【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

薪ストーブの薪用にコナラとクヌギの苗木を植えました。
そこで樹木に詳しい人に質問ですが、薪ストーブようとして使える用になるには大体どれくらいの年月が必要ですか。
苗木の高さ80センチぐらいでした。
薪ストーブ用として使用する大きさは大体直径20cm程度です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No2です。



なるほど、事情が解りました。
長野にお住まいだと相当量必要でしょうね。
飯田に住んでいる知り合いが「6tでも不安」と言っていましたから、
当地の2倍以上使うのでしょうね。

あと、山の方が薪材が簡単に手に入る様に思っていたのですが、
需要も多いので無料原木が出た時は争奪戦になると最近知りました。

>知っている限りでいいので一番成長が早い樹木がわかれば教えていただきたいです。

私も専門家ではありませんので、詳しくは判りませんし、
樹木場合、明らかな特徴が無く勘違いして認識しているケースや、
総称(方言も含め)で呼んでいるが、実は細かな分類がされていたりして、
それを知らず自慢げに話して恥をかいたりする事もありまして‥^^

成長度合いで言えば、とりあえず常緑樹は完全に消えます。
”落葉広葉樹であれば何でも”という事であれば、私の知る限り最速は「桐」だと思います。
あとはミズキや白樺(庭木の話ですが)も結構早いです。
大雑把にクヌギはその次くらいでしょうか。

ただ、総じて成長の早い樹は、焚いて燃え尽きるもの早いです。
桐なんてペラペラ燃えてしまって、何も残らないので、薪としては実用的でない‥
そう考えると火持ちも良く、かつ成長も比較的早いクヌギ&ナラは優秀な薪材なのかも知れませんね。

>うわさでは10年くらいでものになると聞いたのですが
必ずしも間違えていないかもしれません。
経験でご存知と思いますが、薪は割ったものより芯持ち材の方が、
素性のよい部分より節や股の方が火持ちが良いです。
なので30年で径20cmまで育てて割って使うより、
枝葉をおろさず10cmまで育てた玉切り材を、
敢えて割らずに使う策はありませんか?

まぁ薪割りの楽しみは減りますけどね^^
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご返信ありがとうございました。
いろいろアドバイスをいただきましてありがとうございます。
私も最近聞くのが桐(読みはきりでいいんですかね)ですね、やはり成長が早いんですかね。白樺系と聞きましたが、白樺系は成長が早いのかな。
薪ストーブを使用して10年くらいたちますが最近やっと薪割などが楽しく思えてきましたので、10年前に苗を植えとけばよかったと思っています。
なので、ぼちぼち成長を見ながら楽しく薪割りをしていきたいと思っております。
いろんなアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/04/11 21:52

残念ながら10年程度では焚付けにもならないでしょうね。


成長環境によって異なりますが、大体20cm前後になるのに25年以上は掛っても不思議ではありませんから・・・

しかも、ご承知のとおり乾燥させると半分に減りますから、おそらく相当量を植えても実際に確保できる薪は僅かだと思います。
しかも長い年月が掛る訳ですので、補助的な意味、或いは後世に残すという感じになるかと思います。

ただ発想としては非常に興味がありますね。
薪ストーブユーザーにとって薪の確保は永遠のテーマですが、その燃料を自作することは実現できそうで出来ない部分ですから。
一世代では難しいかも知れませんが、例えばお子さんに薪ストーブを引き継んで取り組むなら結構夢もあると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね 気長に待つことにします。

お礼日時:2009/04/13 12:42

クヌギの方がナラよりも若干早く成木になります。


ですが、30年で幹径20cmになるかどうかだと思いますよ。

植樹されることは大いに賛同しますが、
ストーブの燃料として植えるのは何とも…。

余談ですが、私の住む、比較的温暖な埼玉県中央部で、
朝(6時~8時まで250℃~300℃、その後自然消火)
晩(17時~22時位まで、その後自然消火)
このサイクルを、11月中旬~3月いっぱいまで行って、
直径30cmのクヌギ&ナラ換算で計算した場合、1シーズンでザックリ55mほど使用します。

もちろん地域や焚き方、ストーブの性能にも依るところは大きいのですが、
この量を毎年用意できますか?

