ツインターボのニックネームをご存知の方がいらっしゃいましたら、どなたかお教え頂けませんでしょうか?
確か、何とかの逃亡者だったかと思うのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

『永遠の逃亡者』です。



関係ないのですが、よくパドックに掛けられている応援横断幕で、
『俺に構わず逃げてくれ!ツインターボ』
っていうのがありました。

思わず『ニヤリ』
    • good
    • 0

ツインターボにニックネームがついていたどうかはよく憶えていませんが、とにかく2番手を何十馬身も離して逃げたレースぶりには多くのフアンがいました。

私も逃げ馬が大好きです。心に残るニックネームは「「走る精密機械」トーヨーアサヒ、「白い逃亡者」ホワイトフォンテン、ジャパンカップを逃げ切った「日の丸特攻隊」カツラギエースなどです。巧いニックネームをつけたものですネ。
    • good
    • 0

すでにありますが、『永遠の逃亡者』で間違いないはずです。



ただ、スタートから3コーナーまではハナを切って走るのに、
そこから伸びることなく、見事に馬群に沈んでしまうため、
典型的な『テレビ馬(1番長くテレビに写る馬)』と言われてもいました。
    • good
    • 0

全然回答ではないんですけど、(^_^;)


逃亡成功、ライスシャワーも顔色なくしたオールカマー、ていうのは聞いた事ありますね。
返し馬で上がり33秒5(ほんと?)道中で106馬身(デビューから11戦の合計)
引き離して逃げた・・・とかなんとかどっかで聞いたなあ。

でもツインターボはもう亡くなってたんですね。6頭の忘れ形見を残して。
ツインターボ懐かしさについ書いてしまいました。すみません。m(__)m
    • good
    • 0

ニックネームがあったか記憶が定かではないのですが、


韋駄天と言われていたような気がします。自信はありませんが・・・。
スミマセン。
    • good
    • 0

誰かがどう呼ぼうとそのひとの勝手だとは思いますが、広く定着したといえるほどのものは無いと思います。



それほど傑出した逃げ馬というわけでもなかったし・・・。
    • good
    • 0

「永遠の逃亡者」と記憶してますが~、確実ではございません<(_ _)>



永遠があるわけではないけれど、私たちの心の中では永遠ですよねっっっ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマツダのツインターボ

シーケンシャルツインターボはプライマリータービンとセカンダリータービンの径が同一と記憶しています。タービン径を同一にする理由ってなんですか?
スカイアクティブDでは2ステージツインターボと呼ばれていて、大小2種の異なる径のタービンが使われていると記憶していますが、この場合は何故シーケンシャルツインターボと同様に同一径のタービンを使用しないのでしょうか?

当方の記憶が間違っていますか?

Aベストアンサー

お礼に書かれた内容について。

2代目レガシィの「2ステージ・ツインターボ」は字の通り2機のタービンです。
ご自身で書かれたようにシーケンシャルです。
レガシィの後代と3代目ずんぐりS-GTはツインスクロール。

つまり、これまた記述にヒントがあるのですが、
「2ステージ」は「2段階」、「ツイン」は「2個・2倍」なので
「2ステージ・ツインターボ」は「2機のタービンで2段階」って事です。
「2ステージターボ」だったら1機か2機かは曖昧ですが。

で、先に書いたユーノスコスモシーケンシャルターボの問題で、容量差を考察されていますが、wikiを読むとレガシィのシーケンシャルツインも大小タイプです。
おそらく当時のタービン組合せ、制御方法が良くなかったのだろうと考えます。
自分もマツダ以外はあまり詳しくないですが、今コスモなりFDなりを280ps上限のまま開発してたら、ターボ制御のトラブルは当時よりかなり減らせたでしょう。
現在の高出力の流れに乗ると、それはそれでまたトラブルに見舞われそうですし、別の選択の可能性が高いですが。

検索等でここをたまたま読む人のためにマツダファンからの蛇足
「ツインスクロールターボ」と「シーケンシャルツインターボ」を国産車で初めて市販搭載したのはマツダ(参考:ウィキペディア)。

お礼に書かれた内容について。

2代目レガシィの「2ステージ・ツインターボ」は字の通り2機のタービンです。
ご自身で書かれたようにシーケンシャルです。
レガシィの後代と3代目ずんぐりS-GTはツインスクロール。

つまり、これまた記述にヒントがあるのですが、
「2ステージ」は「2段階」、「ツイン」は「2個・2倍」なので
「2ステージ・ツインターボ」は「2機のタービンで2段階」って事です。
「2ステージターボ」だったら1機か2機かは曖昧ですが。

で、先に書いたユーノスコスモシーケンシャルターボの問題で...続きを読む

Qこんにちは、 今年から、競馬を少しやろうかと思いましたが 馬券を購入する、方法教えて頂けますか? で

こんにちは、
今年から、競馬を少しやろうかと思いましたが
馬券を購入する、方法教えて頂けますか?

