わたしは文学研究などしたことがなく,文学作品を読んでもただ面白かった,つまらなかったぐらいの個人的な読み方で終わります。
大学生だったときも文学研究の授業は取りませんでした。
その一方で,文学作品(特に現代)を研究対象として何らかの分析を行う場合(例えば大学での授業などで)があるかと思いますが,
その際,なんらかの理論的枠組み(ニュークリ以降様々な理論←聞きかじりですのでどのようなものか分かりませんが)を前提にして行われているのでしょうか?

つまり,(わたしのような)単なる感想・印象的な語り方と,研究論文とを分かつ境界線は,
単に実証的あるいは論理的な語り方の違い,あるいは新しい解釈にあるのか,
それとも理論的枠組みが前提となったうえでの語り方の違いにあるのか。
そのあたりのことをご教示くださる方,
またはこんな本を読んでごらんなどのアドバイスでもいいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO.3です。


もしや、dddluidddさんの質問の意味が、「文学作品の良し悪しを決める物差しがあるのではないのか?」という意味もあるのではないか、というふうに思ったので、再度、書きます。
私も、大学に入るまでは、「私が、この小説をいいと思ったら、他の誰がなんと言おうと、この小説はいいんだ」というふうに、思っていますた。
文学とは、情緒でいいんだと。

「文学史」というものがあります。
文学史の本は、どこの書店でも売っています。
どれも、似たようなものです。
たとえば、白水社は、イギリス文学史や、フランス文学史、ドイツ文学史、といった本を出しています。(たぶん、日本文学史もあります)。
文学史を勉強すればわかることは、文学には流れがあり(歴史と不可分です)、ときどき、画期的な作家や、画期的な作品が現れるということです。(これが、有名作家であり、有名作品です)
これは、個人が、その作家や作品が、好きとか嫌いとかとは、関係ありません。
また、いい作品、たいして良くない作品、というのもあります。
より古い作品、より新しい作品というのもあります。
これも、個人の好き嫌いとは関係ありません。

誰が、それを決めるのかと言えば、読めばわかることです。
まともに文学を勉強している人の間で、作家や作品の良し悪しが、問題になることはありません。

もし、文学を勉強してみたいと、お思いになったのなら、どこかの大学の聴講生になるとか、放送大学で勉強するとか、自分で本を読んでもいいと思います。
簡単なのは、白水社の文庫本で、まず、歴史を通読してから、文学史を読み、文学史の中にでてくる作品を読んでいくことです。
たくさん読まなければ、相関関係がわかりません。
ひとつの作品は、必ず、前の時代の作品の影響を受けています。

文学の切り口は、いろいろあり、論文にも、良し悪しがあります。
知りたければ、どこかの大学の文学研究の雑誌を借りて読むことです。
テーマも、大きなものから、小さなものまで、いろいろあります。
    • good
    • 1

私も、そういうモノがあるんじゃないかと思って、文学部に入りました。



体系、はありません。
ただ、歴史抜きに、文学は語れないので、歴史は、勉強します。
古語(外国文学なら、そこの国の昔の言葉)も勉強します。
また、その国の文学に影響を与えた、外国の文学も勉強しないといけません。(その国の言葉や歴史も)
また、作品の時代背景も、知らないといけません。
ジャーナリズムや、政治、当時の習慣、価値観等、知れば知るほど、奥が深くなります。

文学では、自分の価値観、文章が、大切です。

文章で書かれたものは、全て、研究対象なので、勉強しようと思えば、いくらでも勉強できます。
自分の得意分野を広げることもできます。
    • good
    • 0

 


 理系文学待望論 ~ さらば、余りに文系的な文学談義 ~
 
 わたしは中年をすぎて自伝に着稿して、読みそびれていた尾崎 一雄
《虫のいろいろ 194801・・ 新潮》を読みかえし、ラフカディオ・ハーン
もまた同じような感想を述べていることに興味を抱きました。
 
── これは、真の「昆虫世界のロマンス」への、ほんの序説に等しい。
── Hearn, Lafcadio《虫の研究・蟻》
── 小泉 八雲/平井 呈一・訳《怪談 19650916 岩波文庫》P180
 
 つられて、ファーブル《昆虫記》を読んでみると、これこそまさしく
文学作品なのです。昆虫のように人間を観察すれば、ほんとうに意味の
ある(科学的根拠のある)理系文学が出現するのではないでしょうか。
 
