池袋ウエストゲートパークのような面白いドラマがあったら教えてください。

具体的には
・カメラワークなどの演出が独特
・ナースのお仕事やごくせんのようなおバカな笑いではなく、ケイゾクやハンドクのようなシュールな笑い
・恋愛や友情や感動が中心ではない
・音楽のセンスがいい
・テンポが良く、若者が好きそう 

タイガー&ドラゴン、stand up、濱マイク、木更津キャッツアイ、トリック、HERO以外で、この条件にできるだけ該当するドラマをご存じでしたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

キミ犯人じゃないよね?、モップガール、時効警察、33分探偵、


竜馬におまかせ、
流星の絆、
ギフト(もうたぶん見れませんが。)

あとは、質問文や#2さまのになってしまいます。
(トリックは1番はじめのやつが一番よかったような。)
    • good
    • 0

「マンハッタン・ラブストーリー」


http://www.tbs.co.jp/manhattan/

当時「白い巨搭」が裏にあり視聴率はイマイチでしたがとっても面白かったドラマです。
    • good
    • 0

挙げられた作品で言うと、


監督:堤幸彦or脚本:宮藤官九郎
で探してみると良いかと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIWGPみたいなドラマ

IWGPやキャッツみたいな感じドラマってありませんか?(一応タイガードラゴンも見ました)

Aベストアンサー

こんばんは!
ひょっとすると、以前「木更津キャッツアイ」の質問で回答したかもしれないのですが、またまた気になる質問なので答えさせて下さい。

宮藤さんの作品がお好きのようですね。
「吾輩は主婦である」
クドカンの昼ドラ初進出作品です。
平凡な主婦がある時、夏目漱石になってしまうという、ありえない話です。昼ドラらしく、あまり荒くはないです。がしかし、普通の主婦層にはどうもウケなかったらしいです。

「ぼくの魔法使い」
もう、ご存知だとは思いますが・・。
ある主婦・るみたんが金髪の教育者(古田新太)と頭を頭をぶつけてしまったことをきっかけに、何かを思い出すと、ルミたんがその教育者に変身してしまうというコメディです。伊藤英明(みったん)と篠原涼子(るみたん)のラブラブ夫婦も必見です。
俳優人も豪華です。伊藤英明、篠原涼子、古田新太、阿部サダヲ、西村雅彦、井川遥(実名で出てます)、速水もこみち(もこみちって名前で出てます)、ベッキー、小田茜、大倉(下の名前は忘れました)。
古田さんの芸達者ぶりが見事です。あの人、すごい俳優です。木更津の次に好きなクドカンの連ドラです。やりたい放題な所が潔いです。

「マンハッタン・ラブストーリー」
池袋・木更津と並び場所ヒリーズ最終章らしいです(磯Pが言ってました)。無口なマスターが経営する喫茶店に訪れる客のトラブルや事件を無口なマスターが陰で解決してしまうという話です。

他の方も仰ってますが、堤幸彦監督の作品は面白いです。
「TRICKシリーズ」
有名なのでご存知かと思いますが・・。売れないマジシャンと偽天才物理学者がトリックや何かカラクリが使われている事件を解決していく話です。いろいろシリーズがありますが、1シリーズ目がオススメです。1人1人のキャラクターが、魅力的に描かれていて面白いです。

「ケイゾク」
IWGPに近いような、近くないような・・。(監督が同じだからでしょうけど)
私は、少し苦手でした。(たしか)時効間近の事件を扱っていく、警察の課を描いています。
主演が中谷美紀が、不潔な女性を演じてます。

「時効警察」
堤氏の作品ではなくなりますが・・。今年の春から、パート2が放送されるようです。クドカンほど、ドッカンドッカン大きな笑いを起こさないものの、クスっと笑えます。三谷さんと宮藤さんの間の笑い・・といった感じですかね?この監督のは、結構笑える作品があったので(三木聡監督さんだと思います)
時効になってしまった事件をプライベートで解決していく。だから、別に何も起こらないんですけど。これも、キャラクターが面白いですよ。毎回出るゲストも個性的な役柄を演じてます。
オダギリジョー 麻生久美子 が出てます。

あの、一応訂正を。
NO.3さんの
キャッツ→クドカン×堤氏
は堤さんではありません。金子文紀監督です。タイガー&ドラゴンの人と同じ人です。

この質問を見て、一番、ピンと来たのが映画ではないのですけど・・・いいのかな?って書いちゃいましたが。ごめんなさい。
「sixty nine 」です。宮藤さんは、映画の原作脚本もやってますが、これが一番、木更津(池袋もだけど、どっちかというと木更津寄り)に近いです。
1969年代の佐世保が舞台です。高校生のケン(妻夫木)が仲間と織り成す青春ですね。学園祭・バンド・空の下を走る、とか「青春だなぁ」っていうか感じでしょうか。下ネタが多いので、苦手なら控えたほうが良いです。大人の方からすると「くだらない・バカ・下品」とかいろいろ見られてしまうかもしれません。
ちなみに、原作は村上龍です。

クドカンがお好きということで、すでにご覧になってる作品が多いかと思いますが、書かせていただきました。
お役にたてれば、幸いです。

こんばんは!
ひょっとすると、以前「木更津キャッツアイ」の質問で回答したかもしれないのですが、またまた気になる質問なので答えさせて下さい。

宮藤さんの作品がお好きのようですね。
「吾輩は主婦である」
クドカンの昼ドラ初進出作品です。
平凡な主婦がある時、夏目漱石になってしまうという、ありえない話です。昼ドラらしく、あまり荒くはないです。がしかし、普通の主婦層にはどうもウケなかったらしいです。

「ぼくの魔法使い」
もう、ご存知だとは思いますが・・。
ある主婦・るみたんが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報