よく、テキストなどを右クリックしてコピーをすることができますが、それとファイルのバックアップというのと違いはあるのでしょうか?
「ファイルのバックアップをとったほうがよい」といわれますが、それはコピーをとることだと思っていいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「一般的な解」と「手法としての解」では違いがあります。



[一般的な解]
・バックアップ
“目的”です。
コピーであろうと圧縮していようと「ファイルの消失/破損に備えて回復のための予備を保存する」と言う意味で使われます。

・コピー
“手段”です。
目的が「他人に渡す」場合もあるし、「バックアップ」の事もあります。

[手法としての解]
・コピー
圧縮や変換(文字コード/ファイルフォーッマットなど)を一切行わず、全く同じ物を新たに作成します。
単純に「コピー」という場合はファイルの属性などが引き継がれないことがあります。
特に日付は引き継がれないことが多いようです。
結果としてファイルのバージョンチェックが難しくなったりします。

・バックアップ
必要に応じてファイルを圧縮したり、複数のファイルを一まとめにします。
元のファイルのもっていた属性は全て引き継がれます。

コピーの場合、ファイルを書き戻しても属性が変更されているので「全く同じ状態」には戻りません。
(通常に使用には問題無いレベル)
バックアップの場合、属性が引き継がれているので書き戻し(リストア)時に完全にもとの状態に戻します。

どちらかが良いと言うものではありません。
通常リストアが必要なときは圧縮ファイルを解凍する余裕はありません。
また、OSごとクラッシュしている場合は「バックアップユーティリティーをインストールしてからリストア」などと悠長なことができないことがあります。
この場合はファイル作成日付が変わってしまうことを覚悟の上で単純なコピーでバックアップした方が良いでしょう。

Windows環境に特化した問題点として「shortファイル名の変更」というのがあります。
WindowsではLongファイル名(長いファイル名=8+3形式で無いファイル名)でファイルを作成した時に自動的にshortファイル名(短いファイル名=8+3形式のファイル名)が付加されます。
shortファイル名はファイル名に(作成順にしたがった)連番を持つため、ファイル作成順が変わってしまった場合連番が変更されることがあります。
Windowsアプリケーションのみを利用している場合は問題ありませんがDOS機能(autoexec.batでの参照など)を使っている場合は問題が発生することがあります。
これを避けるためにはバックアップソフトウェアによる属性の保証が必要になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございます。なんだか霧が晴れたような気分です。でも最後のほうは、私にはちょっと専門的でわからないです。もっと勉強が必要だな-と感じました。

お礼日時:2001/03/05 13:20

基本的には同じことです。


ただし、バックアップまたはコピーしたファイルが見れるかどうかの違い
があります。

フロッピーディスクにコピーしたファイルはPCのフロッピーディスクドライブに
フロッピーディスクを差し込めばファィルの内容を見ることができます。

フロッピーディスクにバックアップしたファイルは見れませんので、
復元(リストア)と言う作業でフロッピーディスクからハードディスクにファイルを
移して内容を見ることができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お礼が遅れてしまいましたが、またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/26 14:25

バックアップ:コンピューターで、誤操作などによるデータ-ファイルなどの破壊や誤った更新に備えコピーを作っておくこと。

また、コンピューター-システムの故障時に、代わりに働くコンピューター-システムを用意しておくこともいう。

コピー:複写。複製。写し。「書類の―をとる」「データを―する」

#goo 大辞林第二版より

-----
> それはコピーをとることだと思っていいのでしょうか?

大体あってます。間違いではありません。

ファイル単位のバックアップであれば作業的にはファイルコピーと同じです。
データベースのバックアップなど、単純にファイルコピーだけでは実現できないものもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ調べてくださってありがとうございます。これぐらいのこと自分で調べなきゃいけないですよね。結局、コピーというのは、バックアップよりも狭い概念というか、内容的に狭いのでしょうか...ファイルとかデータに対してだけ使う用語とか...

お礼日時:2001/03/05 13:11

基本的にはコピーを取る事と同じです。


ただし、同じハードディスクの同じドライブ内でコピーを置くのはあまり意味がなく、別ドライブ・別メディアに保存しましょう。

またファイルの数があまりにも多く、多岐のフォルダーにまたがる場合はバックアップツールなどを利用すると簡単にバックアップが取れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。バックアップツールなんてものがあるんですか!いままでほとんど力技というかいちいちフロッピーに少しずつコピーしていたのですごい時間の無駄だったんですかねー。バックアップツールって値段どれくらいするんでしょうか?