── 人間を低くし、動物を高めて、接触点を作り、次いで同視する点
を設ける。これが現在流行している高遠な学説の一般的方向であった。
また今日でもそうだ。ああ、この至高の学説──これは今の時代の病的
流行である──の証明の中には、大学者エラズマス・ダーウィンのあな
ばちのようにお笑い草に終るものがどれくらい、堂々と主張されている
ことか、実験の光に照らしてみたらわかることだろう。  
── 山田 吉彦・林 達夫 訳《ファーブル昆虫記(一)19930616 岩波文庫》P149
 
 かつての“女子大生亡国論”のように、われわれは文学を落としめ、
いやしく虚しい興味に奉仕させてきたのかもしれません。
 さらにこのことを確信したのは、つぎのテレビ番組でした。
 
 ◇
 
 鼎談 ~ シンポジウムの三賢人 ~
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3922420.html
 以下は、上記の質問の回答として書きつけた未完草稿です。
 
「ある時ふと、おばぁちゃんのことを思いだす。この現象はなにか?」
 ヒトに関する数々の不思議のなかで、最後の謎は“記憶”ではないか、
という利根川教授の提言である。
 
 これに対して、大江氏は「科学を賞賛しつつ疑いもする思想」を紹介、
「これからは、ダライ・ラマのような神秘的な思想家に期待すべきでは
ないでしょうか」さすがに、司会の立花氏も苦笑しながら、とりなした。
 
「ダライ・ラマは、選挙じゃなく、3歳のころに儀式で選ばれたんです。
お菓子とお金と数珠を並べておいて、数珠を選んだから、という理由で」
 すると大江氏は「あぁ、そうですか」と答えただけだった。
 
 そこで利根川教授は、すこぶる興味ある事実を述べた。
「わたしの研究室では、来年の課題を“文学”と決めることもできます」
 これには、作家とノンフィクション作家も、黙りこんでしまった。
 
── 大江 健三郎・利根川 進・立花 隆(司会)《21世紀への創造
~ ノーベル賞受賞者フォーラム(十回記念)東京第3セッション ~
19981118 専修大学 1119 札幌グランドホテル》読売新聞社&NHK(共催)
 
(注)
 
 利根川教授は、ノーベル文学賞作家が“化学”というテーマでは小説
を書けないことを、ずばり指摘してしまったのです。
 もちろん悪意は感じられませんが、致命的な揶揄ですね。
 
 わたしは、学生時代は理系劣等生でしたが、社会人となって、情緒的
な感性が、しばしば問題をややこしくすることに気づきました。
 偏差値の格差には疑問がありますが、論理学は理系の領域でしょうね。
 
 わたしは最近、東京工業大学で文学概論を講じた作家の、現役引退後
のWeb日記を沐読(もっぱら浴槽内で読書)しています。
 《源氏物語》の恋愛は「ほとんど事後承諾のレイプだった」などなど。
 
 秦 恒平 作家 19351221 京都 東京 /保富 康午の義弟/秦 建日子の父
http://umi-no-hon.officeblue.jp/iken15.htm
 闇に言い置く 私語の刻 20021001-1231
 
    • good
    • 0

私が知り合いの文学教師に質問者さんと似たような疑問をぶつけたとき、彼は以下のように答えてくれました。



Q.作品を読んで面白いか、つまらないかなんて、読者によって違うとしたら、文学研究ってどんな意味や価値があるの?

A.面白いと思ったからには、面白いと思わせた原因・理由が必ずあるはずだから、それを徹底的に明らかにしたいと思うヤツが文学研究に溺れるのよ。
学生のレポートだって、こういう動機で書かれていれば面白いし、エライ文学博士の大論文だって、こういう動機に裏打ちされていないものは読んでいてつまらないよ。

*読み手毎に違った読み方をするのは当然のことで、正しい一つの読み方があるわけではないし、それに一本化する必要もないようです。
ただ、各自にそれぞれの読み方をさせた原因・理由がある以上、それを深く追及していけばいくほど、結果的に一つの作品解釈に近づいていくのだと思います。

Q.ニュークリティシズム、構造主義、脱構造主義、テクスト論、フェミニズム、心理的、社会的、歴史的方法等々、いろんな研究・分析理論があるらしいけど、どれが一番有効だと考えている?