できたら、ネット上のやり方
教えて下さい。

Aベストアンサー

http://keiba-umap.com/net-purchase.html

Qツインターボって?

レガシィとRX-7のツインターボは低速用のターボと高速用のターボが途中で切り替わるタイプですよね? 切り替わる回転数以外はどちらかのターボがメインと言うことで、ある意味シングルターボでの加速。
 スカイラインのGT-Rやスープラのツインターボは、低速から高速まで、2つのターボはずっと同じ様に回っているのですか?

Aベストアンサー

>レガシィとRX-7のツインターボは低速用のターボと高速用のターボが途中で切り替わるタイプですよね?

 違います。切り替わるののではありません。最初はタービン1個で回し、途中から2個を回すのです。プライマリー(低回転~高回転)+セカンダリー(高回転のみ)です。最終型スープラも同じシーケンシャルターボであったと思います。
 ちなみに一つ前のスープラは常時タービン2個を回してしるので、文字どおりツインターボです。
 

Q思い出のニックネームの馬は?

こんにちは
みなさんの思い出の馬のニックネームなど
おしえてください!
ちなみにうちが覚えてるのは
ミホノブルボン=ブルボン超特急!
ライスシャワー=関東の刺客!
ヒシマサル=黒い弾丸!
などなど・・・
おねがいします

Aベストアンサー

では、エピソードもおもしろかった馬ということで。

●裸足のシンデレラ:イソノルーブル
ご存知91年度のオークス馬です。
桜花賞では1番人気になりながら落鉄、その後も暴れて蹄鉄をつけられず、裸足(蹄鉄をつけずに)走って5着でした。(優勝はシスタートウショウ)
その後4番人気で出てきたオークスでは、桜花賞の借りを返すように、大外20番から飛び出して、追い込むシスタートウショウをハナ差退け、逃げ切りで優勝しました。
桜花賞ではガラスの靴を落とした(落鉄)けれど、オークスでは鮮やかな逃げ切り勝ちをしたことや、イソノルーブル自身、お代500万円の抽選馬で、同期の超良血桜花賞馬シスタートウショウとの対比で、華やかなお嬢さん(シスター)じゃなく、地味な娘(ルーブル)が頂点に上り詰めたこともシンデレラっぽいですね。

●鉄の女:イクノディクタス
93年安田記念、同年宝塚記念の春のG1連続2着馬。
(ちなみに優勝馬は安田記念はヤマニンゼファー、宝塚記念はメジロマックイーン)
なんとこのとき、イクノディクタスは7歳。
引退までに走ったレースは51戦。
まさにタフネス、鉄の女といった感じです。
ちなみにイクノディクタスも2歳せり市で930万円というお手ごろ価格で取引されていて、こつこつ走りつづけて生涯獲得賞金は5億円を越えていました。
タフな鉄の女というばかりでなく、馬主孝行な馬ですね・・・。

●日の丸特攻隊:サクラシンゲキ
G1になるずっと前のスプリンターズSなどを勝っていますがなんと言っても第1回ジャパンC。
モンテプリンスや、ホウヨウボーイなど、日本馬のそうそうたる面々が後ろのほうでもがいている中、とにかくいけるところまで逃げまくった玉砕的逃げに「日の丸特攻隊」という名前がつきました。当時は「外国にも通用する馬を」というのでできたレースだったので、思い入れも強かったんでしょう。