お礼日時:2001/03/05 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「外付けHDD」にデータをバックアップする方法について。

「外付けHDD」にデータをバックアップする方法について。

以下のデータを「外付けHDD」にバックアップしようと思うのですが、バックアップのやり方を全く知らないため何をしてよいのかわかりません。
ネットで調べてみたのですが、「同期ソフトがある」「インポート・エクスポートが必要」「バックアップするためのソフトを利用する」「バックアップするためのソフトは利用しないで手動の方がシンプルでいい」などなどいろいろなやりかたがあるようです。
私としては、1番シンプルでわかりやすい方法でバックアップする方法で行いたいのですが、なにせ初めてのことなのでよくわかりません。
アドバイスをお願いします。
(なお、「外付けHDD」はポータブルタイプの物でバックアップの時のみUSBケーブルを接続して使う予定です。)

【下記のデータをバックアップする予定です。】

1、「アドレス帳」
2、「お気に入り」
3、「ダウンロード」
4、「ドキュメント」
5、「ピクチャ」←(写真や動画)

Aベストアンサー

私のやり方です。
外付けHDD(仮にGドライブとします)にフォルダを一つ作ります。名前を「日付&バックアップ」等にします。
1.アドレス帳を開き・・・、ファイル>エクスポート>CSVを選択>保存先をGドライブ¥バックアップフォルダ

2.お気に入り…ブラウザのファイル>インポートおよびエクスポート>「ファイルにエクスポートする」にチェックを入れ次へ>「お気に入り」・「cookie」必要なら「フィード」にチェックを入れ次へ>元フォルダはそのまま次へ>参照先でGドライブ¥バックアップフォルダを指定

3.4.5.ダウンロード・ドキュメント・ピクチャーはフォルダごとコピーします。(画面を並べておいてドラッグ)

これをだいたい月に1回やっています。頻度は人それぞれなので…
Gドライブが膨れてきたら前のものをフォルダごと削除します。が、数回分は保存してあります。

Q外付けHDDから外付けHDDへの転送を早くするには

500GBUSB2.0の外付けHDDから、2TBUSB3.0の外付けHDDへ350GBのデータを移動させようとしたら、転送速度が6MB位で、1日かかると表示されました。

Windows7でUSB3.0対応のCorei7のメモリ12GBのPCです。

最悪フォルダを少しずつ区切って毎日データ転送することになると思うんですが、
もう少し早く転送させる方法はありますか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 現在ある環境で転送を早くするためには、転送元からパソコン本体にまずコピーし、次にパソコンから転送先にコピーするという方法があります。
何か騙されているように思われるかもしれませんが、この中では内蔵ハードディスクが一番高速なのでまずこちらにコピーします。読み取りにはそんなに速度の変化は無いので。
その後転送先のハードディスクにコピーするのですが、このときに各種コピーソフトを利用すると若干早くなる気がするんですが実際には逆に遅くなることがありますので、通常のコピーで宜しいかと思います。
(某コピーソフトで試したことあります。通常のコピーだと30分で終了したものがFire File Copy(本来はすごく便利なソフトなんですけど)でコピーをしたら2時間くらいかかりました。ファイル容量は4GB程度でした)

 転送速度が異なる上、両方外付けで速度があまり出ない物同士ですから間に内蔵HDDを入れることによって処理を上げます、二度手間のような気もしますが実は一番これが早いんですよ。
イメージとしては外のトラックに積んでいる荷物を一時的にすぐそばの倉庫に入れます。
その後べつのトラックに積み直す、というのが内蔵HDDを使用した方法です。
一方外付け同士でコピーさせるというのは倉庫(内蔵HDD)におろさずにそのままコピーしますから、整理整頓無しで単に作業をすることになり手間はかからないものの無駄が多くなります。重たいファイルを狭いトラックの間口から間口へ移動(実際にはコピーですが)するのは骨です。

 また内蔵HDDでしたら最近のものはデスクトップでは7200回転が当たり前、ノート型でもそれくらいになってきてます。5400回転くらいかもしれませんが。
しかし外付けは中が見えないためどれがどのくらいの回転をするディスクなのか不明です。
回転数が異なるだけでも速度に誤差が生じます。
さらにUSB2.0の転送速度とUSB3.0の転送速度は天地くらいに差があるのでここでも誤差が生じます。そうしてくるとその誤差が転送の処理の誤差を生むことになり、思ったよりも遅いということになります。
間に内蔵HDDを置くことでその間の転送速度(双方向の)は一定になりますので、早くなるというわけです。

 またこれなら分解する必要もなく、保証が切れてしまうこともありません。
分解してしまうと有償での保証も切れてしまいますので。

 こんにちは。

 現在ある環境で転送を早くするためには、転送元からパソコン本体にまずコピーし、次にパソコンから転送先にコピーするという方法があります。
何か騙されているように思われるかもしれませんが、この中では内蔵ハードディスクが一番高速なのでまずこちらにコピーします。読み取りにはそんなに速度の変化は無いので。
その後転送先のハードディスクにコピーするのですが、このときに各種コピーソフトを利用すると若干早くなる気がするんですが実際には逆に遅くなることがありますので、通常のコ...続きを読む

Qファイル移動中にデータが消えた!