A.どの理論を用いても、結局その理論の鏡に映った作品像しか見えてこないさ。
でも、バカなヤツほど、どの理論が一番実証的だとか、優れているとかということばかり言いたがるんだ。
理論的、厳密であると言ったところで、流行の理論を振りかざしたり、その提灯持ちになることではなく、自分の導き出した自説なり、主張なりに対して、どれだけ徹底してその根拠なり、理由なりを追及しようとするかどうかの問題にすぎないんだ。

*要するに、どんなに立派な理論(公式)を適用しようと、それに依存して、考えるのをサボってしまうのでは、文学研究に限らず、立派な研究なんて生まれないようです。
とすれば、やはり最後に頼るべきは、自分の活き活きとした旺盛な懐疑精神になるのかな、という気がします。

>(わたしのような)単なる感想・印象的な語り方と,研究論文とを分かつ境界線は,
単に実証的あるいは論理的な語り方の違い,あるいは新しい解釈にあるのか,

もちろん、専門分野にはそれなりの専門用語や約束事があるとは思いますから、それに多少でも通じていた方が便利だと思いますが、こと文学となると、他でもなくわれわれが使用している言語を媒介なり、素材にして構成されていますから、誰でも専門家以上の分析なり、批評なりができる可能性を持っているような気がします。
もちろん、「単なる感想・印象的な語り方」が「研究論文」より劣っているなどということはありえないと思います。

ただ、私の経験では、自分で「単なる感想・印象的な語り方」だと思い込んでいたところ、友人から、「お前のは本当の自分固有の感想や印象ではなく、そこいらに転がっている凡俗な型にはまった読み方を、そうと自覚しないで拾い集めてきただけ」と言われて驚いたことがあります。
本当の意味での自分の「感想・印象」となると、それを見つけるのは実は大変難しいのだと感じさせられた次第です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>どの理論を用いても、結局その理論の鏡に映った作品像しか見えてこないさ。
>でも、バカなヤツほど、どの理論が一番実証的だとか、優れているとかということばかり言いたがるんだ。

うーん,納得です。

>本当の意味での自分の「感想・印象」となると、それを見つけるのは実は大変難しいのだと感じさせられた次第です。

こう感じられるのは,やはり対話からしかありませんね。
最近の批評はなんとなくひとりよがりとしか思えないものが目についていたので,今回の質問に至ったのかもしれません。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/06 15:20

先ずはシンプルに興味、好みで読む、触れる部分は前提で良いと思うんですよ。

それとは別の部分で視点やその時代背景、テーマなどを意識しながら作品を吟味咀嚼する事で漠然とした読み方に変化をつけることが出来ますし、メッセージ性についても向かい合う事が出来ますからね。
そこをさまざまな視点から考えていく事が研究やディスカスのテーマにもなりますから☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「唯一の正しい」解釈というものが存在しないように思われる以上,
大学での文学研究は結局のところ解釈の過程が重要になってくるのでしょうね。
不毛なようでいて面白そう,面白いけど不毛,そんなところでしょうか。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/06 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYouTubeから動画をダウンロードする方法を教えてください。

4月1日に、YouTubeが変わりました。

それから、サファリから、HDのQUICKTIMEの動画がダウンロードできなくなりました。

当方Macです。

もうサファリからは、ダウンロードできないのでしょうか?

サファリからダウンロードする方法があるのでしょうか?

別の方法しかないのでしょうか?

ダウンロードの方法を教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
こういったタイプのものは、Safariにこだわらない方が・・・
Firefox+downloadhelperのほうが楽だと思いますよ。

参考URL:http://www.downloadhelper.net/

Q日本の純文学作品内でしばしば言及される海外文学

日本の純文学作品内に高い頻度で登場する海外文学を教えてください。
たとえば太宰なら聖書やドストエフスキーの小説を引き合いに出すことが多かった気がするのですが、
他に頻繁に引き合いに出される作品には何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じく、太宰はギリシア神話からも引いていますね。
例:走れメロス

順位から云えば、
1.中国文学(近現代では「中島敦」とか、江戸期以前の文学では当たり前)
2.佛教経典(芥川・・蜘蛛の糸なんか・・)
3.聖書(現代では、「森山周一郎」・・クリスチャンだった)
4.ギリシア神話(太宰、白樺派辺りでも引用が多い)
5.ドストエフスキー(近代で引用が多い)
6.シェークスピア(大正期文学では多い)