詳しい事情が不明なので何とも判りませんが、これが現実です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
長野県に住んでいますので多分morsoさんよりは薪の使用量は増えると思います。
今までは近所の人たちから伐採した木をいただいたり、川の木をボランティアなどして伐採し入手しておりました。ストーブで使用する分は毎年足りていました。後3年分くらいはあると思います。が、山から木を伐採しふもとまで出してくると考えると畑に植えたほうが楽かと思い3年位前から植えだしたのです。うわさでは10年くらいでものになると聞いたのですが、思ったより成長が遅いので今回質問してみました。
なので、木の成長は気長に待つことにします。今回はご回答ありがとうございました。また、続けて質問したいのですが、知っている限りでいいので一番成長が早い樹木がわかれば教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/04/10 23:31

コナラやクヌギを育てたことがありませんが通常の樹木の栽培速度で考えますと30年から50年はかかるとみて間違いないと思います。


その間に様々な手入れが必要になり太い薪にするならかなりの高さになるため、一般者の手に負えなくなると思われます。

折角植えて何十年もかけるなら薪にせずにシンボルツリーとして楽しまれたほうがと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
やはりそうですかね、コナラ系は成長が早いと聞いたのですが。残念です。

お礼日時:2009/04/09 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭にクヌギの木を植えても平気でしょうか?

子供達の好きなカブトムシなどを育てられるように、小さな庭にクヌギの木を植えたいのですが、問題あるでしょうか?

一般的な住宅街です。

敷地は40坪、半分が家で、残りの半分の更に半分が駐車場です。

落ち葉などで近所迷惑になりますか?

また、他に何か問題があったら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>問題あるでしょうか?
取り合えず思いつくのは、
・ドングリがなるまで10年はかかるかな?
・毛虫はつきます。ただしそんなに沢山は付かない。大きくなる毛虫が付く。
・アブラムシはかなり付く。異常なくらい。
・木は大きくなるが、強剪定に絶える。逆にいえば、根元から切っても新芽が出るくらい。
・どちらかと言うと燃えにくい木なので、防火としては意外と良い。
・スパッと割れる木なので、木登りにはあまりおすすめで無い。
・天蚕が付くこともある。

>カブトムシなどを育てられるように
腐葉土の話しならクヌギにこだわらず落葉樹なら良。樹液に付いて期待しているなら不可、樹液を出させるのは意外と難しい。

Qどんぐりの木の植え替えについて!

3年ほど前、京都の嵐山の林道でドングリ(クヌギ?)
の実を拾って帰ってきました。
空の菓子箱か何かに入れておいたら、なんと実が割れて
今にも芽が出そうな感じになっていました。
すぐに庭にあった植木鉢に埋めて・・・
2つ出た芽はすくすくと育って70センチほどに成長しました。ところが、幼木の間隔は10センチ足らず・・・
べつべつに育てたいんですが、土があわないとかナントカ
で枯れるのが怖くてそのままにしています。
窮屈そうでかわいそうなんですが・・・

どんぐりの木って強い木ですか?
土が変わったくらいで枯れたりしませんか?
植え替え時の注意点などイロイロ教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

一応、専門家の端くれとして回答させてもらいます。

5月中の植え替えは危険です。
5月は最も土が乾燥する月なので、この時期の植林作業は、通常は行われていないはずです。(余談ですが、5月は土が乾燥しているため、5月の植樹祭で天皇が植えた木が枯れてしまうこともあるとか…)

nitto3さんが「種類は問わず、植え替えは休眠期に行ったほうが弱らないです。」 と書いていますが、これは条件付です。冬の寒さが迫ってから植え替えると、根が弱った状態で冬を迎えるため、寒風害が心配されます。寒風害とは、「寒さで土が凍結してしまい、植物が根から水を吸い上げることが出来なくなって、枯死してしまう」ということです。

(広葉樹の植え替えに関するデータは手元にありませんが、)結論としては、初春に植え替えるか、あるいは初秋に植え替えるのが適当かと思われます。

(1)もろ、土質で生育が違います。
→泥炭・マサ土などの特殊な土を除けば、ブナ科(ドングリ類)の樹木は比較的素直に育ってくれると思います。ブナ科の樹木は、土壌の肥沃度もさほど必要としていないために、公園などにも広く植えられているようです。また、水分の要求量もさほど多く無いので、よほど乾燥しない限りは、そんなに水遣りを頻繁にする必要も無いと思います。

(2)樹高70cmで間隔は10cm足らず…
木と木が接近しすぎていると、「片枝落ち」が心配されます。「片枝落ち」とは、木と木が接している部分の枝が短くなったり、光がさえぎられるために枯死してしまう事です。「片枝落ち」だと、将来木が大きくなった時に、樹体のバランスが悪くなって、風にあおられたり雪が積もった弾みで幹が折れてしまう可能性もあります。