あるファイルを、別のフォルダに移動中に、なぜか突然データが消えてしまいました。

一応、いつものように移動している状況が分かる小さなウィンドウが出ていましたが、
その後移動したはずのフォルダ内にデータが見つかりません。

大事なデータの為あせっています。

復元出来る方法はありますか。

もしくは、どこかの場所にあるのでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

元のファイルがあったフォルダを右クリックし、出てくるメニューから「以前のバージョンを復元」を選べば、表示された日時の状態に復元されるので、データが復活する可能性があります。
メニューに出てこない場合、メニューを選んで「利用可能な以前のバージョンがありません」と表示される場合、なくなったデータがかなりの大容量な場合には、市販のデータ復元ソフトを使うことになると思います。

Q「外付けHDD」から「外付けHDD」へバックアップ

「外付けHDD」内のデータを、別の「外付けHDD」に
定期的に自動でバックアップをしたいと思っています。
(*PC内のデータを「外付けHDD」にバックアップするんではないです*)

★そこで以下の方法で「自動バックアップ」できるかどうかを
教えてもらいたいです。

 (1) 「外付けHDD」を2つ購入(HDD1、HDD2)
 (2) (1)の「外付けHDD」2つを、USBハブでつないで
    1つのPCに接続しておく。
 (3) フリーソフト「BunBackUp」をインストールして、
    バックアップ元を「HDD1」に、バックアップ先を「HDD2」に設定。
 (4) 「BunBackUp」の機能で、自動でバックアップできるように設定。
 

★この(1)~(4)で、「自動バックアップ」の設定はできるでしょうか。
 「BunBackUp」ソフトはどういったものか
ネットで見てみたのですが、(1)~(4)が実現できるソフトなのかどうか
判断できなかったので、質問させていただきました。

★また、他にいい案があれば、是非教えて欲しいです。


ちなみに・・・
※ 上記のようにしようと思っているのは、以下の2つの理由があるからです。
 ・購入金額 2万円以下/1HDD
 ・最終的に自動でバックアップしていたい

 *1 電気店で相談をすると、以下のデバイスを教えてもらいました。

  ・Buffalo HD-WL2TU3/R1J 
   →RAID構成のHDDなんですが、RAIDタイプのHDDは値段がはるので、
   購入は難しいです。

 *2 また、NASは、こちらの都合上、使用できないので
   案からは外させてもらいました。

「外付けHDD」内のデータを、別の「外付けHDD」に
定期的に自動でバックアップをしたいと思っています。
(*PC内のデータを「外付けHDD」にバックアップするんではないです*)

★そこで以下の方法で「自動バックアップ」できるかどうかを
教えてもらいたいです。

 (1) 「外付けHDD」を2つ購入(HDD1、HDD2)
 (2) (1)の「外付けHDD」2つを、USBハブでつないで
    1つのPCに接続しておく。
 (3) フリーソフト「BunBackUp」をインストールして、
    バックアップ元を「HDD1」に、バックア...続きを読む

Aベストアンサー

全部出来ますよ、製作者のホームページにマニュアルが公開されてます。
http://homepage3.nifty.com/nagatsuki/bunbackup/introduction/index.htm

バファローの外付けHDDの購入なら、アマゾンが安いです、2TBで
1万円切ります。

Qバックアップにかかる時間

「コントロールパネル」から、「バックアップと復元」をクリックし、今すぐ「バックアップ」を始めました。
が、3時間ほどが経過したときに、やっと50%位の表示が出ました。
これほど時間がかかるものなのでしょうか。何か忘れているか、間違っているのでしょうか?
Windous 7 を使っています。少し不安になりましたので、ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

心配はいりません。バックアップには数時間程度はかかるようです。

パソコン内のデータを外部記憶装置にバックアツプする場合、バックアツプの時間は、バックアップするデータの容量、パソコンの処理速度、外部記憶装置の接続方法などで異なります。