特に自然主義文学と呼ばれる作品群(大正期から昭和初期にかけて)は、西洋文学の引用が増えているような気がします。そして、新古典主義と呼ばれた、芥川らによって、佛教経典や日本古典から引用があり、その後の現代に続くようです。

では。

Q重すぎるaviのダウンロード方法

こんにちは。

私のコンピューターはibookです。
インターネットで700MBほどの動画をダウンロードしたいのですが、ダウンロードの時間が24時間以上かかってしまいます。なにか早くダウンロードする方法はあるでしょうか?
もうひとつ、CDにファイルを入れながらダウンロードする方法は、可能?この方法でパソコンの負担を減らす事になりますか?

Divxというソフトは、入ってます。が、使い方は、詳しくは分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SpeedDownloadやiGetterを使えばある程度早くダウンロードできます。

http://www.igetter.net/iGetter.html

>CDにファイルを入れながらダウンロードする方法は、可能?

無理です。
一度ハードディスクに保存してからになります。

参考URL:http://www.yazsoft.com/

Q文学部で現代日本文学作品だけを学ぶのは無理?

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を考えたことがありません。

しかし、その文学部について調べていて引っかかる点が少しありました。
他の大学もそうだと思うのですが、国文学は文学部の中でも「東洋文化系」という大きなくくりの中に属していますよね。
その東洋文化系の必修科目や専門科目は、
・中国・韓国語・サンスクリット語などの外国語
・中国古典文学・漢文・国語古典文学・インド古典文学
がほとんどという印象でした。
国語学や国文学もありますが、それ以上に外国語や他国の古典文学の授業がかなりを占めていると思います。
さらに国文学の授業でも、古典文学だけを扱うのが文学部の一般的常識だと聞きました。これは本当なのでしょうか。
教授の研究テーマを見ていても、現代日本文学を専門にしていらっしゃる方がいらっしゃいませんでした。
京大以外の国立大も軽く見てみましたが同じような印象を持ちました。

これは、大学の文学部に進学しても現代日本文学を本格的に学ぶことはあまりできず(卒論を除く)、他国のものを含む古典文学・外国語ばかりということになるのでしょうか?

古典文学も外国語も嫌いではありませんが、現代日本文学をあまり学べず、そちらにウェイトがかなり寄っているなら、他学部に進学して独学で文学を学ぶ方が幸せなのかなぁという気がして迷っています。
文学部で現代日本文学作品だけを、とまでは言いませんが、少なくともそれを専攻にしていると言えるようにはなりたいのです。
それが無理ならば、現代日本文学を学びたいという人が、古典文学や外国語をやる意味って何でしょうか?