(3)移植も強剪定もOKです。
しいたけの原木を採る時などは、樹齢10~30年程度のコナラやクヌギなどを、地面から15cmほどの所で「台切り(要するに伐採)」します。でも、活力のある木であれば、伐採された所から萌芽して、やがて大きな木となる力を持っているほどです。そのため、「邪魔な太い下枝を切る」など、強度の剪定もOKです。

一応、専門家の端くれとして回答させてもらいます。

5月中の植え替えは危険です。
5月は最も土が乾燥する月なので、この時期の植林作業は、通常は行われていないはずです。(余談ですが、5月は土が乾燥しているため、5月の植樹祭で天皇が植えた木が枯れてしまうこともあるとか…)

nitto3さんが「種類は問わず、植え替えは休眠期に行ったほうが弱らないです。」 と書いていますが、これは条件付です。冬の寒さが迫ってから植え替えると、根が弱った状態で冬を迎えるため、寒風害が心配されます。寒風害とは、...続きを読む

Qクヌギ・・・樹液が出る出ないは、何が原因??

クワガタ採集の目的で、樹液の出ている木を探しています。最近では、仕事がえりに少し遠回りして、山の中に入ったり、雑木林をうろついたりしています。車の中には、いつも靴や長袖、長ズボン、軍手、懐中電灯など・・・を装備していい感じの雑木林があれば、そく捜索しています。そこで、最近やっと気がついたのですが(遅い・・)、樹液の出ている木って、山の奥よりも、道路に近い木に多いような気がするのです。例外的に、山の奥の方でも樹液の出ている木はありますが、数少ないと思います。同じクヌギなのに、なぜでしょうか?樹液の出る条件のようなものがあるのでしょうか?品種?立地条件?または人為的なもの??ご存知の方が居られましたら教えてください。

Aベストアンサー

クヌギの樹液は、多くはボクトウガという蛾の幼虫が木の内部を食い荒らす事によって出るそうですよ。幼虫は、出た樹液を求めて集まった昆虫を捕って食べるといった肉食性だそうです。

カミキリの幼虫もある程度は出すそうですが、食い荒らす深さ?が浅いとかで、すぐに出なくなるそうです。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200108/997439919.html,http://www.jpmoth.org/Cossidae/Cossinae/Cossus_jezoensis.ht

Qどんぐりを植えて3年…実はつかないのでしょうか?

山で拾ってきたどんぐりを鉢に植えて3年になります。
直径30センチくらいの丸い鉢に、6本くらい生えています。
でも毎年春に葉っぱが出てきて、秋になると落ちていくだけで、いつまで経ってもどんぐりができません。
木の名前はわからないんですが、植えたのは細長いのじゃなくて丸っこいどんぐりです。
どんぐりの実はできるまでに数年かかるものなんでしょうか?
それとも、実ができるためには何か特別な手入れ?とかが必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

丸いということでおそらく 「 クヌギ 」 だと思いますが、ドングリは総称で、狭い意味で本当の“ドングリ”(団栗)は、このクヌギをいいます。生命力が強いので手入れは要りません。10年前後で実を付けますが、根が巨大になる為十分に伸ばせないと10年以上かかると思います。また花が咲いても実はその年には成熟せず翌年になります。

クヌギ いわゆる(ドングリ)「団栗」で、雌花は、二年がかりでようやく結実。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/niwaki/kunugi.html
http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt/kigi/kunugi.htm
http://ugawa-lab.miyakyo-u.ac.jp/plantdb/php/view.php?plant_id=8833&data_id=9619&cat_id=&srt=
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/fagaceae/kunugi/kunugi3.htm

★ 10年生ぐらいからなりはじめます。
結実した場合、成熟(2年目)するのは雌花の約1%です。

<やや丸くなる種類>
アラカシ 結実6-7年 http://ugawa-lab.miyakyo-u.ac.jp/plantdb/php/view.php?plant_id=8852&data_id=9492

実のなる木(ドングリ)
http://www.geocities.jp/greensv88/jumoku-n-MIdon.htm

丸いということでおそらく 「 クヌギ 」 だと思いますが、ドングリは総称で、狭い意味で本当の“ドングリ”(団栗)は、このクヌギをいいます。生命力が強いので手入れは要りません。10年前後で実を付けますが、根が巨大になる為十分に伸ばせないと10年以上かかると思います。また花が咲いても実はその年には成熟せず翌年になります。

クヌギ いわゆる(ドングリ)「団栗」で、雌花は、二年がかりでようやく結実。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/niwaki/kunugi.html
http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt/kigi/...続きを読む

Qブナを庭木にする場合、大きくしない方法は?