私の場合、パソコン OSはWindous 7とあなたと同じですが、処理はIntel CORE i7を採用しています。外部記憶装置にバックアップした場合約10時間かかりました。なお、外部記憶装置の接続方法はUSB2.0ですが、USB3.0ならもっと早くデータ転送できたかな。また、保存先の外部記憶装置におけるバックアップしたデータ容量を見ると約265GBでした。
二回目以降のバックアツプはデータの変更分だけを行うようにするので、処理時間は驚くほど短くなると期待しています。

Qバックアップとシステムイメージの作成 の違いを

Windows7 標準機能の「バックアップと復元」の中に
・バックアップ と
・システムイメージの作成
がありますが、この違いについて教えてください。

目的は、システムクラッシュの際のリカバリに備えて、外付けのhddに、現時点のc:ドライブを丸ごと保管しておきたいのですが。
システム修復ディスクは作っています。

eaus todo backup・・・等もありますが、できればwindows標準機能を使いたいので。

Aベストアンサー

>→…、いえ、これは出来ました。D:→C:への復元は可能でした。HDD故障ではなく単なるシステムクラッシュには対応できるようです。

もちろんそれ(DのバックアップをCに復元すること)は出来ます。ご質問がDへの復元という意味だと思って駄目と言いました。バックアップはCドライブ以外どこにでも作れ、そこからCドライブに復元できます。

>推測ですが、C:50GB→E:40GBへ実質38GBのバックアップができないのは、圧縮中の作業領域がE:上で不足しているかもしれません。すると無理やり保存した38GBイメージを復元展開するときも作業領域不足でエラーになる可能性大でもありますね。

推測ですがEドライブは無関係で、そう言う仕様(設計)になっているだけと思います。イメージの復元はあくまでCドライブそのものの復元なのでそうしているのでしょう。もう少し融通が利いたらいいのですが、マイクロソフトの考え方だから仕方ありませんね。

>手ごろな80GBくらいのHDDが手に入るまでは、少し手間と時間がかかりますが、バックアップ先を「複数のDVD-RW」にして使いまわそうとします。
枚数が50GB分要るのか、38GB分でいいのか、やってみないとわかりませんが…。

もちろん38GB分でいいです。Cドライブのクローンコピーではないのですから。
でもあまりお奨めしませんね。操作が煩雑で間違いやすい。手違いがあったら使い物になりません。バックアップを使うときは、PCに致命的トラブルがあったときです。その時使えなかったら悲劇です。外付けHDDなんて安いものです。ケースとバルク製品のHDDを組み合わせれば500GBで7千円ぐらいです。

>→…、いえ、これは出来ました。D:→C:への復元は可能でした。HDD故障ではなく単なるシステムクラッシュには対応できるようです。

もちろんそれ(DのバックアップをCに復元すること)は出来ます。ご質問がDへの復元という意味だと思って駄目と言いました。バックアップはCドライブ以外どこにでも作れ、そこからCドライブに復元できます。

>推測ですが、C:50GB→E:40GBへ実質38GBのバックアップができないのは、圧縮中の作業領域がE:上で不足しているかもしれません。すると無理やり保存した38GBイメージ...続きを読む

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

Qズバリ!外付けHDDを買うならどっち?BUFFALO VS I-O DATA

パソコンを購入しておよそ1年過ぎていますがファイルデータのバックアップをしてないので今更ですが外付けHDDを購入しようと考えています。価格が安すくて容量も多いという条件から2つの候補が挙がりました。

価格比較サイトで調べました。
(1)http://kakaku.com/item/05384012954/
BUFFALO:HD-ES640U2 \7,200

(2)http://kakaku.com/item/05382012949/
I-O DATA:HDCN-U640 \7,980

値段の差はさほど変わりませんが性能の面では似通っているように見えてよくわかりません。また、OSがVISTAなので相性も気になるところです。
実際に購入した人や詳しい情報を知っている人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

あえて特定するならI/O DATAでしょうか。

I/O DATAの質問者さんの機種は購入したことはありませんが、過去にI/O DATAのHDDは何個か購入しています。その中で、特に故障したことは無いです。

しかし、I/D DATAよりBUFFALOの外付けHDDを沢山買っています。何せ安いですから。故障は1台だけですが、内部の電源基板が壊れたようです。HDDは大丈夫なので、ケースを変えてまだ使っています。という訳で、I/O DATAに1票です。

BUFFALOの外付けHDDは、結構安いモデルが売れていたようで、いろんなトラブルの報告が目立つようですね。

最近ではケースには入れず、お立ち台やらリムーバルケースでじか挿しができるものを多用しています。バルクのHDDが驚異的に安くなったので、メーカー製の外付けは必要性を感じないです。今は、新しく買う場合、1TBのバルクHDD+外付けケース(リムーバルのUSB & eSATA)を使っています。

Qバックアップと全コピー⇒退避の違いは?

