきます。

でも「内容」より「理論」とか「構造」とかいうことが好きな人は、大丈夫、やっていけると思います。

ほかにもバタイユとかプーレとかブランショとかサルトルとか、もう、ほんとにいろいろあります。そうそう、うんと読みやすいところでは斉藤美奈子の『妊娠小説』もそうです。この人がいったい何を「枠」に使っているか、これは比較的わかりやすいので、質問者さんも考えながら読んでみてください。

ともかく、ぜひ一度、前田愛は読んでみて。

> 一つの事象やモチーフに視点を当てて分析する方法は、文学研究として成り立ちますか?
> また、そういった「物事につきまとう概念」のようなものを、文学内のものに限って調べていくことには意義があるでしょうか?

実際にそういう研究の例はいくつもあります。
何よりも実例を見てみることが参考になるのではないでしょうか。

まず前田愛『都市空間のなかの文学』(ちくま学芸文庫)

このちくま学芸文庫版は、いくつかの論考が所収されていて、非常にありがたい本になっています。最初の「空間のテ...続きを読む

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q平安時代の女房文学の文学史的、社会的背景

平安時代の女房文学の隆盛について、文学史的、社会的背景は何ですか?
人名、作品名などの実例を示しながら、説明してくれませんか?

Aベストアンサー

お年が分からないのですが、高校生以上ですか? でしたら、高校の日本史の教科書の平安時代のページに社会的背景やら後の時代への影響やら代表的作品やら作家やらが簡潔に載っていると思いますので写すといいですよ。

Q【文学の基礎理論について】

文学の基礎理論を学ぶ一般教養で、文芸学理論について概説するというような課題が出たのですが、この文芸学理論について、どのようなものなのかほとんど理解できていません。これについて教えてくださる方を探しています。

講義で取り扱ったのは、

実証主義的方法
精神史的方法
比較文学的方法
解釈学的方法
構造主義的方法
深層心理学的方法
文学社会学的方法

の7つです。

このうち1つでもいいので、その理論の特徴、長所や欠点など、簡単に説明して下されば嬉しいです。よろしくお願いします。

また、そのような内容を扱ったサイトでおすすめのものがあれば、そちらもお願いします。

ちなみに、講義では『文学の基礎理論』(1974年 ミネルヴァ書房)から抜粋したプリントを使いましたが、私にはさっぱりでした…

Aベストアンサー

そうですねぇ、図書館にありそうなのは、

『文学とは何か―現代批評理論への招待』
テリー イーグルトン (著), 大橋 洋一(訳)
岩波書店

でしょうか。これをさらに分かりやすくかみ砕いたのが
『文学部唯野教授』 岩波現代文庫―文芸
筒井 康隆   ¥840 (税込)
です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報