アメリカ(全般)について評価してる本を探しています。
アメリカを絶賛している本。
アメリカを批判している本。
これら二つの観点から、研究したいのですが、
どなたか、信頼できる情報にもとづいた、これら書籍ご存知でしたらお知らせください。
また、WEBで有名なサイトでもかまいません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アメリカの歴史、政治、経済、外交などに関しては十分読書された上でのご質問だと思いますので、エスニックしゃ地方と連邦の観点から書かれた本を紹介いたします。



*もっともっとアメリカ  落合信彦 小学館文庫
 日本人がもつアメリカ像と現実のギャップを説く
*不思議の国アメリカ   アンドレ・キャラビ 小学館
 在日30年のフランス人の目から見たアメリカ
*エスニック・アメリカ   明石紀雄他  有斐閣
 エスニック集団を通してアメリカを理解する
*アメリカ合州国  本多勝一  朝日新聞社
 新聞記者の見た辛口アメリカ文明論。光の部分よりも影の部分に重点を置く
*民族を読む    野村達郎  講談社現代新書
 多民族国家アメリカをサラダ・ボウルと見るかメルティング・ポットと見るか?

アメリカを研究するのであれば幅広く本を読んで自らアメリカ批判と賛美論を区分けすべきです。ダイジェスト版を読んでも研究したことにはならないでしょう。
国名を北アメリカ合衆国とせずアメリカ合衆国とした欲張り、無知、一人よがりのアメリカ、United Statesを合衆国と訳した昔の日本人のお人よし(本多勝一は合州国と呼んでいる)、いわゆる白人の50%切れが今世紀前半に迫っていることを認識していない現代日本人、と考える私は批判派ですかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんな感じの本、ご存知でしたら教えてください

コバルト文庫、電撃文庫のようにイラストが可愛らしい本で
次のような雰囲気の本をご存知でしたらぜひ教えてください。
・「王宮ロマンス革命」のような時代や場所での恋愛物
・「マリア様がみてる」のようなあまり過激な表現のない百合物
・和風、もしくは中華風恋愛物
・「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のような重い話
上記のような系統にひとつでも当てはまるものがあれば教えてください。
当てはまらなくてもこれはお勧めという本があればお願いします。
できれば文庫本がいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>・「マリア様がみてる」のようなあまり過激な表現のない百合物
>・和風、もしくは中華風恋愛物
 上記二つがあてはまる作品として、「夢の宮 月下友人」(上下)(今野緒雪・集英社コバルト文庫)をおすすめします。
 恋愛ものでありつつ、べったりな友情もあり、という美味しい作品です(笑)。
 舞台は、どことなく中華風な世界でのある国。後宮が「夢の宮」と呼ばれていて、この「夢の宮」を舞台とした、ほぼ続いていない話がこのシリーズになっています。他の巻は読まなくても話が通る作品がほとんどで、この作品もそうです。
 幼なじみで性格は反対だけど仲の良い女友達が、王宮に仕えることになってさみしくなった主人公が、王宮にある図書室で働こうとするところから話が始まります。

Qこれらについての分かりやすい本を教えてください。

○日本・世界の政治
○歴史的事件
○差別(黒人・ユダヤ人など・・)
○病気(精神的なもの・身体的なもの)
○宗教
○色々なタブーについて

大ざっぱで申し訳ないのですが、「お堅いイメージ」のあるものが、肩を張らずに読めるような分かりやすい、入門的なものを沢山読みたいんです。
宜しくお願いしいます。

Aベストアンサー

池上彰さんの「そうだったのか」シリーズはいかがでしょうか?
「そうだったのか近代日本史」「そうだったのか現代史」などなど
いろんなシリーズがでています。NHKこどもニュースの初代お父さんだけあって、とても読みやすいですよ。

Q「思いやり」の大切さを知らせる本

高校生の息子たちに「人に対する思いやりの大切さ」、「自分たちが如何に恵まれているか」、「感謝の気持ちを持つことの大切さ」などを知らせてくれる書籍を探しています。親から話しても「小言」としかなかなか受け取れない年頃のようで、本を読む事により「自ら」気づいて欲しいとの期待です。抽象的、論法的な内容でなく、具体的に、平易に、実例をたくさん取り入れた書籍があれば良いなあと思います。ご推薦いただけるような書籍がございましたら是非ご教示いただきたくよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ガキんちょでも読める感動本なら
断トツで 灰谷健次郎 でしょ。

太陽の子 とか 兎の眼 は角川文庫 文句なく名作。

主人公はいずれも大変な問題を抱えた少年・少女なんだけど、まぶしいくらい頑張ってる。戦争とか差別とか負けるもんかって気になる。灰谷さんは元教師の児童作家。子供目線でも大人でも感動できる本。上記2冊を読んで、自分の浅はかさを恥じた読者は、たくさんいてる。教師志望の学生がよく読んでる本。すさんだ子供と真正面から向き合おうとする大人たちが描かれてる。