バックアップと全コピー⇒退避の違いは?

よくバックアップという言葉がPC雑誌や業務中にもしょっちゅうでてきます。
確かに、ファイルの管理をするためにバックアップは大事ですね。

そこでふと思ったのですが、バックアップソフトを使って全ファイルバックアップするのと、
単純に全ファイルをコピーするのはどう違うのでしょうか。

実際に試したことないので分からないのですが、
ただのコピーではコピーできないファイルが存在するということでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

言葉を単純に解釈するとコピー>バックアップです。コピーとは単純に同じ物を複製することです。バックアップは何かのあって、ファイルが壊れるのがいやなので、予備としてコピーすることです。
どちらも、複製を作ることに代わりがないです。
また、バックアップソフトと言っても、いろいろあります。コピーする機能としては単純にOS上のコピー&ペーストと同じ機能で、世代管理やミラーリングなどの機能をつけてデータを主にバックアップする物や、圧縮したり、ドライブを丸ごとイメージファイルとしてバックアップルする物など。
ただし、OSの機能で単純にコピーとすると、バックアップできないファイルがあります。システムファイル系は単純コピーはできません。
単純な全コピーでもデータなら問題なくバックアップできますが、世代管理や自動設定などはできませんし、全コピーだと容量もデータの倍以上必要になります。
また、OSなどのシステム領域もバックアップするならドライブごとバックアップできる専用ソフトが簡単で早いし、エリアも食わないで良いと思います。

QWindows7 バックアップできない原因は?

Windows7 バックアップできない原因は?

こんにちは。
「バックアップと復元」で外付けHDDへファイルのバックアップをとりたいです。
しかし、途中で止まってしまい、「前回のバックアップは正常に終了しませんでした」となります。

「このコマンドを実行するのに十分な記憶領域がありません」
「エラーコード:0x80070008」
と出ているのですが、”記憶領域”とは外付けHDDの容量を指しているのでしょうか?
外付けHDDは十分容量に空きがあります。
何が原因でこのエラーが出ているのか、また、どうすれば「バックアップと復元」のバックアップを利用できるようになるのかを教えていただけませんでしょうか。

とりあえずは必要と思うファイルをD&Dで外付けへ移動しています。
Windows 7 Home Premiumを使用しています。

***
パソコンにさわることはよくあっても、このような事に関しては初心者なので、質問が質問になっていない事や、情報不足等があると思われます。
その際は御面倒かと存じますが指摘をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2 の補足です。
PCや外付けHDDも含めて問題ないと思います。

確認も含めての意見ですが・・・
1.
外付けHDDですが、ファイルを移動できているということなので、デバイス(HDD装置)は正常だと思います。
2.
試しに小さなフォルダをバックアップしてみるとバックアップできるのですか。
「外付けHDDは十分容量に空きがあります」とありますが、バックアップ元の容量よりも大きい容量が空いているわけですね。(あたりまえですが、念のための確認です)
3.
F:ドライブはどこに作成されているのですか。(内蔵HDDですか、外付けHDDですか)
F:ドライブは作業の途中で一時的に(テンポラリーに)作成されたのだと思います。
作業が正常に終われば自動的に消えるはずです。
内容を照会して、不要ならば削除していいです。(残したままだとムダな容量を使用している)
4.
現段階では原因は解りませんが、バックアップが不成功なのは「単純な原因ではないか」、と思われます。
もっとも普通の状態で試してみてください。
普通の状態とは「バックアップと復元」以外のプログラムは全て終了させて試す、ということです。
たとえばウィルスチェックソフトやファイアウォールソフトもいったん停止しておくことです。

No.2 の補足です。
PCや外付けHDDも含めて問題ないと思います。

確認も含めての意見ですが・・・
1.
外付けHDDですが、ファイルを移動できているということなので、デバイス(HDD装置)は正常だと思います。
2.
試しに小さなフォルダをバックアップしてみるとバックアップできるのですか。
「外付けHDDは十分容量に空きがあります」とありますが、バックアップ元の容量よりも大きい容量が空いているわけですね。(あたりまえですが、念のための確認です)
3.
F:ドライブはどこに作成されているのですか。(内蔵HDD...続きを読む


人気Q&Aランキング