文学部に在籍経験のある方や、その辺の事情に詳しい方の回答を頂けたらと思います。些細な情報でもかまいません。よろしくお願いします。

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学、政治学などの社会科学はもとより心理学や哲学といった思想系、時には人間が対象として観察している自然科学分野にまで及びます。そしてそうした全てをひっくるめた歴史にも脚を踏み入れねばならないことも普通です。
 「小説を読むのが好き」と仰る質問者からすれば、近代以前の作品は「小説」ではないのかもしれません。けれど『蜻蛉日記』や『更級日記』も解釈次第では「小説」でもあるとの事実を忘れてはならないでしょう。両者は共に「私小説」です。それは「私に降りかかった事象」を私の目線で見たこととして「自己対象化」の要件を完璧にクリアしていることによります。
 この要件を近代以後の作品に適用してみるならば、漱石、竜之介、そして公房や由紀夫、健三郎といった作家全てにあてはまることにもなります。
 こうしたことを考えてみると、最初の質問である「文学を学ぶ」とはどの様な意味を持ってくるといえるでしょう。そして具体的な内容はどの様な言葉として説明することになるでしょう。ここまで来た時、一先ずの定義を示すこともできます。少なくとも「文学なるもの」を研究対象とする時にしか、この言葉を使うことが出来なくなるとの話です。
 恐らく今後もノミネートされることはあっても村上春樹さんがノーベル賞を受賞することもないでしょう。それは文学が時空を越えて数多くの人と感動や認識を共有することで認められているからとの「文学の存在理由」との間でかなりの隔たりがあることも作用しています。
 『青が消える』が普遍の問題を扱っているといえるでしょうか。この作品をどの様な視点からターゲットとして観察することができるでしょうか。少なくとも僕には公房と類似するテーマを扱いながら彼の一連の作品を凌駕するとも考えられません。春樹が書いているのは「僕にとっては大切なもの」が他から見れば「さほどの意味はないもの」であるとの描写に留まっている点で、公房の足下にすら及ばない。だからどうしたの?で終わってしまうほどの作品ともいえます。
 質問者は「同時代の作家を対象とした」と肩に力を入れて力説していますが、戦後そして1945年以前の作家が同時代の空気を採り上げていないとの考えならば、それは大間違いともいえます。彼らは全員「自分の目線」とのフィルターを通じて社会そして世界を観察し、それを「言葉」として再び世界に放ち、読者(研究者も評論家も)に投げ返してきた、「社会とは…」「世界とは…」「私とは…」そして「これら私を取り巻くものと私の関係は…」との形で。
 少し厳しい言い方になりますが、質問者は「文学」を全く知らないといっても過言ではありません。公房が海外でF.カフカやS.ベケットさらにはA.カミュ、健三郎がG.グラスなどとの同時代の観察者として考察の対象になっていることをご存知でしょうか。またなぜ和歌や俳句に関する研究で外国の研究者の方がより本質的な部分にまで切り込むことができるのか考えたことがあるでしょうか。
 芭蕉の旅は西行の旅と重なる部分が数多くあります。清少納言や兼好の言葉には李・杜、白居易をはじめ多くの言葉がちりばめられてもいます。これはなぜでしょう。それを読む人からすれば、まさに現代の言葉でもあるからです。雪降る朝の光景が「香炉峰の雪」を想起させると清少納言が感じたから、それを言葉にしたのであり、そうした姿をペダンティックと評するのも一つの解釈です。けれどもそれは「清少納言という人物像に対する評価」であり「『枕草子』に対する評価」とは異質なものといえます。
 どうやら質問者は「大学で学ぶ」ことを勘違いしている可能性も多分にあります。専門の教員がいないから学ぶことができないとなれば、質問者の文学に対する姿勢は常に受け身といえ、そこから何を引っ張り出すかとの最も大切な作業を放棄することになります。このような生半可な姿勢では理論構築のない分野とはいえ、何を求めるかとの自らが立てた問いに対する答えを見つけることは到底叶わないともいえます。
 「京都大学の学風に惹かれる」とはあっても、文学部に学風は無関係です。京大文学で「学風」と呼ばれるのは歴史学での「内藤史学」や哲学での「西田哲学」といった「研究スタイル」や「アプローチ視角」での特色です。老婆心ながら誤解されませんように。
 なお「日本文学科」や「国文科」が対象領域として扱うのは必ずしも古典だけではありません。近代以後、「第三の新人」と呼ばれる作家までは対象範囲に含まれます。志望選択をする以前に少なくとも、近代文学史の概要程度は頭に叩き込んでおいていただきたいですね。それが常識ですよ。

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学...続きを読む

Qyoutubeユーチューブのダウンロード方法

youtubeユーチューブのダウンロード方法

youtubeのダウンロードが最近出来なくなってしまいました。
皆さんはどうやってyoutubeの動画を保存しているのか教えてください。

パソコンはよく判らないので、簡単なダウンロード方法がいいです。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

youtubwを簡単にダウンロードできるので、sonyyoutubeを使っています。

youtubeのアドレスを入力して、BROWSEボタンを押すと
動画アドレスが出てきますよ。
他の動画サイトにもほとんど対応しているので、とりあえずアドレスを
入力してみると保存できるかもしれません。

http://www.sonyyoutube.com/

http://www.sonyyoutube.com/

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Qttp://atrain.hp・・・のダウンロード方法

ttp://ux.getuploader.com/nicotetsu2/download/39/crypt_uncrypt.lzh
というものをダウンロードしたいのですが、その方法がさっぱり分かりません。ある説明を見ても、「コピペしてダウンロード」と書いてあるだけで肝心なダウンロード方法が抜かされていて分かりません。
どなたかダウンロード方法を教えていただけないでしょうか?だいぶ初歩的なところから教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