ブナを庭木にする場合、大きくしない方法は?

ある家で3本のブナの木が庭木になっているのを見ました。非常に美しく感動しました。5mほどの木です。

で、うちの庭(60坪くらいの庭)にも植えたいと思ったのですが、ある歯医者であまりに巨大化しているブナの木を見てしまいました。幹の太さは3人で抱きしめてちょうど位の太さです。で周囲のアスファルトは盛り上がり割れていて、木が大きいので枝をばっさり切られていて惨めな姿でした。

ブナを庭木にするとやはり無理があるのでしょうか?
家の基礎まで根っこでやられる心配があるのでしょうか?
綺麗にそこそこの大きさでキープできないのでしょうか?


おそえてください。

Aベストアンサー

ブナは落葉高木で、放任すると15~30m程度の高さになります。
近所で見かけられたようですが、ブナは家庭向きの樹木ではありませ
んから、将来的の事を考えると植えるのは考え直された方が無難だと
思いますよ。高さは剪定により何とかなるでしょうが、それでも幹は
大きく太りますから、将来的に切り倒す事になった時は周囲の樹木を
移動させる事になります。そこそこの大きさにキープ出来ないかと言
われますが、それは無理な事ですよと申しておきます。

一番の問題は根です。一般的には街路樹や公園などに植えられていま
すが、家庭で植えると根で家屋の基礎やブロック塀の基礎を破壊して
しまいます。根が基礎の下に入ると取り除くためには基礎を壊す事に
なります。アスファルトを浮かせている光景を見られたようですが、
アスファルトだけでなくコンクリートさえも浮かせてしまいます。
それほど根の威力は強いんです。
それともう一つ。先程に書いたように落葉樹ですから、風で飛ばされ
た落葉が周辺の住宅の雨トヒを詰まらせる事もあります。落葉で迷惑
がかからないようにする事も必要です。

近所の3本にブナですが、将来的には困られるはずですよ。

ブナは落葉高木で、放任すると15~30m程度の高さになります。
近所で見かけられたようですが、ブナは家庭向きの樹木ではありませ
んから、将来的の事を考えると植えるのは考え直された方が無難だと
思いますよ。高さは剪定により何とかなるでしょうが、それでも幹は
大きく太りますから、将来的に切り倒す事になった時は周囲の樹木を
移動させる事になります。そこそこの大きさにキープ出来ないかと言
われますが、それは無理な事ですよと申しておきます。

一番の問題は根です。一般的には街路樹や公園など...続きを読む

Q庭木を植える土について

庭に木を植えようと画策して、庭を掘ってみたのですが、
表面の10cm以下の深さのところは、粘土質の土で
石ころもガンガン出てきます。
このまま木を植えても、土の量が足りずに、盛り土に
できません。
このような場合は、赤玉土や鹿沼土などを補充すれば
良いのでしょうか?
ホームセンターに行っても、ただの土が売っていないので
迷ってしまいます。
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このように植物は上の住み分け、地下の住み分けをして限られた土の
使用配分を行っています。
 この理屈分かりますよね。 ので最初に何を植えるのと聞いたわけです。
 単純に購入した庭木の根を包んでいる根鉢の三倍云々という単純な発想でやってしまうと何年後かにかれたんです。 ということになります。
 また購入する土ではなく現在の土をやわらかくするために相応の完熟した腐葉土や堆肥(バーク)を石ころを取り除いてから十分な深さ」・広さの穴に入れてから混ぜながら植床を作ってなおかつ堀りあげた土に同じように混ぜて埋め戻すというのが一連の植栽の過程です。
 さらに庭木によっては水鉢を作って水極が必要なものや逆に一切の水を必要としない土極もありますので注意が必要です。
 一般的には広葉樹は水極、針葉樹は土極と言われていますが絶対ではありません。 植栽する地域の特性やその時期、根鉢の状態、植物の現在の状態などいろいろと判断する材料があります。
 植えてから枯らす場合の大半はこの植え込みの段階での判断ミスが90%、以後の管理ミスが10%です。
 本職が枯らしてしまう場合も同じです。 ですから枯保障しますなどという戯言を彼らは言うのです。 最初から分かっているのです。
 