今より少し前の時代の馬のほうがニックネームついているみたいですね。
メジャーどころでは、絶対皇帝シンボリルドルフ、とか、太陽王子モンテプリンスとか。

では、エピソードもおもしろかった馬ということで。

●裸足のシンデレラ:イソノルーブル
ご存知91年度のオークス馬です。
桜花賞では1番人気になりながら落鉄、その後も暴れて蹄鉄をつけられず、裸足(蹄鉄をつけずに)走って5着でした。(優勝はシスタートウショウ)
その後4番人気で出てきたオークスでは、桜花賞の借りを返すように、大外20番から飛び出して、追い込むシスタートウショウをハナ差退け、逃げ切りで優勝しました。
桜花賞ではガラスの靴を落とした(落鉄)けれど、オークスでは鮮やかな...続きを読む

Qツインターボとシングルターボ

R32の2000ccGTS-Tに乗っているのですが、低回転域のトルクの渋さにほとほと嫌気が差し、最近では改造を考えています。そこで、今RB20DETをツインターボ化したら低回転域も生きてくるのではと(理屈ではなく単純に)思っているのですが、ツインターボとシングルターボの仕事の違い、また、ツインターボ化することが正しいかどうか、知識のある方、どうかご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アイドル時からのピックアップの改善と言うことであれば、ツインターボ化によるメリットはあまりの望めないでしょう。不可能ではありませんがセッティングが非常に難しくコストを考えても現実的とはいえないでしょう。ツインターボ化する事によりターボラグの改善は望めますが、NAの同系エンジンから比べると、ブーストが掛かるまではどうしてもトルクが低くなってしまいます。これはターボチャージドエンジンでは圧縮比が低く設定されているためと過給が行われるのを前提としたバルブタイミングであるためなどの要因による物です。これらは加給が行われて実質的に圧縮比が上がった状態になると、通常のNAのようなセッティングではノッキングやデトネーションの発生などの不都合があるからです。瞬間的なものであれば点火時期の制御などで回避できますが、このような状態が連続的に起きると点火時期による制御では、エンジン効率を酷く落としてしまいます。

シングルターボは単独のターボですべてを賄う方式です。一般的なターボはほとんどこの方式です。構造が簡潔でコストも低いのが特徴ですが、高い過給圧を得ようとすると大容量のターボチャージャーが必要になり、タービン、コンプレッサーの慣性質量の増加から、応答性が悪くなる問題があります。自動車用のエンジンのように加速・減速を頻繁に繰り返す場合は問題ですが、船舶や産業用のエンジンなどでは、大型のターボチャージャー1機で高い過給圧を得るこの方式のメリットの方が多いようです。

ツインターボ(同種のターボーチャージャーを2機)のメリットとは、ターボチャージャーのタービンおよびコンプレッサーが小型軽量になり慣性が小さくなるため、素早い応答を得られます。ただし、小型になった分能力が小さくなるため2機を並列に使用することで、十分な過給を得るようにしています。

シーケンシャルターボとは小型と大型の2種類のターボチャージャーを使用する方式で低速域では小型の物を使用(少ない排気ガスでも十分な回転数を得て過給できる)し中速域以上では大型に切り替え大量の過給を行う方式です。この方式をうまく設定すればアイドル回転程度からの過給も可能ですが、この種のターボの汎用品が存在するかどうかきわめて疑問です。

アイドル時からのピックアップの改善と言うことであれば、ツインターボ化によるメリットはあまりの望めないでしょう。不可能ではありませんがセッティングが非常に難しくコストを考えても現実的とはいえないでしょう。ツインターボ化する事によりターボラグの改善は望めますが、NAの同系エンジンから比べると、ブーストが掛かるまではどうしてもトルクが低くなってしまいます。これはターボチャージドエンジンでは圧縮比が低く設定されているためと過給が行われるのを前提としたバルブタイミングであるためなど...続きを読む

Qワイドとかの意味が分かりません・・・

馬券について何ですけど
ワイド、マルチ、流し、ボックスなど、
(ボクの中では)複雑な買い方が分かりません(>_<)

教えて下さい!!

Aベストアンサー

NO。2ですが連投になってしまってすいません。
参考になりそうな回答があったのでお知らせしておきます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1450013

Qツインターボ?

ターボに関しては質問があったので分かりましたがツインターボとはターボとどう違うのですか?教えてください。あとHONDAのVTECはターボとは違うんですか?

Aベストアンサー

ターボが二つついているものがツインターボ
ターボと同じ過吸気の種類でスーパーチャージャーがあります。これは方式の違いです。
ターボは排気を利用しタービンを回して吸気を強制的に送り込む機械のこと
スーパーチャージャーはエンジン回転数(クランクの力を)利用して共生的に送り込む機械のこと
ツインターボの場合一個のターボで吸気するよりも効率よくなるような仕組みを取り入れたり、回転数に応じてプライマリー、セカンダリーといったように二つを使い分けて使ったりも出来るメリットがあります。
VTECは本田が車やバイクCB400F(当時のなはREV)で培った(80年代の)技術をレースで進化させた可変バルブシステムで、強制的に空気を送るものではありません。
簡単に言うと、燃費や馬力、トルクなどの効率を考え回転数に応じて、バルブの開く個数を変えるシステム
(吸気2個、排気2個のバルブがある場合低回転ではそれぞれ1つ、回転数に応じて2つ使う)
というような説明になります

VTECは現在、車、バイク共に使われております。本田以外でも名前はVTECではありませんが、いろいろな会社が可変バルブシステムをとりいれております。

ターボが二つついているものがツインターボ
ターボと同じ過吸気の種類でスーパーチャージャーがあります。これは方式の違いです。
ターボは排気を利用しタービンを回して吸気を強制的に送り込む機械のこと
スーパーチャージャーはエンジン回転数(クランクの力を)利用して共生的に送り込む機械のこと
ツインターボの場合一個のターボで吸気するよりも効率よくなるような仕組みを取り入れたり、回転数に応じてプライマリー、セカンダリーといったように二つを使い分けて使ったりも出来るメリットがあります。
...続きを読む

Q4東5とか3中8とかの表記って普通ですか?

4東5とか3中8とかの表記って普通ですか?

ある競馬サイトに「4東5」とか「3中8」という表記がありました。
意味がよくわからないので質問したら
4東5=本年第4回開催東京競馬場第5日目
3中8=本年第3回開催中山競馬場第8日目
という意味だと教えてくれました。

また、
「こんな当たり前の表記の意味が”わからない”と質問してきた人は初めてです。失礼ですがもう少し競馬の基礎の基礎を勉強されたほうがいいのでは?」
ともいわれました。

これって普通の表記なんでしょうか? 初心者のつもりではありませんが今まで見たことがありません。
また3中8が本年第3回開催中山競馬場第8日目ならば、第3回 中京競馬場 第8日目はどのように表記するのでしょうか? 
同じく3中8でしょうか?
どうやって区別するのでしょうか?

初心者ではない人、教えて下さい。

Aベストアンサー

新聞では一般的な表記ですが、スペースの制約がそれほどない、
ネットでのみデータを参照されている人にとっては、
あまり見かけない表記かもしれません。
しかし、それを質問した人間に、
当たり前の表記だから勉強した方がいいなどど、
上から目線で答えるのは相当失礼ですね。
長年やっている人でも、わかっていない人は絶対にいますから、
当たり前のこととは思えません。

中京の場合は、中山、京都と区別するため、
名古屋の「名」を使うことが多いです。
例えば、東京スポーツなら3名(8)という表記をしています。
(8)は丸で囲った8です。文字化け回避のためこのようにしました。

公営の名古屋競馬もありますが、こちらは開催回数と開催週を表記せず、
「名古屋」と表記されますね。

Qツインターボについて

 ターボチューンのことについてお聞きします。
 ターボチューンにはシングルとツインがあるようですが、ツインターボにすればシングルターボで必要としていた容量の半分のタービンを二つ付ければ出力はそのままに、レスポンスのみアップできるのでしょうか。
 そもそもターボの知識が少ないので書いていること自体がおかしいかもしれませんが、それも含めて回答お願いします。

Aベストアンサー

ツインターボとは主に6気筒エンジン等で、排気管の取りまわしでターボを2個付けなければならない場合に用いる物。

ですから質問者さんが言っている事は、現在そのまま6気筒エンジンではそのまま利用されています。

4気筒エンジンでは排気管の取り回しは比較的スムーズなのでツインにする事はありません。

レスポンスアップにはシーケンシャルターボやスクロールターボが用いられるます。

Qどなたの勝負服ですか?

昨日、京セラドームにて武騎手の始球式がありました。

その時着用されていた勝負服はどなたのですか?

Aベストアンサー

ニュース画像を見た感じだと、金子真人さん(金子真人ホールディングス株式会社)のものだと思います。
ディープインパクトを思い出しますねー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報