先頭にhを含めてブラウザのアドレス欄にコピペしてエンター押せばそのURLに飛びます。
そのページに「ダウンロード」というボタンがあるのでクリックすると保存先を指定してダウンロードが始まるはず。

Q日本文学、または日本の詩などのなかで、アゼルバイジャンについてかかれて

日本文学、または日本の詩などのなかで、アゼルバイジャンについてかかれている、またはふれているものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

うろおぼえですが、船戸与一の「砂のクロニクル」で舞台の一部になっていた記憶があります。イランクルドのゲリラが出てくる小説です。
イランを舞台にした小説では松本清張の「火の路」がありますが、アゼル倍シャンまでは足を伸ばしていないと思います。
高名な日本の旅行記何でも見てやろうとか深夜特急などももイランまではみな行くのですが、たいていはすぐトルコ以西へ行ってしまうようです。
申し訳ありません。

Qi Tunesストアで倉木麻衣さんののPVを購入してダウンロードする方法

i Tunesストアで倉木麻衣さんののPVを購入してダウンロードしたいのですが、公式サイトの説明では購入方法がいまいち分かりません。PVのダウンロード方法、代金の支払い方法を教えてください。初心者でも分かるように購入する手順も教えてください。また、ダウンロードされるPVのファイル形式を教えてください(FLVとかMPEGとか)。それと、i TunesストアでダウンロードしたPVはi-Podでしか見れないのでしょうか。映像用DVD化できないのでしょうか。初心者なので基本的な質問ですみません。

Aベストアンサー

>PVのダウンロード方法

iTunes Storeに表示される購入ボタンを押すだけです。悩む様な所はありません。

>代金の支払い方法を教えてください

クレジット決済かプリペイドカードになります。クレジットの場合には購入ボタンを押すと勝手にいろいろ聞いてきますので入力していれば良いだけ。
プリペイドカード(大手電気店や通販などで販売しています)の場合には、iTunes Storeを開くと右上の「クイックリンク」に「コードを使う」がありますのでそこから手続きをすませた上で購入ボタンを押せば良い。

>PVのファイル形式を教えてください

m4v(DRM付きのMPEG4形式)です。

>i-Podでしか見れないのでしょうか

ポータブルデバイスという意味ではiPodシリーズのみですね。

>映像用DVD化できないのでしょうか

出来ません。

Q(,,・Д・)ポカーン 「古典作品を読んで感想を4800字程度で表せ」

高校の作品講読という授業の課題で
「古典作品を読み、400字詰め原稿用紙12枚程度の作文をせよ」
という課題が出ました。

作文は基本的に苦手、現代文でさえ原稿用紙3枚で1ヶ月かかる私が
2週間で!古典で!12枚!!汗

しかも物理と化学のレポートと日付がかぶって、
提出日は期末試験の直前。涙

みなさん、力をお貸しください…!

(1)古典作品でオススメのもの
・現代語訳が出ていて、一般的な図書館に置いてあると嬉しい
・感想文の題材なので、作文しやすいものがいい
(現在の自分の環境と比較できる要素とか…?)
・短編集ないし短い話がいいです(読書は苦手…)

(2)古典作品で作文の題材になる要素
・16歳、高校2年生の私が触れられる現状と対比できる何か

(3)その他、暖かいアドバイスなど

以上、3つについて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「今昔物語」、「宇治拾遺物語」、「古今著聞集」ならば図書館にもおいてあると思いますし、それを元にして近現代の作家なども作品を書いていますよ。
芥川龍之介の「芋粥」、「藪の中」、「地獄変」、「歯車」なども、「今昔物語」や「宇治拾遺物語」に収録されているものが基です。

ちょっとおもしろいサイトを見つけましたので、ご参考までに。
http://home.att.ne.jp/red/sronin/index.htm
「あやしい古典文学の壺」のページをご覧ください。
それぞれのページの上の方に、出典と章段も書かれていますので、原典を探す時にも便利だと思います。

「題材になる要素」を「現状と対比できる」に求めない方がいいと思います。
それでは視野や書ける範囲が狭くなってしまいますので。
だって、課題は、古典に関する感想ではなく「作文」なのでしょう?
「作文」ならばいくらでも飛躍させられる可能性があるのに、「現状との対比」にしてしまったら、「ああ思った」「こう感じた」という感想に近いだけのものになってしまいそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング