池上永一さんのシャングリ・ラという本を購入して読みました。とても面白く満足していますが、一つ疑問に思うことがあります。クニコの親代わりのモモコが「オカマは金を神様にあげた代わりに、銀を神様からもらった」と言っています。この銀とは何ですか?金のほうはなんとなく分かるのですが(笑)
とても気になっています!分かる方いたら教えてください!!お願いします!!!

A 回答 (2件)

 こんにちは。



<銀とは何か>
 この章だけ読めば、クニコが知らない事実があるという前提、
 (1)クニコはオリンピックの勝利者に与えられる金銀胴のメダルがあったことを知らない。
 (2)モモコはかつて柔道の国際試合で優勝した経歴を持ち、かつオリンピックの強化選手だった。その事も知らない。
 そして、オリンピックで金メダルを取ってしまうと国民栄誉賞などを与えられて自由な生き方が出来なくなってしまう。

 多分(小説中の)事実は、オリンピックでモモコは優勝せず「銀メダル」にしたのだと思います。金を取って嬉々としている姿、生き方はモモコが一番忌み嫌う生き方だったのだと。

 この様な経緯を知らないクニコが居る状態で「下ネタ」の様な話し方で暗にオリンピックを批判するのだが、クニコは何も知らないので「下ネタ」の話だとばかり思っていて、何故「金を差し出した代わりに銀がもらえたか?」単純に疑問に思ったのだと思います。
 *下記は「シャングリ・ラ」からの引用です。
 クニコが知らないので、更に追い討ちで「銅っていうのもあるんだけど、銀を知らないようじゃ無理ね」
 この様な展開になるわけです。

 この第六章「メデューサ討伐」の最初の部分は、クニコの内面を知る貴重な手がかりになりますね。

 話は変わりますが、東京オリンピックが出てきますね。御質問者さんの質問が「シャングリ・ラ」を再度目を通すきっかけになり、現在の社会の状況とあまりにも符合するので大変びっくりしています。
 大変タイミングの良い時期であると思います。この本は平成17年に出されていて、初出は2004年月刊「ニュータイプ」で連載されていますが、その時点で私はあまり深くは考えていませんでした。
 奥田英朗著「オリンピックの身代金」も興味を持って先ごろ読み終えました。

 う~~む・・・。何だろう・・・。

 この様なことを話題にする場所ではありませんでした。あまり参考にはならなかったと思います。
 それでは、失礼いたします。
    • good
    • 1

 こんにちは。



<池上永一さんの「シャングリ・ラ」について>
 結構面白かったですね、炭素税などもかなり先取りしていて。

 ところで、モモコのその件は第何章でした?

この回答への補足

上巻の「第六章 メデューサ討伐」の319ページに初めて出てくるのですが・・・

補足日時:2009/03/12 21:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ シャングリ・ラ なぜ、流行らなかった?

縁あって見る機会がありました。
なかなかに面白いアニメだと思うのですが、
ニコニコ動画のMADやネットの画像検索しても、
内容の良さに比べ、想像以上にマイナーというか評価されていない、
知らない人の多い(私自身そこそこアニメは好きな方ですが知りませんでした)
アニメに感じるのですが、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

理由は色々とあると思います。


まず、世界観が突飛過ぎて、ついていけなかった人が多い、ということじゃないかと思います。
というか、私自身がそういう人間だったのですが……

CO2排出の結果、地球温暖化が進行。その結果、熱帯雨林状態が広がった日本。
その中で、人々は、地上に住む人々と、アトラスという上空の世界に住む人々に分けられた……

くらいまでは良いのですが、近未来かと思えば、いきなり能楽のような舞が始まったり、はたまた、イタコみたいな超常現象的なものが始まったり……で、置いてけぼり状態になりました。
結果、訳がわからない、という感じになったわけです。
この辺り、原作小説の評価から、意味がわからない、というようなものが多かったので、そういうところが足を引っ張ったのではないかと思います。



それから、原作の知名度が低かった、ということもあると思います。
アニメ作品の多くは、マンガ、ライトノベル、ゲームなどを原作としたものが圧倒的に多く、オリジナルや、一般小説を原作としたもの、というのは少数派になります。
そして、視聴者の側もある程度、マンガ、ライトノベル、ゲームなどのファンが多くなり、一般小説などですとスタートの時点から、認知度が低くなってしまう、ということがあると思います。
一般小説原作のアニメも色々とあり、最近ですと綾辻行人さんの『Another』、小野不由美さんの『屍鬼』、京極夏彦さんの『魍魎の匣』、奥田英朗さんの『空中ブランコ』などがありますが、ハッキリ言って超有名作品です。
それと比べると、当時、原作者の池上永一さんの『テンペスト』という作品が話題作になってはいたものの、そもそもの知名度に差がありました(しかも、話題作ではなく、同じ作家の前の作品でしたし)

小説原作に限らず、オリジナル作品などでも、よほど注目を集めるようなキャスト、スタッフ、プロモーションなどが行われていないと、無名のまま、ということは起こります。




その上に書いたプロモーションなどとも関係するのですが、製作会社にそれだけの余裕がなかった、というのも大きいと思います。
『シャングリ・ラ』の製作は、GONZOという会社ですが、このGONZOは、多くのアニメ作品を制作しては、外し、ということを繰り返し、09年当時、深刻な経営危機に陥っていました。
『シャングリ・ラ』の放映は、2009年4月~10月ですが、その09年4月にGONZOは親会社に吸収合併され、事実上、解散をしました。そのような状態でしたので、プロモーションなどの余裕と言うのが殆どありませんでした。
また、そういう事情もあって、本来は全24話を2話ずつ、全12巻という形でDVD発売をする予定だったのが、中間の6巻でDVDシリーズの発売を中止。後半の12巻をDVD-BOXのような形で一括販売という形になりました。こうなると、映像ソフトを購入する、というのも難しくなりますので、ますます、知名度が低くなります。


それらが重なった結果ではないかと思います。

理由は色々とあると思います。


まず、世界観が突飛過ぎて、ついていけなかった人が多い、ということじゃないかと思います。
というか、私自身がそういう人間だったのですが……

CO2排出の結果、地球温暖化が進行。その結果、熱帯雨林状態が広がった日本。
その中で、人々は、地上に住む人々と、アトラスという上空の世界に住む人々に分けられた……

くらいまでは良いのですが、近未来かと思えば、いきなり能楽のような舞が始まったり、はたまた、イタコみたいな超常現象的なものが始まったり……で、置いてけぼり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報