>ただの土が売っていないので迷ってしまいます。
  一般の土は普通地元の山を切り崩して発生させる山砂系(あるいはまさ土)は建材店にあります。
 大きいところは自社で土取場を持っています。 そういうところから
購入するか造園やさんからですね。

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このよ...続きを読む

Qシンボルツリーにケヤキを植えたいのですが・・・

こんにちは。私は大学で建築を学んでいる学生なのですが、今取り組んでいる住宅の設計で、住宅のシンボルとして一本の木を植えたいと考えています。
イメージとしては、成長して8m程度で、力強く枝を広げてくれる木を探しています。
私のイメージにはケヤキがぴったりなのですが、先生にケヤキは大きくなりすぎると言われてしまいました。
本当にケヤキは住宅のシンボルツリーには不向きなのでしょうか。
また、ケヤキに似たようなプロポーションの木で住宅に向いている木は他にありませんか。
ちなみに敷地は渋谷区広尾で、敷地面積は280m2程度、日当たりは南向きで良好です。
他の方々と違い架空の話で恐縮ですが、教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

昨年新築し外構を考える際に色々考えました。
私もシンボルツリーは「ケヤキ」のイメージがあり、是非植えたいと思っておりましたが、やはり一般住宅では大きくなりすぎると言う事で諦めました。
ケヤキはやはり「公園樹」だと思いますね。

私が「ケヤキ」を好む理由としては、
 ・力強く真っ直ぐ空に向かって伸び、枝振りがよく木姿が良い。
 ・葉が柔らかい感じで優しく涼しげである。
というものでしたので、それに近いものを探しました。
庭木としての樹木なので「ケヤキ」ほど力強くはないかもしれませんがいくつか紹介します。

1.「アオハダ」
葉がとにかく柔らかい感じで(実際に厚みが薄めです)、風にそよそよと揺れる様子は本当に涼しげです。
葉が綺麗なので花を楽しむよりは葉を楽しむ木だと思います。
花はあまり目立ちませんが「ソヨゴ」のようなかわいい赤い実がなります。落葉樹です。
これはうちに株立ちのものを植えました。お勧めです。

2.「ハイノキ」
葉が小さく密についているのでやはり優しく涼しげな木です。
白くて可愛らしい花も楽しめます。常緑樹です。
人気の「ハナミズキ」「シャラ」「ヒメシャラ」「エゴノキ」「シマトネリコ」に代わる今人気上昇中の木です。

3.「カツラ」
ハート型の丸っこい葉が可愛らしく、幹が真っ直ぐ伸び枝は斜上しますので綺麗な整った樹形となります。また縁起が良い木でもあります。この木は「ケヤキ」同様大きくなる木なのですが、株立ちのものを庭木として植える人が多くなっているそうです。落葉樹です。

あとプロポーション的には違いますが、葉を楽しむのでしたら、モミジ・カエデの種類もシンボルツリーにはなかなかいいですよ。
葉の感じが優しいですし和にも洋にも合います。
うちは和室前の小さな庭にはオーソドックスな「イロハモミジ」を、リビング前には「コハウチワカエデ」を植えています。
特に「コハウチハカエデ」は「ハウチワカエデ」よりも小ぶりの葉で、「イロハモミジ」よりも丸っこくて可愛らしい葉です。これもお勧めです。

ご希望のものとは違うかもしれませんが、一度ご覧になってみてください。

昨年新築し外構を考える際に色々考えました。
私もシンボルツリーは「ケヤキ」のイメージがあり、是非植えたいと思っておりましたが、やはり一般住宅では大きくなりすぎると言う事で諦めました。
ケヤキはやはり「公園樹」だと思いますね。

私が「ケヤキ」を好む理由としては、
 ・力強く真っ直ぐ空に向かって伸び、枝振りがよく木姿が良い。
 ・葉が柔らかい感じで優しく涼しげである。
というものでしたので、それに近いものを探しました。
庭木としての樹木なので「ケヤキ」ほど力強くはないかもし...続きを読む

Q山林向けエンジンチェーンソーの購入 (お勧めの機種)

はじめまして。

自分の持ち山(5~10ha)を間伐したいと思い、チェーンソーの購入を考えています。排気量は40cc前後を考えています。

メーカーは スチール(STIHL) もしくは ハスクバーナ(Husqvarna) を検討中です。ただ、スチール・ハスク両店舗とも取扱店舗が自宅付近になく、メンテナンス等を考えると他メーカーの機種でもいいかな、と思っています。

これまでは借り物の”スチールMS200”を使って伐り捨て間伐を習っていました。目立ては、ある程度ですが出来るようになりました。

間伐対象は拡大造林の時期に植えられたスギ人工林です。

そこで林業経験者の方に質問なのですが、お勧めの機種(上記2メーカー以外でも大歓迎です)を教えてください。出来れば、その機種のメリット・デメリット、癖も教えていただけると幸いです。

まだ45cc以上のチェーンソーを使ったことが無く、50ccクラスの使用は不安が残ります。
金額的には8~12万円に収めたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
私は林業に携わっています。

私の使っているチェーンソーはハスクバーナ357XP、346XP New edition、スチールMS200、新ダイワE1039S、E1227Tです。

拡大造林の時期に植えたスギ山なら林齢は40年生くらいでしょうか?それが10haもあるとなるとある程度の排気量が必要ですね。
どんな作業も一台でこなせるチェーンソーというのは無いので、35~40ccクラスと50~60ccクラスの2台体制で購入するのがベストです。

しかし、12万円以内に収めるとなると40ccクラスが1台しか買えないですね。
そこでおススメはMS260です。3月末まで98,000円で購入できるキャンペーン中です。MS240は88,000円で少し安いですが、プロ用ではないので除外します。
50ccクラスは不安だそうですが、すぐに馴れます。スチールやハスクはバランスよく設計されているので重量をさほど感じません。
ちなみに私は最近は357XPばかり使っています。

うちの隣の森林組合ではMS200とMS260をセットで持つのが標準装備らしいので、とりあえずキャンペーン期間中にMS260を購入しておいて、余裕ができたらMS200を買うのがいいのではと思います。
それとソーチェーンは標準のラピッドマイクロではなくピコにしておくと、ソーチェーンをMS200と統一できます。
あと、メリット・デメリットですが、メリットは、発売されてから長い期間が経過しているので信頼性が高い、とにかく頑丈、排気量が大きいのでその分パワーがある、特に国産の同クラスのチェーンソーよりトルクがある。デメリットは、設計が古いのは否めない、エアフィルターがすぐに汚れる、ハスクに比べると加速が若干劣る、国産に比べてエンジンの始動性が悪い、などですかね。

スチールの販売店が近くに無いとのことですが、毎週壊れるようなものでもないので、あまり心配いらないと思います。私の行きつけの機械屋も自宅から1時間以上かかります。

こんなところでしょうか。参考になれば幸いです。

こんばんは。
私は林業に携わっています。

私の使っているチェーンソーはハスクバーナ357XP、346XP New edition、スチールMS200、新ダイワE1039S、E1227Tです。

拡大造林の時期に植えたスギ山なら林齢は40年生くらいでしょうか?それが10haもあるとなるとある程度の排気量が必要ですね。
どんな作業も一台でこなせるチェーンソーというのは無いので、35~40ccクラスと50~60ccクラスの2台体制で購入するのがベストです。

しかし、12万円以内に収めるとなると40ccクラスが1台しか買えないですね。
そこ...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qしいたけの原木に適している木の種類は

しいたけを原木から植えてみたいと思うんですが、椎茸にはどんな種類の木が適していますか?

Aベストアンサー

原木栽培で使用されている「ほだ木」の樹種は、コナラが7割、クヌギが3割程度を占めていると言われています。

この他にも、ミズナラ・シデ類(アカシデやイヌシデなど)・カシ類(シラカシ・ウラジロガシなど)・クリ・アベマキなどが、ごく僅かながら使用されているそうです。

「ほだ木」の樹種を選択する際に重要な事は、樹皮の厚さです。厚い樹皮の「ほだ木」から発生するシイタケは、大型で肉厚の物になりますが、収量が少なくなります。逆に薄い樹皮の「ほだ木」から発生したシイタケは、小型ですが収量は増えます。ただし、薄い樹皮は剥げ易いので注意が必要です。

また、「ほだ木」の径級(太さ)が細ければ、「ほだ木」の中にシイタケの菌糸が行き渡るまでに時間がかかりませんが、「ほだ木」の寿命は短くなります。

以上のように様々な事を勘案すると、樹齢15~20年程度のコナラかクヌギが適していると思います。「ほだ木」にする木は、樹液の流れが止まって養分が豊富に貯蔵されている冬季(11~12月)に伐採するのが良いと言われています。


人気Q&Aランキング