Qアメリカについての本

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、漫画家吉田秋生の書いた「BANANA FISH」、これを読む度に、作者がもう何年もアメリカに住んでいて、更にアメリカの細部にわたって熟知しているかのような感覚を味わいます。

そして、浅はかな考えかもしれませんが、私もアメリカ(と言っても広いですから、特にNYについて)少しでも詳しく知りたいと思っています。実際に住んでみるのが一番よいのかもしれませんが、そうもいきませんので…。私としては特に、細かい地図の載っている本が理想です。

どなたかそういった書籍を購入したことがある方、または読んだことのある方のご意見をお聞かせ願いたく思います。
又、上で挙げたBANANA FISHをご存知の方がいらっしゃいましたら、吉田先生はどのような手段でアメリカという国について調べられたのか、その推測等ありましたら、とても参考になります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
「BANANA FISH」は人に借りて少し読んだことがあるのですが、途中までしか読みませんでした(^^;
吉田秋生さんはわりと好きですが。

ニューヨークについての本はたくさんありますよ~!
本屋の旅行本・旅行記コーナー、海外生活コーナーなど見ると、たくさんあります。
地図は・・・ガイドブックにも付いていますが、Webで今適当に探してみたら、こんなのが見つかりました。
マンハッタン界隈でいいんでしょうか?

マンハッタン
http://www.sumitomo-ny.com/relocation/manhattan_map-j.html

マンハッタンおよびニューヨーク市
http://newyorkcity2005.web.infoseek.co.jp/information/citymap-j.html

BANANA FISHにはハーレムは出てくるのでしょうか?
ハーレムもまたNYCの文化や社会の一つで、あそこも視野にいれると興味深いと思います。
http://www.nybct.com/


アメリカ合衆国はおっしゃるように広いです。
私は米国本土に2度行っただけのシロートですが、場所によってずいぶん景色も雰囲気も違いました。
場所によって全然違うというのは知識としては知ってましたけど、実際行くと、へええ、と。

「辺境・近境」(村上春樹・ 新潮文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001480/249-4914232-7613963
ニューヨーク近郊の話や、アメリカ大陸横断旅が出てきます。本書には写真編もあります。

そうそう、地図といえば、こんなのも。
「ニューヨークエスニックフード記」
禅野 靖司 (著)NTT出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757150180/qid=1123206116/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-4914232-7613963

あとは山田詠美のある種の小説、村上春樹のある種のエッセイなどです。私が知ってるのは・・・・

バナナフィッシュに全然あってなかったらごめんなさい。

こんにちは。
「BANANA FISH」は人に借りて少し読んだことがあるのですが、途中までしか読みませんでした(^^;
吉田秋生さんはわりと好きですが。

ニューヨークについての本はたくさんありますよ~!
本屋の旅行本・旅行記コーナー、海外生活コーナーなど見ると、たくさんあります。
地図は・・・ガイドブックにも付いていますが、Webで今適当に探してみたら、こんなのが見つかりました。
マンハッタン界隈でいいんでしょうか?

マンハッタン
http://www.sumitomo-ny.com/relocation/manhattan_map-j.h...続きを読む

Qこんなタイトルのアメリカの本を探してます

『what color is your parachute』という大学生向けのキャリアデザインの本の、原書、もしくは日本語訳書を探しています。下記の件、ご存知の方、ぜひ教えて下さい。
(1)日本語版があるとすると、邦題と出版社名
(2)洋書が邦訳されているかどうか検索できる日本のサイト
(3)洋書を注文できて迅速・確実に届けてくれ日本のサイト(アマゾン?)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「興味を生かす適職えらび はいりたい会社にはいれる! やりたい仕事がやれる!」
リチャード・ネルソン・ボールズ著  佐高信,片岡博共訳

出版地 :東京
出版者 :一ツ橋書店
出版年月:1986.4
資料形態:280p  20cm  900円
注記  : 英語書名:What color is your parachute?
ISBN:4565870924

これは、「what color is your parachute」をアマゾンで検索したら、「興味を生かす適職えらび」が出てきました。
残念ながら、アマゾンでは、「現在取り扱いがない」となっていて、出版社がわかりませんでした。
そこで、国会図書館で「興味を生かす適職えらび」で検索し、出版社までわかりました。
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/489986/249-5873162-7300343
国会図書館はこちら↓
http://www.ndl.go.jp/

 

「興味を生かす適職えらび はいりたい会社にはいれる! やりたい仕事がやれる!」
リチャード・ネルソン・ボールズ著  佐高信,片岡博共訳

出版地 :東京
出版者 :一ツ橋書店
出版年月:1986.4
資料形態:280p  20cm  900円
注記  : 英語書名:What color is your parachute?
ISBN:4565870924

これは、「what color is your parachute」をアマゾンで検索したら、「興味を生かす適職えらび」が出て...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報